ときめきアイドル

【TGS 2017】1stマキシシングル発売&「BEMANI」シリーズとのコラボレーションが決定! 「ときめきアイドル」ステージイベント「Try to Star!!」レポート

【TGS 2017】1stマキシシングル発売&「BEMANI」シリーズとのコラボレーションが決定! 「ときめきアイドル」ステージイベント「Try to Star!!」レポート

担当:

モバイル

千葉・幕張メッセにて9月21日より開催されていた「東京ゲームショウ2017」。9月24日、そのコナミ・デジタルエンタテインメントブースにて行われた、ときめきアイドル ON THE STAGE「Try to Star!!」をレポートする。

「ときめきアイドル」は、恋愛シミュレーションゲームの代名詞「ときめきメモリアル」シリーズの新展開となるiOS/Android向けアプリ。プレイヤーは音楽学院に在籍する個性豊かなアイドル候補生15名と、日々の生活を共にしながら夢の舞台を目指す、学園型アイドルコミュニケーションゲームだ。

TGS2017で行われた今回のステージイベントでは、MCを務めた森一丁さんの司会の元、日岡なつみさん(結城 秋葉役)、鈴木みのりさん(月島 美奈都役)、和久井優さん(田中 フランチェスカ役)ら、メインヒロインを演じるキャスト陣が登壇し、ゲーム映像を始めとする最新情報の数々が公開された。

日岡さん、鈴木さん、和久井さんらは、キャラクター達が通う音楽学院の制服姿に身を包んで登場した。
プレイヤーは寮長となって15人のアイドル達との共同生活を送る

ステージでは、まず音楽学園をはじめとする、ゲーム中に登場する様々な場所のビジュアルが公開。その中の一つとして、アイドル科に所属するヒロイン達が一同に住んでいるという学生寮も紹介され、プレイヤーはその寮長を務める形で、ヒロイン達と生活を共にすることになるという。

主人公以外は全員女の子という女子寮でもあるため、中には女湯しか風呂を確認できない映像なども。こうした場所で、主人公はどうやって生活しいているのかという疑問を抱いた森さんが、「寮長が一番危ない!」という鋭い(?)指摘をし、会場の笑いを誘っていた。

続いて、キャスト陣が演じる秋葉、美奈都、フランチェスカらをはじめとした、全15人のメインヒロイン達の紹介が行われた。

中でもキャスト陣や森さんの注目を集めていたのは、有名な戦国武将を彷彿とさせる名前のヒロインである真田小幸村(CV:高木友梨香さん)。実は小幸村は、コナミ社内で行ったアンケート中の人気ナンバーワンとなったキャラクターでもあるそうで、「コナミ社員は皆黒髪ロングが大好き」という疑惑が噴出することに。

またヒロインの一人である伊澄いずみは、「大のゲーム好きで、有名アイドルになってグラディウスの続編を作ってもらうのが夢」という設定のキャラクターでもあることから、3人のコナミにまつわる思い出も語られ、中でも一際熱いトークを展開していたのが、「ラブプラス」が大好きだと語る鈴木さん。

当日のコナミブース内のメインステージの隣では、スマートフォン向けアプリ「ラブプラス EVERY」の展示も行われていたのだが、「終わったらすぐに(ブースに)行きたい! 凛子ちゃんに会いたくてもう限界なんです!」とすでに興奮を抑えきれない様子。一方で、「ラブプラスの楽曲のカバーするのが夢なので、コナミさんよろしくお願いします!」と抜け目ないアピールも披露していた。

ゲーム中には「ときめきメモリアル」シリーズを思わせるイベントも

その後には、ゲームのプレイ映像もお披露目され、「リズムゲーム」、「コミュニケーション」、「お着替え」の3要素が、ゲームの主軸となることが明かされる。

ゲーム内では、アイドル生活を共にする寮内を自由に見回ることができるようになっており、ギターを弾いたりゲームに夢中になっていたり、アイドル達がそれぞれの性格にあった日常を送っている光景を見ることができる。

また登場するのはアイドル達だけではないようで、「ネコ先輩」と呼ばれる猫が、ルン○のような自動掃除機に乗って移動していたり、女湯にこっそりドローンが侵入しようとしているといった、ユニークなシチュエーションに遭遇している場面も確認することができた。

アイドル達には、「ホーム衣装」と「ステージ衣装」の2つのカテゴリに分かれた様々な衣装が用意されており、自由に切替えることができる。衣装の他にも、メガネやフェイスシールなどの細かいアクセサリー類を付け外しすることもでき、自由度の高いカスタマイズが可能となっているようだ。

リズムゲームパートは、ノーツがキャラクターのアイコンに重なるタイミングに合わせてタップするというシステムで、長押しなどタップ以外の操作が必要となりそうなアイコンも確認できた。また、時折ミスをしてしまうデメリットもあるものの、アイドル達にゲームプレイを全て任せてしまうオート機能が用意されており、リズムゲームが苦手だったり、遊ぶ時間がなかなか取れないというプレイヤーにも配慮した作りとなっているという。

リズムパートをプレイし終えると、ライブに登場したキャラクターの中から一人を選択し、「ときめきメモリアル」シリーズの下校イベントに相当する、コミュを発生させることができる。だが今回の映像では、一緒に帰ろうという提案をそっけない塩対応で断られてしまっていた。

どうやらコミュの成功にはキャラクターとの「親密度」のパラメーターが関わってくるようで、一筋縄ではいかない女の子達のガード硬さは、まさに「ときめきメモリアル」の系譜を受け継ぐに相応しい要素と言えるだろう。

その後には、アニソン配信アプリ「ANiUTa」にて先行視聴楽曲のフルバージョンの配信がスタートしたことに加え、「1st マキシシングルCD」の発売が決定したことが発表。CDには「DREAMING-ING!!」の15人それぞれのセンターバージョンに加え、「Twin memories W」では朱音と美翠の両方のバージョンが収録されるなど、非常に豪華な内容となっているという。

さらにときめきアイドルの主題歌でもある「DREAMING-ING!!」が、コナミの人気アーケードゲーム「BEMANI」シリーズに収録されることも決定。10月中旬より6機種で実装がスタートし、その後も引き続き収録していく予定とのこと。

アイドルゲームながら、「ときめきメモリアル」シリーズらしい要素も受け継いだ、往年のコナミファンにとってはたまらない作品となりそうな「ときめきアイドル」。ステージ上では、キャスト陣の間から1stシングルのリリースイベントの開催を希望する声も上がっており、今後の続報にも要注目だ。

ときめきアイドル

KONAMIMobileアプリiOS

  • 配信日:今冬配信予定
  • 価格:基本無料

    ときめきアイドル

    KONAMIMobileアプリAndroid

    • 配信日:今冬配信予定
    • 価格:基本無料
      (C)Konami Digital Entertainment

      ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

      関連ワード

      ピックアップニュース

      編集部のオススメ記事

      最新注目ニュース

      • 12/11 UP 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • シャドウバースシリーズ特設サイト
      Figgy

      タグ検索

      ジャンル

      RPG
      アクション
      シミュレーション
      スポーツ
      テーブル
      パズル
      ノンジャンル

      テーマ

      アプリ

      ハード

      システム

      その他

      ニュース

      外出中でもスマホで
      最新ゲーム情報をチェック!

      ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

      お気に入りとして登録!

      SNSでシェアする!

      ゲームショウ

      トップへ戻る