【おとめげ!】第10回「吉原彼岸花 久遠の契り」――遊女が知った切なく激しい「本当の恋」を描く

【おとめげ!】第10回「吉原彼岸花 久遠の契り」――遊女が知った切なく激しい「本当の恋」を描く

担当:

PS Vita

「これぞ!」という女性向けコンテンツについて語っていく連載企画「おとめげ!」。第10回ではPS Vita用ソフト「吉原彼岸花 久遠の契り」についてお届けします。

「おとめげ!」は、イケメンと可愛い女の子をこよなく愛するライターが、さまざまな乙女コンテンツをご紹介する連載企画です。今回はプロトタイプから2017年10月12日に発売された「吉原彼岸花 久遠の契り」についてお届けします!

「吉原彼岸花 久遠の契り」ここがポイント!
  • 閉ざされた世界を生きる花魁の、切なく激しい濃密な恋愛模様
  • 豪華絢爛な吉原遊郭を丁寧に紐解いた描写や美しい背景グラフィックによる臨場感
  • 愛憎の入り混じる複雑な過去を背負ったキャラクターたちの辿る結末
「吉原彼岸花 久遠の契り」とは?

2015年9月に発売した女性向けPC用ソフト「吉原彼岸花」の移植作品。豪華絢爛な新吉原遊郭を舞台に、最上位の花魁である主人公の切なくも激しい恋愛模様を描いている。

メイン攻略キャラクターは伊勢屋惣一郎(CV:中澤まさとも)、朔夜(CV:水島大宙)、大月忍(CV:間島淳司)、神楽屋彰人(CV:竹内良太)、桜華屋時雨(CV:森川智之)のほか、PS Vitaでは新たに辰吉(CV:興津和幸)のルートを追加。さらに本作では、シナリオの葉月エリカ氏によるオリジナルエピソード、原画のらんぷみ氏による描き下ろしスチルも加わっている。

直感的なタッチスクリーンでの操作や、PS Vita TVにも対応。PS VitaでもPC用ソフトに近い発色で楽しめる「色合い調整機能」も搭載し、プレイヤーの好みに合わせた色合いを楽しむことができる。

花魁が知ってしまった「本当の恋」を描く

新吉原遊郭を舞台とした「吉原彼岸花 久遠の契り」の主人公は、老舗遊郭「桜華屋」で最高位の遊女・花魁を務める「千早」。夢のようなひと時を求める男たちに極上の悦びを与えながら、いつか故郷の親元へ帰ることを密やかに願っていました。

遊郭といえば贅の限りを尽くした廓(くるわ)遊びが行われている裏側で、時に命すら儚く消えていくような世界。そんな場所で彼女が知った「本当の恋」を、切なくも激しく描いています。

そもそも吉原といえば単純に男女が情を交わすだけでなく、多くのしきたりがある格式の高い場所。花魁へのお目通りが叶うまでにきちんとした紹介や莫大なお金が必要なのは言うまでもなく、一目会うことすら容易にはいきません。

やっと美女たちとお近づきになれても彼女たちは吉原の外には出られず、大手を振って自由になるためには恋仲になった相手が途方もないお金で「身請け」するか、病などの危険と隣り合わせの中で働きを終える「年季明け」しかないという過酷な環境です。

同じ店の者同士での恋愛、吉原を抜け出すなどの禁を犯せば死すら免れないという厳しい状況での恋愛は、文字通りの「命懸け」。濃密な恋愛模様へ複雑に絡み合う人間関係や、二人を襲う多くの困難をどのように乗り越えていくのかが見どころです。ハッピーエンドだけでなくバッドエンドも見応えがありますし、クリア後のおまけシナリオもじっくり楽しめるものばかり。背景まで緻密に描かれた美しいスチルも物語を彩ってくれます。

さて、攻略キャラクターとの深い恋愛を堪能できるのも本作の魅力の一つですが、ストーリーそのものがとても面白いです。吉原という場所での生活感が細部まで描写されていて、背景グラフィックだけでなく地の文章からも光景が目に浮かぶようでした。「~でありんす」といったような遊女独特の廓詞(くるわことば)一つを取っても当時の文化を体感できるような丁寧な作り込みが行われていて、感動を覚えましたね。

聞きなれない言葉にもきちんと解説がついていますし、吉原を題材とした作品にあまり触れてこなかった方はもちろん、色々と遊んだという方にも改めてプレイしてほしいと思います。PC版のサイトには吉原についてのコラムも掲載されており、ゲームをプレイすると「なるほど!」となるものばかり。本作の世界の一端が垣間見えるので、興味を持たれた方はこちらもぜひ見てみてください!

このほかPS Vita版ではシナリオやスチルの追加だけではなく、タッチスクリーンでさくさく進められるのもポイント。指でさっと撫でるだけでバックログの確認や選択肢へのスキップ・バック、メニューの呼び出しまで片手でできるのがとても便利でした。

そして、画面をPC用ソフトに近い色合いにできる「色合い調整機能」も搭載し、かなり細かく調整できます。ディスプレイが有機ELの「PCH-1000シリーズ」、PCに近いながら少し発色が異なる「PCH-2000シリーズ」どちらにも対応しているので、どのPS Vita本体で遊んでいても問題ありません。実際に変更してみるとかなり雰囲気が変わるので、オリジナルの風合いが好みの方にも安心です。PS Vitaに使える壁紙も収録し、好みの音声を登録できるボイスコレクションも楽しめますよ。

生涯に一度の恋を共にするキャラクターたち

それでは、本作に登場するキャラクターについてご紹介していきます。源氏名・千早、本名・凛(変更可)は、傾国の美女とも例えられる艶やかな花魁。外見の美しさだけでなく花魁という仕事に誇りを持っていて、周囲を気遣う優しさも備えた芯の強い人です。

男性を虜にする手練手管には舌を巻きますが、仕事から少し離れると可愛らしい面も持ち合わせていて、同性から見ても憧れを抱くような女性だと思いました。千早付きの禿(かむろ)・柚や朋輩の花魁・喜蝶など、ほかの女性キャラクターも魅力的です!

惣一郎は廻船問屋の若き主で、一見すると柔和な美丈夫という感じです。とはいえ前述の通り、主人公のような花魁に会うには大金やコネが必要なのですが、彼はそれを易々と乗り越えるくらい羽振りが良い様子。この若さでどうやってそれだけの地位や財産を築いたのか気になるところですが、遊女にとっては金払いの良さや外見も含めてとにかく「良い男」なのは間違いありません。

花魁と男女の仲になることをステータスのように思う客が少なくない中、彼はとにかく「千早」にこだわります。その理由は本編で少しずつ明かされるのですが、ここに至るまでの壮絶な過去や主人公への想いの深さを思うと言葉に詰まりました。ストーリー的な意味でもキャラクターとしても、惣一郎は後々のプレイがおすすめです。

朔夜は主人公が働く桜華屋に雇われた「髪結い」で、その仕事ぶりは完璧そのもの。周囲からの信頼も厚いのですが、最低限の会話しかしない上に良くも悪くも裏表のない物言いをするため人付き合いが得意とは言い難い……という印象です。主人公とはちょっとしたきっかけで仕事以外にも顔を合わせる機会が増えるのですが、そこから少しずつ見えてくる彼の優しさや年相応の反応、情熱的な一面が凄まじい破壊力を秘めています。

プレイした方なら分かっていただけると思うのですが、とあるシーンで「朔夜、可愛すぎるでしょ!!」と崩れ落ちない人はいないはず。私も無理でした。そして彼とは立場上、恋愛はご法度のため他のキャラクター以上に表立って会うことができません。そんな歯がゆさ、もどかしさも楽しめるルートとなっています。

忍は主人公にとって馴染みの客の一人で、飄々としていて掴みどころのない青年。ちょっかいを出す遊女を次々と変えていて、遊ぶお金に困らない自由なお武家様といった感じです。序盤は軽薄なプレイボーイという印象が強いものの、そうした行動の一つひとつに理由があって、彼の本心に触れる度に「すごく頼りがいのある人だな」とか「主人公だけは忍を信じてあげてほしいな」といった思いが強くなりました。彼とも一筋縄ではいかない恋愛が待っていますが、ハッピーエンドはお互いを最後まで信じた結果がとても清々しくて素敵でした。

情け容赦ないことで有名な札差(金貸し)で、桜華屋の常連客でもある彰人は主人公の事を古くから知る人物の一人。主人公がお世話になり、慕っていた「姉女郎」との因縁もあって当初はかなり険悪な空気から始まります。挑発的な言動も腹立たしい上にお金や物で解決しようとする態度には主人公でなくとも辟易してしまいそうになりますが、段々とても可愛く見えてくるのがずるいですね。色々な意味で「お金」にまつわる展開が多く、かなり衝撃を受ける出来事もありますが二人で幸せになってほしいなと思いました。

余談ですが、花魁として箏や踊りなど芸事はみっちり仕込まれている主人公が実は……という面も取り上げられていて、彼女に親近感がわきましたね。

時雨は桜華屋を取り仕切る楼主(おやかた)で、店の遊女たちにも穏やかに接する優しい旦那さんといった印象。幼い頃に両親と離れて遊女として生きることになった主人公にとって、親とも兄ともいえるような全幅の信頼を寄せる存在です。

そんな時雨ですが主人公も知らないたくさんの秘密を抱えているため、相当の覚悟をもって接しなくてはなりません。主人公と時雨にとってはどんな形が幸せだったのか考えさせられましたが、結局答えは彼らにしか分からないのかなと思いました。展開上、あまり多くを語ることができませんが、最後までしっかりと見届けてあげてほしいストーリーです。

辰吉は、桜華屋で遊女のさまざまな世話を焼く「見世番」です。あまり喋らない寡黙な青年ですが人間観察はしっかりしていて、日々の生活でみせてくれる優しい気遣いにホッとできるタイプです。その堅実な仕事ぶりをはじめ、分け隔てない誠実さから子供に慕われているのも微笑ましいですね。

そんな彼に惹かれてしまっても同じ店で働く者として恋愛できる立場にありませんが、それ以上に主人公とは恋仲になれない、なってはいけない理由があります。お互いに気持ちを押し殺すしかない悲しい運命のもとで、二人がどんな選択をするのかが見どころでした。できればもう少し、何も知らずに過ごせる時間が長かったら良かったのにな……と思わずにはいられませんでした。

より快適に遊べるシステムと、新たなシナリオも加わって登場した「吉原彼岸花 久遠の契り」。一夜の夢を見せる花魁が知った「本当の恋」の行方を、ぜひ皆さんもゲームで辿ってみてください!

吉原彼岸花 久遠の契り

プロトタイプPSVitaパッケージ

  • 発売日:2017年10月12日
  • 価格:6,400円(税抜)
  • 17歳以上対象
吉原彼岸花 久遠の契り

吉原彼岸花 久遠の契り

プロトタイプPSVitaダウンロード

  • 発売日:2017年10月12日
  • 価格:5,700円(税込)
  • 17歳以上対象
吉原彼岸花 久遠の契り
(C)2017 MariaCrown/PROTOTYPE

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る