【G-STAR 2017】バラエティに富んだPC・モバイルタイトルを多数出展したNEXONブース

【G-STAR 2017】バラエティに富んだPC・モバイルタイトルを多数出展したNEXONブース

担当:Gamer編集部

韓国・釜山で11月16日から11月19日まで開催している「G-STAR 2017」。メインスポンサーとなっているNEXONブースを紹介する。

「G-STAR 2017」のメインスポンサーを務めているNEXONのブース。ここでは、NEXONブースの出展内容とブース責任者へのインタビューの模様をお届けしよう。

PCとモバイル、バランスの取れたタイトルラインナップ

NEXONブースで出展されたのは、PC5タイトル、モバイル5タイトルの計10タイトル。

ブースで最も広いエリアを占めていたのが「EA SPORTS FIFA ONLINE 4」で、韓国では高い人気を誇るシリーズの最新作だ。「Need for Speed Edge」や「天涯明月刀」は昨年に続いての出展、さらに「Battlerite」「Titanfall Online」といったタイトルが出展され、PCは5タイトルすべてがプレイアブルとなっていた。

モバイルも5タイトルを出展。「HIT」の続編となる「OVERHIT」がプレイアブル、「野生の地:Durango」、「MapleStory Blitz」、「マビノギモバイル」は映像のみの展示となった。もう1タイトルの「Nova Wars」はBtoBブースでの出展となった。

ラインナップとしては、昨年に続けての出展となるタイトルもあり、サービスを間近に控えて来場者の期待も高まっているように感じた。特に来場者の注目を集めていたのは、「EA SPORTS FIFA ONLINE 4」と「OVERHIT」で、いずれも前作からの根強いファンが多いようだ。

ゲームの多様性を重要視―ブース責任者インタビュー

今回、このNEXONブースの責任者であるチョ・ジョンヒュン氏にインタビューを行うことができた。

実は今回のNEXONブースは300コマで、昨年の400コマから縮小している。メインスポンサーになったにも関わらず、縮小した理由としては、より多くの企業が出展できるように今年からコマの上限が300になったから。減少分の100コマはステージをなくすことで対応。今年のブースでは、試遊台を敷き詰めゲームを遊んでもらうことに注力したのだという。

会場に来れない人に対しては、インフルエンサーを招いて映像配信を行ってもらうことで、会場の盛り上がりを伝える施策を行っているそうだ。

事前に良い反応を期待していた「EA SPORTS FIFA ONLINE 4」と「OVERHIT」はもちろん人気を集めていたが、すべてのタイトルに対して、来場者から良い反応を得られていると手ごたえを語ってくれた。

NEXONが「G-STAR 2017」で掲げたスローガンは「NEXT LEVEL」。NEXONは、多様性を重要視していて、今回の出展タイトルもMMORPGのほか、スポーツ、レース、シューティングなどさまざまなジャンルのゲームがそろっている。このように多彩なジャンルをカバーし、幅広いユーザーにサービスを提供することこそがNEXONの考える「NEXT LEVEL」なのだそうだ。さらに、既存のタイトルのサービスを超えるサービスを今後も提供していく想いを込めているのだという。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る