【JAEPO 2018】スタイリッシュに“シャッフルダンス”を決めよう!AC「DANCERUSH STARDOM」ステージレポート

【JAEPO 2018】スタイリッシュに“シャッフルダンス”を決めよう!AC「DANCERUSH STARDOM」ステージレポート

担当:

アーケード

コナミアミューズメントは、本日2月9日より開催の「JAEPO 2018」にて、アミューズメント施設向け音楽ゲーム「DANCERUSH STARDOM」を発表。2018年3月に稼働予定であることを公開した。

「DANCERUSH STARDOM」は、画面の指示に合わせて、プレーをする音楽ゲーム。

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)に合わせて足を滑らせるように踊る「シャッフルダンス」を、誰でも簡単に踊ることが可能だ。レッスンステージも搭載されているので、ダンス初心者でも気軽に楽しむことができる。

「JAEPO 2018」のコナミブースでは、本作をプレイアブル出展。また、作品の魅力を紹介するスペシャルステージが開催された。ここからは、ステージで紹介された本作の特徴を紹介していこう。

まずは、そもそも「シャッフルダンス」とは? という説明が行われた。大きな特徴として足を滑らすように動かすことがポイントのフリースタイルダンスになる。画面の指示に従って動くことで、初心者でも、この「シャッフルダンス」の動きをできるのが本作の魅力だ。

また、本作には動画撮影&シェア機能が搭載されており、難しい操作をせずとも自分のダンスを公開することが可能。動画撮影時には、インタラクティブエフェクトと呼ばれる、エフェクトを映像に付与することも可能なようで、よりスタイリッシュな印象を受けた。

続いて本作の遊び方が紹介された。基本は画面に表示されるノーツの通りにステップを踏むことになる。自分の足の位置はセンサーによって自動感知され、画面上に表示されるので、直感的に遊ぶことが可能だ。

降ってくるノーツは、単発で踏むものから足を固定するもの、また足をスライドさせるものなどが確認できた。他にもジャンプをしたり、重心を低くするものも存在。足の動きだけでなく、全身を使ったダイナミックなダンスを楽しむことができそうだ。

ステージではプロダンサーによるパフォーマンスも行われた。
1つの筐体で2人まで同時プレイが可能。2筐体による4人プレイも可能なようだ。

最後にマシンの紹介が行われた。足元にはLEDによるマトリクスステージが用意されていたり、4.1chスピーカーが採用されているので、まるでEDMフェスにいるような高揚感を感じられるのが特徴だ。収録楽曲は人気J-POPから本格的EDMなどを多数収録予定となっている。

2月9日から11日まで開催される「JAEPO 2018」では、本作の稼働に先駆けて実際にプレイすることが可能だ。試遊すると限定の「e-AMUSEMENT PASS」がプレゼントされるので、本作が気になる人はぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか?

関連ワード
(C)Konami Amusement

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る