ネクソンは、連結子会社であるNEXON Koreaの主催により、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 18(以下NDC18)」を、4月24日~26日の3日間開催する。

NDCは、世界中からゲーム開発者が集い、ゲーム開発や運用に関するノウハウや経験の共有することを目的に、ネクソンが2007年より開催しているカンファレンスです。

2011年に本格的に外部公開を開始して以来、近年ではおよそ2万人の来場者と100以上の講演数を誇る、韓国最大規模のゲーム開発者向けカンファレンスへと成長しました。

12年目を迎える今年は、ゲーム開発からプログラミング、ビジュアルアート、サウンドプロダクション、さらには経営管理まで、多岐にわたるテーマで計105講演が予定されています。

ネクソングループからは日本での年内配信が決定した「DURANGO:Wild Lands」を開発した「What!Studio」や、昨年グループ入りしたモバイル向けインタラクティブ・ストーリージャンルをリードする開発・運用会社「PixelberryStudios」による講演を予定。

また中国でネクソンの「アラド戦記」をパブリッシングする「Tencent」からも韓国にて最近配信開始した「天涯明月刀」等に関する複数のセッションも予定されています。さらに今年は日本から、アークシステムワークスより石渡太輔氏と安部秀之氏、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークス部より生守一行氏のご登壇も予定しております。

NDC事務局 事務局長クォン・ドヨン氏のコメント

ゲーム業界、ひいてはIT業界の更なる発展に向けて、今年も多様で興味深い講演を多数予定しています。登壇者及び参加者の皆さまへの感謝の気持ちを込め、ご満足頂けるよう準備してまいります。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー