心揺さぶる音楽と共に「幻想水滸伝2」の物語を辿った「MUSICエンジン 第四回演奏会」

心揺さぶる音楽と共に「幻想水滸伝2」の物語を辿った「MUSICエンジン 第四回演奏会」

担当:

MUSICエンジンは、4月7日に渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで「MUSICエンジン 第四回演奏会」を開催。ここでは、コナミから1998年に発売となったPSソフト「幻想水滸伝II」の楽曲を取り上げた本コンサートの模様をお伝えする。

MUSICエンジンはレトロゲームから最近のゲームまで、ゲーム音楽をつきつめて表現していく演奏団体だ。演奏を担うのは各方面で活躍するプロ奏者で、楽曲や作品の世界観を表現するために最適な形をその都度取っている。これまで「エストポリス伝記II」「ルドラの秘宝」「ブレスオブファイア 竜の戦士」「UNDERTALE」といったタイトルにフィーチャーし、今回は発売から20周年を迎える名作RPG「幻想水滸伝II」のストーリーに沿った50曲以上の楽曲を演奏した。本稿でもストーリーについて触れているので、発売から相当時間の経った作品だが注意してほしい。

「幻想水滸伝2」のストーリーを音楽で追憶

「幻想水滸伝」シリーズとは、宿星に導かれた108人の仲間と共に立ち向かうさまざまな戦いを描いた壮大なRPG。「幻想水滸伝II」では、世界の根源に関わる大きな力「真なる紋章」の1つ「始まりの紋章」を継承した主人公と親友・ジョウイ、そして主人公の義姉・ナナミを中心とした物語が紡がれる。

5つの都市と騎士団で構成された都市同盟と、長年争いを繰り広げていたハイランド王国。その少年兵部隊に所属していた主人公とジョウイは、休戦協定を不服としたハイランドの皇子・ルカから都市同盟の仕業にみせかけた夜襲を受ける。ゲーム開始直後から始まる怒涛の展開の後に、主人公とジョウイ、そしてナナミの幼い頃がセピア色で流れるムービーへ。何も知らず、幸せだった日々が優しくも切ない旋律の「回想」によって引き立てられ、印象に残っているファンも多いことだろう。

コンサートも、静けさを切り裂くような「敵襲」からスタート。鋭い音の嵐が、得体のしれない敵への恐怖を煽るようだ。さらに緊張感の増した「疑惑」「勝利への意欲」に続き、ピアノを引き立てるような「回想」はコーラス部分もバイオリンでしっかりと再現し、目元を拭うファンも多くみられた。その涙には「回想」という曲から思い起こされる感動、「こんなコンサートを待っていた!」という想いなど、きっとファン一人ひとりに違った意味があったように思う。

やがて主人公は、前作「幻想水滸伝」にも登場した都市同盟の傭兵・ビクトールとフリックに出会う。木管楽器が空気を明るく、穏やかに彩る「働かざる者食うべからず」「平和山村人暮鳥声」「郷愁」、そしてフィールドを歩くたびに耳にした「冒険の旅」が演奏されると、不安や期待に包まれた主人公たちの姿が目に浮かぶようだった。

しっとりとしたサウンドが心地よい「Beautiful Morning」「母への祈り」に続き、金管楽器が荘厳な雰囲気をかもしだす「王者の行進」「救出」へ。「子供たちは野に遊び」ではバイオリンをギターのように構え、弦を弾くピッツィカートが非常に印象深く、続けて「あの丘に登ろう」「不穏」を演奏。夜襲の真実を知っているため、スパイとして処刑されそうになった2人をビクトールとフリックが助け出すシーン、ジョウイを助けた少女・ピリカの住んでいたトトの村がルカによって壊滅してしまったシーンが過る。

物語が加速していくように「作戦」「戦争」と演奏もますます激しさを増す中、オリジナルで印象的なピアノがなくストリングス編成のみの「回想~ストリングスバージョン~」が届けられる。神秘的な雰囲気の「彼方の星」、回想と同じフレーズの「過ぎた日々」が、さまざまな「幻想水滸伝」シリーズで主人公たちを導いてきたレックナートと出会い、主人公とジョウイが「始まりの紋章」を分かち「輝く盾の紋章」と「黒き刃の紋章」として継承するシーンを彷彿とさせる。

ジョウイは強い決意を胸に、都市同盟の盟主・ミューズ市の市長であるアナベルを暗殺。混乱の最中に脱出した主人公は吸血鬼・ネクロ―ドの脅威に晒されたノースウィンドウを訪れ、軍師・シュウの協力のもとサウスウィンドウを奪還。演奏されたのは訪れた都市のBGMも多い「耳を澄ませば」「静かなお部屋」「ナハーラ・ヤン・クン」で、とくに「ナハーラ・ヤン・クン」では奏者がオリジナルのように手拍子も交えて軽快なパフォーマンスで会場をわかせる。パイプオルガン調のサウンドで演奏された厳粛な「パッサカリア合唱付き」「フーガ『我があるじを讃えよ』」は吸血鬼のネクロードらしさがよく現れおり、そんな空気を一転させたのはボス戦で流れる「強敵出現」だ。負けるわけにはいかない、そんな緊迫感に満ちた曲調は思わず手に汗を握ってしまう。

続いて、どこか和のような空気も感じるゆったりとした「彼女のため息」、かすかに悲しみを称えた「昔話」を演奏。主人公とナナミは裏切り者の汚名を着せられた英雄、養父・ゲンカクと都市同盟との間に起きた真実を知り、ゆったりとした本拠地のBGM「なごみの時間」、新生同盟軍のリーダーとなることを決めた主人公の新たな一歩のような「もっと遠くへ」と共に物語が大きく動いたところで一度休憩が挟まれた。

新たな力を求め、トゥーリバーを訪れる同盟軍。人間・コボルト族・ウィングホードという異なる種族が連想される「さざ波に運ばれて」「2つの川」「毎日がカーニバル」が演奏され、愛する町のために一致団結してハイランドの侵攻を防いだ様子が思い起こされる。

学園都市・グリンヒルが陥落し、同盟軍は市長代行・テレーズと共にマチルダ騎士団へと向かう。騎士の誇りを失った団長・ゴルドーを見限り、青騎士団長・マイクロトフと赤騎士団長・カミューは同盟軍への参加を志願。前作「幻想水滸伝」の舞台となったトラン共和国ともかつての因縁を捨て、同盟を結ぶ。ここまでのストーリーを、どこか閉塞感を感じさせつつフルートの美しいハーモニーが重なった「囚われた街」、トランペットの音色が響き渡る「誇り高きサラバンド」、前作で起きた争いをもう感じさせない温かな「平和の賛歌」で追想。コンサートもストーリーも佳境に差し掛かり、圧倒的な力をもつルカとの最終決戦に向かう。

「光のない戦場」「追いつめる」に続き、独特のテンポと勢いを持った「Mad Luka」に突入。主人公側は3部隊、計18人でルカを倒すという印象深いバトルで、この時点での育成方針によってはだいぶ苦戦を強いられたユーザーもいるのでは。夜襲を事前に把握し、さらにここまで戦力を投入してやっと倒すことができたルカの強さを改めて思い知らされた展開だ。そしてルカの死後、彼の妹である皇女・ジルを妻に迎えたジョウイがハイランドの全権を握る。これで全面戦争が回避されるかと思われたが、ハイランド側の罠により休戦協定は決裂。2人の運命はさらにすれ違っていく。

ネクロードとの決着をつけるため、ティントに向かう同盟軍。「儀式」、そして本作でも屈指の人気曲「Gothic Neclord」が演奏され、高まったテンションを鎮めるように静かな「月夜のテーマ」へ。こうしてティントを味方に加えた同盟軍はグリンヒルの解放には成功したものの、ミューズの奪還作戦は失敗。悲しい犠牲を前提にロックアックス攻略作戦が開始され、ここで再び刃を交える主人公とジョウイ。ゴルドーから2人を守ったナナミが倒れる中、ついにハイランドと同盟軍の最終決戦が始まる。獣の紋章の化身が巣食う皇都ルルノイエで激戦を繰り広げ、ついに同盟軍は勝利。デュナン統一戦争が終わった瞬間だ。重厚な音色とパーカッションの力強いビートが織りなす「怒りの鉄拳」「対決の時」「銀狼」が、その戦い記憶を鮮やかに甦らせた。

いよいよコンサートもクライマックス。ここでは「回想~ストリングスバージョン~」「Chant~あなたと出会い生をうけ、あなたを失い死を知った~」「悲しみのレクイエム」「なごみBGM1」「なごみBGM2」「エンディングマーチ ~我らは常にいつならん(108人のその後)~Coda」「La passione commuove la storia~情熱は歴史を動かす~」までを一気に演奏。ゲームでエンディングを迎え、108星の未来を見届けたように、今日のコンサートを振り返るような時間がゆっくりと流れていく。

そしてアンコールとして演奏されたのは、なんと「オープニングBGM」。最後の最後にこの曲を持ってくるというニクい演出に、終わってしまうという悲しさが吹き飛ばされてしまった。主人公やジョウイ、凄絶な笑みをたたえるルカ、この世界で生きる108星が次々と現れ、この先どんな物語を体感できるのかとワクワクした映像の記憶がありありと甦ったのは筆者だけではないはずだ。こうして、今度こそ「MUSICエンジン 第四回演奏会」は惜しみない拍手の中で終了。今回はストーリーに沿った選曲だったが、いつかミニゲームの曲なども加えた演奏会を期待してしまうくらい「また聞きたい!」と思える大満足のコンサートだった。

なお、5月19日には「UNDERTALE」の楽曲を演奏する「MUSICエンジン 第五回演奏会」を開催。チケットはほぼ完売しているが、若干の追加販売が予定されている。今回の演奏会で「MUSICエンジン」に興味を持った方は、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

関連ワード
(C) Studio Symgraph

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る