「惨劇RoopeR」舞台化、「桜降る代に決闘を」の今後の展望などが語られた「BakaFire Party 大発表会」をレポート

「惨劇RoopeR」舞台化、「桜降る代に決闘を」の今後の展望などが語られた「BakaFire Party 大発表会」をレポート

担当:

PC モバイル

東京ビッグサイト 西3,4ホールにて開催のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018春」のBakaFire Partyブースで本日5月5日、ステージイベント「BakaFire Party 大発表会」が行われた。

本ステージでは、BakaFire Party代表でゲームデザイナーのBakaFire氏が進行役となり、BakaFire Partyが製作しているアナログゲーム「惨劇RoopeR」「桜降る代に決闘を」に関する新情報を発表。さらに、デジタルゲーム版「桜降る代に決闘を」に出演する加隈亜衣さん(ユリナ役)、近藤玲奈さん(サイネ役)もゲストとして登壇するなど、観客も大盛り上がりの内容となっていた。

「惨劇RoopeR」が舞台化!

まずは、マーティー・ソリューションズの“たろいも氏”こと、白塚祐太郎氏が登壇し、シナリオ型推理ボードゲーム「惨劇RoopeR」を、2019年に舞台化することを明らかにした。

(左から)白塚祐太郎氏、BakaFire氏

「惨劇RoopeR」では、1人から3人のプレイヤーが“主人公”、残る1人のプレイヤーが“脚本家”としてプレイ。“脚本家”の目的は、惨劇を作り出しそれを観劇すること。時間を遡る能力を持った“主人公”たちは、ループを繰り返しながら脚本家によって仕掛けられた惨劇に挑む。

BakaFire氏によると、本作の特徴は4つのボードで表現された、舞台上の登場人物たちの真実は隠されているということ。“主人公”たちはその何もかもを知らない状態でスタートするが、ループによって徐々に真実へと近づいていく過程を楽しむことができる。一方の“脚本家”は彼らに真実を悟らせないよう、巧みに脚本を構築していく。

白塚氏主催のコンベンションも企画。次回は5月20日に練馬で行われるとのこと。

このように緻密に作り込まれたゲームルールが特徴的な本作だが、舞台化における公演名は「惨劇RoopeR Be Playing Stage Game」になるという。“Be Playing Stage Game”(略称BPSG)には、舞台演劇型ゲームという意味合いが込められているそうで、これにはユーザー参加型の舞台を作り出そうという意図があるのだとか。

白塚氏自身も本作をプレイし、ループものをゲームで表現していることに驚き、ファンになったという経緯もある中で、その体験をよりリアルにしたらというアイデアから舞台との組み合わせが生まれたという。その具体的な仕組みについてだが、参加者に分岐を選択してもらったり、動画を投影したりといった仕掛けを用意するなど、“没入感”を表現することをテーマとして掲げていた。

「桜降る代に決闘を」がいよいよ新幕にリニューアル!今後のスケジュールも

続いては、デジタルゲーム版「桜降る代に決闘を」のディレクターであるセンキの角田智氏を交えて、「桜降る代に決闘を」アナログゲーム版、デジタルゲーム版双方に関する発表が行われていった。

(写真左)角田智氏

「桜降る代に決闘を」は、3つのステップを通して決闘する1体1のボードゲーム。2キャラを選んで組み合わせる“双掌繚乱”、相手のキャラを見てからデッキを組む“眼前構築”、桜花結晶と呼ばれるトークンとボードを用いた“桜花決闘”といった独特の要素で遊びが構成されている。

アナログゲーム版については、最新作となる「新幕 桜降る代に決闘を」が5月18日に発売(ゲームマーケット2018春では先行販売)。その後は拡張ごとにシーズンで区切る予定で、そのシーズンにつき1回は大規模大会を開催。さらに、最初の拡張は8月10日~12日のコミックマーケット94を予定しており、ここではウツロがより魅力的になって帰ってくることも告知された。

併せて、「新幕 桜降る代に決闘を」に関するバランス調整の指針も紹介。これまでも発売後のバランス調整を繰り返してきたことから、バランス調整の難しいタイトルであると前置きした上で、全てのメガミが輝くという理想のバランスを目指して、発売後も積極的なバランス調整を行っていくことを明言。その詳しい内容については公式ブログ上(http://bfpblog.bakafire.main.jp/?eid=171)で公開されているので、気になる人はチェックしておこう。

デジタルゲーム版については、センキがかねてからデジタルカード・ボードゲームを開発したいと思っていた中で、角田氏自身が「桜降る代に決闘を」を実際にプレイしてみて素晴らしいゲームだと気づいたことが開発をスタートするきっかけだったとか。また、アナログゲームは全般的に目の前に対戦相手がいないとできないものだが、デジタルゲーム化することで、どこでも相手を見つけられて、いつでもプレイできることをメリットとして挙げていた。

デジタルゲーム版では対戦環境の構築に注力している点に触れつつ、デジタルゲームならではの大会、イベント、ルールなども用意していることにも言及。さらに、公式ブログ上で展開している小説などで掘り下げられているストーリーや、キャラクターとの触れ合いなど、ソロプレイで楽しめるモードも収録されるそう。加えて、対戦中のエフェクト、演出、そしてキャラクターボイスが対戦を盛り上げる。

ゲストの加隈亜衣さん、近藤玲奈さんがキャラクターの魅力を語る!

ボイスにまつわる話題が出たところで、ゲストとして加隈さん、近藤さんが登壇。2人が演じるユリナ、サイネに関するトークが繰り広げられることとなった。

(写真左から)近藤玲奈さん、加隈亜衣さん

加隈さん演じるユリナは、決闘においては勝ちにこだわるタイプだという。その要素はセリフにも表れているそうで、収録時も演じていて気持ちよかったと振り返る。その一方、家事全般がダメという設定には親近感を覚えたり、普段の女の子らしいところとのギャップも含めて、思ったことがそのまま出てしまうキャラクターだと話していた。

近藤さんはサイネについて、生真面目でいじられるキャラだと評し、キャラクターの4コマ漫画でのいじられっぷりもかわいいと話す。ユリナとはライバル関係なのだが、結果重視のユリナに対して、サイネは武を極めるまでの過程を重視しているという真逆の思考だそうで、キャラクター同士のやり取りにも表れているようだ。

ユリナ サイネ

ここで、加隈さん、近藤さんを含めた全てのボイスキャストが発表に。これまでに公開されていた5人キャストに加えて、新たに7人のキャストが公開、全12柱のメガミたちをそれぞれが演じることになる。

ユリナ:加隈亜衣さん サイネ:近藤玲奈さん
ヒミカ:瑞沢渓さん トコヨ:内田彩さん
オボロ:若林直美さん ユキヒ:氷青さん
シンラ:やなせなつみさん ハガネ:小林眞紀さん
チカゲ:設楽麻美さん クルル:徳井青空さん
サリヤ:ブリドカットセーラ恵美さん ライラ:岡田栄美さん

全てのキャラクターボイスを聴いた加隈さんは、全く異なる2種類のボイスが用意されていたユキヒの存在に注目すると、BakaFire氏曰く“多重女神格”であることが語られる。一方、近藤さんは過去に一緒に旅したことがあるというサイネの親友・トコヨが気になるということだったが、どちらのエピソードも小説内で語られているので、併せてチェックしておくといいだろう。

そのほか、風と雷を象徴する女神であり、動物に近いイメージもクールな面を見せるライラ、外の世界である海の向こうからやってきて、流暢な英語をしゃべるというサリヤなどにも話題が及んでいた。

そして会場では、初公開となるティザームービーが上映。こちらではゲーム内容の紹介はもちろんのこと、決闘中のメガミたちのボイスを聴くことができたり、新たなメガミも続々と配信予定であるというアナウンスも含まれていた。

ここで、最後の情報として先ほど紹介した「桜降る代に決闘を」の拡張について、新たなメガミの追加、カードの更新に加えて、アナザー版メガミを追加することが明らかになった。

これは過去に行った「第壱拡張」における初期チカゲのバランス調整の際、2つの調整パターンを用意して大会を行ったところ、ほかにはない魅力が生まれたことから、今回の拡張に含めることを決定したとか。メガミの特定の個性を切り出して宿すことができるというもので、実際のゲームにおいてはカードが2、3枚だけオリジナルとは異なるものに変化するという。

そして会場では、第一章登場時のユリナの開発中デザイン、第二章登場時のサイネの開発中カードが公開されるとともに、デジタルゲーム版におけるバージョン違いの収録もすでに行っていることも明らかに。ユリナについては1年前の姿で、演じ方もオリジナルとは大きく異なっていたこと、サイネに関してもトコヨと行動を共にしていた時期であることから、今にも歌いだしそうな、楽しげな姿が見えるなど、それぞれに違いが楽しめるようだ。

なお、これらはアナログゲーム版、デジタルゲーム版共通で拡張されるということだが、その時期については可能な限り近いタイミングで行いたいという。これにはデジタルゲーム版のサービス後、両者を強く連携させていきたいという考えを持っているものの、デジタルゲーム版ならではのキャラクターを登場させる予定もあることから、慎重な見解を見せていた。

この後は質疑応答のコーナーが設けられており、メディアだけでなくユーザーからも多数の質問が寄せられていた。その中では上記の回答のほか、課金形態についてはキャラクターのガチャ要素はなく装飾要素などへの課金を検討していることや、対戦プレイの録画機能やサービス以前の環境でのプレイ要望といった、ファンならではの鋭い切り口が見られるなど、デジタルゲームに対する期待の高さが伺えた。

「惨劇RoopeR」公式サイト
http://bakafire.main.jp/rooper/sr_top.htm

「惨劇RoopeR Be Playing Stage Game」公式Twitter
https://twitter.com/SNGKR_BPSG

「桜降る代に決闘を」公式サイト
http://bakafire.main.jp/furuyoni/

「桜降る代に決闘を」にじよめ版 事前登録ページ
http://www.nijiyome.com/game/furuyoni

桜降る代に決闘を

センキMobileアプリiOS

  • 配信日:2018年内配信予定
  • 価格:基本無料

    桜降る代に決闘を

    センキMobileアプリAndroid

    • 配信日:2018年内配信予定
    • 価格:基本無料
      関連ワード
      (C)BakaFire Party
      (C)BakaFire Party Art: TOKIAME

      ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

      • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
      • 軌跡シリーズ特設サイト

      タグ検索

      ジャンル

      RPG
      アクション
      シミュレーション
      スポーツ
      テーブル
      パズル
      ノンジャンル

      テーマ

      アプリ

      ハード

      システム

      その他

      ニュース

      外出中でもスマホで
      最新ゲーム情報をチェック!

      ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

      お気に入りとして登録!

      SNSでシェアする!

      ゲームショウ

      トップへ戻る