新規アレンジ楽曲盛りだくさん!「逆転裁判 LIVE OBJECTION! 2018」豪華ゲストも多数登壇した昼の部の模様をレポート

新規アレンジ楽曲盛りだくさん!「逆転裁判 LIVE OBJECTION! 2018」豪華ゲストも多数登壇した昼の部の模様をレポート

担当:

2018年6月10日、東京の渋谷duo Exchengeにて、「逆転裁判」(以下、「逆転」)シリーズのライブイベント「逆転裁判 LIVE OBJECTION! 2018」が開催された。

作曲家の岩垂徳行氏が率いる、SUPER BAND「ジャスティス」。ここでは昼夜二公演行われたライブのなかの、昼の部の模様をお届けする。

第一部では霜月はるかさんも登壇して、様々なシリーズ楽曲が演奏された!

ライブは「成歩堂龍一 ~異議あり!2016 feat. ジャスティス」で幕を開けた。「逆転」シリーズお馴染みのテーマは、「逆転」シリーズの作曲家のひとりである岩垂氏も、ショルキーで演奏に参加し、ステージのファンを盛り上げ、会場のファンは赤と青のペンライトで熱い演奏に応えた。

2017年1月の「逆転裁判 15周年 特別法廷」でライブを行った、「ジャスティス」。「あの時の演奏をもう一度聴きたいという声がとても多かったことで、今日のライブが実現しました」と、岩垂氏は会場に集まったファンに、感謝の言葉を述べた。そしてぐるりと会場を見渡して「女子率高いですね」と笑うと、女性ファンに負けじと男性ファンがコールをする場面もあった。

岩垂氏によれば、今回のライブは新規アレンジが半分以上。「逆転裁判 15周年 特別法廷」のライブは5曲だけだったので、今回はたくさんアレンジしたのだという。その新規アレンジとしてお披露目されたのは、「希月心音 ~法廷の革命児 feat.ジャスティス」。会場のペンライトが黄色に染まり、心音らしい元気なテーマの音楽に会場のファンも沸いた。

続けて演奏されたのは、「大逆転裁判1&2・大法廷 SUPER BAND メドレー」。こちらはカプコンの北川保昌氏作曲の曲だが、岩垂氏は「難しい曲だけれど、素晴らしい楽曲。うちのバンドメンバーも気に入っている」と、絶賛していた。

そしてステージに登壇したのは、「逆転裁判4」に登場したラミロア風の衣装に身を包んだ、ゲストの霜月はるかさん。霜月さんは10年前に開催された「逆転」シリーズのオーケストラコンサート以来の登壇となったが、「恋するギターのセレナード feat.ジャスティス」と、「奉納舞 feat.霜月はるか」の二曲を、透明感のある歌声で美しく歌い上げ、会場のファンを魅了した。

「恋するギターのセレナード」は「逆転」シリーズの生みの親であるカプコンの巧舟氏による作曲だが、「Aメロは良かったけれど、Bメロがどうしてもコードが合わなかったので、今回演奏するにあたって直しました(笑)」というプロの作曲家目線での岩垂氏からのダメ出しには、会場に来ていた巧氏もタジタジに。

また、「奉納舞」の歌は実は四番まであるという。ゲーム中では二番までの歌詞しか必要なく、お蔵入りとなってしまった三番と四番は岩垂氏も既に紛失してしまったそうだが、霜月さんはまだその四番目までの歌詞を持っているそうで、「次回があったらぜひ四番目まで披露したい」という岩垂氏に、会場のファンからは大きな歓声があがった。

「恋するギターのセレナード」のセレナードには様々な秘話が? 開発陣が登壇した、休憩時間!

休憩時間中には、カプコンの江城元秀氏、巧舟氏、山﨑剛氏と、「逆転」シリーズの開発陣がステージに登壇。

先程演奏された「恋するギターのセレナード」が登場した「逆転4」の頃、当時入社して間もなかった山﨑氏はプランナーとして開発に参加していたそうだが、カプコンの採用面接で面接官に「最後に何か質問はありますか?」と聞かれた時に、「逆転裁判3はいつ出るんですか?」と聞いたそうで、これには会場のファンも爆笑していた。

そんな山崎氏が「逆転6」で奉納の舞のトリックを考えた時は、ずっと「恋するギターのセレナード」を思い出していたのだという。巧氏は「牙琉がギターを弾くはずの曲なのに、ギターの出番があまりない曲になってしまいました」と、楽曲にまつわる様々な秘話が語られた。

なお、「逆転裁判」エポスカードでは、現在WEB新規入会キャンペーン開催中。会場では、新規入会者に抽選で当たるというイラストレータの岩元辰郎氏による直筆のサイン色紙の一枚が披露された。つい今しがた、このライブ会場で描いてもらったばかりだという出来立てほやほやの成歩堂龍一と綾里真宵の色紙には、「欲しい!」という熱烈なコールが寄せられた。

※逆転裁判×エポスカード 公式サイト
https://www.eposcard.co.jp/gecard/capcom/gyakutensaiban/index.html

また、6月15日からばくだん焼本舗で「逆転裁判」コラボが開催される。6月15日~7月5日まで「逆転裁判」シリーズ、7月6日~7月30日まで「大逆転裁判」シリーズのコラボが展開されるので、気になる人は公式サイトをチェックしよう。

※逆転裁判×ばくだん焼本舗 公式サイト
http://www.bakudanyakihonpo.co.jp/novelty-item/index62.html

第二部では、「LOVE LOVE GUILTY」でボーカルをとる岩垂氏も!

ライブの後半戦は、「ゴドー ~珈琲は闇色の薫り feat.ジャスティス」、初披露となる「大逆転」シリーズからの「相棒 ~The game is afoot! feat.ジャスティス」、そして「LOVE LOVE GUILTY feat.ジャスティス」の三曲が連続で演奏された。

「LOVE LOVE GUILTY」では岩垂氏がボーカルをとり、初披露の曲ながら、岩垂氏「そこの角を左にハンドル切れば」~会場「裁判所!」、「これから始まるスリルに酔いしれようか」~「裁判SHOW!」、「真実はどこ そいつは風に」~「聞いておくれ!」、「闇の果てにある」~「LOVE LOVE GUILTY!」と、会場からのレスポンスが見事にバッチリとハマり、最後には岩垂氏の「異議あり!」も炸裂して、会場のボルテージは最高潮に。

ここで特別ゲストとして、イラストレータの岩元辰郎氏が登場。「ジャスティス」が一曲を演奏する間でライブドローイングを披露するという企画に、会場は大きく湧いた。

2013年にアメリカで行われたジャパンエキスポでも同じ企画をやり、そして同じ年に東京の目黒でも同じ企画を行ったが、それから約5年が経ってまたこの企画があがったことに、岩元氏は緊張を隠せない様子だった。

なお、先程お披露目されたエポスカードの特典の色紙を書く時にも巧氏から厳しいチェックを受けて、色々とダメ出しをされたそうだが、その点ライブドローイングはステージ上で一人きりで書くので気楽、と冗談混じりに語った岩元氏にあわせて演奏されたのは、「逆転検事・御剣 SUPER BAND メドレー」。

「何を描くかは秘密」と言っていた岩元氏だが、この曲にあわせて描かれるキャラクターといえば、それはほぼ必然とも言えるだろう。

大きなキャンパスに描かれたのは、御剣怜侍と、「ジャスティス」のバンドメンバーたちの似顔絵。約5分ほどの曲の間に一瞬で出来上がった御剣の絵と人気楽曲のコラボには、会場のファンはもちろんのこと、バンドメンバーも岩元氏も満足気だった。

そして最後の曲となったのは、「追求・逆転裁判123 SUPER BAND メドレー」。「逆転」シリーズを象徴する代表的なアップテンポの曲とあって、会場は成歩堂のイメージカラーの青と、御剣のイメージカラーの赤のペンライトで塗り潰され、大いに盛り上がった。

冷めやらぬ興奮の中、アンコールに応えた一曲目は「ポットディーノ ~Ethno-Rock feat.ジャスティス」。ゲーム中では「ダマラン」という架空の楽器を使用した曲で、岩垂氏はこのライブのためにダマランに似た楽器のマンドリンを、わざわざ購入したのだという。

また、この曲では再び岩垂氏がボーカルを披露。ゲーム中でポットディーノが「ポポポポ」のSEで歌っていた曲は、途中で「裁判長!証言させてもらうぜ!オレ様の真実の魂の叫びをよお!リアル・ソウル・スクリーム!」のセリフと共にデスメタルに豹変するところまで、完璧に再現した。ゲーム中で誰もが「!?」となった印象深い場面だけに、こうしてリアルに聞けたとことに感涙したファンも多かったのではないだろうか。

そしてアンコールの二曲目は、この曲なしに「逆転」シリーズは語れないとも言える、「大江戸戦士トノサマン feat.ジャスティス&オールスターズ」。ここで、プライベートでライブに見に来ていたという、成歩堂龍一役の声優・近藤孝行さんと、そして御剣役の声優・竹本英史さんが急遽ステージに登壇。

霜月さんや開発陣らもステージに上がり、岩垂氏がドラムを務め、ローズ堀口さんがメインボーカルとなった「トノサマン」で、会場は大いに盛り上がり、そうして最後はステージと会場のファン全員の「異議あり!」で〆られ、いかにも「逆転」シリーズらしいバラエティに富んだ内容のステージは幕を閉じた。

「次回も出来るように、応援をお願いします」と述べていた岩垂氏。今回のライブが楽しかったからまた聞きたいというファンも、残念ながら今回は行けなかったというファンも、ぜひ次の開催に向けて、応援の声を送ってほしい。

セットリスト

2018年6月10日(日) 昼公演

1. 成歩堂龍一 ~異議あり!2016 feat. ジャスティス
2. 希月心音 ~法廷の革命児 feat.ジャスティス
3. 大逆転裁判1&2・大法廷 SUPER BAND メドレー
4. 恋するギターのセレナード feat.ジャスティス
5. 奉納舞 feat.霜月はるか
7. 相棒 ~The game is afoot! feat.ジャスティス
8. LOVE LOVE GUILTY feat.ジャスティス
9. 逆転検事・御剣 SUPER BAND メドレー
10. 追求・逆転裁判123 SUPER BAND メドレー

アンコール1. ポットディーノ ~Ethno-Rock feat.ジャスティス
アンコール2. 大江戸戦士トノサマン feat.ジャスティス&オールスターズ

公演概要
公演名

逆転裁判 LIVE OBJECTION! 2018

公演日

2018年6月10日(日) 昼/夜 2公演

会場

(C) duo MUSIC EXCHANGE

出演者

岩垂徳行 SUPER BAND「ジャスティス」
岩垂徳行(Key)/福田真一朗(Gt)/蓮池真治(Ba)/ローズ堀口(Dr)

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
6/20 UP セガゲームス特集ページ

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る