ロックスター・ゲームスが2018年10月26日に発売を予定しているPS4/Xbox One用ソフト「レッド・デッド・リデンプション2」(以下、RDR2)について、デモプレイを経て分かった基本的なゲーム内容などを紹介していく。

何をするかではなく、どう生きるかが問われる「RDR2」の世界

“一度きりの人生だから自由に生きろ”とは、使い古された言葉だろう。しかし、“自由に生きる”とはどういうことなのか、答えられる人は少ない。ただ無軌道に生きることが自由なのか。誰にも縛られることなく、誰のためにも動かず、ただ己のためだけに生きることは自由といえるのだろうか。「レッド・デッド・リデンプション2」では、主人公であるアーサー・モーガンを通じて、この問いに対する答えが垣間見えた気がした。

「RDR2」の主人公 アーサー・モーガンは、ダッチと呼ばれるカリスマ的存在が束ねるギャングの中核を担う古参メンバーだ。まだ若い頃にダッチにギャングへと迎え入れられたアーサーにとって、ギャングは家族のような存在であり、アーサーはダッチを己の人生を光ある方向へと導いてくれると信じ、尊敬している。

ギャングであるアーサーは無法者だが、恩情には誠意をもって応える好漢であり、決して粗野な悪党というわけではない。むしろ、アーサーをただの悪党にするかどうかは、プレイヤー自身の選択によって決まるということが、今回のデモプレイで分かった。

悪名高いギャングにも、家族はある。
ギャングを率いるダッチは家族を守らなければならないし、アーサーもまた、
家族と尊敬するダッチのために荒野を駆ける。

「RDR2」には、“名誉レベル”というシステムがある。これは、アーサーの行動の結果によって彼が周囲からどう見られるかが変化するもので、例えば夜の街で酔っ払った老人が、自宅の方向が分からずアーサーに助けを求めてきたとしよう。この哀れな老人を自宅へと導くか、それとも彼を騙して嘲笑い、夜の街へと放り出すかは自由だ。

一見すると、どちらを選んでも大差はないように思える。しかし、些細な選択であっても結果は伴う。その結果が積み重なって、周囲からの評判が決定される。アーサーという男をどういった人物にするのかは、プレイヤーの考え方次第というわけだ。

……あるいは、アーサーの評価は、プレイヤー自身に対する評価ともいえるのかもしれない。

善人であれば周囲の人々から尊敬され、利益になるような美味しい話が聞けるかもしれない。悪人であれば周囲の人々はアーサーに対してそれ相応の態度を取るだろうし、同じような悪党しか寄り付かなくなるかもしれない。どちらにもメイットとデメリットは存在し、名誉レベルはゲージによって視覚化されいつでも確認できるほか、どちらの状態かによって人々のセリフなども変化するようだ。

世界に存在するものすべてと関りが持てる、進化したインタラクション

「RDR2」の世界では、プレイヤーは武器に頼ることなく、あらゆる人物、自然、動物などと関りを持つことができる。

L1(XboxではLBボタン)を押すことで銃を抜いたとしよう。この状態のまま街を歩けば、当然周囲の人はアーサーのことを警戒し、アーサーにその気がなくともそれ相応の反応をされるだろう。

銃を持った状態でL2(XboxではLTボタン)を押すとエイム機能が働く。話にならない相手ならそのまま引き金を引いてしまうのも一興だが、それは短絡的でもある。なので、お互いに銃を向けあう以外の関係を持ちたいのであれば、まずは武器をホルスターにしまい、その状態でL2/LTを押すことをオススメする。

武器をしまった状態では、L2を押すことで近くの人物や動物にフォーカスすることができる。そうすることでさまざまな選択肢が見えてくることだろう。例えば通りすがりの馬車を見かけた時、アーサーは

  • 馬車を呼びとめる。
  • 御者の気を散らす。
  • 近くの町まで乗せてもらう。
  • 馬車を強盗する。

という行動を起こすことができる。

あるいは、ギャングは常にお尋ね者だ。不埒な輩を目の敵にする法執行官がアーサーを見かけたならば、罪を問われることもあるだろう。しかし、武器を抜いて戦いを始める前に、アーサーに立ち去るように警告する場合もある。誰だって好き好んで血生臭い出来事に首を突っ込みたいわけではないのだ。もちろん、警告に従うかどうかはアーサー=プレイヤーの自由ではあるのだが。

このように、「RDR2」では他者と関りを持つ際にさまざまなアクションが取れる。アーサーが犯罪を行った時には目撃者を脅して口止めすることもできるし、ついでに周囲の目撃者を強盗することだって可能だ。

また、関りが持てるのは何も人間だけではない。犬がいれば褒めたり叱ったりすることもできるし、馬をなだめて落ち着かせることや、撫でてやることもできる。そうすることでできることだって増えていく。現実と同じように、すべての関りには意味があり、アーサーの行動はその意味を成すことなのだ。

ただの動物ではない。一人の仲間として密接に関わる無法者と馬の関係

さまざまなスピードでスムーズに移動でき、かつてないほどの機敏性と操作性を備える馬だが、「RDR2」において馬は、ただの移動手段にとどまらない。馬の品種ごとに個性も違えば、馬は地形、水、恐怖、ストレスに対して独自の反応を見せ、アーサーへの反応もそれぞれ異なってくる。

馬には親密度と呼べるものがあり、手入れをする、餌を与える、興奮した時や怯えた時に落ち着かせる、一緒に走るなどの行動を取ることによって、アーサーと馬との絆を深めることができる。

馬と行動を共にしてさまざまな出来事を乗り越えることで、ストレスがかかる状況でも簡単に落ち着かせることができるようになり、スピードやスタミナといった能力も向上していく。後ろ足立ちやスライディングターン、さらには本格的な馬術を繰り広げることもできるようになるだろう。馬との親密度が上がれば、例え離れていようともアーサーの呼び声に応えてすぐさま駆けつけてくれるようになるはずだ。

また、馬の鞍とサドルバッグを利用することで、予備の武器、動物の死骸、賞金首、その他のアイテムなどを運ぶことができる。さらに馬のあぶみ、ブランケット、毛布、ホーンなどを変更し、自分好みの見た目にカスタマイズすることも可能だ。

荒野を往く無法者たちの行方

当局が無法者のギャングたちを一掃しようと躍起になる1899年のアメリカ。大掛かりな強盗に失敗したダッチギャングたちもまた、アメリカの荒れた大地で奪い、盗み、殺してを繰り返して生きていくしかない。

その中で、時には同じように行き場のない哀れな男を仲間に迎えてやることもあれば、ライバルであるギャングたちと殺し合うことだってある。泥と血にまみれたギャングたちの行く末に何があるのか。あるいは、アーサーはその果てしない旅程をどう思うのだろうか。

「RDR2」では、あらゆる選択がプレイヤーの判断に委ねられている。それは遊び方にも当てはまることだ。メインとなるダッチギャングのストーリーを進めてもいいし、のんびり山で狩りを楽しんだっていい。深い雪に覆われた山脈や緑豊かな草原、人と文化が交差する街並みなど、さまざまな景色を見せるアメリカを相棒の馬と一緒に旅したっていい。悪名高い賞金首たちを取り締まるヒーローになることも、誰からも恐れられる悪党になることも「RDR2」では自由だ。

そう、何をどうしようがプレイヤーの自由なのだ。自分の評価はもちろん、おそらくはギャングの行く末さえも。

広大なフィールドと、そこに存在する人や動物、環境と関りが持てるインタラクション。そして、その関りに深みを持たせる名誉システム。今回のデモプレイでは、「RDR2」という一つの世界の、その片鱗に触れることができた。前作から待ち望んでいるファンは早く遊びたい気持ちでいっぱいだろうが、発売まで今しばらく待って欲しい。

最後に、本作のオンラインサービス「レッド・デッド・オンライン」に関する、開発スタッフのQ&Aも到着したので、こちらにもぜひ注目して欲しい。

「レッド・デッド・オンライン」開発スタッフQ&A

「レッド・デッド・リデンプション2」の壮大なオープンワールドを舞台に、新たなオンラインサービス「レッド・デッド・オンライン」が2018年11月にローンチされる予定だ。

「レッド・デッド・オンライン」は、「レッド・デッド・リデンプション」のマルチプレイモードを大幅に進化させ、対戦や協力の要素をこれまでにない方法で物語に取り込んでいるという。「レッド・デッド・リデンプション2」のゲームプレイがベースとなり、「レッド・デッド・オンライン」は1人またはフレンドと一緒にプレイすることになるそうだ。また、定期的にアップデートや調整も加えられるという。

今回のQ&Aは、ロックスター・ノースのデザインディレクターのImran Sarwar氏と、ロックスター・サンディエゴのシニアプロデューサーのJosh Needleman氏が回答してくれている。

――プレイヤーは「Red Dead Online」に何を期待できますか?シングルプレイモードと同じくらい、自由なオープンワールドを楽しめるのでしょうか?

Imran氏:もちろんです。RDOは「レッド・デッド・リデンプション2」の世界とゲームプレイメカニクスを起点として、カウボーイ(カウガールも)とアウトローの、マルチプレイと協力型ゲームプレイ、広大なオープンワールドの物語を融合させた新たな世界を提供します。プレイヤーは1人でプレイすることもできますし、他のプレイヤーやフレンドと手を組んだり、競ったりすることも簡単にできます。ゲームワールドのすべて、そして「レッド・デッド・リデンプション2」をユニークかつ楽しいものにしている19世紀の舞台設定も活用していきます。

――プレイヤーにRDOから得てほしいものとは何ですか?また、自社のオンラインオープンワールドを進化させるという点で、ロックスターが目指しているものは?

Josh氏:「レッド・デッド・リデンプション」のマルチプレイは当時、我々にとって大きな前進でした。町という枠組みを超えたオープンワールドマルチプレイの可能性を示した最初のゲームでした。プレイヤーが自由にゲームプレイを作り出すことができると同時に、そのほかの、もっと構造がしっかりと決まっているゲームモードへのロビーとなっている場所です。「レッド・デッド・リデンプション2」ではこのアイデアをさらに発展させ、「GTAオンライン」で学んだ「いかにして楽しく複雑な対戦・協力要素をオープンワールドの世界で作るか」「どのようにして物語の要素をマルチプレイに取り込むのか」ということを取り入れていきます。

――なぜRDOを「レッド・デッド・リデンプション2」のシングルプレイと同時にリリースしないのですか?

Imran氏:理由はいくつかあります。第一に、「レッド・デッド・リデンプション2」とRDOはゲームプレイメカニクスと地理が共通していますが、我々はこれらを本質的に別々の製品、それぞれ別々に成長し、進化していく製品として見ていることがあります。

我々はストーリーベースのシングルプレイゲームが大好きですし、それが我々のすることすべての土台となっています。「レッド・デッド・リデンプション2」はストーリーベースの巨大なゲームであり、我々はみなさんが時間を忘れて作品の世界に浸ってくれることを願っています。オンラインの体験を追加する前に、ゲームの世界が提供するすべての体験を味わって欲しいのです。そしてもちろん、ストーリーをプレイし、ゲームのメカニクスや操作性を理解することは、RDOへの体験に備える最良の方法です。

また過去の経験から、これほどの規模のオンラインゲームをローンチする際には必ずいくつかの問題が発生することがわかっていますので、作品を徐々に展開し、体験をできるだけスムーズにするための時間を確保したいと思いました。我々はこの展開方法により、シングルプレイにしてもマルチプレイにしても全体として最良の体験をプレイヤーのみなさんに提供できると信じています。

――21世紀の時代設定/車/テクノロジーが登場しないのは当然として、本作と「GTAオンライン」の違いを教えてください。

Josh:GTAとレッド・デッドの最も大きな違いは、GTAでは世界を高スピードで走り抜けることが多い一方、レッド・デッド・リデンプションではペースの違いが体験の親密感を高めるということです。シングルプレイで描かれるアーサー・モーガンの物語と同様、プレイヤーにはオンラインでのキャラクターにも馴染んで頂き、すべての行動がそのキャラクターの性格、設定、時間と一致しているように感じてもらいたいと思っています。アクション満載の体験を楽しみつつも、個人的で親密な体験を味わうことができるはずです。

我々は「GTAオンライン」の一番良いところや、最良のコンテンツパックを取り入れ、本作のテンプレートにしようとしました。「GTAオンライン」では「強盗」を通して、軌道に乗ることができたと考えています。同パックと「ナイトライフ」「強盗:ドゥームズ・デイ」「銃器密造」などはGTAオンラインの最良の側面であり、前作「レッド・デッド・リデンプション」のマルチプレイモードで成功した要素に加え、本作でのテンプレートを提供しました(当然、コンテンツ内容という意味ではなく、物語とゲームプレイ、モードをひとつのテーマに沿って融合させた方法に関してです)。

――「GTAオンライン」のローンチ/デザイン/アップデート/サポートの経験から何を学びましたか?

Josh:前作「レッド・デッド・リデンプション」におけるマルチプレイモードの最大の問題は、アップデートの度にオーディエンスを細分化してしまったことです。作品が大きくなる度に、プレイヤーベースを分断してしまいました。「GTAオンライン」ではこの状況を避けることが目的になりました――我々はオーディエンスをそのままキープし、体験を恒久的なものにすることに専念しました。そして、たくさんのトライ・アンド・エラーの末、マルチプレイをロックスター的な体験に感じられるもの――つまり、個性とゲームプレイ、スタイル、物語と多様性を合わせたもの――にすることができたと感じました。ですが、その時点にたどり着いたのは最初の「強盗」パックをリリースした頃です。我々の目標は前回よりも早くその時点に達すること、同時にプレイヤーが楽しんでいる要素を取り入れ、段階的に進化することです。

――RDOがローンチした後、「GTAオンライン」はどうなるのですか?

Imran:「GTAオンライン」にはまだまだ大きな計画が用意されていますし、しばらくの間はアップデートを配信し続けます。両作のアップデートの時期を調節し、プレイヤーが両方の作品を楽しめるようにしようかという計画もなんとなくありますが、開発プランによってはそれが不可能になるかもしれません。RDOには「GTAオンライン」のプレイヤーが楽しめる要素がたくさんありますが、同時にRDOは全く新しいものを求めるファンも惹きつけると思います――RDOのどの要素がヒットするのかどうかはまだ我々もわかりませんが、ロールプレイと道徳性に重点を置きたいと思っています。今後変わるかもしれませんが、とりあえずはそれが今の方向性です!そして、我々の素晴らしいコミュニティと協力し、このオンライン体験を忘れがたいものに育てていきたいと思います。

レッド・デッド・リデンプション2

ロックスター・ゲームス

PS4パッケージ

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2

レッド・デッド・リデンプション2

ロックスター・ゲームス

PS4ダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:7,963円(税抜)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2

レッド・デッド・リデンプション2 スペシャル・エディション

ロックスター・ゲームス

PS4ダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:9,723円(税抜)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2 スペシャル・エディション

レッド・デッド・リデンプション2 アルティメット・エディション

ロックスター・ゲームス

PS4ダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:11,528円(税抜)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2 アルティメット・エディション

レッド・デッド・リデンプション2

ロックスター・ゲームス

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:8,618円(税込)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2

レッド・デッド・リデンプション2 スペシャル・エディション

ロックスター・ゲームス

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:10,562円(税込)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2 スペシャル・エディション

レッド・デッド・リデンプション2 アルティメット・エディション

ロックスター・ゲームス

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2018年10月26日
  • 価格:12,506円(税込)
  • 18歳以上のみ対象
レッド・デッド・リデンプション2 アルティメット・エディション
関連ワード

(C) 2018 Rockstar Games, Inc.

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • Figgy

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
  • Gamer編集部通信
4月25日(木)
Ash Tale -風の大陸-
Cyber Hunter
Cytus α
Darksiders Warmastered Edition
EVE rebirth terror
EVE rebirth terror 初回限定版
Figment
Light Tracer
Panty Party
SEGA AGES バーチャレーシング
SlabWell
Witch’s Weapon -魔女兵器-
World of Warships: Legends
ザ・ウェイ~トワの誓い~
スターリンク バトル・フォー・アトラス スタンダードエディション
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック
スターリンク バトル・フォー・アトラス デラックスエディション
ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション- DELUXE EDITION
トリカゴ スクラップマーチ
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン
ニンジン:クラッシュ・オブ・キャロット
ピクセル パズルパック 3-in-1
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
プロジェクト・ハイライズ アーキテクトエディション
レンドフルール for Nintendo Switch
4月26日(金)
Days Gone
Days Gone デジタルデラックスエディション
ウロボロスの呪い ~Broken Sword~
クダンノフォークロア
クダンノフォークロア 限定版
ハコボーイ!&ハコガール!
4月27日(土)
グリザイア:ファントムトリガー Vol.6&5.5
グリザイア:ファントムトリガー Vol.6&5.5 特装版
4月30日(火)
Tales of the Neon Sea
夕鬼 零 -Yuoni:ゼロ-
5月8日(水)
Puyo Puyo Champions/ぷよぷよeスポーツ