2019年2月15日から17日に開催が発表されている格闘ゲームの祭典「Evolution Championship Series: Japan 2019」。本日1月21日に本大会の記者発表会が行われた。

「Evolution Championship Series(以下、「EVO」)」は、長い歴史を持つ世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメントだ。世界中の格闘ゲームプレイヤーがラスベガスに集い、公平なルールと競技精神、これまで磨き上げた技術を競い合い、チャンピオンの座を決める戦いが繰り広げられる。

そんな「EVO」の理念を受け継いだ、もう一つの世界大会が「EVO Japan」だ。昨年初の開催となった「EVO Japan 2018」には、7千名を超えるプレイヤーがエントリー。来場者数は1万名を超え、映像配信に関しては1千万ビューを記録したという。

「EVO Japan 2018」の様子。

そして今年2019年も「EVO Japan」が開催決定。すでにメイントーナメントとして、6タイトルの開催が決まっている他、漫画・アニメ「ハイスコアガール」とのコラボレーションも発表されている。

ここでは、「EVO Japan 2019」の開催概要や福岡市からの支援体制などが発表された記者発表会の模様をお届けしていこう。

藤澤孝史氏
藤澤孝史氏

まずは、「EVO Japan 2019」実行委員会の藤澤孝史氏が登壇。本大会の開催概要を説明した。

藤澤氏は改めて大会の背景を説明した後、今回「EVO Japan 2018」の盛り上がりをさらに盤石にするため「EVO Japan 2019」を開催すると宣言。今後、大会を継続的に開催できる基盤作りが今回のチャレンジテーマであることを明かした。

また、前回の反省点を踏まえてプレイヤーのための環境づくりにも力をいれていることを強調。「EVO Japan 2018」では、想定を超えるエントリー数から急遽ホールを追加するなどの対応を行ったが、今回はそもそもそういったことが起こらないよう、プレイ環境には余裕をもった対応を行うと説明した。これには福岡市から提案を受け、行政や地域を巻き込んだ、複合的な計画のもと実施行われるそうだ。

藤澤氏は、「自治体が、選手やゲーム環境をバックアップすることは、目新しいことであり、選手のステータスアップにも繋がる」とコメントした。

同時に賞金の透明性と運営の健全性にも取り組んでいるという。誰でも参加できるオープントーナメントであることと、厳しい大会を勝ち抜いた勝者が受け取るべき称賛を、日本で両立させるため入念に模索を続けてきたそう。運営にはゲームニュートンの松田泰明氏やGODSGARDENの稲葉央明氏、TOPANGAの豊田風佑氏といったスタッフに加え、本国の「EVO」チームからもスタッフが参加するそう。

また、経験豊富なスタッフだけでなく地域協力として、福岡市の専門学校の単位認定制度を策定。授業の一環として、「EVO Japan 2019」の運営や設営をボランティアという形で協力してもらえるそうだ。

メイントーナメントに関しては既に発表されている6タイトルになるが、サイドイベントももちろん実施。「BLAZBLUE CENTRALFICTION」、「DEAD OR ALIVE 6」、「ミリオンアーサー アルカナブラッド」のトーナメントやエキシビションマッチが行われる。さらにコミュニティの有志によるサイドトーナメントも20を超えて開催されることも決定しているとのことだった。

この他にも「ハイスコアガール」とのコラボレーションや協賛企業のブース展開など、3日間楽しめる内容になっているので是非注目して欲しいとし、コメントを締めくくった。

髙島宗一郎氏
髙島宗一郎氏

続いて登壇したのは、福岡市長の髙島宗一郎氏。福岡市が「EVO Japan 2019」を全面協力する意味とその協力体制についてが語られた。髙島氏は、本大会が福岡市で開催されること、世界中のゲームファンを福岡市に向かえられることを嬉しく思っているとコメントした。

髙島氏によると、福岡市はゲーム産業の振興を10年前から行っているそう。“産学官“で組織を作ることで、ゲーム分野で大きく成長した街なのだ。また、それ以外にも、アニメや音楽などのカルチャーも盛んであり、何より日本で一番のスタートアップの都市であることを強調。国家戦略特区に指定されているため、新たなサービスやビジネスモデル、規制緩和が可能な街なのだ。そんな福岡市だからこそ、街をあげて「EVO Japan」を成功させたいと、実績を交えながら福岡市とeスポーツの相性の良さをアピールした。

福岡地域戦略推進協議会 事務局長の石丸修平氏からは、ボランティアや各企業との取り組みが説明された。
板橋ザンギエフ選手(左)、たぬかな選手(右)。
板橋ザンギエフ選手(左)、たぬかな選手(右)。

本会見では、プロゲーマーの板橋ザンギエフ選手、たぬかな選手も登壇。「EVO Japan 2019」の魅力や意気込みが語られた。

まずは昨今のeスポーツブームについて尋ねられると、元々小さいコミュニティで高い熱量で行われていた物が広く知れ渡ってきていることは実感していると板橋ザンギエフ選手。たぬかな選手も広く認められることで、ポジティブにゲームと向き合えるようになったと肯定的に捉えている様子だった。

また、今回「EVO Japan 2019」が福岡市で開催されることを受けて、格闘ゲームの地域ごとの特徴についての話題になると、「福岡のプレイヤーは粘り強いプレイをするイメージ(板橋ザンギエフ選手)」。「めちゃくちゃ反応が良かったり、人と全然違うスタイルだったり個性的なプレイヤーが多い(たぬかな選手)」と面白い意見も飛び出した。開催地域がいつもと違うことで隠れ猛者が登場するのではないかと期待している様子だった。

最後に、「EVO Japan 2019」への意気込みを聞かれると、「『ストリートファイターV』の新シーズンが始まって初めての大きな大会なので、新しい環境でどれだけやれるか、しっかり準備して臨みたい(板橋ザンギエフ選手)」。「前回の『EVO Japan』は体調不良で棄権してしまったので、今回は欲張って優勝を狙います!(たぬかな選手)」とそれぞれコメント。

また、ガチな大会である側面以外にも、気軽に参加できるのが「EVO」の魅力であるとし、ぜひ気軽に参加してみて欲しいとのコメントも寄せられた。

「EVO Japan 2019」公式サイト
https://www.evojapan.net/2019/

関連ワード

(C)EVO Japan 2019

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • リディー&スールのアトリエ特設サイト
  • Figgy

REGULAR定期配信

  • 販売本数ランキング
  • 発売日カレンダー
  • 編集部通信
2月21日(木)
30 in 1 ミニゲームコレクション Vol.1
Daggerhood
MASS FOR THE DEAD
NG
NieR:Automata Game of the YoRHa Edition
SEGA AGES アレックスキッドのミラクルワールド
STEINS;GATE ELITE
YUMENIKKI -DREAM DIARY-
かりぐらし恋愛
かりぐらし恋愛 完全生産限定版
イカロスM
ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX
ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX 初回限定生産版「乙女のたしなみBOX」
デビルエンジン
ブリキの騎士
ブロブ カラフルなきぼう リターンズ(de Blob 2)
大図書館の羊飼い -Library Party-
大図書館の羊飼い -Library Party- 初回限定版
教えて♡おねだり将棋
添いカノ~ぎゅっと抱きしめて~
添いカノ~ぎゅっと抱きしめて~ 完全生産限定版
逆転裁判123 成歩堂セレクション
2月22日(金)
Anthem
Anthem Legion of Dawn Edition
パイロットストーリー 787エアラインオペレーション
2月26日(火)
Touhou Luna Nights
黒い砂漠 MOBILE
2月28日(木)
BATTLLOON - バトルーン
DELTARUNE Chapter 1
JUDGEMENT 7 俺達の世界わ終っている。
LEFT ALIVE
RIDE3
WORK×WORK
ゆのはなSpRING! ~Mellow Times~ for Nintendo Switch
ゆのはなSpRING! ~Mellow Times~ for Nintendo Switch 限定版
ウィザーズ シンフォニー
ゲーム ドラえもん のび太の月面探査記
シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~
ゾイドワイルド キングオブブラスト
トライアルズ ライジング
トライアルズ ライジング ゴールドエディション
ノラと皇女と野良猫ハート2
ノラと皇女と野良猫ハート2 B2タペストリー同梱版
ノラと皇女と野良猫ハート2 抱き枕カバー同梱版
パイロットスポーツ
フォーゴットン・アン
僕の彼女は人魚姫!?-My Girlfriend is a Mermaid!?-
大繁盛!まんぷくマルシェ
恋がさくころ桜どき
3月1日(金)
DEAD OR ALIVE 6
DEAD OR ALIVE 6 コレクターズエディション
DEAD OR ALIVE 6 デジタルデラックス エディション
3月7日(木)
FLOWERS 四季
アサルトアンドロイド カクタス プラス
毛糸のカービィ プラス