セガゲームスより2020年1月16日に発売予定のPS4用ソフト「龍が如く7 光と闇の行方」。発売前に本作をプレイする機会を得たので、そのプレイインプレッションをお届けする。

新主人公・春日一番のもつ魅力と、引き込まれるストーリー

日本の繁華街を舞台に、男の生き様や熱い仁義のドラマを描く「龍が如く」シリーズのナンバリング最新作となる本作。これまでの「龍が如く」シリーズでは、複数のキャラクターが主人公となる場合もありつつも、どの作品でも桐生一馬が主人公を務めているという共通点があった。しかし本作では新キャラクター「春日一番」に主人公が変更されており、物語の雰囲気も従来のナンバリングシリーズからは大きく異なっている。

「桐生一馬」は、一作目の時点で「堂島の龍」を呼ばれるほどの腕っぷしを持っており、誰が見てもカッコいい、完成された大人の男として描かれていた。サブストーリーなどでは、普段は物静かな桐生がはしゃいだり夢中にゲームをやったりと、メインストーリーの姿とのギャップの面白さがシリーズの大きな魅力にもなっていた。

本作の主人公である春日一番は、ゲーム開始時の境遇こそ桐生と似ている部分があるものの、キャラクターの性格は物静かな桐生とは真逆で、明るくひょうきんな面が強い。序盤のストーリーでは、組の存続のために罪をかぶり、18年の服役を終えた後、誰よりも慕っていた荒川からも突き放され、すべてを失ってホームレスにまで落ちる……という、桐生以上に過酷な状況に置かれることになるのだが、一番の前向きなキャラクター性もあって、ストーリーのテイストにも悲壮感はなく、全体的に明るめの雰囲気になっている。

「龍が如く」シリーズの魅力は、桐生一馬というキャラクターが担っていた割合も少なくないため、この変化に不安を感じているシリーズファンもいるだろう。

確かに一番は、腕っぷしという面では桐生に劣るものの、自分の立場が悪くなるような状況でも困っている人を見捨てられない正義感、誰とでも仲良くなれる人当たりの良さ、一見何も考えていなさそうな一方で、頭の回転や洞察力の高さを感じさせる場面が多数あったり、桐生とは違った方向性で主人公としての魅力に溢れている。時にはへこたれてしまう場面があったり、プレイヤーが共感しやすい等身大のキャラクター性ながら、ここぞというところではカッコいいところを見せてくれる。本作をプレイして、一番を嫌いになるプレイヤーは一人もいないのでは……と思えるほど、キャラクターとしていい味を出していると個人的には感じられた。

一方で「龍が如く」といえば、ストーリーの面白さも大きな魅力の一つ。本作と同じく、龍が如くスタジオが開発を担当したアクションアドベンチャー「JUDGE EYES:死神の遺言」は、その完成度の高いサスペンス調のシナリオで全世界から高い評価を獲得したが、本作のストーリーでも、それぞれの章ごとに新たな謎が現れたり、予想外の展開で度肝を抜いたりと、“引き”が抜群に上手い。すべてを失い、一度ドン底に落ちた一番が、街の人々や仲間たちの力を借りながら成り上がっていく王道的な展開も心地が良く、どんどん物語を先に進めたくなる。

個人的なお気に入りは、一番に加えて、ホームレスのナンバ、元刑事の足立の3人が揃うゲーム序盤の雰囲気。社会的にはダメ人間に分類されそうな中年男3人がチームを組み、少しずつ目的に向かって進み始めていく様は、他のタイトル(とくにRPG)ではまず見られない展開で新鮮だった。

またある程度ストーリー的な区切りはあったとはいえ、桐生一馬の物語は初代「龍が如く」から地続きとなっていたため、「龍が如く」シリーズに興味はあったものの、「いきなり途中から入るのは……」と尻込みしていた方も少なくないだろう。

本作では、一部過去シリーズから続投するキャラクターは存在しているものの、メインキャラクターが完全に一新され、他のナンバリングタイトルとの関係性が薄めになっているため、「龍が如く」シリーズを初めて遊ぶというプレイヤーにはピッタリの作品となっている。

アクションからコマンドにバトルシステムが一新。実行のタイミングが重要

従来のシリーズ作からもっとも大きな変更点となるのがバトルシステムで、本作ではコマンドバトルと従来の喧嘩アクションを融合させた「ライブコマンドRPGバトル」が採用されている。オーソドックスなコマンドバトルとは異なり、コマンド選択中も敵味方が絶えず移動を行い、位置関係が変わり続けるリアルタイム要素が大きく関わっているのが特徴のシステムだ。

MPを消費して発動できる必殺技にあたる「極技」の一部には、一定の範囲内にいる敵をすべて攻撃するという性質があったり、自転車や看板など近くに攻撃に使えるオブジェクトが存在している場合に通常攻撃を行うと、そのオブジェクトを使用して攻撃の威力が上昇するなど、攻撃実行時の敵味方敵の位置によってその結果が大きく変化するようになっている。

コマンド選択中も時間は流れ続ける一方、選択にいくら時間をかけても、時間切れになって敵が攻撃を行ってくることはない。そのため、慌てて入力するよりも、敵が一直線に並ぶタイミングを待ってから、直線上の敵すべてを攻撃する極技を使用する方が有効だったり、必ずしも素早くコマンドを入力する必要がないのが面白いところ。

その一方で、敵がダウン状態になっている間に通常攻撃を行うと、より高いダメージを与えられる「追い討ち」の攻撃方法に変化するようにもなっている。味方の攻撃でダウンさせたところに、追い討ちでトドメを刺す連携はかなり効果的で、状況によっては素早い入力にメリットが発生することで、戦略性に奥行きを与えている。

もうひとつ、本作のバトルシステムの特徴として挙げられるのが、タイミングを合わせてボタン入力を行う「ジャストアクション」の存在だ。

もっとも代表的なのが、敵の攻撃の直前に×ボタンを押すと成立する「ジャストガード」で、入力に成功すると受けるダメージを減少させたり、特定の状態異常を受けなくなる。ジャストガードを行っても行動回数は消費されず、プレイヤーには何のデメリットもないため、積極的に狙っていきたい。ただし、ガードが成立するタイミングはアクションゲームさながらのシビアさがあり、敵のターン中もゲームに集中しておく必要がある。オート戦闘も搭載されているので、戦闘の指示はCPUにすべて任せてしまい、ジャストアクションの操作に専念するのも一つの手だ。

ジャストアクション発生時は、連打などのボタン入力が発生し、
「龍が如く」シリーズでおなじみのヒートアクションに近い感覚で使用できる。
ジャストカードはもっともアクション性の高い操作。
敵の攻撃モーションにしっかりとタイミングを合わせて入力をする必要がある。

また本作のバトルには、主人公の一番以外にも、常に3人までの仲間が同時に戦闘に参加することができる。一番を含めて、それぞれのキャラクターには「ジョブ」が用意されており、セットしているジョブに応じて使用できる極技やパラメーターが変化する。

ブレイクダンスをベースとした回転攻撃で広範囲の敵にダメージを与えることのできる「ダンサー」、刀による攻撃で、敵を「出血」状態(毎ターンダメージを受ける状態異常)にする「用心棒」、パーティの盾となって仲間を守る「機動隊員」などさまざまな種類が存在する。

一番なら「フリーター」や「勇者」、ナンバなら「ホームレス」、足立なら「刑事」といったように、それぞれ固有のジョブがデフォルトでセットされているが、街中にあるハローワークを利用することで他のジョブに転職も可能だ。

キャラクターごとにジョブ専用の衣装が用意されており、戦闘中はジョブの見た目に外見が変化する。

その際に覚えておきたいのが、ジョブにはジョブ専用とキャラ専用の極技が存在し、キャラ専用の極技は、他のジョブに転職した後も引き続き使用できること。強力なキャラ専用極技があるジョブは、お目当ての極技を習得するレベルまで育成し、その後で他のジョブに再度転職させる……といった育成も有効だと感じた。

ただしジョブはキャラクター自身のレベルとは別にそれぞれ固有のランクを有しており、とくに初めてそのジョブに就く場合は、ジョブランクが上がるまで転職前よりも戦闘力がダウンしてしまうことも少なくない。前のジョブに戻ればジョブランクは以前のものに戻るので、そこまで転職を躊躇う必要はないが、パーティ全体の戦力バランスを考えながら行う必要がある。

また一番にのみ「陽気」、「優しさ」、「知性」など6種類の「人間力」と呼ばれるパラメーターが存在しており、特定のジョブに就く際の前提条件となったり、人間力が一定レベルに達さないと進行しないイベントも存在する。人間力は、サブストーリーをクリアしたり、プレイスポットで遊んだり、ストーリー中の選択肢によって自然と成長していく。

一番以外のキャラクターは、人間力の代わりに一番との「絆」が設定されており、絆レベルが上がると転職可能な職業が増えていく。絆は戦闘をこなしたり、街で食事をしたりすることでポイントが貯まっていき、最大になると一番たちの拠点になるBARで、絆レベルが上昇するイベントが発生するようになる。

サブストーリーや戦闘、街を散策していくと、絆や人間力も自然と上がっていくので、「龍が如く」シリーズのお約束でもある本編のストーリー以外の要素も、より積極的にクリアしたくなるサイクルが形成されており、つい止め時を失ってプレイしてしまう魅力がある。

その他にも、本作のバトルならではの要素としては、「デリバリーヘルプ」の存在も挙げられる。デリバリーヘルプは、戦闘中に一定額の所持金を支払って助っ人を呼び出し、その戦闘内においてさまざまな効果が得られるシステムで、強力な助っ人であるほど呼び出しに必要な金額が高くなるため、所持金に余裕がない序盤は自然と利用機会が少なめになる。スマートフォンの電波が入らない場所では利用できないという制限もあるが、その分助っ人の効果は、一撃で戦況を一変させるほど強力なものが多い。どうしても倒せそうにない敵など、ここぞという場面のみで使用する、切り札的な存在になるだろう。

マップの広さはシリーズ最大級。RPGならではの探索の緊張感も

「龍が如く」シリーズといえば、実在する繁華街をモデルとした街の中を自由に散策できるのも大きな魅力になっているが、その要素は本作にも引き継がれている。本作の主な舞台となる「横浜・伊勢佐木異人町」は、神室町の約3倍もの広さを誇る新フィールドだ。

街の中では、従来のシリーズと同様に、街を歩いているチンピラ達に発見されて喧嘩を売られると敵にエンカウントするようになっているのだが、従来と大きく違うのは、場所によってエンカウントする敵の強さが変わってくること。伊勢佐木異人町は大きく9つのエリアが存在し、それぞれのエリアごとに「危険度」が設定されており、マフィアの拠点近くなど、危険度の高いエリア内でエンカウントする敵は、かなり手強くなっている。

従来のシリーズでは、街を散策していてエンカウントした通常のザコ敵に倒されるということはそれほど多くなかったと思うが、本作では危険度の高いエリアに入ると、あっけなくザコ敵に倒されてしまうことも少なくない。とくに極技の選択肢が限られる序盤は、ダメージを受けずに敵を倒していくことが難しく、HPやMPを自然と消耗していくため、拠点となる職安街エリアから離れたエリアに向かう際には、RPGでワールドマップを移動する際のような緊張感がある。HPやMPを温存したい際には、逃走したり、エンカウントを避けるように移動することも重要だ。

強い敵と遭遇する分、回復が必要な場面が増えるため、街中にある飲食店を利用する機会も大幅に増加。
特定のメニューを組み合わせると「食事コンボ」が発生し、ボーナス効果を得られることも。

メインストーリーに関わりのないイベントであるサブストーリーとは別に、ランダムで発生するタイプの依頼である「バイトクエスト」も存在する。バイトクエストには、指定のアイテムを届ける調達依頼や、特定の敵を倒す討伐依頼などがあり、クリアするとポイントが溜まっていき、ランクが上がるとより報酬の良い、難易度の高い依頼を受けられるようになっていく。

本作では、回復アイテムだけではなく一番たちが装備する武器や防具などの装備もお金で購入する必要があるのだが、ホームレスにまで落ちる序盤は、とにかく金欠になりがち。

その分、サブストーリーやバイトクエストでもらえる報酬は、攻略を楽に進める上でかなり重要な金策となっており、少しでもお金を稼ぐために、いろいろなクエストやイベントをこなしたいというモチベーションが自然と湧いてくるようになっている。

ゲームの序盤は最低限の装備や回復アイテムを買い揃えるのも難しく、お金のありがたみを実感できる。
豊富なサブストーリーの数々はユニークな内容が多く、「龍が如く」ならではのノリは健在だ。

本作から新たに追加されたものを含め、本作でも膨大な種類のミニゲームが収録されている。中でも目玉と言えるのがパチスロシミュレーターで、「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」「パチスロ蒼天の拳 朋友」「パチスロ猛獣王 王者の咆哮」の実在する4機種をプレイ可能で、台選択時には回転数等の情報から台を選べる本格仕様だ。ゲーム本編とは別に、設定を選択してパチスロ単体で遊べるモードも用意されており、この部分だけでもパチスロファンはプレイする価値があるだろう。

※「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」と「パチスロ猛獣王 王者の咆哮」は発売日同日に配信される無料DLCをダウンロードすることで遊べるようになる。


画像右下の機種:パチスロ蒼天の拳 朋友
(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証PGA-709 (C)Sammy
パチスロはゲーム序盤から利用可能な貴重な金策手段の一つ。
所持金が乏しいうちは、現実さながらの緊張感を味わいながらプレイできる。
本作でも各地のゲームセンターで、
往年のセガの名作ゲームをプレイしたり、UFOキャッチャーで景品を入手できる。
公開時にネット上でも大きな反響を呼んだ、
街にいる危険人物(通称「スジモン」)のデータを集めて、スジモンマスターを目指す要素も。
いろいろな意味で攻めた内容だ。

またフィールドが広くなった分、それぞれの施設間の移動距離も増えているのだが、本作ではタクシーの配車アプリという形で、いつでも指定の場所にワープ移動できるファストトラベル機能も用意されている。

この機能は比較的早い段階で解禁されるのだが、距離に応じた呼び出しの分、追加のタクシー代を払う必要があり、ゲームの序盤は利用のハードルが高め。ただしゲームが進行すると自然と所持金に余裕もできてくるため、気軽に利用できるようになっていく。

このファストトラベル機能もその一つだが、バトル中における魔法的なファンタジー演出は、「ドラクエ」好きの一番の妄想という理由付けがされていたり、地下道や敵の組織の内部がダンジョンのような雰囲気になっていたり、RPG的な要素を現代日本で機能させるため、納得いくような形に本作独自の落とし込みが行われているのが印象に残った。世界観とシステムが隔絶されず、しっかりと繋がりをもっていたことも、没入感を高める要素として機能している。

移動中には仲間との会話が発生することも。パーティとして旅をすることの多いRPGらしさを感じられる要素だ。

主人公にバトルシステムの一新と、従来のシリーズから劇的な変化を遂げたタイトルとなる「龍が如く7」。シリーズファンの中には、その変化に戸惑うプレイヤーも中にはいると思うのだが、サブストーリーやミニゲームなどのやりこみ要素との親和性が高まっており、事前に想像していた以上に「龍が如く」恒例のシステムと、RPGというジャンルが見事な融合を果たしていると感じられた。長期シリーズの課題となりがちなマンネリ化も打破されており、もう神室町は遊び尽くしたというシリーズファンも、新鮮な気持ちでプレイできるはず。

同時に、アクションゲームが苦手だったり、ストーリーの途中から入り辛いといった理由で、これまで「龍が如く」シリーズに手を出せなかったという人にも自信をもってオススメできる作品となっている。この機会を逃さず、是非ともプレイしてみてほしい。

龍が如く7 光と闇の行方

セガゲームス

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年1月16日
  • 価格:8,390円(税抜)
  • 17歳以上対象
龍が如く7 光と闇の行方

龍が如く7 光と闇の行方

セガゲームス

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年1月16日
  • 価格:8,390円(税抜)
  • 17歳以上対象
龍が如く7 光と闇の行方

(C)SEGA

※画面は開発中のものです。

関連ワード

この記事のゲーム情報

龍が如く7 光と闇の行方

龍が如く7 光と闇の行方

ドラマティックRPG
機種
PS4
プラットフォーム
パッケージダウンロード
会社
セガゲームス
シリーズ
龍が如く
ジャンル
RPG
  • セガゲームス特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • セール情報
  • Figgy

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
1月16日(木)
Degrees of Separation
Minecraft Starter Collection
One-Way Ticket
OVE GENERATION~攻防する異能力少女~
SEGA AGES ぷよぷよ通
まいてつ -pure station-
まいてつ -pure station- コレクターズエディション
アニメスタジオ物語
アークナイツ
ジョガーノート
ドラゴンボールZ KAKAROT
ハロー!ブレイブクッキーズ
三國志14
三國志14 Digital Deluxe Edition
1月17日(金)
The Alliance Alive HD Remastered
The Alliance Alive HD Remastered デジタルリミテッドエディション
VGAME
バレットガールズ ファンタジア
フローラル・フローラブ
幻影異聞録♯FE Encore
防衛三国志:~ぷちかわ武将と戦略バトル~
1月20日(月)
CocoPPa Dolls
1月21日(火)
ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator アーリーアクセス版
1月22日(水)
De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~
Idol Company
1月23日(木)
198X
Valfaris
void tRrLM(); //ボイド・テラリウム
うたわれるもの 二人の白皇
うたわれるもの 偽りの仮面
メダロットS
大乱盗!ジュエルウォーズ
村雨のソードブレイカー
1月24日(金)
アトリエ ~黄昏の錬金術士 トリロジー~ DX
アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ DX
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ DX
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ DX
1月30日(木)
Bookbound Brigade
IxSHE Tell
IxSHE Tell 完全生産限定版
Ministry of Broadcast
ウォーハンマー:Chaosbane
ケムコRPGセレクション Vol.1
ケムコRPGセレクション Vol.3
コードシフター
コーヒートーク
シスターズロワイヤル 5姉妹に嫌がらせを受けて困っています
プリズンプリンセス
ボクと彼女(女医)の診察日誌
ボクと彼女(女医)の診察日誌 ナースエンジョイパック
ボクと彼女(女医)の診察日誌 プレミアムエディション
ロードランナー・レガシー
ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー
幻想マネージュ
幻想マネージュ 限定版