11月27日に劇場上映となるアニメ「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー」に出演する、佐倉綾音さん、三森すずこさん、井澤美香子さんへのインタビューをお届けする。

2019年3月に劇場上映された「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION」。ゲーム「グリザイア:ファントムトリガー」のvol.1、vol.2を再構成するかたちでアニメ化された同作は、バイブリーアニメーションスタジオによるこだわりの映像とともに、戦いの場に身を置く少女たちの日常を丁寧に表現していた。

そして今回、クラウドファンディングの実施を経て、その続編となる「グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー(以下、スターゲイザー)」が上映されることに。こちらはゲームのvol.3を描いたもので、トーカ(獅子ヶ谷桐花)を中心に描かれるエピソードとなっている。

その上映に先駆けて、本作の出演キャストの中からトーカ役の佐倉綾音さん、グミ(九真城恵)役の三森すずこさん、有坂秋桜里役の井澤美香子さんにお話を伺った。

――まずは昨年公開された、前作のアニメの印象や当時の感想をお聞かせください。

佐倉さん:前作のアニメの際はまだみんなで収録できていたので、ほかのキャストの方々との掛け合いができる喜びがありました。そして、ようやくキャラクターが(アニメとして)動いて、しかもありがたいことにバイブリーさんが気合を入れて動かしてくださっていて。私はキャラクターデザインの渡辺(明夫)さんの絵がすごく好きなのですが、その一枚絵そのままに動いているのを見て、理想的なアニメ化だなと嬉しく思ったのが印象的です。

三森さん:私は出演していなかったんですけど、ほかのキャラクターたちの好きなことなどを知ることができたのは良かったです。ゲームだとどうしても自分のキャラクターだけに注目してお芝居する感じなんですが、レナとマキのやり取りなど、印象に残る場面を映像で見ることができて良かったです。

井澤さん:シナリオがボリューミーだなというのを感じました。大筋ももちろんなんですけど、途中でギャグっぽいパートも挟まったり、美浜学園の紹介があったり、ものすごく盛りだくさんでその濃密さが感じられる一作だったなと思います。その世界観をアシストするように音楽もすごく素敵でしたし、発砲音などの音響も素敵だったので、もう非の打ち所がない、良さだけが詰まった作品だなという印象でした。

あと、ゲームの収録は苦戦したこともかなり多くて、役者としていっぱいいっぱいになりながらやっていたんですが、アニメでまた同じシーンを演じさせていただいた時に、自分自身も少し成長できた段階で関われたので、個人的にもすごく思い入れがあります。

――上映イベントなどでも続編を、というお話をされていたかと思うのですが、クラウドファンディングを経ての続編制作ということで、決まった時などの感想についてもお聞かせください。

佐倉さん:前作のアフレコの際にスタッフさんから、「ゲームで展開しているエピソードをちゃんとアニメーションとして動かしていきたいんです」というようなお話があったんです。なので、いつかトーカの物語もアニメーションにしてもらえると信じて止まずに待っていたので、このお話が来た時は「待っておりました!」と、気合を入れて臨みました。

完成した映像なども見させていただいたんですが、加えてクラウドファンディングに参加してくださった方のメッセージが楽屋に用意されていて、それを見た時に、まだ見ぬ「スターゲイザー」に対してのファンの皆さんの熱量がすごく伝わってきて。私たちは作品を作ることはできますが、たくさんの人に愛してもらえるかどうかというのは、本当にファンの方にかかっているものなので、とてもありがたく、これからも頑張りたいなと思わせて頂きました。

三森さん:スタジオに前作のポスターが張ってあるのを見かけて、「私が出てくるところまでやるかな?」と思っていたので、今回グミも出るとなった時は本当に嬉しかったですね。だからこそもっと見たいなという欲もありますし、今回クラウドファンディングで多くの方に応援いただいて、たくさんの人が続編を希望していたんだなというのが本当に嬉しいし、ありがたいです。グリザイアシリーズのファンの皆さんの温かさを身をもって感じました。

井澤さん:この度たくさんの方にご支援いただいたということで、とてもうれしく感じています。それ以前にもゲームの発売のタイミングでお渡し会をさせていただいたりしたんですが、「劇場版見ました、とても良かったです」「もっと続きを見たいです」というお声をいただいていたので、そのご期待に沿えるんだなとワクワクしています。

前作がとてもハイクオリティなものを届けられた分、ハードルはすごく上がっていると は思うのですが、クラウドファンディングに参加してくださった皆さんのおかげで細かなところのクオリティアップもできたので、きっと皆さんの想像を裏切らない、あるいは越えていくような作品になるんじゃないかなと思います。前回見てくださった皆さんにもより楽しみにしていただきたいです。

――続いて、ご自身が演じるキャラクターの魅力をお聞かせください。

佐倉さん:前作の段階だと、この子はどうしてこんなに強い言葉で、人を遠ざけるような口調で喋るんだろう?と感じた方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、実際にトーカの過去やバックボーンを掘り下げてみると、説得力と納得感があって。これを知るとなお憎めず、可愛いな、頑張って生きているな、と親心を持ってトーカを見てしまいます。

アメとムチのバランスもまた絶妙と言いますか、厳しくて当たりが強いだけではなく、ちゃんと人を見ていて、欲しい言葉がある人にその言葉をわざとかけないときもあれば、本当に欲している人にはその言葉をあげていることもあって。大人な部分と、たまに見せる年相応感や幼さのギャップが魅力的です。

――トーカについては今回、過去のエピソードも断片的に描かれると思いますが、そこも魅力をより感じさせますよね。

佐倉さん:そうですね。グミとの出会いやシホとの関わりなど、今回のエピソードは本当にトーカの過去と未来にとても影響がある内容なので、そのあたりも注目ポイントであり、トーカを理解する上で重要なファクターの一つなのかなと思います。

三森さん:グミは愚直な軍人気質というところもあり、かつすごいスナイパーということで、自分の任務に対してもとても真っ直ぐに取り組む姿勢が魅力です。今回はそんなグミの信念みたいなものがすごく出てくるシーンがあって、可愛らしい部分とは別にその芯の強さにも注目してもらいたいです。

ちょっと行き過ぎてしまっているところもあるかもしれないですが、真面目な感じが表現されていて、これぞグミだなと思うシーンが満載になっています。そして、トーカとの出会いもあるので、そこはすごく大事なキーポイントだなと思います。

――グミは軍人のような言い回しが特徴のキャラクターでもありますよね。

三森さん:~であります、とかしっかり言い切る感じに全部まとめるんですよね。ゲームでずっと演じていた分、そこに違和感や喋りづらさはなくてもう馴染んでいたので、アニメになって演じる際にもスムーズにできました。

井澤さん:全く知識のない一般人が美浜学園に来たら、もちろんおどおどしたりびっくりしたりということはあると思うのですが、それを差し引いてもおどおどしているというのが有坂先生だと思います。公式プロフィールにも石橋を叩いて割ってしまうようなタイプと書かれているような、すごく慎重派でいつも何かに怯えているような人なんです。

ただ、そんな気の弱い彼女なのに、どうしても許せないことや子どもたちが誤った道を突き進もうとしている時に、大人として彼女たちを止めたりする、正義感の強さも持ち合わせている人だなと思います。

あと今作の中では、有坂先生はすごく癒しポジションだなと感じています。戦闘とかでは力になれないけれど、一生懸命みんなの役に立てるように振る舞おうとしたり、みんなの生活に順応しようとしたりしている姿がすごくほっこりするというか、癒やされるところがあります。その空気感が美浜のみんなとは違う、彼女ならではのポジションで魅力だなと感じます。

――鶏のやり取りとかそういうところからも、和ませ役みたいな感じはありますよね。

井澤さん:そうですね。なので激しいアクションやシリアスなシーンの中の緩衝材みたいな、そこにいるだけでちょっと違うみたいなところが魅力だと思います。

――佐倉さんと三森さんにそれぞれお聞きしたいのですが、今回のエピソードを通したトーカとグミの関係性や、影響を与えている部分についてはどう思われますでしょうか?

三森さん:グミから見たトーカは、シホ伝手にいろいろな話を聞いていると思うので、キーマンとしてグミの中にはいたんじゃないかなと思います。

佐倉さん:シホも言っていた通り、ちょっと似ているところがある気がするのですが、多分本人たちは最初、どこが似てるんだろう?と思ったんじゃないかなと。でも最終的には境遇など通じるものがあって、そしてやはりシホという共通点も2人にとっては大きくて。だからこそ運命みたいな出会いをしてしまい、一緒にいることを決意するわけですよね。その関係性ってきっと理屈だけじゃ説明できない強いものがあって、悲しいけれど、救いでもあるのかなと感じました。

――ゲームのvol.3の最後のシーンってそういう意味ですごく印象的でしたが、それがアニメで見られるのかも楽しみなところだなと思いました。

佐倉さん:いやー、いい感じです。

三森さん:そうだね。

――ぜひ期待しておきます(笑)。先ほど今回の収録はみなさんで集まれなかったというお話もあったかとありましたが、今回の収録の際に意識した点などありましたらお聞かせください。

佐倉さん:今回はやっぱりお当番回なので、たくさん喋ることに対しての覚悟もそうなのですが、とにかくトーカはいろんな意味で繊細な神経を使うキャラクターでした。

せっかくのアニメーションなのでみんなで収録できたら良かったのですが、私は一人きりで。この状況下なので限られた時間の中での収録でしたが、その分しっかり緊張感を持てました。私がトップバッターだったので誰の声も聞こえていませんでしたが、それはもう3年以上関わらせてもらっている中での勘や、ゲームでの収録から2年以上経っていて、2年分成長しているぞ、と自身を鼓舞しながらのアフレコでした。

三森さん:私はムラサキ役の種﨑敦美さんとの収録だったんですが、その時点でトーカの声も入っていて、それを耳に返しながらお芝居しました。ゲームだと一人で孤独に収録する感じなので、やっぱり人と掛け合ってお芝居することによって、グミの心情をより表現しやすかったですし、クライマックスにかけてのシーンはトーカとのお芝居の中でグミが心を解放していく感じは、演じがいがあるなと思いました。

井澤さん:今回のアニメの少し前にゲームのvol.7の収録があったんですけども、そちらの方では有坂先生が精神的にも少しずつ成熟しているような過程にまで来ていたので、一旦その成長したものを忘れるというところを、アフレコ時には意識しました。まだ子どもたちがしている仕事にも馴染んでいないし、新鮮に衝撃を受けるというところがあったので、一旦成長して積み上げたものを忘れつつ、テクニック的に覚えたことだけを持っていくことを意識しました。

――最後に「スターゲイザー」の中でそれぞれが見どころだと思うポイントなどありましたら、お聞かせください。

佐倉さん:正味一時間ぐらいの作品ですが、アクションシーン、かわいい女の子、人間ドラマと、たくさんの要素が詰まっている一作だと思います。きっと見ていただく方によって刺さるポイントが違うと思いますし、絶対にどこかで琴線に触れる心に響くシーンというのが出てくるのではないかなと思いますね。

私はその中でもちょっと日常っぽい、キャラクターの中の関係性がさりげなく表れるシーンが印象的で、物騒な会話をしている横で膝枕している子や、大事な戦闘シーンで唐突に表現されるこっ恥ずかしい体勢とか、すごく清涼剤だなあと(笑)。

難しい言葉がたくさん出てきてついていけなくなるかもと思った瞬間に、そういうシーンが出てきたりして、絶妙なバランスで出来ているなという風に思ったりもします。ミリタリーに詳しくない、美少女アニメに詳しくないという方でも、そういった仕掛けを用意しておりますので、ぜひたくさんの方に楽しんでいただければ幸いです。

三森さん:今回、私はグミとしてアニメーションでは初登場なんですけど、本当にテンポ感が良くて、ダイナミックな映像とかはもちろん、隅々まで細かく丁寧に描かれているなという印象です。

ミリタリーもので一見難しいかなと構えてしまうところではあったんですが、登場人物のバックボーンがしっかりと描かれているので、置いてけぼりにならずにちゃんとストーリーを一緒に追っていけると思いました。一度と言わず何度でもご覧いただけると、楽しめるポイントがたくさんあるんじゃないかなと。ミリタリーのリアリティも追求されているので、ミリタリー好きの方も必見だと思います。

井澤さん:有坂先生としては本作でギャグポジションということをお話したと思うんですが、それ以外にも子どもたちと遠征に初めて同行したことで、心のなかでちょっと受け取るものがあって戸惑うようなシーンがあるんです。有坂先生にとってはここから変わっていったり、考えていったりするきっかけになるようなエピソードだと思うので、ぜひ見届けていただいて、最終的に有坂先生がどういうところにたどり着くのか、応援しながら一緒に見てもらえたら嬉しいなと思いました。前作を見ていない方ももちろん楽しめる出来栄えになっていますので、もう老若男女みなさんに足を運んでいただければと思います。

――ありがとうございました。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(13枚)

(C)Frontwing

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • プリコネR特集
  • セール情報

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月29日(木)
R-TYPE FINAL2
R-TYPE FINAL2 限定版
Warpips
World of Tanks
4月30日(金)
CryoFall
Heal
Legend of Keepers: Welcome to the Dungeons Company
New ポケモンスナップ
Returnal
Returnal デジタルデラックス版
5月1日(土)
タイムプリンセス
5月4日(火)
ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
5月6日(木)
Sofia
アストロベアーズ
変身少女
連邦刑務所からの脱出
5月7日(金)
彩色のカルテット
5月8日(土)
バイオハザード ヴィレッジ
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン コレクターズ エディション
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン デラックス エディション
バイオハザード ヴィレッジ コレクターズ エディション
バイオハザード ヴィレッジ デラックス エディション
バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル
バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル Zバージョン
5月13日(木)
Lost Ruins
MotoGP 21
ソード&ブレイド
パスファインダー:キングメーカー
5月14日(金)
GetsuFumaDen: Undying Moon
Subnautica サブノーティカ
サブノーティカ: ビロウ ゼロ
サブノーティカ+サブノーティカ: ビロウ ゼロ
ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR’S EDITION
異世界酒場のセクステット ~Vol.3 Postlude Days~
5月18日(火)
Days Gone
Siege Survival: Gloria Victis
5月19日(水)
Open Country
三國志 真戦
5月20日(木)
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー 10th Anniversary Edition
Mortal Shell
Wanna Survive:ワナサバイブ
じゃんがりあん物語
アンジェリーク ルミナライズ
アンジェリーク ルミナライズ トレジャーBOX
ストレンジパークからの脱出
マニフォールド ガーデン
ライジングヘル
ルーンファクトリー5
ルーンファクトリー5 プレミアムボックス
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version 30周年記念版
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ 特装版
5月21日(金)
DEATHLOOP
DEATHLOOP Deluxe Edition

コメントランキング

COMMENT