2021年5月22日・23日、富士急ハイランド コニファーフォレストにて「アイドルマスター ミリオンライブ!」(以下、ミリオンライブ!)の7thライブ「THE [email protected] MILLION LIVE! 7thLIVE [email protected] FLYER!!! Reburn」が開催。ここでは、DAY1の模様をお伝えする。

当初は2020年5月に開催予定だったが、2020年4月7日に発令された緊急事態宣言および新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて中止が発表された7thライブ。それが今回、タイトルに「Reburn」が付けられ、1年越しでの再開催となった。なお、「ミリオンライブ!」としてだけでなく、「アイドルマスター」としても単独野外ライブは初となる。

会場は座席の間隔を空け、観客の声出し禁止など感染予防対策を徹底。また、現在の緊急事態宣言の状況を鑑み、現地有観客に加えてライブビューイング、有料生配信が実施され、全世界のプロデューサー(「アイドルマスター」ファンの呼称)がそれぞれの方法でライブを楽しんだ。

DAY1 出演者

田所あずさ(最上静香役)
郁原ゆう(エミリー スチュアート役)
平山笑美(北上麗花役)
雨宮 天(北沢志保役)
田村奈央(木下ひなた役)
香里有佐(桜守歌織役)
大関英里(佐竹美奈子役)
愛美(ジュリア役)
近藤 唯(篠宮可憐役)
南 早紀(白石 紬役)
渡部恵子(周防桃子役)
駒形友梨(高山紗代子役)
小岩井ことり(天空橋朋花役)
諏訪彩花(徳川まつり役)
原嶋あかり(中谷 育役)
小笠原早紀(野々原 茜役)
麻倉もも(箱崎星梨花役)
村川梨衣(松田亜利沙役)
渡部優衣(横山奈緒役)

心配された天候も開催日が近づくにつれて雨予報が消え、DAY1当日は穏やかな曇り空。オープンスペースに設置されたステージは、大きく左右に広がっているメインステージとセンターステージがあり、それを花道で繋ぐという、上空から見ると「工」の形状。さらに、キャンプをテーマにしたライブらしく、メインステージ上段、左右、センターステージの中央にはキャンプファイアーで使う櫓が置かれていた。

開演時間となり、いつものようにスクリーンには765プロライブ劇場の事務員・青羽美咲が、今回は富士山をバックに登場。そして、特別に永吉昴による注意事項アナウンスがあり、彼女の想いものせた「しまっていこうぜ! プロデューサー!」の声を合図に7thライブは幕を開けた。

期待と興奮で溢れる会場にミリオンスターズのメンバーが姿を現し、ステージの4箇所に置かれた櫓に火を灯していく。メンバーが着用している衣装はガールスカウトをモチーフに今回のライブのために制作されたもので、靴下や靴紐がメンバーカラーになっているのも可愛い。

田所さんの掛け声から、記念すべき初野外ライブのオープニングナンバーは「Flyers!!!」。彼女たちが歌い踊るステージの前にはペンライトを掲げたプロデューサーたちがいる……その光景を目の当たりにして、みんな嬉しそうな表情でいっぱいだ。この曲にある〈ペンライトの光は勇気〉〈無理だと言われてた 夢も 今は ここにある 乗り越えて きたんだ〉といった歌詞も、このような状況下だからこそ胸に響き、泣けてくる。

2曲目の「Legend Girls!!」は、最初のCDシリーズ「THE [email protected] LIVE [email protected] PERFORMANCE」(以下、LTP)、しかも全体曲の次にリリースされたCD「LTP02」の収録曲。これまで何度も歌われてきた曲だが、メンバー全員で歌うのは珍しく、とても新鮮なハーモニーを響かせる。その重層的な歌声に、プロデューサーたちはクラップや笑顔で返していった。

そして、1年越しに同じ会場で7thライブを開催できた喜びや意気込みを述べると、ここからさらに元気いっぱいの楽曲を展開。ユニット“キャンサー“の3人(郁原さん、田村さん、渡部優衣さん)に平山さんと駒形さんを加えて披露した「ランニング・ハイッ」は、まさにハイテンションナンバー。会場を一段とヒートアップさせていくと、続いては今回の特徴のひとつとも言えるソロ曲を複数人で歌うステージへ。

中谷育のソロ曲「アニマル☆ステイション!」を歌うのは、田所さん、雨宮さん、南さん、諏訪さん、原嶋さん、小笠原さんの6人。いたずらっぽさを出した感じや志保のセリフ、動物の鳴き声を育(原嶋さん)以外のメンバーがやるところも聴きどころで、本当にアイドルたちの躍動している姿が目に浮かぶようだ。

そして、「Helloコンチェルト」は、オリジナルメンバーである田村さん、大関さん、村川さん(オリジナルはこの3人+秋月律子役の若林直美さん)が、当時から格段にレベルアップした歌唱力でみんなを引き込んでいった。

平山さんと小笠原さんが披露したのは、北上麗花のソロ曲「空に手が触れる場所」。この2人といえば、直近のCDシリーズ「THE [email protected] MILLION [email protected] WAVE」ではユニット“TRICK&TREAT”としても活躍しており、その経験も活かした新たな楽曲の色を生み出していく。野外ステージだからこそタイトル自体が感慨深く、ラストの感情のこもったロングトーンも印象的だった。

さらに、近藤さん、渡部恵子さん、小岩井さん、原嶋さん、麻倉さん、村川さん、渡部優衣さんによる「HOME, SWEET FRIENDSHIP」では、みんなで写真を撮る恒例の演出が“亜利沙のカメラを使う”バージョンに。そんな遊び心もありつつ、〈ここに集まった時、「おかえり」って思っちゃう〉という歌詞も、いつも以上に感じるものがあった。

メンバーの自己紹介&ショートMCを挟み、「もう少しで遊んでいいかな?」と、楽しいキャンプは次のブロックへ。

「Bigバルーン◎」(愛美さん、近藤さん、南さん、小岩井さん、諏訪さん、小笠原さん)では、茜ちゃん(小笠原さん)の合図でプロデューサーみんなが腕をぐるぐる回すのも、楽しさいっぱい。曲の後半には風船を手にした田村さん、渡部恵子さん、原嶋さんが登場したのだが、この3人はここから多彩な演出をみせていった。

まずは、3人に香里さんを加えて「Good-Sleep, Baby♡」を披露。まさにキャンプに遊びに来た子供たちと引率の歌織先生といった雰囲気で、間奏で“だるまさんがころんだ”をして遊ぶ姿も可愛い。そんな3人を優しく包み込むような香里さんの歌い方も素敵であり、ラストの「おやすみない」は至極のささやき。子供たちはそのままステージで眠りにつくのだった……。

そうして3人が幸せな夢を見ている中、次に披露されたのは郁原さんと麻倉さんによる「夢色トレイン」だ。曲中には寝ている3人に気づくエミリー(郁原さん)と星梨花(麻倉さん)だったが、3人はぐっすり眠ったまま。そんな微笑ましい様子や、エミリーによる星梨花とはまた違った可愛さの「出発進行!」がみんなの心をギュッと掴んでいく。

すると今度は、ポンチョ風の新衣装にチェンジした大関さんと駒形さんが登場して「Melody in scape」を披露。オリジナルメンバーである2人が3rdライブツアーでこの曲を歌ったのを思い出した人もいると思うが、表現力が格段にアップした2人の歌声は魂が震えるほど。キャンプファイアーを背にした2人を横から映すカメラアングルも素晴らしかった。

「君だけの欠片」は、先ほどの「空に手が触れる場所」と同様に、ユニット“Charlotte・Charlotte”としても活躍した2人(郁原さん、諏訪さん)なのが胸アツ。メインステージの両端から歌い始め、徐々に近づいていく2人。諏訪さんは感極まった表情を浮かべ、郁原さんは嬉しさで笑顔が溢れていたのは、どちらも印象的だった。

そして、ユニットといえば“クレシェンドブルー”の5人(田所さん、平山さん、雨宮さん、小笠原さん、麻倉さん)が勢揃いした「Flooding」は熱く格好良く、会場のボルテージをさらに上げていく。表情も完全に入り込んでいて、強さとクールさはみんなの目と耳の両方を釘付けにさせる。

自己紹介&MCパートに続き、こちらも大注目だったのが「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」。田所さん、郁原さん、近藤さん、小岩井さん、村川さんがチュパカブラダンサーとともに、オリジナルバージョンとしては初披露となった。ステージ壁に「出没注意!」描かれたチュパカブラの絵も存在感を増し、各メンバーのセリフも個性いっぱいで楽しませてくれる。2番になるとほかのメンバーも登場してみんなで盛り上げていった。

そんな楽しいキャンプも晩ごはんの時間。ご飯といえばこの曲、「SUPER SIZE LOVE!!」を大関さん、諏訪さん、原嶋さん、小笠原さんが熱唱。みんなの「おかわりー!」の声も響き、ラストは手で「L・O・V・E」を形作って晩ごはんタイムを締めた。

さらに、田村さん、愛美さん、南さん、渡部恵子さんが「ココロがかえる場所」を温かく歌い上げると、「夕風のメロディー」は香里さん、近藤さん、駒形さんが優しくも芯のある歌声で聴かせる。それぞれの歌い方の特徴を出しながらも思いがしっかりこもっていて、夕方という時間帯的にも心に響くものだった。

ユニット“Jus-2-Mint”の2人(大関さん、渡部優衣さん)は「Super Duper」をスタイリッシュに披露。2人ユニットならではの左右を意識した振り付けや後半の向かい合ったやり取りも印象的で、Bメロでのリズミカルなクラップでは会場が一体に。そして、「百花は月下に散りぬるを」はユニット“花咲夜”の郁原さん、南さん、小岩井さんが扇子を手にし、三者三様の艶やかさをみせる。動きのキレもよく、花咲夜の世界観に引き込んでいった。

舞台裏での食べ物の話などが飛び出したMCを挟み、ここからは雰囲気たっぷり、素敵な夜を過ごすための楽曲ゾーンに突入。まずは、田所さん、平山さん、香里さん、雨宮さん、麻倉さんによる「Blue Symphony」だ。表情も動きもビシビシと決まり、可愛さだけではない麻倉さんの格好良さや、低音の響きも魅力的な香里さんなど、ほかの曲とはまた違った姿をみせてくれる。時間的にはブルーアワーから本格的な夜になる時間帯であることも感慨深い。

今度は、村川さんと渡部優衣さんが「夜に輝く星座のように」で、さらなる格好良さで魅了していく。残念ながら雲がかかっていて星座は見えなかったものの、転調してからラストに向かってのテンションと感情の盛り上がり方が星に届くかのよう。そして、夜空に響かせる「待ちぼうけのLacrima」はまさに圧巻。もともと高い歌唱力に磨きのかかった感情表現が加わり、想いが何重にもなって会場を満たしていく。ライトに照らされてのソロパートも胸を震わせるものだった。

志保のソロ曲「絵本」は雨宮さんと香里さんの2人で披露。スローバラードなだけに、それぞれの歌声の強さや響き、感情が痛いほど伝わってくる。想いを噛みしめるようにちょっと上を向いたり、キッと気合を入れたりしていた表情が後半は優しくなっていくところも、歌声とともに魅力的な瞬間だ。

するとここで、BGMが会場に流れ、フードを被ってランタンを手にしたメンバーやダンサーが登場。ランタンを花道やセンターステージに置いて素敵な雰囲気を作り上げると、ステージにはギターを手にした愛美さんと渡部恵子さんの姿が。愛美さんのギター演奏にのせ、2人で「流星群」を披露した。ラストの挨拶で愛美さんが「お嬢」と発していたように、「THE [email protected] [email protected] ACTIVITIES 02」での任侠ドラマを思い出した人もいるだろう。そんな2人が紡ぐ歌声は、サビでのハモリもとても素敵だった。

さらに、だいぶ日が落ちてきた会場に、田所さん、田村さん、香里さん、駒形さん、小岩井さん、諏訪さん、麻倉さんによる「星屑のシンフォニア」が響き渡る。あの雲の向こうにはたくさんの星屑が広がっている……そんなことも心によぎる会場には、それに負けないプロデューサーたちのペンライトの光が輝いていた。

続く「STANDING ALIVE」(雨宮さん、大関さん、愛美さん、近藤さん、南さん、渡部恵子さん、原嶋さん、村川さん、渡部優衣さん)では、Dメロで会場のライトが一気にオレンジに変わる演出も印象的。ドラマも曲も思い入れが深いと以前より語っていた近藤さんがセンターで凛々しく歌う姿は、篠宮可憐の成長を感じるものでもあった。

そして、本編ラストは全員で「brave HARMONY」。胸に届くハーモニー、足をトントンとする特徴的な振り付け、彼女たちが織りなすステージが、会場はもとより天高くまで広がっていった。

アンコールでは、「アイドルマスター」15周年記念曲である「なんどでも笑おう」をライブ初披露。さらに、「ミリシタ」3周年曲「Glow Map」へ。こちらもライブ初披露であり、田所さんの最高の笑顔での「行ってきます!」の声で駆け出したメンバーの姿は、今後の飛躍を感じさせるもの。曲のラストに打ち上がった花火も、大きな驚きとインパクトを残していた。

歌い終わりメンバーひとりずつ挨拶。感謝の言葉や個性あふれる熱い気持ち、この景色を見て帰ってきたと感じたことなど、それぞれの想いが語られと、雲の隙間からは明るく輝く月が顔をのぞかせるのだった……。

そんなみんなの気持ちを込めて、DAY1のオーラスを飾ったのは「Thank You!」。嬉しさいっぱいの晴れやかな笑顔が溢れ、感謝とこれからを祝福するかのように大輪の花火が何度も打ち上がる。そして、みんなの想いをのせて、7thライブはDAY2へとバトンが渡された。

なお、DAY1ではiOS/Android向けアプリ「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」の4周年を記念したイベントや、次回メインコミュなどの最新情報が発表となった。発表内容の詳細はこちらをご覧いただきたい。

DAY1セットリスト

M1. Flyers!!!/ミリオンスターズ
M2. Legend Girls!!/ミリオンスターズ
M3. ランニング・ハイッ/郁原ゆう、平山笑美、田村奈央、駒形友梨、渡部優衣
M4. アニマル☆ステイション!/田所あずさ、雨宮 天、南 早紀、諏訪彩花、原嶋あかり、小笠原早紀
M5. Helloコンチェルト/田村奈央、大関英里、村川梨衣
M6. 空に手が触れる場所/平山笑美、小笠原早紀
M7. HOME, SWEET FRIENDSHIP/近藤 唯、渡部恵子、小岩井ことり、原嶋あかり、麻倉もも、村川梨衣、渡部優衣
M8. Bigバルーン◎/愛美、近藤 唯、南 早紀、小岩井ことり、諏訪彩花、小笠原早紀(田村奈央、渡部恵子、原嶋あかり)
M9. Good-Sleep, Baby♡/田村奈央、香里有佐、渡部恵子、原嶋あかり
M10. 夢色トレイン/郁原ゆう、麻倉もも(田村奈央、渡部恵子、原嶋あかり)
M11. Melody in scape/大関英里、駒形友梨
M12. 君だけの欠片/郁原ゆう、諏訪彩花
M13. Flooding/田所あずさ、平山笑美、雨宮 天、小笠原早紀、麻倉もも
M14. Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~/田所あずさ、郁原ゆう、近藤 唯、小岩井ことり、村川梨衣(ミリオンスターズ)
M15. SUPER SIZE LOVE!!/大関英里、諏訪彩花、原嶋あかり、小笠原早紀
M16. ココロがかえる場所/田村奈央、愛美、南 早紀、渡部恵子
M17. 夕風のメロディー/香里有佐、近藤 唯、駒形友梨
M18. Super Duper/大関英里、渡部優衣
M19. 百花は月下に散りぬるを/郁原ゆう、南 早紀、小岩井ことり
M20. Blue Symphony/田所あずさ、平山笑美、香里有佐、雨宮 天、麻倉もも
M21. 夜に輝く星座のように/村川梨衣、渡部優衣
M22. 待ちぼうけのLacrima/平山笑美、愛美、駒形友梨
M23. 絵本/雨宮 天、香里有佐
M24. 流星群/愛美、渡部恵子
M25. 星屑のシンフォニア/田所あずさ、田村奈央、香里有佐、駒形友梨、小岩井ことり、諏訪彩花、麻倉もも
M26. STANDING ALIVE/雨宮 天、大関英里、愛美、近藤 唯、南 早紀、渡部恵子、原嶋あかり、村川梨衣、渡部優衣
M27. brave HARMONY/ミリオンスターズ
<ENCORE>
EN1. なんどでも笑おう/ミリオンスターズ
EN2. Glow Map/ミリオンスターズ
EN3. Thank You!/ミリオンスターズ

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(33枚)

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • プリコネR特集
  • Figgy

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
7月30日(金)
Beat Souls
アセント
7月31日(土)
PARQUET
8月2日(月)
ナナリズムダッシュ
8月3日(火)
Neighbours back From Hell
ひめがみ神楽
ハンターズアリーナ:レジェンド
雨音スイッチ - AmaneSwitch -
8月4日(水)
BLOCK. BLOCK
東方ダンマクカグラ
8月5日(木)
Dating Life: マイリー&エミリー
DIRT 5
MistWorld the after
My Friend Pedro: Ripe for Revenge
PONPU ポンプ
きみのまち ポルティア
エターナムEX
カゼと野生のマスク
スターハンターDX
ダンジョンに捧ぐ墓標
ファルコニア ウォリアーエディション
ファルコニア ウォリアーエディション プレミアムパック
ラジィ 古の伝説
英雄伝説 閃の軌跡II:改 -The Erebonian Civil War-
開かずの庭からの脱出
8月7日(土)
BLESS UNLEASHED
8月11日(水)
Glitchpunk
8月12日(木)
1971 プロジェクト・ヘリオス
シドニアの騎士 掌位ノ絆
遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!
8月17日(火)
パイルアップ!ボックス・バイ・ボックス
8月18日(水)
Out of Line
8月19日(木)
AMNESIA World for Nintendo Switch
AMNESIA World for Nintendo Switch 限定版
Death end re;Quest2
PSO2 ニュージェネシス クラウド スターターパッケージ
PSO2 ニュージェネシス クラウド スターターパッケージ リミテッドエディション
PSO2 ニュージェネシス スターターパッケージ
PSO2 ニュージェネシス スターターパッケージ リミテッドエディション
What Comes After
リムズ レーシング
夕鬼
奇妙な遺跡からの脱出