日本一ソフトウェアが、2021年5月27日に発売したPS4/Nintendo Switch用ソフト「探偵撲滅」。ここでは、すべての謎を解き明かしたうえでネタバレを極力抑えたプレイレポートをお届けしよう。

※画面のスクリーンショットはすべてPS4版です。

本作は、連続殺人鬼“八ツ裂き公”と対決する探偵シミュレーションアドベンチャー。14人の登場人物は全員が「探偵同盟」という組織に所属する探偵で、さまざまな謎と八ツ裂き公の正体を解き明かすのが目的となる。

主人公の「北條和都」は幼い頃に巻き込まれた誘拐事件をきっかけに、探偵へ憧れを抱くようになった男子高校生。ある日、謎の男性「老師探偵」によって絶海の孤島「モルグ島」へと導かれる。ここは優秀な探偵が集う国家公認の組織「探偵同盟」の本部があり、ここで国中を混乱に陥れた八ツ裂き公の対策会議が行われる――はずだった。

しかし主人公が島に辿り着いた時にはすでに多くの探偵たちが殺害されており、生き残っているのは14人の探偵のみ。そんな中、イレギュラーである主人公は「八ツ裂き公ではないか?」と疑われてしまう。そこで何故か協力的な探偵同盟のリーダー「理想探偵」と共に、疑いを晴らしながら多くの謎に迫っていく。

証拠を集め、事件の真相を解明!

本作は探偵たちの会話や選択肢によってストーリーが進行する「アドベンチャーパート」、探偵たちが事件現場を捜査する「捜査シミュレーションパート」、集めた証拠品や検証結果をもとに事件を解明する「真相解明パート」で構成されている。アドベンチャーパートで語られるのは絶海の孤島で発生する事件をはじめ、主人公が過去に巻き込まれた事件の背景、14人の探偵と探偵同盟が抱える秘密など多岐にわたる。序盤は疑念や敵意向けてくる探偵たちだが、物語の進展とともに彼らの人間性も少しずつ明かされ、最終的にはどの探偵のことも好きになれるはずだ。

捜査シミュレーションパートでは、マップ上に表示された探偵たちを操作して現場を調査していく。探偵は「移動」「推理」「検証」「連携」「調査」といった行動が可能で、決められた時間(ターン)以内にすべての証拠を集め、謎を明らかにしないとゲームオーバーとなる。その場合は最初からやり直しとなってしまうが、何度か繰り返せば確実にクリアできる程よい難易度になっている。

マップ内にある虫眼鏡で記された怪しい場所「エビデンス・スクエア(ES)」を「調査」し、手に入れた証拠品を「検証」。さらに特定の数値が設定された「ミステリーポイント(MP)」を「推理」で削り、すべてのMPをゼロにするまでが基本的な流れ。MPは証拠品を検証するとロックが消えて推理できるようになったり、新たに現れたりする。このほか、その場に留まると探偵が死んでゲームオーバーになってしまう「デッド・ヘリング(DH)」というトラップや、特定の脅威を回避しながら規定ターン以内にすべての謎を解き明かすシチュエーションもある。

捜査を行う中でしっかり確認したいのは、各探偵の能力値だ。例えば検証力が高い「科学探偵」「美食探偵」は複雑な証拠品も検証できるし、推理力そのものは高くないが「武装探偵」「華族探偵」「渋谷探偵」は推理を行う探偵に隣接させて推理力に上乗せできる「連携力」が高い。「大和探偵」はかなり広範囲まで調査できるし、「理想探偵」「社畜探偵」などバランスのいいタイプもいる。誰にどんな役割を任せるのかが、効率よくマップを巡るカギとなる。

とはいえ主人公=プレイヤーはほとんどの探偵たちにとって未知の存在のため、序盤はこちらの指示を聞いてくれず独自に調査を行う者も多い。そこからストーリーを進めて信頼を得たり、特定の証拠を集めたりすると探偵たちの行動へ「介入」できるようになる。自由に行動を指示できない時に罠を起動させてしまうと探偵が勝手に自滅し、強制的にゲームオーバーとなってしまうケースもあるので注意しよう。

マップ内にはESやMPのほか、ストーリー上では詳しく語られない情報「ワードポイント(WP)」や、主人公のみ認識できる「残留思念」といったオブジェクトもある。ここでは過去に起きた八ツ裂き公にまつわる事件、探偵たちが過去に解決した事件、探偵たちが何を考えて行動していたのかなどが判明。調査をしなくても展開に影響はないが、うまくやれば指定ターン以内にすべてのWPと残留思念を回収したうえでMPも削り切ってクリアできる。探偵たちの本名や生い立ちなども明かされるので、できるかぎり手に入れたい。

ターンの経過を抑えるポイントは、操作した探偵のみ行動を行う「先行捜査」の活用だ。ESの調査を指示して先行捜査、証拠品の検証でまた先行捜査とこまめに進めていくと、後に発生するMPへよりスムーズに対処できる。また、探偵は移動と推理/検証/連携/調査いずれかの組み合わせで1ターンのうちに2回行動できるが、その2回分の行動力を使えばマップ内のどこへでも一気に移動できる。ただし、移動中に何らかの脅威へぶつかると即ゲームオーバーだ。探偵は指定したマスへ最短ルートで突き進むので、どう移動するのか注意を払おう。

真相解明パートでは、手に入れた証拠品をもとに事件の全容を明らかにしていく。話し合いの中では選択肢が現れるので、正しいものを選べれば探偵たちからの信頼が高まり、誤った選択では信頼が下がってゲームオーバーになってしまう。捜査シミュレーションパートで手に入れた情報や証拠品はすぐに見直せるので、こまめに確認だ。事件の謎をすべて明らかにし、感動のエンディングを目指そう。

多種多様な経歴をもった14人の探偵をチェック!

続いて、本作に登場する14人の探偵について紹介していこう。ちなみに探偵たちはその立場から恨みを買うこともあるので、本名ではなく「○○探偵」と名乗っている。ストーリーを進めたり、残留思念を確認したりすると本名や年齢、新たな記述が増えていくのでメニューの「探偵一覧」からプロフィールをチェックしておこう。

そして公式サイトには、本編では語り切れていない探偵たちが扱った過去の事件についてのショートストーリーが掲載されている。プレイ前に読んで探偵たちを知っておくのもいいし、すべての因縁を知ったうえで改めて読むとプレイ前とは違った背景が見えてくるはずだ。

無能探偵(CV:小林敬)

本作の主人公である北條和都は、探偵事務所でアルバイトをしている高校生。これといった特技もないまま探偵同盟への加入を認められたため、成り行きで「無能探偵」と呼ばれるようになる。序盤はかなり頼りないが、理想探偵たちの助力もあり少しずつ探偵として成長。やがて八ツ裂き公の正体だけでなく、自身も知らない過去の出来事へと迫っていく。

理想探偵(CV:奥野香耶)

現代のシャーロック=ホームズと称される、探偵同盟の実質的なリーダー。主人公が過去に救えなかった少女に似ている一方、主人公を「命の恩人」として絶大な信頼を寄せてくる。探偵としての能力にも優れ、公明正大でミステリアスな少女だが、主人公の前では年相応どころかだいぶヤンチャで驚かされる場面も少なくない。探偵としても新米で、周囲から疑いの眼差しを向けられる主人公にとっては頼りになる先輩でありつつ、相棒のような存在だ。

外道探偵(CV:石谷春貴)

過去に多くの殺人を犯したものの、犯罪者の心理を把握する能力の高さを理由に一定の自由が認められている。事件解決のためなら手段を選ばない危険人物で、首輪型の爆弾で探偵同盟に命を握られているが気にしている様子はあまりない。周囲が疑心暗鬼になるような言動も多く、とくに自身の信念に反する者は容赦しない。殺人犯ながら「命を尊重する」という理解しにくい相手だが、これが外道探偵なりの筋を通し方だ。

華族探偵(CV:小田果林)

世界的に有名な探偵会社「ピンカートン社」の一族で、磨き上げた「本物」を見抜く審美眼は探偵同盟内でもトップクラス。本来は探偵としての高い能力をもつが、この状況下ではうまく発揮できず、序盤は何かと「分かるように説明しなさい!」と言う役割が多い。尊大な性格でライバル認定している理想探偵には何かと突っかかるが、彼女が一体何のために探偵として努力しているのかが分かると、その言動すべてが愛らしくみえてくるはずだ。

社畜探偵(CV:藤野裕規)

昼はサラリーマン、夜は探偵として働く穏やかで真面目な社会人。派手さはないものの堅実な推理を行い、確実に謎を解き明かしていく。14人の中では年長側なので周囲をしっかりサポートしていくが、個性の強いメンバーの中にいるためか影が薄いと言われがち。しかし捜査で覗かせる鋭い眼光はまさに探偵といったところで、事件解決に向けて大いに力になってくれる。ある探偵とは犬猿の仲のようだが……。

渋谷探偵(CV:鈴木あんず)

女子高生特有の情報ネットワークを持つ探偵で、他者との雑談から手掛かりを得る「コミュニケーション推理」が得意。言動こそ軽いが、その裏には色々な配慮や想いが込められている。主人公が「無能探偵」と呼ばれるきっかけをつくった人物だが、主人公のほうが年上なので一応「先輩」扱いはしてくれる。武装探偵と共に、序盤から主人公に寄り添ってくれる貴重な仲間だ。

魔界探偵(CV:田所陽向)

あらゆるオカルトの知識を身につけ、オカルト色の強い事件を専門とするベテラン探偵。その外見や、なにかと事件をオカルトと結びつける言動にはやや面喰うものの、実は常識が通用しない、突飛な事件に対してもあらゆる可能性を模索する実直な探偵でもある。また、深い縁のある探偵との関係性も見どころだ。

美食探偵(CV:中川亜紀子)

常人離れした味覚と嗅覚の持ち主で、単純な味や匂いだけでなく「感情」「性質」のような目に見えない感覚も捉えられる。これに加え、さまざまな毒への免疫も持つため調査では非常に頼りになるベテランの探偵だ。探偵たちを「○○ちゃん」と呼び、普段はおっとりとした空気をまとうが、実は度胸も行動力もあるカッコイイ女性だ。

被虐探偵(CV:本泉莉奈)

自身に危害を与える事象や物体を引き寄せてしまうが、それでも生還してきた類まれな危機察知能力をもつ。それゆえ“名探偵体質”とも称されるが、本人は周囲に不幸を招くとしてあまり快く思っていない。傷だらけで弱々しい印象だが、危険な場所ではあえて先頭に立ち、仲間を守ろうとする強さを秘めている。

文学探偵(CV:山下七海)

若干11歳で1万冊の本を読破し、その内容を一字一句違えず復唱できる“視覚記憶”の能力を持つ。一度見たものは決して忘れないため、どんなにささいな変化も見逃さない。「……と、少女は言った」のような第三者目線での語り口は、かつて恩師に両親を殺されたことで物事への感情移入を避けるようになったため。少々手厳しいところもあるが、信を置く相手には少女らしい表情も見せてくれる。

科学探偵(CV:加藤英美里)

生まれつき両足こそ不自由だが、常軌を逸した頭脳によって探偵同盟へスカウトされた少年。自身の車椅子をはじめオリジナルの捜査サポートツール「友具」も開発し、並みの探偵では難しい検証も可能。大人顔負けの落ち着いた洞察力や推理力を備えているものの、精神面ではまだ子供らしい幼さが残っている。

大和探偵(CV:櫻庭由加里)

山で父の猟を手伝ってきた影響で人並み以上の身体能力を持つ、探偵同盟屈指のアタッカー。頭を使った推理こそあまり得意ではないが、異能の領域ともいえる勘の鋭さは調査に欠かせない。お人好しで涙もろく、人情味に溢れた女の子で、過去の出来事から美食探偵を“姐さん”と慕っている。

武装探偵(CV:森嶋秀太)

まったく傷つくことのない、特殊な西洋甲冑に身を包んだ探偵。今回招集された探偵の中でも序列は低めで、推理力はだいぶ心もとないが粘り強さで事件を解決していく。どんな相手であろうと心から信頼し、主人公をはじめ探偵たちを全力で守ろうとする。表情こそ見えないが、感情表現が豊かで殺伐とした空気の中でもホっとできる相手だ。

老師探偵(CV:内野孝聡)

探偵同盟の創設にも関わったベテランの探偵。すでに現役は引退し、見込みのある若者のスカウトや指導など裏方に回っているが、その推理力は今なお衰えず健在のようだ。何らかの目的で、主人公を“八ツ裂き公”の対策会議へと招いた張本人となる。

探偵とは、正しさとは、人を救うとは――本作が届ける温かなメッセージ

こうして主人公たちは閉ざされた孤島で、連続殺人鬼“八ツ裂き公”の正体と、多くの謎を解き明かしていく。そこで提示されるのは「悲劇」と表裏一体である探偵の存在意義と、非常に現代的な価値観を伴う問いかけだ。

探偵とは起こってしまった悲劇の後、真実を追い求める。しかし隠された真実が明るみになることは、誰にとっても幸せなのだろうか。真実とは誰にとっての真実で、誰のためのものなのだろうか。亡くなってしまった死者のためか、残された生者のためか。探偵の掲げる正義が、辿り着いた真実が多くの人を不幸にするとしたら、探偵は何のために存在するのだろうか……?

そして人々がさまざまな苦しみを抱えた現代において、その苦しみから逃れようとするのは悪なのか。本作はそうした正解のない問いかけに、ひとつの答えを出している。この答えに何を感じるかはプレイヤーごとに異なるだろうが、苦しんでいる人へ手を差し伸べる“理想探偵”の言葉には未来への希望や願いが詰まっていたように思う。ぜひゲームをプレイして、この胸が熱くなる訴えを実際に聞いてみてほしい。きっと心に何かが残るはずだ。

探偵撲滅

日本一ソフトウェア

PS4パッケージ

  • 発売日:2021年5月27日
  • 価格:6,980円(税別)
  • 17歳以上対象
探偵撲滅

探偵撲滅

日本一ソフトウェア

PS4ダウンロード

  • 発売日:2021年5月27日
  • 価格:6,980円(税別)
  • 17歳以上対象

探偵撲滅

日本一ソフトウェア

Switchパッケージ

  • 発売日:2021年5月27日
  • 価格:6,980円(税別)
  • 17歳以上対象
探偵撲滅

探偵撲滅

日本一ソフトウェア

Switchダウンロード

  • 発売日:2021年5月27日
  • 価格:6,980円(税別)
  • 17歳以上対象

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(35枚)

(C)2021 Nippon Ichi Software, Inc.

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

探偵撲滅

探偵シミュレーションアドベンチャー
  • セガ特集ページ
  • セール情報
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
7月29日(木)
Banners of Ruin
Eldest Souls
Minute of Islands
Sniper Ghost Warrior Contracts 2
Unbound: Worlds Apart
お住まい夢物語DX
さんすうドリラー
クトゥルフ神話RPG 瘴気の海に眠る少女
スカイドリフト インフィニティ
スサノオ~日本神話RPG~
スサノオ~日本神話RPG~ 特別版
スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション スペシャルエディション
ツクールシリーズ 武雷銃 GALAXY STORM
ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション
ピクセルパズル&ウォッチコレクション
7月30日(金)
Beat Souls
アセント
サクっと!金魚すくい
ザ・峠 ~DRIFT KING 1980~
マダミス
推しのラブより恋のラブ~ラブ・オア・ダイ~
7月31日(土)
PARQUET
8月2日(月)
ナナリズムダッシュ
8月3日(火)
Neighbours back From Hell
ひめがみ神楽
8月4日(水)
きみのまち ポルティア
東方ダンマクカグラ
8月5日(木)
DIRT 5
MistWorld the after
エターナムEX
カゼと野生のマスク
スターハンターDX
ダンジョンに捧ぐ墓標
ファルコニア ウォリアーエディション
ファルコニア ウォリアーエディション プレミアムパック
ラジィ 古の伝説
英雄伝説 閃の軌跡II:改 -The Erebonian Civil War-
開かずの庭からの脱出
8月6日(金)
愛怒流でいず
8月7日(土)
BLESS UNLEASHED
8月11日(水)
Glitchpunk
8月12日(木)
1971 プロジェクト・ヘリオス
遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!