バンダイナムコエンターテインメントは12月25日・26日の2日間、「アイドルマスター シンデレラガールズ」10周年を記念したツアーの愛知公演「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY [email protected] WONDERLAND TOUR!!! CosmoStar Land」を愛知県国際展示場 ホールAにて開催。ここでは、12月26日のDAY2の模様をお届けする。

本公演は当初、シンデレラ10周年ツアーの皮切りとして2021年9月4日・5日に同会場での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により開催が延期となっていたもの。今回も現地有観客に加えてASOBISTAGEでの配信が実施され、各地のプロデューサー(「アイドルマスター」ファンの呼称)がライブを楽しんだ。

愛知公演の配信チケットは2022年1月3日12:00まで販売しており、DAY1/DAY2とも2021年12月27日18:00~1月3日23:59(予定)の期間にアーカイブ視聴することが可能となっている。

DAY2出演者(敬称略)

藍原ことみ(一ノ瀬志希役)
天野聡美(白菊ほたる役)
大空直美(緒方智絵里役)
金子真由美(藤本里奈役)
関口理咲(白雪千夜役)
福原綾香(渋谷凛役)
青木志貴(二宮飛鳥役)
飯田友子(速水奏役)
洲崎綾(新田美波役)
田辺留依(荒木比奈役)
千菅春香(松永涼役)
富田美憂(砂塚あきら役)
中澤ミナ(佐城雪美役)
村中知(大和亜季役)
ルゥティン(塩見周子役)
赤﨑千夏(日野茜役)
鈴木絵理(堀裕子役)
集貝はな(的場梨沙役)
長野佑紀(小関麗奈役)
原優子(向井拓海役)
山本希望(城ヶ崎莉嘉役)

愛知公演DAY2も、DAY1と同様に「星環世界」からスタート。ステージの幕が開き、近未来的な衣装「アド・アストラ」を着てポーズを決めるメンバーたちが順番に立ち上がると、一気に「CosmoStar Land」の世界観が広がっていった。

曲後にはメンバーからの挨拶や衣装のアピールがあり、2曲目は関口さん、千菅さん、福原さんによる「Drastic Melody」。DAY1では終盤(24曲目)に同曲で圧巻の強さをみせた3人だったが、〈限界なんて知らない〉との歌詞通り一段とパワーアップしたパフォーマンスをみせる。ちなみに、イヤリングと2種類の指輪は3人お揃いにしていたそうで、大型ライブでは初めてポニーテールをした福原さんの髪型などと合わせて、ぜひアーカイブ等で細部までチェックしてもらいたい。

熱いビートから一転、「Secret Daybreak」では飯田さんと洲崎さんの美声が響き渡る。交互に歌うパートやそれぞれが別旋律を重ねていくパートなど、歌い分けと声の重なりの妙は見事だ。ダンスは今回、シンメトリーになるよう変更したそうで、その綺麗さも見どころとなっていた。

続いては、原さんがソロ曲「炎の華」を熱唱。勇ましい歌声や熱い叫びとともに突き上げる拳には気合が溢れ、真っ赤に染まった会場でハイキックも炸裂した。畳み掛けるように、千菅さんはソロ曲「One Life」を披露。パワフルで格好いい歌声は安定感も抜群で、表情や全身を使って感情を表現する姿に引き込まれる。すでにラストスパートかと思わせる熱い楽曲の連続に、冒頭から会場のボルテージは全開だ。

そして、今度は美しいメロディが流れて「君のステージ衣装、本当は…」を飯田さん、関口さん、田辺さん、集貝さん、中澤さんというオリジナルメンバー勢揃いで披露。サビでのドラムのリズムにのせたハーモニーも印象的で、CDとは歌い分けを変えるというこの日ならではのステージとなった。


MCでは、テーマ「忘れられないライブの名場面」に沿ってトークを展開。プロデューサーたちのペンライトの光や歓声を挙げるメンバーも多く、やはりステージから見た光景は深く記憶に刻まれているようだった。ほかにも、サンシャイン噴水広場でのリハーサルのことや、4thライブで個人衣装を初めて披露したときの会場のざわめきなども名場面として挙げていた。


次のブロックでは、まずはソロ曲を3連続で披露。先陣を切った鈴木さんは「宇宙からのテレパシー受け取ってください!」と「ミラクルテレパシー」を元気に披露。曲中の演出も楽しいこの曲、この日見せたのはサイキックミラクルスイミング! サイキックパワーで見事に金メダルを獲得していた……が、鈴木さん自身はカナヅチらしい。

赤崎さんは「みなぎれ!ボボボンバー」を待望の初披露。〈ボボボン ボボボン ボボボンバー〉〈HINO HINO YEAH!〉などの声も楽しく、全力で日野茜の無限大のパワーを見せつける。まさに、“力こそパワー”の真髄となった。

さらに、金子さんは「LOVE☆ハズカム」で会場をラブリーに染め上げる。腰につけていたチャオクマがスクリーンにも登場して応援するなど、藤本里奈の世界そのもの。この曲の時だけイヤリングを変更したり、魅力的だったウインクはMVでの里奈と同じところでやっていたりと、こだわり&キュート全開のステージに。

個性溢れる3人のソロ曲に続いては、静かに高まるようなイントロから青木さん、洲崎さん、田辺さん、ルゥさんが「未完成の歴史」を披露。3人曲をライブ用に4人での歌割りにしたとのことだが、ソロパートでの個性も魅力的で4人が織りなす世界観にみんなが酔いしれる。そして、天野聡美、鈴木絵理、中澤ミナ、長野佑紀、山本希望さんの「BEYOND THE STARLIGHT」へ。笑顔が輝き、ステージを楽しんでいる様子がとても印象的だった。

次のMCでのトークテーマは「忘れられないあの出来事」。やはりライブでの出来事を挙げるメンバーは多かったが、ステージ上だけでなくレッスンのことや、ボイスが付く発表をライブビューイングで見ていた時のこと、TV番組でのことなど楽しい内容からちょっと怖い内容までさまざま。青木さんは7thライブを振り返りつつ、今度はワイヤーで空を飛びたいとの希望も口にしていた。

このブロックは、白いワンピースに着替えた大空さんのソロ曲「風色メロディ」から。手の動きに合わせて背後のスクリーンに光が飛ぶ演出も美しく、会場はペンライトを使ったクローバーの海に。優しく心を撫でるような歌声にみんなが浄化されていった。

天野さん、福原さん、村中さん、ルゥさんによる「さよならアンドロメダ」は、この日も抜群。少し物悲しさも感じる前半から、心の内が変化するように歌声にもさらに気持ちが込められていき、村中さんやルゥさんの〈笑ってくれた〉の言い方も胸に染み入る。

続いて、関口さん、集貝さん、中澤さん、長野さんが「Nebula Sky」を披露。比較的新規に声がついたアイドルを演じる4人が、本来ソロ曲である「Nebula Sky」を歌うのは感慨深く、星雲をイメージしたような映像をバックに新たな一面をみせてくれた。

そしてここからは、スクリーンに属性のマークとアイドルが紹介されてから始まる、DAY1でもあった属性ごとのステージ……ではあったのだが、披露したのはパッション曲ではなく全タイプの曲ということで、驚きのざわめきが起こる。鈴木さん、原さん、山本さんが「Nothing but You」をクールに格好良く歌い上げる斬新なステージとなった。

キュートの2人、藍原さんと金子さんの「Absolute NIne」も新たな魅力全開。ここまで少人数でこの曲を歌うのも珍しく、だからこそ2人の魅力がぐっと感じられるものに。ちょっぴりセクシーさも感じる藍原さんの強さと可愛いさのある強さの金子さん、どちらも違った魅力があって格好いい。さらに、田辺さん、千菅さん、富田さん、福原さん、村中さん、ルゥさんはスタイリッシュでオシャレに「ミラーボール・ラブ」を披露。クラップも鳴り響き、ダンサブルなミュージックと雰囲気たっぷりの歌声にみんな酔いしれていた。

MCを挟み、愛知公演DAY2もいよいよ終盤戦に突入。藍原さんと青木さんの「バベル」は期待していた人も多かったようで、イントロが流れただけで空気が一変。レーザーの光や映像と2人の歌声の格好良さが合わさり、藍原さんの〈私が開けてあげる〉、青木さんの〈往けるところまでさ〉などはゾクッとするほどの瞬間。ちょっと憂いをおびた表情も素敵だった。

富田さんはオシャレで格好良く「#HE4DSHOT」を披露。当初の開催日、そして今回に向けてさらにレッスンを重ねたというように、完成度抜群のステージだ。決め顔やウインクを見せながら楽しそうに歌う姿でも、会場のプロデューサーの心も配信のプロデューサーの心も撃ち抜いていった。

優しいピアノの音色から始まったのは福原さんの「AnemoneStar」。耳には青いアネモネを模したイヤリングが輝き、負けられないとばかりに響かせた歌声は本当に美しい。後半はさらに気持ちがのり、伸びやかな声にも表情にも訴えかけてくるほどの迫力があった。

そんな圧巻のソロ曲たちの勢いそのままに、釘バットと鉄パイプを手に登場した金子さん、集貝さん、長野さん、原さんは「EVIL LIVE」をぶちかます。炎の演出をバックに荒ぶる4人、原さんがDAY1以上の気合いで叫びまくっていたのも印象的だ。続く「咲いてJewel」は、楽曲自体はDAY1と同様だが、歌唱メンバーは富田さんを加えた10人で披露。より厚みを増したハーモニーは格好良く、腰の振りなどもダンスも素敵な圧巻のパフォーマンスをみせた。

そして、赤﨑さん、大空さんら10人での「無重力シャトル」へ。DAY1では2曲目に歌われたこの曲がDAY2では本編ラスト前。まるで初日に打ち上げたシャトルが帰還したかのようなセットリストも粋であり、軽快なメロディと10人のハーモニーが気持ちいい。

本編ラストは「Stage Bye Stage」。色とりどりのペンライトが会場に輝く中で、みんな晴れ晴れとした表情で最高の笑顔を浮かべていた。〈ここで「またね」「またね」〉〈何回でも会えるから〉といった歌詞には、みんなの思いが集約されていることだろう。


アンコールの拍手やコメントを力に変え、時計の針が再び動き出す。10年間の軌跡をまとめたムービーや今後の告知からステージの幕が再びあがると、衣装「シンデレラ・コレクション」に身を包んだメンバーが10周年記念曲「EVERLASTING」を披露。スクリーンには星が輝き、これまでのテーマソングのフレーズも取り入れたメロディは未来を照らすようだった。

歌い終わり、改めてメンバーから挨拶。有観客ライブが実現したことで「早くみんなに会いたかった」「お待たせしました」との嬉しさや、仲間の素晴らしさ、今回のライブ開催に尽力したすべての人への感謝を口に。特にここ1〜2年で声がついたメンバーは情勢的になかなかプロデューサーに直接披露することが叶わず、思いがひとしおだったのだろう。目には涙が溢れていた。

その思いをすべて込めて、最後はやっぱりこの曲「お願い!シンデレラ」。涙を浮かべながら素敵な笑顔を浮かべ、みんなの心がひとつに。そして、福原さんの音頭からいつもの掛け声をして愛知公演はすべて終了……と思いきや、スクリーンに登場したアシスタントの千川ちひろさんから、大切な業務連絡(告知)が。

そこで、次に向かうエリア(沖縄公演)の公演タイトルが「Tropical Land」であると明かされた。さらにさらに、緊急告知として「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY [email protected] WONDERLAND TOUR!!!」のファイナル公演が、2022年春に開催決定と伝えられ、プロデューサーたちの嬉しさが爆発していた。各エリアを巡ってきたメンバーたちがみせるファイナル公演、これはもう期待しかない。

セットリスト

01. 星環世界/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS
02. Drastic Melody(Long Intro Ver.)/関口理咲、千菅春香、福原綾香
03. Secret Daybreak(Long Intro Ver.)/飯田友子、洲崎綾
04. 炎の華/原優子
05. One Life(Long Intro Ver.)/千菅春香
06. 君のステージ衣装、本当は…(Long Intro Ver.)/飯田友子、関口理咲、田辺留依、集貝はな、中澤ミナ
07. ミラクルテレパシー/鈴木絵理
08. みなぎれ!ボボボンバー/赤﨑千夏
09. LOVE☆ハズカム/金子真由美
10. 未完成の歴史(Long Intro Ver.)/青木志貴、洲崎綾、田辺留依、ルゥティン
11. BEYOND THE STARLIGHT(Long Intro Ver.)/天野聡美、鈴木絵理、中澤ミナ、長野佑紀、山本希望
12. 風色メロディ/大空直美
13. さよならアンドロメダ/天野聡美、福原綾香、村中知、ルゥティン
14. Nebula Sky/関口理咲、集貝はな、中澤ミナ、長野佑紀
15. Nothing but You(Long Intro Ver.)/鈴木絵理、原優子、山本希望
16. Absolute NIne(Long Intro Ver.)/藍原ことみ、金子真由美
17. ミラーボール・ラブ/田辺留依、千菅春香、富田美憂、福原綾香、村中知、ルゥティン
18. バベル/藍原ことみ、青木志貴
19. #HE4DSHOT(Long Intro Ver.)/富田美憂
20. AnemoneStar(Long Intro Ver.)/福原綾香
21. EVIL LIVE/金子真由美、集貝はな、長野佑紀、原優子
22. 咲いてJewel(Long Intro Ver.)/藍原ことみ、青木志貴、天野聡美、飯田友子、関口理咲、千菅春香、富田美憂、中澤ミナ、福原綾香、ルゥティン
23. 無重力シャトル/赤﨑千夏、大空直美、金子真由美、洲崎綾、鈴木絵理、田辺留依、長野佑紀、原優子、村中知、山本希望
24. Stage Bye Stage/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS
<ENCORE>
25. EVERLASTING/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS
26. お願い!シンデレラ/THE [email protected] CINDERELLA GIRLS

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(14枚)

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • セール情報
  • プリコネR特集

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月19日(木)
DEADCRAFT
DEADCRAFT デジタルデラックス
Death’s Gambit: Afterlife
PREDATOR AND WRECK 捕食者と崩壊
アセント
ギルド オブ ダンジョニアリング アルティメットエディション
スノーブラザーズ スペシャル
スノーブラザーズ スペシャル 初回限定版
ノゾムキミノミライ
ノルン+ノネット ラスト イーラ
ワールドヒーローズ アケアカNEOGEO
太閤立志伝V DX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX デジタル版
焔龍聖拳シャオメイ
5月20日(金)
Dolmen
Smilemo
この悪い子猫ちゃんめ!
龍炎高校伝説コレクション
5月21日(土)
いのちのつかいかた アーリーアクセス版
5月22日(日)
DRAINUS
Galacticon:ギャラクティコン
5月23日(月)
合戦!!にんじゃ村
海鮮!!すし街道
財閥タウンズV
5月24日(火)
Crossfire: Legion
刀剣乱舞無双
5月25日(水)
ローラーチャンピオンズ
5月26日(木)
- Mischief Dungeon Life - 異世界転生した俺のイタズラダンジョンライフ
Five Nights at Freddy’s: Security Breach
PAC-MAN MUSEUM+
Sniper Elite 5 スタンダードエディション
Sniper Elite 5 デラックスエディション
Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
やばたにえん酸
エリックじいさんの不思議なブレスレット
ザ・パーシステンス Enhanced
ビータスクリエイションソリティア
ラディアンテイル
ラディアンテイル 特装版
冤罪執行遊戯ユルキル
千恋*万花
少女と宇宙の物語 Milkmaid of the Milkyway
那由多の軌跡 アド・アストラ
5月30日(月)
MAGLAM LORD/マグラムロード
Rotaeno
6月2日(木)
Behind the Frame ~とっておきの景色を~
Card Shark
インディゴ7
インディゴ7 特装版
常世ノ塔
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~ 限定版