シティコネクションは、PS4/Xbox One/Nintendo Switch/PC(Steam)用ダウンロードソフト「レイヤーセクション & ギャラクティックアタック Sトリビュート」の配信を本日4月28日より開始した。

「レイヤーセクション & ギャラクティックアタック Sトリビュート」は、シティコネクションが独自開発を行った「ゼブラエンジン」によりセガサターン時代の名作を復刻するプロジェクト「Sトリビュート」シリーズの第1弾となるタイトルだ。

「レイヤーセクション」は、アーケードゲーム「レイフォース」の家庭用版として1995年にタイトーから発売された縦スクロールシューティングゲーム。ロックオンレーザーを搭載した機動兵器「X-LAY」を操作して、母星を支配するシステム「Con-Human」を破壊すべく、人類の存亡をかけた戦いに挑むことになる。

そんな「レイヤーセクション」の海外版として発売されたのが「ギャラクティックアタック」だ。本作では、「レイヤーセクション」はもちろん、海外版となる「ギャラクティックアタック」のプレイも可能となっている。また、練習や攻略に最適な「巻き戻し」「スローモード」「クイックセーブ」といった新機能が搭載されるほか、世界中のプレイヤーとスコアを競い合うオンラインランキングも追加されている。

また、PS4/Switch版では、体験版も配信されている。こちらの体験版を通して寄せられた意見を元に、機能を追加・改修するアップデートが検討されており、6月中頃に配信予定となっていることが明らかとなった。

検討内容についても紹介されているので、これらもあわせてチェックしておこう。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

今後のアップデートについて

体験版(デモ版)や公式生放送等を通してお寄せいただいたご意見を元に、機能を追加・改修するアップデートを現在検討中です。こちらは6月中頃にパッチ配信を予定しております。詳しくは下記をご覧ください。

※いずれも検討中の内容です。細部の仕様やパッチ配信時期が変更になる可能性があることをご了承ください。

・ボタンコンフィグ機能を改修いたします。デフォルト連射(秒間15連射)、新機能「Super Rapid」(秒間30連射)、ロックオンレーザーの連射、さらに「巻き戻し」や「クイックセーブ」等のショートカットコマンドを、自由に割り当てることが可能になります。

・オンラインランキングモードにて「Super Rapid」が使用可能になります。

※現在の仕様では、オンラインランキングモードにてデフォルト連射(秒間15連射)を使うことができますが、本作にて追加した機能「Super Rapid」(秒間30連射)を使うことはできません。しかしながら、プレイ環境(連射付きパッド等)によってはデフォルト連射を上回る連射が可能なため、実質的に有利な状態でオンラインランキングに参加することが可能となっております。特にデバイスの制限等を行う予定はございませんが、ゲーム外のプレイ環境による有利不利の差を少しでもなくすため、オンラインランキングモードにて「Super Rapid」が使えるよう仕様を変更いたします。
尚、アップデート時にリーダーボードのリセットは行いません。アップデートまでの期間に関しましてはご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

・画面回転機能の設定項目に、90度回転のほかに、270度回転を追加いたします。

・プレイサイドを入れ替える機能を追加し、1人プレイ時に2P側でスタートすることが可能になります。

・メインゲーム画面と壁紙(ゲーム外の背景)の境界が明確になるよう一部壁紙の見た目を調整いたします。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー