3D弾幕シューティングRPG「クァンタムマキ」をレビュー。弾幕シューティングというと難しい印象がるものの、同作は簡単操作でお手軽にプレイでき、魅力である美少女とメカを堪能できるタイトルだ。

「クァンタムマキ」は、Efunからリリースされたスマートフォン向け3D弾幕シューティングRPG。美少女とメカにフィーチャーしたSF的世界観が特徴で、美少女もメカもそれぞれ単体で魅力的なのはもちろん、「美少女がメカを駆る」というシチュエーションをカッコよく描いた点が魅力となっている。

戦闘兵器クァンタムマキを駆る美少女たちを率いて帝国と戦う

本作の舞台は、巨大遺跡「バベルの塔」の技術によって人類の文明がさらなる進化を遂げた時代。しかし「バベルの塔」の技術を独占しようとする帝国によって世界征服が推し進められており、人類にとって幸福な時代とは言い難い。そんな帝国に対して抵抗する組織が、「T.G(タワーガーディアン)」。プレイヤーはこの「T.G」の一員として、帝国との戦いに身を投じることになる。

といってもプレイヤー自身に直接戦う能力はない。戦闘を担当するのは「リッター」と呼ばれる美少女たち。「リッター」とは改造技術によって特殊能力を得た人間で、「クァンタムマキ」と呼ばれる戦闘兵器によってその特殊能力を増幅して戦う。乱暴にいえば「クァンタムマキ」が巨大ロボットで、「リッター」はそのパイロット。そしてプレイヤー=主人公は、彼女たちを率いる部隊の隊長という位置づけだ。

お手軽に爽快感を味わえる!弾幕シューティングRPG

画面を埋め尽くす弾、弾、弾!どうやって避ければいいのかわからないその光景は、まさに弾幕…。弾幕シューティングゲームを見たことがあれば、そんなイメージを持っていることだろう。そのイメージから「難しそう」という印象を持つ人もいるかもしれない。本作もステージによっては大量の弾が登場する。とはいえ、ほとんどの局面で本作はそこまで大量の弾幕が登場するわけではない。複数の弾が飛び交うものの、画面を埋め尽くすほどではないという印象だ。

なのでそもそもそこまでシビアな回避が求められるわけではない。この点で逆に「ガチの弾幕シューティング」を求める人は残念に感じるかもしれない。ただ、これは本作が「弾幕シューティング」ではなく「弾幕シューティングRPG」だからだろう。あくまでRPG。なので、腕に覚えを持つシューティングファン向けではなく、幅広いプレイヤーが楽しめるようデザインされている。

プレイヤーの裾野を広げる要素の代表格が、RPGならではの育成要素だろう。レベルを上げることである程度難易度の引き下げも可能だ。ただ、レベルを上げればゴリ押しの無双プレイができるかというと、そうではない。プレイヤーのレベルによって各キャラクターのレベルに制限がかかるからだ。、適正レベルで歯ごたえを味わえるよう設計されている。

また、本作は弾幕シューティングとして一般的な強制縦スクロールではなく、全方位スクロールが採用されている。自分の意志で弾と距離を取れるので回避スペースを作ることができ、弾を避けやすい。

バトルパートでプレイヤーが可能な操作は360°の自由移動のほか、メインショット、サブウェポン、ダッシュ、交代、奥義スキルとなっている。それぞれ仮想パッドのボタンをタップすることで行う。

メインショットはオートエイムとなっており、プレイヤーはボタンをタップしているだけでOK。移動だけに専念できる。ただし弾数制限があり、残弾数ゼロになるとリロードが発生。その間は攻撃不能となる。

サブウェポンはメインショットより弾数制限がシビアなものの、強力であったり、敵の動きを止めるなどの特殊な効果を持っている。メインショットとからめて使うことで、バトルをより有利に展開可能だ。

ダッシュは高速移動アクション。ダッシュ中の自機はバリアで覆われ無敵状態となるので、弾幕回避が可能だ。連続使用もできるものの、ゲージによって連続使用回数は制限されている。メインショットとサブショットを絡めて敵を攻撃しつつ、敵が弾を出して来たらダッシュで回避。上手く回避出来たら再びメインショットとサブショットで攻撃…というのが立ち回りの基本だ。

バトルには3体の「リッター」&「クァンタムマキ」を編成して挑むことになるが、バトル中プレイヤーが操作できるのはその内の1体のみ。他の2体は待機することになる。このとき、現在使用中のキャラクターと待機中のキャラクターの交代を行うのが交代ボタンだ。キャラクターには「攻撃型」「強襲型」「支援型」というタイプが存在。「強襲型」は攻撃することで敵を「ブレイク」状態に追い込みやすく、「攻撃型」は「ブレイク」状態の敵に大ダメージを与えることが可能。また、「支援型」は味方にバフをかけることができる。

また、「リッター」&「クァンタムマキ」の交代と同時に奥義スキルを繰り出すことが可能。奥義スキルは、エナジーゲージ満タンで繰り出せるいわゆる「必殺技」的な強力アクション。交代せずとも繰り出すことができるが、待機中のキャラクターはエナジーゲージの蓄積が早くなるというメリットがあるので、同じキャラクターを使い続けるより戦況に応じて交代を積極的に行うことが望ましい。

移動やショット、交代といったアクションは非常に快適に行えるものの、個人的にはダッシュボタンがやや押しづらい位置にあると感じた。ただ本作はありがたいことにボタン配置のカスタマイズ機能が用意されている。ボタンのサイズまで調整できるので、筆者のように操作しづらいと感じたらカスタマイズを行った方がいいだろう。

こうしてゲームシステムを見ると、弾幕シューティングRPGというよりシューター系のアクションRPGといった方が正確だろう。ゲームの楽しさは「何に期待してプレイするか」によっても変わる。なので、「弾幕」という言葉から「弾避け」を期待してプレイすると、本作の本来の楽しさを見失う可能性が高いように感じた。一方シューター系のアクションRPGという前提で本作を見ると、お手軽操作でド派手なアクション楽しめる作品として素直に楽しめるだろう。

シューター系のアクションRPGととしてみると、ステージごとやモードごとにクリア条件を工夫している点も魅力に感じる。本作のクリア条件には「敵をせん滅する」「ボスを倒す」「一定時間生存する」「一定時間拠点を防衛」するなど、様々なタイプが存在。このためステージごとに立ち回りが変化し、単調なプレイになってしまうことを防いでいる。

刺さる人は性癖に刺さるハズ!美少女×メカのカッコよさ

バトルパートも魅力的だと感じたが、個人的に本作最大の魅力だと思ったのは美少女×メカのデザイン。性癖にズブリと刺さった。美少女のデザインとメカのデザインがそれぞれよいというのではなく、美少女×メカのデザイン。2つで1セットだ。

本作に登場する美少女たちにはカワイイ系、セクシー系様々な方向性が存在し、いずれも魅力的だ。しかしその魅力は、メカに搭乗した際最大化される。本作に登場する「クァンタムマキ」は、操縦席へパイロットが搭乗するロボットのようなスタイルではなく、パワーローダーのように身にまとうタイプとして描かれている。このため「クァンタムマキ」に搭乗していても、美少女の外見を外側からしっかり視認可能。ある意味、「クァンタムマキ」に乗った姿こそ、各「リッター」の本領といってもいいだろう。これこそが美少女×メカのデザイン、2つで1セットと書いた理由だ。

美少女×メカのデザインの何が性癖に刺さるほど魅力的なのか?筆者の内にくすぶる想いを可能な限り言語化すれば、それは「キャラクター性がより強化される」というところだと思う。まず美少女単体の魅力がある。たとえばイザベラは、眼鏡をかけた大人しめな風貌とぽっちゃり体系というビジュアルにやや攻撃的な性格という「リッター」。そんなイザベラが搭乗するのは、他の「クァンタムマキ」の2倍はあろうかというサイズ。このメカデザインは、イザベラのビジュアルや性格の延長線上にあるといっていいだろう。だから、イザベラが搭乗することでその個性がより強化される。

敵として登場するバンピが搭乗す「るクァンタムマキ」も同様だ。あらゆるものを見下す小悪魔的なバンビに対し、黒と赤の悪魔的デザイン。バンビの個性がより強調されている。

一方、ギャップが際立つというパターンもある。セクシーなバニーガール姿が特徴のベアトリーチェが搭乗する「クァンタムマキ」は、背中に2つのランチャーを備えた超攻撃的な機体。綺麗なバラにはトゲがあると言わんばかりのギャップ。同じセクシー系でも、デイジーの「クァンタムマキ」が女性的な曲線を主体にデザインされているのとはまた方向性が違っている。

この記事を読んでいる人の中には、筆者に対し「お前は何を言っているんだ」と感じる人もいるだろう。だがその一方で、「わかる!」と同意してくれる人も必ずや存在するハズ。同意してくれる人は美少女×メカのデザインに対して筆者と同じ性癖を持っている人で、そんな人には本作は手放しでオススメできる。美少女×メカのデザインだけでもバッチリ満足感を味わえるだろう。

最後にまとめると、まず本作はシューター系のアクションRPGとしてよくできている。メカデザインや美少女のキャラクターデザインも魅力的なので、多くの人にって楽しめる一作だと思う。その上で、筆者のように性癖に刺さる人にとっては、この上なく満足感を味わえる作品になるだろう。美少女×メカのデザインに共感したなら、早速ダウンロードしてプレイしてみてほしい。

クァンタムマキ

Efun

MobileアプリiOS

  • 配信日:2022年8月22日
  • 価格:基本無料

    クァンタムマキ

    Efun

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2022年8月22日
    • 価格:基本無料

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(23枚)

      Copyright (C) Efun Company Limited All Rights Reserv

      関連ワード

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      機種
      PCMobile
      プラットフォーム
      ダウンロードアプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      EfunJOHO GAME
      ジャンル
      アクションシューティングRPG
      システム
      横向き
      公式サイト
      https://tg.efunjp.com/
      • セガ特集ページ
      • セール情報
      • Figgy
      • プリコネR特集

      人気記事ランキング

      RANKING

      定期配信

      REGULAR
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      12月3日(土)
      十三月のふたり
      12月4日(日)
      グーニャモンスター
      グーニャモンスター デジタルDX
      12月6日(火)
      パネラビ
      12月7日(水)
      Knights of Honor II: Sovereign
      Sky 星を紡ぐ子どもたち
      飛空艇騎士団
      12月8日(木)
      Chaind Echoes チェインド・エコーズ
      Crossfire: Legion
      It Takes Two
      IXION
      Metal: Hellsinger
      NecroBouncer
      PARAGON: THE OVERPRIME
      PUBG: BATTLEGROUNDS
      SAMURAI MAIDEN -サムライメイデン-
      SAMURAI MAIDEN -サムライメイデン- デラックスエディション
      あの子は何型?血液型のトリセツ
      きらめきパラダイス
      ちょっとおかしい間違い探し
      アイドル雀士スーチーパイ サターントリビュート
      アイドル雀士スーチーパイ サターントリビュート 超豪華版
      アイドル雀士スーチーパイ サターントリビュート 特装版
      アーケードアーカイブス パックマニア
      オキサイド・ルーム 104
      ザ・ランブルフィッシュ 2
      ザ・ランブルフィッシュ2
      ザ・ランブルフィッシュ2 コレクターズエディション
      ツクールシリーズ Pearl Vs Grey
      ニコリのパズルS ぬりかべ
      ニコリのパズルW ぬりかべ
      ミシックヒーローズ
      ワンダーボーイ アルティメット コレクション
      ワンダーボーイ アルティメット コレクション スペシャルパック
      作画崩壊タイム!
      大戦略SSB
      早押し!漢字スタジアム
      東京リベンジャーズ ぱずりべ!全国制覇への道
      滄海天記
      滄海天記 特装版
      漢検スマート対策
      英検スマート対策
      魔法使いの夜
      魔法使いの夜 デジタルデラックス
      魔法使いの夜 初回限定版
      龍虎の拳2 アケアカNEOGEO
      12月9日(金)
      DYSCHRONIA: Chronos Alternate Epidode II
      ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤
      12月12日(月)
      喧嘩上等!爆走族
      12月13日(火)
      クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン

      コメントランキング

      COMMENT