韓国・釜山にて、11月17日から開催しているゲーム展示会「G-STAR 2022」。会場で行われた「Lies of P」のセッション・インタビューの模様をレポートする。

NEOWIZの巨大なブースを1タイトルで全面使用した「Lies of P」。韓国企業が開発するゲームとしては珍しいシングル用のソウルライクアクションRPGだ。会場にて本作の開発陣のセッションとインタビューを行うことができたのでお届けする。

プロデューサーによる紹介セッション

セッションは、本作のプロデューサー・Jiwon Choi氏によって行われた。Jiwon Choi氏は「DarkBlood Online」の企画総括、「Asker Online」の戦闘企画総括、「LostArk」の戦闘企画総括と、オンラインゲームタイトルの戦闘企画を中心に活躍してきた人物だ。

プロデューサー・Jiwon Choi氏

そんなオンラインゲーム業界で活躍してきた同氏がプロデューサーを務める本作は、シングル用ソウルライクRPGとなっており、その出来が気になるところ。2021年5月と11月に公開したトレーラーはいずれも多くの人が視聴したくさんの反応が得られたのだという。さらに2022年8月にドイツで開催されたgamescomでは、3部門で賞を受賞したほか、アメリカではTtwitterトレンド1位を獲得するなど高い評価を得ている。

本作は誰もが知る童話・ピノキオの物語をモチーフにしている。ピノキオを選んだ理由としては、初めて参入するコンソール市場、そしてソウルライクRPGという新たなジャンルに挑むNEOWIZにとって、すでに多くの人に知られたコンテンツを扱うことで本作の理解を深めてもらう意図があったようだ。

単に童話をそのまま使うわけではなく、童話のストーリーを成人向けの残酷劇として作り上げた点が本作の最大の特徴であり魅力になっている。原作に登場するキャラクターも多数登場。サーカスの団長や4匹のウサギなど、いずれも原作とは異なる姿で登場する。

システム面では、「嘘」システムが特徴として挙げられる。原作では嘘をついてはいけないと言われていたピノキオが、本作ではNPCとの会話で嘘をつくことで人間性を獲得する。この人間性ポイントによってゲームの展開が変化し、異なるエンディングに向かって進行していく。

世界観は19世紀末のフランス。社会、経済、技術、政治などが発展し繁栄したベルエポック時代を背景にしており、科学がすべての解決するという楽観的な雰囲気が広がった時代だ。

本作の舞台となる都市は、美しくロマンチックなイメージのパリではなく、重く冷たい雰囲気が漂う暗い街として描かれている。

武器はブレードとハンドルの2パーツから成っており、これらを組み合わせることで新たな武器を生み出すことができる。30種類の武器が登場し、それらを組み合わせることで100種類以上もの武器を生み出すことが可能だ。

さらに義手となった主人公の左手を改造することともできる。義手は8種類用意されており、ワイヤーで敵を引き寄せたり、エネルギーをチャージして攻撃できたりと用途もさまざま。義手自体を強化することも可能で、攻撃をよりスタイリッシュなものにしてくれる。

開発陣インタビュー

プロデューサーのJiwon Choi氏にスタジオディレクター Jason Park氏とアートディレクター Changkyu Noh氏が加わり、質疑応答が行われた。

左からスタジオディレクター Jason Park氏、プロデューサー Jiwon Choi氏、アートディレクター Changkyu Noh氏

ソウルライクRPGというジャンルを選んだ理由としては、韓国を代表するソウルライクRPGを作りたかったとのこと。アクションでは、単にうまくコントロールができるからクリアできるのではなく、判断や敵の倒し方など、さまざまな選択を行い、その経験を通して、ゲームがうまくなったと感じられる点を重視して開発しているとのこと。

攻撃を受けてキャラクターが倒されてしまっても、プレイヤー自身がうまくプレイできなかったからだと納得できることを大切にしており、もっと適切なアクションをすれば良かったと思える形を目指しているのだという。

ゲーム内容については、隠し要素の存在も明かしていた。ゲーム内には多くの隠し要素が存在し、隠し要素を見つけることもゲームの楽しさのひとつになるそうだ。

本作はマルチエンディングで3つのエンディングが存在することが明かされている。主人公がどんな嘘をどの程度ついたかによって、主人公自身の運命が変化していく。そして、登場するNPCたちの運命も変化していくのだという。

日本語ローカライズ関する質問も出た。世界観を保つため、ボイスは英語のみとなり、ほかの言語のボイスは計画になく、字幕でのサポートとなる。

最後に本作を開発するRound8 Studioからコンソールゲームの長い歴史を持つ日本に向けた発言もあった。コンソールゲームにおいて韓国はまだまだ発展途上であるといい、日本の開発者や企業とコラボレーションをしたり、新しいゲームにもチャレンジしたいとメッセージを送っていた。

gamescom 2022のタイミングでは70%程度の完成度だった本作だが、現時点ではほぼ完成している状態で、細かいバグの修正やバランス調整を残すのみとのことだ。本作が日本でプレイできる日を楽しみに待ちたい。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(18枚)

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

機種
PS5PS4XboxSXXboxOnePC
プラットフォーム
ダウンロード
OS
会社
NEOWIZRound8 Studio
ジャンル
RPGアクションRPG
公式サイト
https://www.liesofp.com/ja-jp/
  • プリコネR特集
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
  • Figgy

人気記事ランキング

定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
2月16日(金)
スカル アンド ボーンズ
マリオvs.ドンキーコング
幻想クロニクル
2月20日(火)
Land Arcana-ふしぎの大陸-
インビンシブル ~無敵のヒーロー~
2月21日(水)
Nightingale -ナイチンゲール-
Warframe
2月22日(木)
5分後に意外な結末 モノクロームの図書館
EGGコンソール ハイドライド3 PC-8801mkIISR
LUNARiA -Virtualized Moonchild-
Nyaaaanvy
Slave Zero X
インクリナティ
クレヨンしんちゃん「炭の町のシロ」
ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY
ゲームセンターCX 有野の挑戦状 1+2 REPLAY バンダイナムコスペシャル
ザ・ウォーキング・デッド: セインツ & シナーズ - チャプター2: リトリビューション
デジプラコレクション まるごと鉄道!ミニ ~JR九州編~
バンドルテイル:リーグ・オブ・レジェンド ストーリー
フライトシミュレータ Xプレイン12 日本語 価格改定版
レヱル・ロマネスク origin
制服カノジョ
制服カノジョ ひまり初恋BOX
制服カノジョ みお初恋BOX
制服カノジョ ゆい初恋BOX
制服カノジョ 初回版
幻日のヨハネ - NUMAZU in the MIRAGE -
幻日のヨハネ - NUMAZU in the MIRAGE - PREMIUM BOX
2月23日(金)
ガーデンライフ:夢の庭をつくろう
2月27日(火)
エクスアストリス
ロム:リメンバー・オブ・マジェスティ
2月29日(木)
BAR ステラアビス
Riviera~約束の地リヴィエラ~
Welcome to ParadiZe
XELAN FORCE
あかやあかしやあやかしの 綴
ケープ君の脱出ゲーム 7部屋目
ゴブリンスレイヤー -ANOTHER ADVENTURER- NIGHTMARE FEAST
ファイナルファンタジーVII リバース
ファイナルファンタジーVII リバース デジタルデラックスエディション
ファイナルファンタジーVII リメイク&リバース ツインパック
ファイナルファンタジーVII リメイク&リバース デジタルデラックス ツインパック
ブラザーズ:2人の息子の物語 Remake
マツリカの炯-kEi- 天命胤異伝
マツリカの炯-kEi- 天命胤異伝 特装版
3月1日(金)
キャプテン・ベルベット・メテオ ジャンプ+異世界の“小”冒険
パーリィナイトメア
3月3日(日)
響け!コウタロー
3月5日(火)
Kingdom: the BLOOD
モルガナティック・アイドル