Mimimi Gamesより2023年8月17日に発売される、PS5/Xbox Series X|S/PC(Steam、Epic Games Store)用ソフト「Shadow Gambit: カリブの呪い」のプレイレポートをお届けする。

目次
  1. 伝説の海賊・モルデカイの遺した財宝を求めてカリブの海へ
  2. 広大なマップに潜入しながら目的を達成していく
  3. 船員たちの能力を組み合わせたコンボ探しが楽しい
  4. 保存した記憶をロードすれば、いつでも時間をまき戻せる

伝説の海賊・モルデカイの遺した財宝を求めてカリブの海へ

本作の舞台になるのは、失われたカリブ海と呼ばれる諸島。主人公のアフィア・マニカートはレッド・マーリーの船に乗り込み、呪われた海賊の一員として、モルデカイの遺した財宝を追いかける。

物語序盤では、「道化師」と呼ぶ相手と落ち合うためにアフィアが指定の場所へ向かうところが描かれるが、この時点でなかなかインパクトがある。アフィアには深々と剣が突き刺さっているのだが、本人はまったく気に留めず、それどころか周囲の人間は彼女を見ても驚かない。

どうも失われたカリブ海には特殊な力が働いているようで、アフィアのように胸に剣が刺さっている人をはじめ、ガイコツが普通に動いている。現地の人々はそういうものだと受け入れているのかもしれない。敵として出てくる異端審問官の勢力も結界のような力を行使していて、ファンタジー要素が強く取り入れられているようだった。

ストーリーでは、プレイヤーは失われたカリブ海にある諸島を巡っていき、レッド・マーリーの船にいる呪われた船員たちを復活させるために必要な「黒真珠」と「魂力」を集めつつ、それに並行してモルデカイ船長の財宝を探していくことになる。船員には個別のストーリーも用意されており、それぞれの経歴だけでなく、どうして彼らがモルデカイ船長のもとに集まったのかも明かされる。

船員たちは本作の主要なキャラクターなので、本人の身の上話などを聞いていると徐々に愛着も湧いてくる。例えばトウヤはすばやい身のこなしで敵を切り裂いていく歴戦の男だが、腕のいい料理人でもある。かつて参加した料理の大会で、自分が勝ったらうちの船員になれとモルデカイに言われるも、言い出しっぺの本人は最下位に。本来なら自由の身だが、トウヤはモルデカイの料理の腕を不憫に思って仲間になった。そうした背景がわかると、キャラクターたちだけでなく世界観への理解度も増していく。

主人公たちの敵となるイグナシア

すべてのキャラクターの物語を読んだわけではないのだが、現状では個別の話を聞くのに条件はいらない様子。ストーリーが解放されている対象はアイコンで表示されるので、メインの話と並行して進めていくのがオススメだ。

広大なマップに潜入しながら目的を達成していく

本作の核といえば潜入要素。プレイヤーはアフィアをはじめとする船員を3人まで選抜して敵地に潜入し、決められた目標を達成する。マップ内ではキャラクターを自由に動かせるうえ、とくに時間制限があるわけではない。どのルートを進むのか、どこの敵をどうやってどれだけ倒すのか、好きなだけ計画を練られる。

とはいえ、好き勝手に動き回れるわけでもない。敵には視界が扇状のマークで示されており、これにキャラクターが入ってしばらくすると発見状態になる。見つかったキャラクターは周囲から攻撃されるのはもちろん、近くから駆けつけた増援によって囲まれる可能性も。敵は数十人以上いるのに対して、こちらは3人がせいぜい。発見されてもしばらく身を隠していれば敵による追跡を逃れることはできるものの、強引に突破すると味方はすぐに倒されるし、結果的に時間もかかる。本作では、いかに敵に気取られずに潜入できるかが重要だ。

そこで生きてくるのが、船員たちが持つ特殊能力。主人公のアフィアであれば、少し離れた先にいる敵を剣で貫く「ブリンク」や、範囲内の対象ひとりの時間を数秒間だけ止める「時間停止」が使える。ブリンクがあれば近づかずに敵を倒せるので、それだけ発見される可能性が下がる。時間停止の効果を受けている最中の敵はなにもできないため、その間に目の前を横切ったり、近くにいる別の敵を始末したりしていい。スキルの使いかた次第で多彩な戦術が取れるため、攻略中はいかにキャラクターの力を活用できるかが結果を左右する。

ただし過信は禁物で、スキルを使うにしてもタイミング次第では敵にバレてしまう。ブリンクを使って相手を倒しても、警備中の別の兵士が近くにいると見つかるし、時間停止の効果が切れた瞬間に対象の目の前を通っても意味がない。スキルで倒したい敵の周囲に人員がいないか確認したり、カーソルを合わせた相手の視界を表示しておいたり、事前の準備をしっかりしておきたい。

船員たちの能力を組み合わせたコンボ探しが楽しい

さまざまな力を持つ船員たちだが、彼らの能力を組み合わせてコンボのように運用することも可能だ。船医のスレイディーのスキル「彷徨える花粉」は、付与した相手をスレイディーとは逆の方角に移動させるというものだが、これにテレサの遠距離攻撃「鉄の裁き」を組み合わせると、人が集まる場所から対象を路地などに誘導させ、遠くから射抜いて無力化することができる。

コックのトウヤは、相手に付与するかその場に設置する「形代」と、形代の効果の対象や場所に瞬間移動後、近くにいる敵がいれば攻撃する「影足」というスキルがある。これと相手の心を乗っ取って自由に動かせるピンクスのスキルも相性がいい。まず形代を付与した相手をピンクスで操って指定の位置まで移動、その後トウヤは影足で移動しつつピンクスの憑依している対象を始末する。ピンクスの能力で敵に扮してマップを調査しながらも、操っている対象の撃破、さらにトウヤを同じ場所まで連れてくる手間を同時にこなせるわけだ。

船員たちには個別でチュートリアルも用意されている

作中ではとくに明言されていないが、上で書いたように船員同士は能力によって多彩な組み合わせがある。個人的に強いと思ったのは、ピンクスの憑依とテレサの狙撃の組み合わせ。ピンクスは敵の操っている間は誰にも怪しまれず行動できる。テレサは狙撃技である鉄の裁きを使うと、落ちたボルトを自分で回収しなければ2回目以降の攻撃はできないというのが通常だが、スキル自体をアップグレードするとボルトの回収は誰でも可能になる。

これにより、高台からテレサが鉄の裁きを使いつつ、ピンクスが敵陣のど真ん中で堂々とボルトを回収するという運用ができる。狙撃時は着弾した場所に大きな音がなるため、周囲に敵が密集していると使いにくいが、開けた場所なら相性は抜群に良かった。

スキルのアップグレード画面。「活力」と引き換えにスキルを強化あるいは追加できる

なにより、こうした相性を自分で発見できたことの達成感や優越感がクセになる。こっちの組み合わせができるなら、あっちの構想はどうなるだろうか、という具合に好奇心がくすぐられ、船員同士の相性や作戦の研究はもちろん、モチベーションの向上にもつながる。

船員はいずれも強力だが、物語序盤ではアフィアのほかにスレイディーしかおらず、残りの6名は物語の進行とともに増やしていくという点には注意したい。船員を復活させるために必要なアイテムは各作戦で手に入るが、1回当たりのプレイ時間は20分~1時間くらいになるため、全員揃えるには少し時間がかかる。復活させる船員の情報はスキルを含めて事前に確認できるため、自分のプレイスタイルに合った仲間から先に蘇らせるのがオススメだ。

保存した記憶をロードすれば、いつでも時間をまき戻せる

見つからずに潜入するシステムや、船員たちの個性を駆使した作戦が要になる仕様など、難しい要素の多い本作ではあるが、“記憶”のおかげで試行錯誤はかなりしやすい。

プレイ中は時折鐘のアイコンが出て、記憶の保存をオススメしてくれる

記憶とは、現状を保存して後でロードし直せる機能。要は巻き戻しだ。難易度にもよるが、高難度でなければ記憶は無制限に使えるため、自分の立てた作戦が失敗した際の保険として非常にありがたい。作戦の段階にわけて記憶を保存してもいいし、心配なら敵をひとり倒すごとに使うのもアリだろう。

とくに本作はキャラクターを自由に動かせることから、敵に近づく場合のルートや攻撃するタイミングの微妙な違いが結果に影響しやすい。想定外の動きや展開で作戦が失敗するというのはよくある話なので、試行錯誤による腕前の上達やプレイの効率化という意味合いでも、記憶はガンガン使っていくべきだ。

一方で、記憶を頼りにすると気が緩んでしまい、作戦が雑になりやすいという一面もある。自分で制限してもいいが、どうしても記憶に依存してしまう場合は難易度設定で使用回数自体をいじれる。用意されたものとは別に難易度を自分で細かく決められるのだが、その中には記憶の使用制限もある。ほかの設定は変えずに、記憶の回数だけに制限をかけよう。

敵に見つかってはいけないというステルスや、船員の力を駆使した攻略をはじめ、ゲーマー向けのやり応えのある要素の多い本作。しかし、任意のタイミングで保存した記憶を使っていつでも巻き戻しができるという点で、難易度のバランスは取れている。自分なりの戦い方を模索したり、コンボや相性の研究が好きな人には、とくにオススメできるタイトルだ。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

Shadow Gambit: カリブの呪い公式サイト
関連ワード プレイレポート