Gamerで執筆しているライターに、2023の最後、もしくは2024年のはじめに自由に書いてもらおうという企画。ここでは、ばかいぬの記事をお届けします。

目次
  1. 「原神」は水の都・フォンテーヌに魅了される日々
  2. ゲームも好きだけどPVもめっちゃ好きな「崩壊:スターレイル」
  3. 中国の現地イベントに行きたい!
  4. 日本でのイベントも着実に増えています
2024年は「原神」「崩壊:スターレイル」の中国現地イベントに行きたい!【年末年始企画】の画像

こんにちは、ばかいぬです。気がつけばもうあっという間に年の暮れ。皆さんの2023年は、ゲーム的な面でどんな一年になりましたか?

私は主にアプリゲームを中心にプレイする人で、あれやこれや手を出していましたが、その中でも毎日欠かさずプレイしていたのが「原神」と「崩壊:スターレイル」というHoYoverseの2作品でした。

「原神」は水の都・フォンテーヌに魅了される日々

「原神」では9月に実装された新しい国・フォンテーヌがめちゃくちゃ好みで。水中探索という新しい要素然り、フリーナをめぐるドラマティックなストーリー然り、美しいBGM然り、すっかり魅了されてしまいました。

フリーナの実装によって、今まで影を潜めていたプレイアブルキャラが日の目を浴びたことも嬉しかったですね。「原神」はキャラの追加によって環境を変えるのが本当に上手だなと思います。

2024年は「原神」「崩壊:スターレイル」の中国現地イベントに行きたい!【年末年始企画】の画像

ゲームも好きだけどPVもめっちゃ好きな「崩壊:スターレイル」

HoYoverseの新作ということで触ってみたら、どハマりしてしまったのが「崩壊:スターレイル」。運営型ゲームで今どきターン制RPGは流行るのだろうか……? と思っていたら、立派にヒットしましたね。

「ドラゴンクエスト」「ポケットモンスター」で育ってきた身としては、ターン制RPGってすごく馴染むジャンルです。それが、「靱性」「運命」「属性」「速度」などの要素が付与されて戦略性が高まり、プレイしごたえのある作品になっています。オート戦闘でデイリーを消化しやすいのもありがたいですね。

個人的には、プロモーションビデオが毎回カッコ良すぎるところが大好きです。つい見たくなっちゃう。

中国の現地イベントに行きたい!

ご存知の通りHoYoverseは中国の企業ですので、リアルイベントの回数や種類、販売されるグッズの数などは、やはり中国>日本の印象です。

年に1度の大規模なフェスイベントや、さまざまな企業とのコラボイベントは、「原神」も「崩壊:スターレイル」も中国本土で精力的に行われています。例えば2023年の大規模なタイトル単独イベント「原神☆FES」は8月に上海で開催されています。

こういうイベントに、一度行ってみたいんですよね……。

日本ではあまり情報を捕捉できませんが、BiliBili動画などを覗いてみると、熱気あふれる現地の様子が伺えます。

本土でのイベントだけあって、セットの規模や数も多いですし、訪れている人々の数も相当なもののようです。こういう現地イベントが大好きなので、どうにか行けないかなぁと思っています。

10数年前には大学で中国語も勉強していたし、昔とった杵柄でどうにか……今話せるのは、自分のフルネームと「今夜予定ある?」だけですが……。

日本でのイベントも着実に増えています

とはいえ、日本でリアルイベントがそんなに開催されていないのかというと、そうではありません。例えば「原神」では、8月に六本木で「原神×サマステ」、9月に原宿で「フォンテーヌ展覧会」などが開催されています。

2024年は「原神」「崩壊:スターレイル」の中国現地イベントに行きたい!【年末年始企画】の画像

「崩壊:スターレイル」では、ウェンディーズやkarendoとのコラボイベントが記憶に新しいところですね。

2024年は「原神」「崩壊:スターレイル」の中国現地イベントに行きたい!【年末年始企画】の画像
2024年は「原神」「崩壊:スターレイル」の中国現地イベントに行きたい!【年末年始企画】の画像

そして、単独イベントではないものの、東京ゲームショウやコミックマーケットへのブース出展も行われています。こうした流れを見ると、日本でもそのうち単独の大型イベントが開催されるかもしれませんね。

1月には「原神」で東京スカイツリーとのコラボイベントがありますし、日本でのリアルイベント、コラボイベントは着実に増えている様子。2024年も、モニターの内外で、「原神」「崩壊:スターレイル」に浸かることになりそうです。

「ゼンレスゾーンゼロ」がリリースされたら、この生活はどうなっちゃうんだろう……?

とあるIT企業でWebコンテンツ系のお仕事をしながら、個人で時おりGamerの記事や「ラブライブ!」関連の書籍等で取材・執筆しています。ゲームジャンルではアクションRPGと育成シミュレーションLove。リアルではコーヒーの香りがする本屋さんが好き。

HP:https://bakainu.net/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード 2023年末年始企画