3gooが本日4月18日に発売するPS5/PS4版「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」のプレイレポートをお届けする。

目次
  1. 広大なフィールドをグレンダイザーを操縦して駆け回れる喜び
  2. スペイザーやTFOの操作も可能。「グレンダイザー」の世界を再現するためのこだわりが凄い

1975年~77年にかけて放送されたロボットアニメ「UFOロボ グレンダイザー」。「スーパーロボット大戦」シリーズなどでその存在を知った人も多いかと思うが、本作は海外でも高い人気を誇り、放送開始から50年弱が経とうとしている今日においても根強いファンを持つ作品だ(2024年内にはリブート版となるアニメ「グレンダイザーU」の放送も決定している)。

本作は、そんな「UFOロボ グレンダイザー」の世界を再現したアクションアドベンチャーゲーム。プレイヤーは、宇宙征服を目論む支配者・ベガ大王率いるベガ星連合軍による侵略を受けて滅亡したフリード星の王子・デューク・フリードとなり、地球に侵略の手を伸ばそうとするベガ星連合軍に立ち向かうという、原作を踏襲したストーリーが描かれる。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

ただし、本作はアニメに描かれた出来事をなぞる、普通の追体験型のゲームとは少し異なっている。ゲームで描かれるエピソードは、本作のサブタイトルにもなっているアニメ第7話「たとえ我が命つきるとも」までを元にしているが、様々なアレンジや補完が行われている。

例えば最初のステージでは、ベガ星連合軍によってフリード星が襲われ、フリード星の守護神であるグレンダイザーを起動したデュークが、離れ離れになってしまった家族を探しつつ一人でも多くの民を逃がすため単身ベガ星連合軍に立ち向かうという、原作第1話の前日譚にあたるストーリーからスタートする。このエピソードにはかなりワクワクした。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

原作では後に登場するデュークの幼馴染のナイーダ、婚約者であるルビーナもこの時点で登場し、フリード星での別れ際にどんな言葉を交わしていたかが描かれるなど、ファンにとってはたまらないサービスも用意されている。ゲーム内で描かれるのは7話までなので、二人はこの後登場することがないにもかかわらず、専用の立ち絵とボイスがしっかりと存在するのがすごいところ。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

また、デューク・フリードというキャラクターは、物語を通すと当時のロボットアニメには珍しい、温厚で大人びた性格の主人公なのだが、1・2話の時点では荒々しい一面も見え隠れしていた。最初のステージはその頃の本編より少し若く荒々しいデューク・フリードとしての姿で描かれていて、非常に細かく原作のテイストを大事にしていることを感じ取れた。

これはほんの一例で、とにかく本作は「グレンダイザー」という作品への開発陣の愛を感じられる作品になっているというのが、プレイをしてみての一番の印象だった。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

広大なフィールドをグレンダイザーを操縦して駆け回れる喜び

本作には複数のゲームパートがあるが、メインとなるのはグレンダイザーを操作する3Dアクションパートだ。

このパートでは、原作アニメの各エピソードで登場したシチュエーションを元にしたフィールドがステージごとに用意されている。この3Dフィールドがなかなかの広さを誇り、グレンダイザーを操作して自由に歩き回ることもできる。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

ストーリーが進行するメインクエストとは別に、各地でベガ星連合軍の襲撃で困っている人々を助ける、サブクエスト的な要素も存在する。山岳地のステージなら消防車を護衛して山火事を消したり、港なら戦闘獣に襲われている軍艦を助けたりと、それぞれのステージに合ったシチュエーションがオリジナルで用意されており、「グレンダイザー」の世界を冒険しているような感覚を味わえるのが楽しい。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像
「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

グレンダイザーを動かして広大なフィールドを自由に歩き回れるだけでもなかなか感動ものなのだが、本作はアクション部分もよくできている。

グレンダイザーの攻撃には、エネルギーを使用しない通常武器(通常格闘とハーケンによる攻撃)と一定数のエネルギーを消費して行う必殺技の2種類が用意されており、エネルギーは通常武器を当てることで回復するという仕組みだ。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像
エネルギーはHPの回復にも使用できる。回復は何度でも使えるが、動作中は無防備になるので攻撃を受けやすい。
エネルギーはHPの回復にも使用できる。回復は何度でも使えるが、動作中は無防備になるので攻撃を受けやすい。

「グレンダイザー」のファンとしては、多彩なグレンダイザーの装備をふんだんに使って戦いたいところかと思うが、本作ではグレンダイザーの武器は必殺武器としてこれでもかというほどに再現されている。

いわゆるロケットパンチ系の攻撃一つとっても、ダイザーパンチとスクリュークラッシャーパンチを別々のアクションとして実装。前者は敵をロケットパンチで掴んだあと地面に叩き付けて衝撃波を発生させる連携範囲攻撃、後者はシールド持ちの装甲を貫通する単発の高ダメージ攻撃となっており、性能の差別化についてもしっかりとされている。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像
「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

様々な必殺武器の中でも、とくに面白いのが反重力ストーム。これは本作内では、ダメージはさほど高くない分、敵の動きを一時的に停止させつつ、敵を空中に軽く打ち上げる効果を持つアクションとなっており、使い勝手が抜群にいい。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

スクリュークラッシャーパンチやダブルハーケンなど、必殺武器の中には威力が高い分発動までの隙が大きめだったり、発動に溜めの動作が必要な武器もあるのだが、反重力ストームを使って敵の動きを止めることで、比較的安全に大技を当てられる。

正面方向に対してならある程度攻撃範囲もあるので、複数の敵と同時に戦う時に攻撃対象以外の敵の動きも止めておくことで安全に1対1の状況に持ち込んだり、シールドを構えている敵の後ろに回り込んで動きを止めて攻撃したりと、いろいろなアクションと組み合わせることでより真価を発揮できる。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

それ以外の武器も、足が止まらない射撃攻撃のショルダーブーメラン、ジャスト回避成功時の反撃武装のハンドビーム、一定時間攻撃判定が持続する中距離攻撃のダブルハーケン投擲、特殊な専用ゲージを消費して使う最強技のスペースサンダーなど、数が多いだけではなく、個々のアクションごとにしっかりと使い道が用意されている。必然的に様々な武器を使い分けながら戦うゲームデザインになっているのも、アクションゲームとして優れている部分だ。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像
「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

ロボアクションゲームというのは、巨大ロボの重量感を再現したリアル系と、爽快感やカッコよさを重視したハイスピード系の概ね2種に分類されると筆者は思っているのだが、本作はちょうどその中間くらいのバランス。巨大ロボットらしい重みが感じられる一方で、アクション自体はどれも軽快で、スタイリッシュに戦えるのが非常に気持ち良かった。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

これらのアクションは最初からすべて開放されているわけではなく、フィールド内で入手できる様々な素材を使ってグレンダイザーの性能を強化することで、新たなアクションが開放されていくという仕組みだ。ただパラメータが強化されるだけではなく、明確に行動の幅が増えているのがしっかりと実感できるので、強化のための素材を少しでも集めたくなり、どんどんフィールドを探索したいというモチベーションも湧くようになっている。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

スペイザーやTFOの操作も可能。「グレンダイザー」の世界を再現するためのこだわりが凄い

グレンダイザーを操作する3Dアクションパートの他には、グレンダイザーが合体したスペイザーを操作する3Dシューティングパート、兜甲児が操縦する小型飛行メカ・TFOを操作する2Dシューティングパートという、まったくゲームシステムが異なるパートも用意されている。

どちらもゲームとしてはシンプルな作りで、ミニゲームの域を出ていないものではあるのだが、「グレンダイザー」のキャラクターゲームとして考えた時、スペイザーやTFOを操作できるのは大きな意味を持ってくる。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

ちゃんとスペイザーと合体している時は、武器がスピンソーサーとスピンドリル、メルトシャワーが使えるし、アニメでは苦戦するシーンも多かった兜甲児を操作して、ベガ星連合軍に一矢報いることができるようになっているのは嬉しい。この2つのパートが存在することで、「グレンダイザー」ファンにとっての満足度は間違いなく高くなっている。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

他にも、ステージの合間には宇宙開発研究所や白樺牧場を自由に移動して、右門博士や牧葉ひかる、牧葉団兵衛に荒野番太といったキャラクターと会話することもでき、立ち絵だけではなく、しっかりとキャラクター全員に3Dモデルも用意されている。

この辺りは省略してもゲームとして成り立ったであろう要素だが、それらがちょっとやり過ぎなんじゃないかと思えるくらいに盛り込まれており、これは本当に「グレンダイザー」が好きな開発陣が集まって作られたゲームだということを何よりも強く感じた。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像
「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

一方、ストーリーが7話で終わる都合上、やはりゲームとしてのボリュームは少なめだったり(フィールドの収集物をすべて集めるというやりこみ要素は存在する)、フィールドが大きいのに全体の地図を見られず自分が今どこにいるのかを把握しにくかったり、PS5版でも敵が多くなるとフレームレートが低下していたりなど、気になる点もいくつかは存在している。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

それでも、「グレンダイザー」のゲームとしては間違いなく素晴らしい完成度であり、ファンなら絶対にプレイするべきだと断言できる。純粋にアクションゲームとしても面白いので、「スーパーロボット大戦」などでキャラとあらすじを少し知っているくらいの温度感でも、プレイする価値は十分にあるだろう。

アニメの出撃シーンもムービーでしっかりと再現されている。
アニメの出撃シーンもムービーでしっかりと再現されている。

ここまでこだわって作られた「グレンダイザー」のゲームが令和に発売されるとは、一体誰が想像しただろうか。筆者が体験したこの衝撃を、是非ともプレイして味わってみて欲しい。

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」プレイレポート――やり過ぎだと思えるほど開発陣の「グレンダイザー」への愛の深さが伝わるの画像

ロボットアニメとRPG、ギャルゲーを愛するゲームライター。WEBのアニメ・ゲーム系媒体を中心に、様々なゲームの攻略本にもライターとして関わらせていただいています。ガンプラと美少女フィギュアに部屋のスペースを専有され、自分の生活空間がどんどん狭くなっているのが最近の悩みのタネに。ここ数年は「原神」を毎日プレイするのがすっかりに生き甲斐になりつつあります。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード プレイレポート