Chimera Entertainmentは、PC(Steam)用ソフト「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスを本日6月4日に開始した。

目次
  1. クリエイティブディレクターのAlex Kehr氏のコメント
  2. 本作の特徴

「ソングス・オブ・サイレンス」は、クラシックなストラテジースタイルの戦略要素と、現代のゲームらしいハイテンポな戦闘がふんだんに味わえる作品だ。アール・ヌーヴォー様式の緻密なイラストがゲームを彩っている。

ファンタジー世界が舞台の4Xストラテジーゲーム「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスがSteamにて開始!の画像

また、あまり長い時間をゲームに割けないプレイヤーのことも考慮し、メインキャンペーンでは各マップがゲーム内時間の一晩で終わるように設計されている。PvEの小規模戦闘とPvPのマルチプレイモードがあり、美しくユニークな世界で何度でも楽しく遊ぶことが可能だ。

価格は4,400円で、2024年秋まではアーリーアクセスが継続予定となっている。また、フルリリース時には、崎元仁氏が手がけた音楽を収録したデジタルオリジナルサウンドトラックや、追加のゲーム内衣装アイテムセット「the Digital Goodies pack」が、それぞれ1,200円で発売される。「Supporter Bundle」では、これらのコンテンツをあわせて10%オフの価格で購入できるので、本作が気になっている人は、これらもあわせてチェックしてほしい。

ファンタジー世界が舞台の4Xストラテジーゲーム「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスがSteamにて開始!の画像
ファンタジー世界が舞台の4Xストラテジーゲーム「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスがSteamにて開始!の画像
ファンタジー世界が舞台の4Xストラテジーゲーム「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスがSteamにて開始!の画像
ファンタジー世界が舞台の4Xストラテジーゲーム「ソングス・オブ・サイレンス」のアーリーアクセスがSteamにて開始!の画像

クリエイティブディレクターのAlex Kehr氏のコメント

ついに「ソングス・オブ・サイレンス」をリリースできたというこの出来事は、この数年間熱心に開発を続けてきた我々チームにとっての大きなゴールです。プレイヤーの皆さんにこのゲームをお届けできて、本当にとても嬉しいです。皆さんが楽しんでくれるのを見るのが待ちきれません!

以下、発表情報をもとに掲載しています

本作の特徴

クラシックな4Xストラテジーバトル

100体以上のユニットからなる強大な軍勢を率いて、丁寧に作りこまれたシングルプレイキャンペーン用マップやカスタムされたマルチプレイマップを探索しましょう。奇襲部隊を深い森に配置して敵の裏をかいてもよし、堂々と正門へ進軍し、街に包囲網を敷いてもよし。貴重な資源をうまく使って損壊した領土を修復しつつ、新たな祖国を探し求める旅路の中、敵対する王国を打ち倒していきましょう。

革新的な戦闘システム

各陣営が衝突し、展開する危険な戦場で、激しくハイテンポな戦闘に身を投じましょう。陣形を組んで接敵に備え、戦術、増援、そして神の介入までもを利用して、戦局を覆すのです。

異なった特色を持つ、3つの強大な陣営

各陣営と英雄には、マップや戦闘においてそれぞれ適したプレイスタイルがあります。100種類以上のユニットや何百枚ものカードの効果(天上の援軍を召喚する、都市を丸ごと焼き払うなどさまざま)など、プレイヤーの選択肢は無限大です。

アール・ヌーヴォー様式から着想を得た美麗なグラフィック

アルフォンス・ミュシャやその他のアール・ヌーヴォー画家の作品に触発された本作は、ストラテジーゲームにありがちな泥だらけのマップ、気難しくて非個性的なユニットといった世界観ではなく、美しく色鮮やかなグラフィックでゲームを彩ります。ストラテジーゲームだからといって、無骨な世界観である必要はないのです。

運命のカード

本作は斬新なカードシステムを採用しています。配られたカードを集めてデッキを組むのではありません。本作におけるカードとは英雄や土地によってもたらされる特有のアクションを示し、マップ上やリアルタイム戦闘中に使用することで、兵士への指示、ステータス効果、相手への直接ダメージといった形で戦闘の結果に影響を及ぼします。

至高の音楽

本作の雰囲気溢れる音楽は、「ファイナルファンタジーXII」「ファイナルファンタジータクティクス」「戦場のヴァルキュリア」などで有名な作曲家、崎元仁氏が手がけています。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

ソングス・オブ・サイレンス公式サイト