ユービーアイソフトは、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC用ソフト「ザ クルー:モーターフェス」について、シーズン4を7月3日に配信する。

無料アップデートとして配信されるシーズン4には、PLAYLIST「Donk vs Lowrider」が登場し、カーカスタマイズにおける2つの潮流、東海岸が誇る「ドンク」と西海岸が誇る「ローライダー」によるアイコニックな対決が繰り広げられる。

独自の都会的アイデンティティとカスタマイズ様式を持つ2つのコミュニティは、激しいライバル関係を育みつつも、車への情熱を共有する存在だ。一方はチル、もう一方はスピードを追い求める彼らだが、どちらも共通してスタイルへのこだわりを持っている。

「ザ クルー:モーターフェス」シーズン4が7月3日に配信!アメリカ東海岸と西海岸のカスタムトレンドが激突の画像

また、新たなシーズンを盛り上げるべく、世界的写真家のEstevan Oriol氏との協力のもと、ボイスオーバーからグラフィックパッケージまで、ゲーム内に組み込まれるさまざまな要素において、アートディレクションなどが設定されたとのことだ。

さらに、シーズン4には幅広い新コンテンツが登場する。新登場のPLAYLIST「Donk vs Lowrider」では、どちらかの陣営を選び、12のメインイベントを通じて各カーカルチャーの特徴について学ぶことができる。さまざまなワークショップや対決を経て、プレイヤーはドンクまたはローライダーのマシンを少しずつ組み上げ、そのスタイルを見せつけていく。

新たなゲームプレイ要素として、ローライダー特有の能力を使ったリズムベースのモード「Car Dance」や、ドラッグレース用コースでドンクカーが競い合う性能ベースのモード「Street Versus」なども登場する。

なお、新イベントやマシン、快適性改善の全詳細など、シーズン4に関する続報は6月末に公開される予定だ。

6月12日にはAbarth、Alfa Romeo、Lanciaのマシン17種が「ザ クルー:モーターフェス」に登場し、新たにフェスティバルに参戦する。その中には新登場のAlfa Romeo 33 Stradale(1968)とAlfa Romeo GIULIA GTAm(2021)も含まれている。これを記念して、Alfa Romeo 33 Stradale(1968)がUbisoft Forward中のTwitch Dropリワードとして入手可能になるとのことだ。また、6月13日には「ザ クルー:モーターフェス」のショップにも登場予定となっている。

「ザ クルー:モーターフェス」Year 2に関する情報は、6月11日のUbisoft Forwardにて公開予定となっているので、こちらにも注目だ。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー