バンダイナムコエンターテインメントが2024年10月10日(Steam版は10月11日)に発売予定のPS5/Xbox Series X|S/PC(Steam)向け3D対戦アクションゲーム「ドラゴンボール Sparking! ZERO」。本作のメディア体験会が開催されたので、そちらの模様をお届けする。

体験会には、本作のプロデューサーである古谷純氏が登壇し、作品概要に関するプレゼンテーションを実施。その後、オフラインでの対戦モードの試遊、最後には古谷氏へのインタビューも行われた。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

ゲームモードの紹介では、基本となる対戦モードのほか、“エピソードバトル”と“カスタムバトル”の存在も明らかになった。エピソードバトルは、悟空やベジータなどのキャラクターの目線から原作の物語を追体験できるモード。ボリュームとしては、一番多い悟空だと、「ドラゴンボールZ」のラディッツ戦から「ドラゴンボール超」の力の大会までになるという。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

デモシーンでの一人称モード、バトルや選択肢による分岐の発生など、気になるポイントが紹介された中、古谷氏によるデモプレイがスタート。序盤にあたるラディッツを相手にした物語から始まったが、早々に選択肢による分岐が発生。その内容が、ラディッツとの闘いに“ピッコロとともに臨むか”、“一人で向かうか”というもの。

ピッコロとともに臨めば原作通りの展開となるが、一人で臨むとなるとどのような物語となるのか。会場にいた誰もが後者の展開を見てみたいと思っていた中、古谷氏もその意をくんでくれたのか、一人で向かう選択肢を選んでくれた。

ピッコロとともに行くことを拒んだ悟空だが、結果的にはクリリンが同行することに。とはいえ、原作では見られなかった展開、バトルもクリリンでラディッツに挑むこともでき、プレイを眺めているだけでも「この先どうなるのか!?」と、ワクワクした。

バトルに勝利すれば、さらに異なる展開を楽しめるとのことだったが、さすがにラディッツも手ごわく、敗北を喫していた。その場合は、闘いの様子を見に来ていたピッコロの参戦があり、原作通りの魔貫光殺砲のシーンへと続いた。

古谷氏いわく、原作でも苦戦を強いられた闘いは、ゲーム内でも歯ごたえのある設定になっているとのことだ。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

ラディッツとの闘いも幕切れ…というところで、実際に試してみようと紹介されたのが、デモシーンでの一人称モードだ。この時、悟空のエピソードバトルを進行していたので、今回は魔貫光殺砲を撃たれる側の視点を一人称で見られるように。まさかの展開に、会場にいたメディア陣からも笑い交じりの驚きの声が上がった。

エピソードバトルでは、いくつかデモシーンが用意されており、一人称モードへの変更もすぐにできるとのことだった。その後は、皆で魔貫光殺砲に貫かれるシーンを一人称で鑑賞し、濃密なデモプレイは終了となった。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

エピソードバトルとは別の要素として紹介されたカスタムバトルは、様々なシナリオ、条件付きのバトルを楽しむことができるモードとなる。その中の“エクストラバトル”は、用意されたオリジナルシチュエーションのバトルをプレイでき、“エディットモード”ではエクストラバトルを自分で自由に作成できるものとなる。

カスタムできる要素は、登場キャラクターはもちろん、勝利条件や制限時間、セリフまでもエディットできるとのこと。作成したバトルは、サーバーにアップロードすれば世界中のプレイヤーと共有することも可能となっている。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

後述する“オフラインバトル”の説明では、ステージの1つである“精神と時の部屋”限定で画面分割対戦が可能になることが明かされた。実装タイミングは、発売日/アーリーアクセス時とのことだ。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

その後の試遊では、一通りの操作や画面UIなどレクチャーを受け、まずは悟空を使用してプレイすることに。操作方法だが、本作に合わせた“スタンダード”はもちろんだが、「Sparking!」シリーズを遊んだことがある人向けの“クラシック”も用意。ガード、上昇/下降、気力チャージが過去作同様の操作方法になっている。

筆者は「Sparking!」シリーズもプレイしていたのだが、本作から新要素が増えているのはもちろん、いかんせん17年前の作品ということもあり、操作をすべて覚えているか不安だったため、スタンダードでプレイしていた。「Sparking!」シリーズをがっつりプレイしていて、自信があるという人は、発売された際にクラシックでの操作も試してみてほしい。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

実際のバトルは、吹っ飛ばしからの追撃、タイミングを読んでのカウンターといった「Sparking!」シリーズ伝統のバトルシステムはそのままに、新要素が加わり、さらなる進化を遂げている。その1つの要因が通常移動の高速化。通常移動が前作のダッシュ相当のスピードとなっており、スピード感のあるバトルをより楽しめるようになっている。

そして、瞬間的に動くことができる“ショートダッシュ”が今までのダッシュに代わって用意されており、敵の攻撃の回避はもちろん、動きながらの攻撃も可能に。より躍動感ある、「ドラゴンボール」らしいバトルを味わえるようになっていると感じた。

その他にも、攻撃を食らいながら繰り出す“リベンジカウンター”、一部の気功波系のスキルも弾き飛ばせる“超見極め”、瞬時に距離を詰めれる“バニシングアサルト”などの新要素も。「ドラゴンボール」らしさあふれるアクションの追加により、まさに「ドラゴンボール」のキャラクターになりきったような体験ができる作品となっている。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

最新プラットフォームで描かれるキャラクターの必殺技“アルティメットブラスト”も見逃せないということで、どのキャラクターのものを確認しようかと悩んでいたのだが、選択できるキャラクターの多さにも驚かされる。しかもこれがまだ“デモ版”であるというのが、衝撃の事実。シリーズ最大規模となるキャラクターが登場とあるので、これからさらに増えていくと思うと恐ろしいとも感じてしまった。

悩んだ末、筆者の一番好きなキャラクターであるベジータ…にしようと思ったのだが、ベジータや悟空だけでも変身形態が複数存在。形態によっては構えや使用できる技が異なるといった、ファンにはうれしい細かなポイントも用意されている。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

その中でも特に好きな魔人ベジータをチョイス。ベジータ好きとしては“ファイナルエクスプロージョン”を見ずには帰れないだろうと、ワクワクしながらプレイに臨んだ。

とはいえ、魔人ベジータ自体かなり強く、格闘やスキルを適度に当てていくだけで相手のHPがわずかに。何とかファイナルエクスプロージョンを放つことができたのだが、あの名セリフに感動しつつ、ド派手な演出に、思わず食い入るように画面を見つめてしまった。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

もう1つ気になったのが、既に公開済みのトレーラーでも出てきた“合体戦士”たちについて。もちろん単体のキャラとして最初から選ぶことはできたのだが、バトル中に変身することは可能なのか尋ねてみたところ、特定のキャラクターを編成していればできるとのこと。

ならばということで、変身形態の中で最も好きなゴジータを試してみることに。悟空とベジータを編成し、気を溜めていくと、変身と同じような容量でゴジータのアイコンが出現。そのボタンを押すことで、フュージョンの演出が発生し、見事ゴジータになることができた。そのままスーパーサイヤ人への変身なども見たかったが、相手の削ったHPを確認せずに試しに打った超かめはめ波で勝利していた。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

今回は筆者の個人的な好きなキャラに偏ってしまったが、試遊で遊べたのは本作におけるほんのごく一部。バトルにおいてもこれ以上のキャラクターが登場し、そのほかエピソードバトルやカスタムバトルなど楽しめる要素もまだまだ存在する。

1人のファンとしても、どのようなキャラクターが登場するのか、他モードのプレイ感など、今から楽しみでならない。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像
「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

最後に、試遊後に行われた古谷氏へのインタビューの模様をお届けする。

「ドラゴンボール Sparking! ZERO」メディア体験会レポート!ド迫力で描かれた魔人ベジータのファイナルエクスプロージョンに思わず感動&大興奮の画像

――「Sparking!」シリーズを復活させるに至った経緯をお聞かせください。

シリーズだと「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR」が最後に発売された作品になりますが、そこでシリーズとしての完成は迎えていたと思います。

昨今の新型プラットフォームの登場などもあり、改めて、「ドラゴンボール」バトルの驚きや感動を与えられる日が来たというところで、今回17年振りとなりますが、新しい作品としてチャレンジすることになりました。

――「Sparking!」シリーズならではのポイントをお聞かせください。また、他の作品との差別化で気を使った点があれば教えていただきたいです。

「ドラゴンボール」のキャラクターになりきって遊んでほしい、ということが一番大事にしているポイントです。超戦士のパワーをより味わえるという部分を追求したのが本作の特徴になっています。

――自分が3人で、相手は1人の場合は体力調整などが入り、公平な試合になるのでしょうか?

今回は3人まででしたが、製品版では5人まで選べるようになり、その上で“DP”と呼ばれるコスト的なものをキャラクターごとに設定する予定です。DPの上限値まで自由に選べるという形になります。

悟空を例にしますと、変身していくごとにDPの値が大きくなり、3のものがいれば、5のものもいます。

――オンライン周りについてお聞きしたいのですが、本作ではランクマッチ的な要素は用意されているのでしょうか?

ランクマッチについては、オンラインで対戦するモードがあるので用意する予定です。

――エディットモードで使用できる会話シーンのセリフは選択式なのでしょうか? また数はどのくらい用意されているのでしょうか。

セリフは選択式になります。数は5、6000ほど用意しています。文章の中でキャラクター名が埋まっている部分を他のキャラクターに変えるといったカスタムができるような形になります。

――現在の開発進捗をお聞かせください。また今回プレイしたものを一般のユーザーが遊べるような機会はあるのでしょうか。

遊んでいただける機会はできる限り用意したいとは思っています。バトルバランスなどについては、まだ最終版ではなく、今回のはあくまでデモ版なので、調整等行っていきます。

――タイトルの「ZERO」に込めた思いがあればお聞かせください。

まず今回、世界で統一のタイトルにしたというのが背景にあります。日本では「ドラゴンボールZ Sparking!」「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR」という名称でしたが、実は海外では「Dragon Ball Z: Budokai Tenkaichi」「Dragon Ball Z: Budokai Tenkaichi 2」「Dragon Ball Z: Budokai Tenkaichi 3」の名称で展開されていました。

統一のタイトルで、ワールドワイドの皆様で親しみを持っていただきたく、まずは原点である「Sparking!」を使用するというところに落ち着きました。

その上で「ZERO」と付けた理由としては、「1」「2」「3」、「NEO」「METEOR」が発売されて以降、「ドラゴンボール」のファンになった人も多いと思うので、本作からでも始められるという部分をわかりやすく表現するために、今回「ZERO」というタイトルにしています。

――最後に読者へ向けてメッセージをお願いします。

本作に関しては、キャラクターになりきって楽しめ体験ができるよう、我々も最大限尽くしていくので、発売までもう少し辛抱いただくことにはなりますが、ぜひお楽しみにご期待いただければと思っております。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー