Cygamesが手掛けるスマートフォン向けアニメRPG「プリンセスコネクト!Re:Dive」(以下「プリコネR」)と、「よこはまコスモワールド」とのコラボイベントのメディア向け内覧会レポートをお届けする。

「よこはまコスモワールド」は、横浜・みなとみらいにある観覧車が目印の都市型立体遊園地。この遊園地で、期間中「プリコネR」のパネル設置、グッズ販売、コラボドリンク販売や、園内で遊べるゲームとのコラボなどが行われる。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

コラボのメインビジュアルは最新のストーリーイベント「グランドリーム・オンパレード 宝石兎と秘密の仲間たち」のものが使用されており、本イベントを楽しんだファンにはいっそう感慨深いものになっている。

コラボ開催期間は2024年6月14日(金)~7月7日(日)で、毎週木曜は定休日。営業時間は平日が11:00~21:00、土日祝日が11:00~22:00となっている。入園は無料、アトラクション毎に料金が掛かるシステムなので、気軽に訪れられるのも嬉しい。

なかよし部の描き下ろしイラストが見れるのはアイスワールド前だけ

メイン展示エリアでは、本イベントのキービジュアルが描かれたウェルカムボードがお出迎え。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

キービジュアルのメインを飾るクルルとマホは等身大パネルも設置されており、ふたりに囲まれているモニターでは、歴代イベントのアニメーションムービーが流れている。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

“美食殿”のペコリーヌ、キャル、コッコロ、“アルターメイデン”のリリ、クリア、プレシアのSDイラストのパネルも。また、コラボ期間中は園内BGMも「プリコネR」のストーリーイベントのものが使用されるとのこと。ゲームの思い出に浸りながら散策が楽しめそうだ。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

クルルとマホのパネルの側にあるコスモショップでは、関連商品を販売。1,100円(税込)購入ごとにランダムで特典ブロマイドが1枚手に入る。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

ラインナップは、アクリルフィギュアや、美麗なイラストが使用されたミニアクリルアートにB2タペストリーなどなど。アクリルキーホルダーは全8種で、うち1種はシークレットとなっている。SNS風アクリルフレームは、コラボイベントの思い出を写真に収める際に使うと映えそうだ。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

これらのグッズを、園内で撮影した写真をX(旧Twitter)に投稿するSNSキャンペーンに利用するのもいいかもしれない。なお、各グッズは事後通販も予定されている。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

お祭りの出店感覚で各種ゲームが楽しめるダウンタウン(カーニバルゲーム)とのコラボでは、SDイラストのパネルとゲームのロゴでラッピングされた“カンショット”に挑戦、ゲームの結果に応じて豪華特典がプレゼントされる(1回500円)。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

カンショットはボールを3回投げて6つ積み重ねられた缶に当てて倒すゲーム。挑戦したプレイヤー全員にプレゼントされる参加賞は全10種のステッカー(ランダム)。4缶以上倒せればスクエアカンバッジ(全7種からランダムで1種)、6缶を倒してパーフェクトを達成すれば3種のバスタオルから好きな絵柄1枚が手に入る。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

筆者も試しにプレイしてみたのだが、実際に定位置に立ってみると、ターゲットとなる缶が想像以上に遠く、小さく感じられる。一投目で運よく1個は倒せたものの、二投目、三投目は外れ、悔しい結果に終わった。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

同じく取材に来ていたほかのメディアの挑戦者にもパーフェクトを達成できた人はおらず、バスタオルをゲットするのは至難の業と言えそう。中には複数回挑戦する人もいたのだが、そうしたくなる気持ちもよく分かる、シンプルだからこそよりよい結果が出したくなる熱中度の高いゲームだった。なお、スタッフによると「上にある缶から順番に狙って倒していくのがコツ」だそうだ。

園内にあるキッチンカーでは、4種類のコラボドリンクが購入できる。“クルルのジュエルゼリードリンク”、“マホのメルヘンチャージサイダー”、“ペコリーヌ・キャル・コッコロのわくわく美食ドリンク”、“アヤネ・クルミのピクニックレモネード”はすべて1杯700円で、全7種のオリジナルコースターが1枚付いてくる(ランダム)。遊んだあとの水分補給や、糖分がほしいときに利用しよう。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像
「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

最後にご紹介するのはマイナス30℃の世界が楽しめる“アイスワールド”の前に設置されたチエル、ユニ、クロエたち“聖テレサ女学院(なかよし部)”のSDイラストパネル。アイスワールドの寒さからか、青い顔で凍えている様子がかわいそうでありつつもかわいい。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

このイラストは描き下ろしかつ現時点ではグッズ化もされておらず、正真正銘ここでしか見れない。アイスワールドは本コラボのほかの展示やアトラクションからやや離れた場所にあるが、ぜひ見に来てほしいということだった。

「プリコネR」よこはまコスモワールドコラボレポート:遊園地のいたるところにクルル&マホはじめおなじみの面々が登場の画像

今回の内覧会は日中~夕方にかけて行われたのだが、「よこはまコスモワールド」は夜景が綺麗なことでも有名だ。日が沈んでから訪れるのもまた違った魅力が味わえると思うので、あわせて検討してみてはいかがだろう?

コラボ特設サイト
https://www.the-chara.com/blog/?p=76832

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー