CyberZとエイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が運営する「RAGE」は、対戦型オンラインTCG「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse 2024 Summer」の決勝トーナメントにあたるGRAND FINALSを6月16日にベルサール秋葉原にて開催した。

現行のアプリ「Shadowverse」としては最後のオープン大会となった節目のRAGE Shadowverse GRAND FINALSの舞台はベルサール秋葉原。会場ではテレビ朝日アナウンサーの布施宏倖さんと藤田かんなさんがMCを務め、実況は平岩康佑さんと友田一貴さん、解説はまるさんと海老原悠さんというお馴染みの顔ぶれが、多くの観客と共に大会の行方を見守った。

GRAND FINALSはトーナメント形式で、各試合は先に3バトルを制した方が勝利するBO5方式。1試合で3つのデッキを使用でき、2バトル目以降は勝利したデッキは使用できなくなるというルール。

満員の会場で熱線が繰り広げられる中、決勝に駒を進めたのは藤原優斗選手とN/S選手の2人。前回のオフライン大会で決勝戦まで残った藤原優斗選手に対し、堂々としたプレイを見せてN/S選手が2バトル連続で先取し、王手をかける。しかし、藤原優斗選手も意地を見せて1バトルを奪取。譲らない展開で迎えた4バトル目、N/S選手は落ち着いた試合運びを続けて大歓声のなかで藤原優斗選手のライフを削り切り、集大成となる30回目の節目の大会で優勝を飾った。

「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像
「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像
「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像

また、決勝後のしゃどばすチャンネルSPにて、2024年7月より3人1組のチーム戦で行う新しい大会「RAGE Shadowverse 最強チーム決定戦」が実施されることも発表となった。

なお今大会のアーカイブ配信は以下から視聴可能となっている。

予選第1回の7月のオンライン大会のエントリーフォーム
https://rage-esports.jp/shadowverse/team_tournament/July/entry

会場の様子

会場ではyunocyさんとみゃこさんによるコスプレ撮影会や、「#マヂカルシャドウバース」や「シャドバスアカデミー」など歴代公式番組を彩った出演陣が特別ステージに集結。

さらに、有名プレイヤーとの対戦ブースや、物販では新商品や懐かしいグッズの再販など、豊富なサイドコンテンツが実施され、節目を迎えるRAGE Shadowverseにおいて、オフラインならではのコンテンツが会場を盛り上げた。

「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像
「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像
「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像
「RAGE Shadowverse 2024 Summer」決勝トーナメントを制したのはN/S(ねこそぎ)選手!30回目の節目の大会で有終の美を飾るの画像

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー