9月19日から22日まで千葉・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2013」。ここでは、22日にスクウェア・エニックスブースで行われた「ドラゴンクエストX」バージョン2.0情報ステージの模様をお届けする。

21日のステージでは、大型アップデート「バージョン1.5」についての情報公開が行われたが、今回は本作の世界を「バージョン2」へと大きく進化させる追加パッケージ「ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」(12月5日発売予定)について、プロデューサーの齊藤陽介氏、「ドラゴンクエスト」生みの親である堀井雄二氏、バージョン2のディレクターを務めるリッキーこと齋藤力氏の3人からさまざまな情報が発表された。

齊藤陽介氏 堀井雄二氏
堀井氏は「日本ゲーム大賞 優秀賞をいただきました」と、トロフィーを持って登場。
齋藤力氏  

まずは初公開となる映像の上映からスタート。本映像は後日公開される予定となっているが、内容は港町レンドアからグランドタイタス号に乗って、バージョン2の舞台となるレンダーシアの大地に向けて出港するシーンが描かれていた。映像では新キャラクターの姿も多数見受けられ、齋藤ディレクターから一言コメントが加えられた。

特殊な能力を持つクロウズ。能力が何かは言えないというが、映像ではそれを匂わせるシーンがあった。
ミシュアは、プレイヤーがレンダーシアを訪れたときに一番最初に出会うキャラクターになるようだ。
齋藤プロデューサーが「相当強くてカッコイイ」というザンクローネ。彼も物語上、重要なキャラクターだという。
名前など詳細は不明ながら、まだまだ新キャラクターが登場する。

ちなみにキャラクター紹介が終わると、MCの女性からイケメンキャラクターはもっと出ないのかという質問が飛び出した。どうやら開発チームもアストルティアは深刻なイケメン不足と悩んでいるようで、イケメンと聞いて思い浮かべるキャラクターがヒューザとフォステイルの次にズーボーが来る状況を改善するため、急きょイケメンキャラクターも作成中であることが明かされた。

バージョン2の舞台となるレンダーシアについては、これまた映像が用意されていた。この映像では、アストルティアとは異なる景観がチェックできたほか、フィールドに遺跡のような建造物があったり、齋藤プロデューサーが「みなさんがお世話になるほにゃらら神殿」という場所もうかがえた。

また、フィールドではバトルレックスやキラーパンサー、ベビーサタンなど「ドラゴンクエスト」シリーズでお馴染みのモンスターや、完全新規のナウマンボーグといったモンスターが確認できた。

この後は、東京ゲームショウ初日のステージでも発表された「まもの使い」の続報が公開となった。職業イラストに描かれている姿からも分かるが、武器はツメ、ムチ、オノを装備できる。さらに、これまでは盾や格闘が多かった4ライン目には両手剣が入るという、なかなかに武闘派な職業になっている。しかしまもの使いの一番の見どころは、モンスターを仲間にできるところだろう。

開発陣ではどういったシステムにするか悩んだようだが、本作では一匹のモンスターを長く育てる方針になっている。堀井氏も「モンスターは育った方がいいと思って無理を言いました」と述べており、苦労の末に今の方針に落ち着いたのだろう。

こちらも映像が用意されており、プリズニャンを仲間にした状態が披露された。四つ足だったプリズニャンが戦闘に入ると片足だけで立つ姿に笑い声が上がったり、ツメでの攻撃が大活躍を見せると感嘆の声が上がったりと、来場者の反応はかなりいい印象だった。

先述の通り、まもの使いは一匹のモンスターを育てる方針であり、モンスターにはプレイヤーキャラクターと同じく経験値が入る。さらにレベルアップすると、スキルポイントが獲得でき、自由に割り振れるようになっている。スキルはモンスターによって異なり、プリズニャンであれば専用の「マーシャルニャーツ」をはじめ、「ヒャドの心得」と「ツメスキル」がある。

気になる装備についても、プレイヤーキャラクターと同じく武器、防具、アクセサリーをすべて装備できるという。ただし、見た目に関しては武器と盾だけに限定されている。これには色々と葛藤があったようで、開発チーム内で「さまようよろいが鎧を着たらどうなるのか」といった議論を重ねた結果、今回の仕様に落ち着いたとのこと。

戦闘での強さなど、ゲームバランスには影響のない要素だが、プレイヤーキャラクターのしぐさに合わせてモンスターがポーズを取ってくれることも明かされた。もちろんしぐさによってポーズが変わってくるので、スクリーンショット(写真)の撮影に力が入りそうだ。

なお、バージョン2開始の段階では10種類のモンスターが仲間にでき、バージョンが進むにつれて仲間にできる種類が増えていくという。現状で仲間にできるモンスターはホイミスライム、プリズニャン、キメラがいる。

まもの使いと同じく初日のステージで公開されたが、カジノの続報として、施設内の様子が披露されたほか、スロット、ポーカー、ルーレットで遊べることが判明。また、みんなが遊べば遊ぶほどコインが貯まるジャックポットトーテムというものが存在し、ジャックポットを引き当てると、そのコインを丸ごと入手できるという。ただ、ジャックポットは相当出にくいというので、「当たったらラッキー!」ぐらいの気持ちで遊ぶのがいいかもしれない。

ちょっと分かりづらいが、キングスライムの下にある数字が現在貯まっているコイン数。

カジノで遊べる各ゲームについてもう少し詳しくお伝えしておこう。まずスロットは、図柄がほぼスライム系のモンスターだけで構成されているのがポイント。図柄が揃うと可愛くアニメーションするのも見どころのひとつとなっている。図柄の中には宝箱やおどるほうせき、はぐれメタルなどもあるが、これらが揃うと“とんでもないこと”が起きるというので、楽しみにしておこう。

ポーカーはシリーズでもお馴染みで、特別変わったルールもないようだが、役が揃った後はダブルアップに挑戦できることが判明。ダブルアップに勝つともらえるコインが倍々で増えていくが、負けると全て没収されてしまうので、引き際が重要になるだろう。

ルーレットはオンラインゲームならではの要素が盛り込まれており、ひとつのテーブルで最大8人まで共有して遊ぶことができる。誰がどこに賭けたか、今の結果で誰がどれだけコインを獲得したかも分かるので、見知らぬ人同士はもちろん、仲間内で揃って遊んでみても面白そうだ。

集めたコインと交換できる景品についても気になるところ。これについては、完全新規アイテムとして、転生モンスターに会いやすくなる香水が用意されているという。アイテムの香水はシリーズでいくつか存在しており、トルネコやミネアに出会いやすくなったり、メタル系モンスターに出会いやすくなったりと、種類ごとに異なる効果を発揮する。

目玉の景品はほかにもあり、一回限りの交換となるがルーラストーンも用意されているとのこと。装備やアクセサリーのラインナップもあり、中にはレアドロップ率がアップする効果を持ったアクセサリーが存在するというので、カジノに入り浸る人が続出しそうだ。

ステージの最後には、全国のゲオやTSUTAYAでWindows版が無料レンタルできることのおさらいや、Windows版の発売から11月15日まで行われるお友達紹介キャンペーン、3DSとスマートフォン向けに配信されている「冒険者のおでかけ便利ツール」の紹介などが行われた。

この便利ツールは、期間内に利用すると、しぐさ書「究極呪文」がもらえるキャンペーンが10月1日からスタートするのだが、スマートフォンのみならず、3DS版も対象になるという。詳しい情報は9月24日放送の「DQXTV」などをチェックしてほしい。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー