ヒーローもスポーツ選手もレジェンドがたくさん活躍していますけど、年齢的には彼らに近いボクらアラフォー世代は物忘れが激しくなるし、肉体的な疲労も大きく、体が弱って風邪を引きやすくなり頭が痛くなりがちなため、「ロスト疲労頭痛」なんて親父ギャグの一つもついつい言ってしまうことでおなじみ(?)の「ロストヒーローズ2」のインプレッションをお届けします。

ロストヒーローズ2

ロストヒーローズ2

ドラマチックヒーローダンジョンRPG
ダウンロード

「ロストヒーローズ2」は「ウルトラマン」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズ、「ガンダム」シリーズに登場するヒーローたちが協力しながら難関ダンジョンを攻略していく3DダンジョンRPG。ボクは個人的には「ウルトラマン」と「仮面ライダー」は子どもの頃に再放送を見たりビニール人形で遊んだり絵本を見ていた程度、「ガンダム」に関しては初代のテレビ放送を見ていた程度。平成になってからあんまりじっくりと見たコンテンツはないのですが、最近はこのあたりのゲームで「仮面ライダー」に触れつつあるような状況だったりします。

「仮面ライダー」シリーズだけでも、ライダーが集結して戦うだけでかなり盛り上がりますし、それぞれのライダーのかっこいいところを体感できていたし、それぞれ原作のストーリーを知らなくても十分楽しむことができたので、そこに「ウルトラマン」や「ガンダム」が加われば、さらに熱い戦いが繰り広げられるのは必定。

前作「ロストヒーローズ」でも、ライドダンジョンやラスボスにかなり苦しめられながらも、無事クリアして達成感を存分に味わうことができていたりします。

そのため、その続編にあたる今作もプレイすることは決めていたのですが、事前情報を完全にシャットアウトしていたため、うっかり通常版を購入してしまいました。

限定版を買えばスーパーファミコン時代に発売された「ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス」の3DS移植版が収録されていたんですよね。

でも、気付いた時にはすでに店頭で限定版が見つからなかったのでしょうがありません。「ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス」はいつかスーパーファミコン版をプレイすることにしますよ。

さて、「ロストヒーローズ2」のプレイを始めてみると、レジェンドヒーロー、すなわちウルトラマン、仮面ライダー1号、νガンダムが登場し、このあたりのヒーローならばアラフォー世代でも「知ってる!知ってる!」と心の中でつぶやくものの、チュートリアルを兼ねた序盤のストーリー展開でカイザーベリアルに捕えられてしまい、その後彼らがどうなってしまったかはTo be continued.

実質的なゲームの進行は若い世代に引き継がれます。頼むぞ、若い人たち!

ということで、ここでメインとなるヒーローとして仮面ライダーウィザードが登場。

しばらくゲームを進めるとウルトラマンゼロ、ゴッドガンダムとパーティを組むことになり、この3人で先に進むことになります。いずれはレジェンドヒーローを助けることになるのだと思いますが、当面は目の前で繰り広げられる事件を解決していきましょう。キューブに存在するカケラを追うのがメインとなってきます。

画面構成は、上画面に主観視点のダンジョン、下画面にマップが表示され、移動したときにまだ足を踏み入れたことがないところに進むと、下画面のマップが開放されていきます。1歩進むと1マス開放されるため、下画面のマップが作られていくことに喜びを感じながら進んでいきましょう。次に行く場所が指定されている時は、下画面にマークが表示されるので、その場所に向かって進みましょう。但し進めれば、の話ですが……。

というわけで、マップをうろうろしていると、敵に遭遇します。敵に遭遇するとバトルになります。バトルは、各ヒーローの行動を指定したら、順番に行動を行っていくタイプになっています。とりあえず全てのヒーローに対して「ATTACK」を指定してみると、そのヒーローの順番になった時に、打撃系の攻撃の場合は画面の左右からヒーローが登場、射撃系の攻撃の場合は、画面手前端にヒーローが登場して攻撃を食らわします。

攻撃方法はヒーローごとに違うのですが、「ウルトラマン」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズ、「ガンダム」シリーズのカテゴリーでそれぞれ傾向が違うので、把握しておくとパーティを組みやすくなります。

例外はありますけどざっくりいうと、仮面ライダー系は単体打撃が主体、ガンダム系は全体射撃が主体の攻撃になり、ウルトラマン系は単体打撃が強力だけど3ターンごとにカラータイマーの色が青と赤で切り替わり、赤の時には能力がダウンして攻撃にクリティカルが出やすくなるような特殊なスタイルになっています。

仮面ライダーウィザードは、魔宝石を加工したウィザードリングを使用して魔法を操る仮面ライダー。
「フレイムスラッシュストライク」はスキルツリーで最初に覚えるスキル。
ウルトラマンゼロは、N78星雲・光の国出身の若きウルトラ戦士でウルトラセブンの息子。
スキル「ミラクルゼロスラッガー」を繰り出すと複数のゼロスラッガーが敵を一気に襲う。
ゴッドガンダムは、天性の格闘センスを持っているため、通常攻撃も銃ではなくて敵に接近して殴る攻撃。
「石破天驚拳」も打撃によるスキル攻撃で、高い命中率を誇る。

パーティメンバーが増えると「ATTACK」で攻撃しているだけでもビジュアル的には楽しめるのですが、バトルが続くとラッシュゲージが溜まり、下画面に表示される「RUSH」をタッチすると、ヒーローラッシュを発動できます。

ヒーローラッシュが発動されると、各ヒーローのステータスが上昇して強力な攻撃を繰り出せます。しかし、ヒーローラッシュが終わると、敵のステータスが上昇するエネミーラッシュが始まるので、ヒーローラッシュの使いどころはかなり難しくなっています。

エネミーラッシュを耐え切るとヒーローのブレイブスキルが発生することがあるので、体力的にピンチの時は敵を全滅させられるタイミングの時だけ、余裕があるときにはブレイブスキルを狙うような感覚でヒーローラッシュを使うのがよろしいかと思います。

バトルが終了すると、経験値やAP、マテリアルなどが手に入り、経験値を稼ぐとレベルアップをすることができますが、常に気にしておいた方がいいのがAPの値。APは各ヒーローのスキルを修得するために使う大事なものなのでよく覚えておきましょう。

メニュー画面からスキルツリーを開いて、APを消費してスキルを修得していくと、バトルで「SKILL」を使えるようになるので、敵が強くなってきたら必ずスキルツリーを確認して何か開放・強化できるスキルがないか確認しましょう。

ダンジョンRPGなのでバトルとともに大事なのが、ダンジョンを探索すること。「ロストヒーローズ2」のダンジョン構成は、先に進むとスタート地点からのショートカットが開放されて、さらに進むと中継地点が開放され、その後は中継地点から探索をスタートできるようになります。戦闘時以外はメニューを開いて「リターン」を選べばいつでも拠点に戻ることができ、拠点に戻るとすべての数値がマックスに戻り、やられた仲間も回復するため、マップをガンガン進んで、やばくなったら即撤退、という戦略がかなり有効になります。

マップを移動していてそろそろエンカウントが発生しそうなときは、上画面の左上のWARNINGのところが赤くなるので、ある程度はいつバトルが発生するか予め認識できます。

通常の戦闘の際には「エスケープ」コマンドが成功すれば戦闘から抜け出せますし、万が一全滅してゲームオーバーになってもその戦闘の直前からやり直しになるため、万全の状態で敵を倒したり、改めてエスケープコマンドを実行して戦闘を脱出したりすれば、その時点で撤退すればOK。

但し、イベント戦闘の場合は抜け出せないため、これ以上進むとイベントが発生しそうだと思ったときは拠点か中継地点に戻り、セーブをしておくことをお薦めします。

ある程度バトルを繰り返していると、チップが手に入ることがあります。このチップを持って拠点に戻り、「チップ報告」をすると、手に入れたチップの組み合わせによってフォースを獲得することができます。フォースは各ヒーローに割り当てられているフォースCPに応じて装備できる特殊能力であるため、各ヒーローのスキルを補う形で割り当てておくとよさそうですが、とにかく序盤で「ヒールI」が手に入ったら、すぐに誰かに装備させましょう。この「ヒールI」があれば体力を回復することができるので、ある程度遠出をしても撤退時期を延ばすことができて便利です。当然ながら、全滅した後の復帰の際に「ヒールI」を使って味方を万全の状態にしてからバトルに臨む、という時にも活用できます。

フォースやスキルが増えてくると、バトルにかなりのバリエーションが出てきます。

「SKILL」を選ぶとスキルやフォースを使うことができます。スキルはそれぞれ消費SPがあるため、SPの範囲でしか使うことができませんけど、強力な技を繰り出すことができます。

「HERO」を選ぶと、ヒーローゲージを消費してヒーロースキルやクロスオーバースキルを使うことができます。ヒーローゲージは攻撃を食らうことで溜まっていき、バトルが終わると0に戻ってしまうため、ある程度長いバトルにならないと活用できないですけど、強力な技が多いので、使えるようになったら積極的に使っていきましょう。クロスオーバースキルはヒーロー2人で繰り出すスキルなので、使用条件はちょっと厳しめ。主に長いバトルになるボス戦で活用することになることでしょう。

バトルのバリエーションが増えると面倒そうに感じるかもしれませんが、実際にバトルを繰り返すと、雑魚戦は「ATTACK」だけでも十分戦えるようになるため、雑魚戦はスキップやオートで演出抜きのバトルにして、ボス戦やイベント戦闘だけをスキルを駆使して戦うようなスタイルにすればよろしいかと思います。

当然ながら、装備の要素があり、装備を強化することもできるため、素材が増えてきたら装備の強化も進めていきましょう。

攻略するマップはキューブと呼ばれていて、複数のマップで構成されています。キューブによって構造が違って、あるキューブは横に広くなっていて、あるキューブは階層構造になっているため、踏破の仕方はかなり変わってきますが、どのマップもMAP COMPLETEを100%目指しながらストーリーを進めていくと、程よい難易度でゲームを進めることができます。

さて、ここで注意。実は下画面のマップは、上画面の状況によって壁や床が描かれるのですが、逆側から調べないと移動可能にならないような場所は下画面のマップは壁として表示されてしまいます。ある程度マップを解放してしまうと、どうしても下画面を重視してゲームを進めがちなのですが、実際に正しいのは上画面に見えるモノなので、ショートカットできるポイントを正しく見つけるためにも、上画面を中心としたプレイを心がけましょう。ストーリーの進行によって壁が破壊されて先に進めるようになった場合も、その壁だった部分を実際に通過するまでは下画面のマップは壁のままなので、ご注意を。

あと、イベントで自動的に移動した場合、上画面でしっかりスクロールして移動している時は下画面のマップが開放されるけど、黒フェードで一気にワープしたときには下画面のマップが開放されないので、マップの踏破を目指す際にはしっかり下画面を見ておいた方がよさそうです。踏み残し部分を後でチェックするのは意外と面倒なので。

ボス戦の後、強制的に拠点に戻されたときは、ボス戦のあった部屋の奥の方は開放されていないので、先のマップに進む前に今いるマップの踏破率を上げるようなプレイをすると、程よく経験値稼ぎができると思います。と言いつつも、行ったり来たりしているうちに進める場所が増えていくマップもあるので、臨機応変に進めましょう。

ある程度ゲームを進めると、ランダム・キューブに行けるようになります。ランダム・キューブは入るごとに形の違うダンジョンに挑戦できる特殊なキューブで、ゴール地点の手前にはボスが存在します。通常のストーリー進行とは絡まないキューブなのですが、ランダム・キューブにしか出現しないアイテムや敵がいるため、ヒーローの強さに応じて適度に挑戦をしていくとよさそうです。

拠点では、パーティを変更することができますが、探索に参加していないヒーローにも指示を与えることで、いろいろな仕事をさせることができます。

探索に行っていないヒーローもそれなりに経験値を稼いでレベルアップしていくため、パーティ変更をしてもパーティが弱体化しないのがいいですね。但し、新しくパーティに入れただけだとスキルが開放されていないので、スキルツリーのチェックはしておきましょう。うっかり、バトルに入ってからスキルが使えなくてあたふたすることになりますから。

また、カネゴンが仲間になると、カネゴンが勝手に拠点内にカネゴンカジノを作ってしまいます。カネゴンカジノでは、「闘技場」「ビンゴ」「ルーレット」「ポーカー」といったギャンブルを、コインを賭けて楽しむことができます。但し、いろいろなゲームで遊べるようになるためには、拠点に残っているヒーローにカジノ強化をさせる必要があります。

また、前作と同様、クエストルームではサブクエストを受けることができるのですが、ゲームの序盤ではほとんどサブクエストが発生しないようなので、後半の楽しみ、と言った感じでしょうか。

サブクエストでもメインクエストでも、特定のヒーローがパーティにいないと進めない場合があるので、固定メンバーで戦うのではなく、いろいろとパーティの組み合わせをいじってみると、より楽しめます。

ヒーローたちは仲間になって一緒に戦いますが、敵は、クライシス帝国、ベリアル軍、袖付きがそれぞれバラバラで動いているため、複雑なストーリー展開を楽しむことができます。各ヒーローのライバル関係がわからないボクでもダークなストーリーを楽しめるので、ヒーローを知っている人ならばさらに楽しめるのではないかと。

演出シーンで3Dダンジョンの主観視点のままで周りをきょろきょろ見て上空で起きている現象を見るような演出がかっこよかったり、意外と小刻みに発生するイベントに緊迫感があったりする一方、イベント戦闘で突然太刀打ちできない強敵が現れて急きょ経験値稼ぎをしたりと、メリハリがあるダンジョン3Dを体験できる「ロストヒーローズ2」。まだまだ悪を倒しきるには時間が掛かるため、これから改めてダンジョンに潜りますよ。

……そういえば、ライドダンジョンはどこに行ったのでしょうか? 前作には、ライドマシンに乗り込んで、障害物をドリルで破壊しながら移動して、巨大な敵と戦っていくライドダンジョンがあったのですが、今作では今のところ出てきてないんですよ。ライドダンジョンはちょっと個性が強かったけど、敵の弱点を攻める方法がわかるとがぜん面白くなったので、どのように変化するのか楽しみにしていたんですけど……「ロストヒーローズ2」には出てこないっぽいですね。まぁ、同梱されているシリアルコードを使ってダウンロードした「ロストヒーローズ BONUS EDITION」をプレイすれば、調整されたライドダンジョンが楽しめるので、ライドダンジョンファンはそちらのプレイをお願いします。

プロフィール
酒缶(さけかん)/ゲームコレクター

1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクターをしつつ、フリーの立場でゲームの開発やライターなど、いろいろやりながらゲーム業界内にこっそり生息中。ゲーム関係者へのインタビューをまとめた電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション」を展開中。関わったゲームソフトは3DSダウンロードソフトウェア「ダンジョンRPG ピクダン2」など多数。価格コムでは、ゲームソフトとAndroidアプリのプロフェッショナルレビュアーを担当している。

■公式サイト「酒缶のゲーム通信」
http://www.sakekan.com/

■twitterアカウント
http://twitter.com/sakekangame

■電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション1」
http://www.amazon.co.jp/dp/B008GYU7B4/

■電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション2」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CJ320S6/

■電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション3」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DI3T160/

■電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション4」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00IXLHLVE/

■電子書籍「ゲームコレクター・酒缶のファミ友Re:コレクション5」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00KA6CZWU/

ロストヒーローズ2

バンダイナムコゲームス

3DSパッケージ

  • 発売日:2015年2月5日
  • 価格:5,690円(税抜)
  • 12歳以上対象
ロストヒーローズ2

ロストヒーローズ2

バンダイナムコゲームス

3DSダウンロード

  • 発売日:2015年2月5日
  • 価格:5,690円(税抜)
  • 12歳以上対象
  • ニンテンドーeショップ
ロストヒーローズ2

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)石森プロ・東映
(C)創通・サンライズ
(C)円谷プロ

※画面は開発中のものです。

この記事のゲーム情報

ロストヒーローズ2

ロストヒーローズ2

ドラマチックヒーローダンジョンRPG
TGS2019
  • セガゲームス特集ページ
  • Figgy
  • 夢現Re:Master特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
  • Gamer編集部通信
9月18日(水)
Bus Simulator
ウィンドランナー:Re
キングダム オブ ヒーロー
ログレス物語
机でラグビー
9月19日(木)
AI: ソムニウム ファイル
F1 2019
カードファイト!! ヴァンガード エクス
デビル メイ クライ 2
パレットパレード
ブラックホライズン -Black Horizon-
レガシーオブデスティニー
人狼はウソ月
蛇香のライラ ~Trap of MUSK~
蛇香のライラ ~Trap of MUSK~ 限定版
9月20日(金)
LINE ゴッタマゼイヤー
Tracks - The Train Set Game
Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~
ガール・カフェ・ガン
ゼルダの伝説 夢をみる島
ゼルダの伝説 夢をみる島 ARTBOOK SET
メモリアルレコード
二ノ国 白き聖灰の女王 for Nintendo Switch
二ノ国 白き聖灰の女王 REMASTERED
舞華蒼魔鏡
9月24日(火)
けものフレンズ3
盾の勇者の成り上がり Relive The Animation
9月25日(水)
マリオカート ツアー
9月26日(木)
CONTRA ROGUE CORPS
Dead by Daylight 公式日本版
MotoGP 19
SEGA AGES イチダントアール
WORLD WAR Z
アメイジング・グレイス -What color is your attribute?-
イースIX -Monstrum NOX-
イースIX -Monstrum NOX- 数量限定コレクターズBOX
ガンガンピクシーズ HH
コードヴェイン
コードヴェイン デラックスエディション
コードヴェイン ブラッドサーストエディション
ニンジャボックス
フライングガール ストライカー
メルキス
メルキス 完全生産限定版
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ Digital Deluxe
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ スペシャルコレクションボックス
ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ プレミアムボックス
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS
白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT
薄桜鬼 真改 月影ノ抄
薄桜鬼 真改 月影ノ抄 限定版
進化のひみつ 生命のはじまり
9月27日(金)
Habroxia
トロピコ 6
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S ゴージャス版
9月30日(月)
リーグ・オブ・ワンダーランド
10月1日(火)
サイバースカッド
トロとパズル~どこでもいっしょ~
10月2日(水)
Destiny 2 「新たな光」
Destiny 2: 影の砦
Destiny 2: 影の砦 デジタルデラックス版
ReadySet Heroes
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
10月3日(木)
アクションゲームツクールMV
スーパーロボット大戦V
スーパーロボット大戦V プレミアムアニメソング&サウンドエディション
10月4日(金)
ゴーストリコン ブレイクポイント
ゴーストリコン ブレイクポイント アルティメットエディション
ゴーストリコン ブレイクポイント ゴールドエディション