「スプラトゥーン」のシオカラーズライブ、VRラジコンバトルなどの新企画も!ゲームの世界を再現する「闘会議2016」発表会をレポート

「スプラトゥーン」のシオカラーズライブ、VRラジコンバトルなどの新企画も!ゲームの世界を再現する「闘会議2016」発表会をレポート

担当:

ドワンゴは、12月16日に東京・六本木のニコファーレにて、「闘会議2016」の発表会を開催した。

「闘会議」は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の”ユーザー参加型”ゲームイベントだ。2015年1月31日、2月1日に初開催となった「闘会議 2015」では、会場来場者3万5,786人、ネット来場者574万6,338人を記録。ニコニコで活躍しているゲーム実況者が登場する「ゲーム実況ステージ」や、トッププレイヤーによるハイレベルな試合が見られる「ゲーム大会ステージ」など、大きな盛り上がりを見せた。

そして2016年1月30日、31日に開催さる「闘会議2016」では、賞金・賞品総額1億円を超えるゲーム大会「闘会議GP」が行われることでも話題を集めている。今回の発表会では、同イベントの企画ブースと協賛企業の企画、出演者が発表された。

ゲーム実況ステージの出演者が一挙に判明!

ドワンゴ取締役の夏野剛氏と同社の中野真氏、伊豫田旭彦氏、奥井昌久氏の4名がステージに登場すると、短い挨拶の後に早速企画ブースを明かしていった。夏野氏が言うには、今回の発表はパワーポイントで270ページ以上になるそうで、かなりの情報量が続々と飛び出した。

左から夏野剛氏、中野真氏 左から伊豫田旭彦氏、奥井昌久氏

まずゲーム実況ステージでは、ニコニコで活躍しているゲーム実況者が多数出演し、「マインクラフト」や「アルティメット人狼」などのゲーム実況を行う。出演者は、1月30日に茸さん、えふやんさん、わたくしさん、Hakaseさん、ガッチマンさん、ドグマ風見さん、ゆずっこさん、まおさん、MOTTYさん、ねねしさん、もこうさん、とみえさん、稲野さん、たま々さん。そして1月31日には、towacoさん、○○の主役は我々だ!、牛沢さんM.S.S Project、えんもち屋、すね毛拡散エンジェルが出演する。さらに「アルティメット人狼」には、人狼TLPT ゲームクリエイター人狼会、将棋棋士 ゲーム実況者が出演することも明かされた。

続いてはゲーム実況ストリート。こちらはゲーム実況専用ブースが立ち並び、さまざまなゲーム実況者といっしょにゲームプレイの様子を楽しめるエリアだ。ここでは「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」で、当日参加可能なシングル大会を実施。また、アーケード版「マリオカート」では、個人戦のガッチリ大会、チーム戦のワイワイ大会が開かれる。

これに加えて、PS4版「F1 2015」を使用したタイムアタックや、「対戦!ボンバーマン」の体験企画も用意されている。「F1 2015」では、本物のF1レーサーになった気分でプレイできる仕掛けもあるとか。なお、今回発表されたゲーム実況ストリートの出展タイトルは、全体の30%ほどだという。今後も残りのタイトルや、ゲームに参加する実況プレイヤーを紹介していくとのこと。

面白い試みとして登場するのが、あらゆるジャンルの設問をマークシート形式で解答し、ゲーム学力を判定する「ゲームのセンター試験」だ。問題数は約100問で、試験時間は1時間程度。1日に4~5回実施するという。会場では例題として、「ファミリーコンピュータ用ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』は何年に発売された?」という出題があり、登壇者が熟考する一幕もあった。

ゲーム音楽ステージにはJAGMO、下村陽子氏、光田康典氏も出演

オーケストラやゲーム音楽作曲家、ニコニコの「演奏してみた」カテゴリで活躍しているユーザーなどが出演するゲーム音楽ステージについても、各日の出演者が明かされた。1月30日には、演奏してみたカテゴリでも高い人気を誇る「東京アクティブNEETs」による東方爆音ジャズが披露される。また、日本初のプロオーケストラ「JAGMO」も30日に出演し、演奏を披露してくれるとのこと。

翌31日には「ストリートファイターII」など数々の作曲を担当した下村陽子氏がゲストとして登場。同氏の楽曲をギタリスト・きこりさんがバンドを率いて演奏するという。また、タイトーが誇るサウンド制作チーム・ZUNTATAが「ダライアスバースト」「グルーヴコースター」などを演奏する。さらに「クロノ・トリガー」「クロノ・クロス」の楽曲を手がけた光田康典氏も登場し、Cosmosky Orchestraによる演奏を届けてくれる。

サッカーグラウンドの上に22台のゲーム機を用意し、11対11でサッカーゲームを楽しむ「リアルサッカーゲーム」では「ウイニングイレブン2016」を採用。実況アナウンサーには野村明弘さんと永田実さん、解説者には小島伸幸さんと秋田豊さんが出演。実際のサッカー中継さながらの環境でゲームを楽しめる。

ユーザーが作った競技場で「闘会議2016」で「マイクラ大運動会」

今やゲーム実況を語るうえで欠かせない存在になった「マインクラフト」関連のエリアももちろん登場。今回は、ユーザーが作った競技場「俺たちの新国立競技場」で、ゲームマスターの作成したオリジナルの競技を楽しめる。今回はその中からぬどんさんが登場し、自身が作ったソンビラグビーを披露。この競技は、複数出現するゾンビを敵陣のエンドラインに叩き込むと加点。ゴールのしかたや、ゾンビの種類によって特典が変化するというものだ。ぬどんさんと同様に、どんぼこさん、Queueさん、うぇるさんも一風変わった競技を作成。どれも会場で楽しめるという。

ぬどんさん(中央)

そしてアーケードエリアでは「ポッ拳」の1on1トーナメントバトルが開催。感染ステージでは、「虫姫さま」のウルトラモードプレイ、「ガンバード2」を数十年に渡りやり込んでいる人の挑戦を楽しめる。また、アナログゲームコーナーも健在で、今回は任天堂公認のマリオ花札が登場する。ルールは「こいこい闘会議2016.ver」になるそうだ。

新設ブースのひとつとして期待されているのが、VRヘッドセットを装着した状態でラジコン戦車を操り、まるで自分が戦車に乗っているかのような感覚でバトルができる「VRラジコンバトル」だ。このエリアでは日本最大級のフィールドを用意し、複数台同じ対戦を実現している。

その他にも、ブースの企画・運営をユーザーに丸投げする「まるなげひろば」への出展サークル、自作ゲームコーナーで遊べるタイトルも発表。自作ゲームコーナーには、ニコニコゲームマガジンで連載中の「殺戮の天使」第4話の先行公開版がプレイ可能な形で展示される。

任天堂など総勢17社の企画も発表

ここからは、「闘会議2016」に協賛している17社の企画が発表された。まずは任天堂が、「スーパーマリオメーカー」でつくる王、あそぶ王決定戦を1月30日に開催。31日には、大会で使用されたコースを即体験できる場も設けるとしている。同じく任天堂は「スプラトゥーン」の大会「スプラトゥーン甲子園」を開催する。すでに地方予選が始まっているが、「闘会議2016」では関東地区大会を決勝まで行い、さらにそのまま決勝大会も執り行う。

「スプラトゥーン」関連のイベントはまだまだあり、ユーザーから投稿された絵や動画を展示する「みんなのイカ自由研究発表会」が開催。さらに本作のアイドルユニット「シオカラーズ」が、ゲーム音楽ステージにて実施される予定であることも明かされた。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、「パズドラ インターナショナル チャンピオンシップ」最終予選大会、ワイルドカード決定戦、さらに世界No.1決定戦を開催。世界No.1決定戦の決勝戦では、12月17日にアップデートされる「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」で新登場となる「スコアアタック こていチャレンジ コース5」を使用して世界No.1を決める。また、2日間連続でマックスむらいさんが出演し、ガンホー公式のパズドラ生放送を実施する。

「モンスターストライク」で知られるXFLAG スタジオは、両日ともにマックスむらいさん、HIKAKINさんが出演し、臨時クエストに挑戦。セガグループは詳細こそ明かされなかったが、家庭用ゲームからスマートフォン、アーケードから人気タイトルを多数出展する。

KONAMIはアーケードゲームプレイヤーの頂点を決める「Arcade Championship」を開催。さらに音楽ステージにてBEMANIライブも行われる。また、「闘会議高校パワプロ部」より、遠藤ゆりかさん、湯浅かえでさん、松嵜麗さんがステージに登場。時間限定イベントにチャレンジする。

エイチームからは「ユニゾンリーグ」が出展され、「闘会議限定クエスト解禁」、「みんなで協力!闘会議限定ギルド討伐」など、ゲーム実況者と来場者が協力して遊べる企画を実施予定。バンダイナムコエンターテインメントは、「太鼓の達人」シリーズ15周年を記念して、ゲーム実況者による実況番組や開発チームによる生放送を予定。Wright Flyer Studiosは、「消滅都市」をはじめとするステージ企画が実施される。新作アプリにスポットを当てたステージ企画もあるとのことだ。

闘会議TVステージには、コーエーテクモゲームス、DMMゲームズ、レベルファイブ、カプコン、KADOKAWA、「Fallout 4」といったメーカー、タイトルが出展。DMMゲームズのスペシャルステージでは、「エルダースクロールオンライン」の新情報や、新作アプリに関する発表もあるという。

フードコート、オリジナルグッズも充実

ここからは一旦メーカーブースから離れ、フードコートに登場するオリジナルメニューが紹介された。今回のフードコートはRPGの世界がモチーフになっており、商人や衛兵など、さまざまな村人が出迎えてくれる。その中でも注目のメニューが「薬草はじめました」RPGの薬草をイメージしたものだが、夏野氏をはじめ登壇者からは「ただの葉っぱじゃん!」というツッコミが相次ぎ、会場は笑いに包まれた。そのほかにも、毒の沼地カレー、火土風水エレメンタルうどん、魔女風オーク煮込み、オーデンソード、リフレッシュポーション・体力回復ポーションの合わせて6種類が販売される。

物販コーナーには、テレビちゃんのイラストがあしらわれた任天堂公式のトランプ「闘ランプ」が登場。お馴染みの「I LOVE GAME」のロゴをあしらったTシャツやパーカー、「スプラトゥーン」、「ぷよぷよ」、「モンスターストライク」などとコラボした商品も展開する。

さらにサプライズ発表として、「闘会議2016」のテーマ曲を、「サガ」シリーズなどの楽曲を手がけてきた伊藤賢治氏が担当することも判明。伊藤氏は、大晦日のニコニコ生放送特番で、このテーマ曲を生演奏するとのこと。

闘会議GPの開催スケジュールが発表

発表会も終盤に差し掛かると、闘会議GPのこれまでのおさらいとともに、今後開催される予選のスケジュールが公開された。本稿では、まだ参加可能な予選に関する情報を中心にお伝えしよう。

まず、「みんなのGOLF6」が出展されるといういきなりのサプライズがあり、会場を湧かせる。こちらの予選は、2016年1月16日にニコニコ本社で実施される。

優勝者に賞金1,000万円、準優勝者に100万円が贈られる「ダンジョンストライカー」は、2016年1月11日午前11時までの期間内において、毎週日曜の正午から翌日月曜の正午まで予選が行われる。

「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」の“フリー・フォー・オール”モードを使用した、日本最強の“個人プレイヤー”を決める大会は、1月9日、10日にオンライン予選が開催。「大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU」のチャンピオンシップは、2015年12月26日に西日本予選が開催される。

ネクソンが運営する「サドンアタック」は、最強クランを決めるジャパンチャンピオンズリーグ2016決勝が1月31日に開催。また、決勝戦後には優勝クランと韓国代表による日韓エキシビションマッチも予定されている。

「ウイニングイレブン2016」ではイタリア・ミラノで開催予定の世界大会に向けて、日本代表決定戦が開催予定。こちらは、来年1月9日、10日にオンライン予選が行われる。また、同じくKONAMIが運営する「メタルギアオンライン」の予選は1月7日から10日にかけて開催。大会参加受付は12月26日まで実施中だ。

そして「ウルトラストリートファイターIV」も「闘会議2016」に登場。TOPANGAコンセプトマッチとして、闘会議だけの特別マッチが繰り広げられる。

最後に来年1月に直前特番が放送されることが発表。加えて、1月20日に開催直前発表会も開催。夏野氏、中野氏は口を揃えて「今回と同じ規模の発表をする」と発言。出展タイトルや出演実況者も、まだまだ登場するそうだ。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る