インティ・クリエイツが2016年8月25日に配信予定のニンテンドー3DSダウンロードソフト「蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪」。同作を一足早くにプレイしてみて感じた、本作の魅力を紹介する。

「ロックマン ゼロ」シリーズ、「ぎゃる☆がん」シリーズなど多岐にわたるタイトル群を手掛けるゲーム開発会社インティ・クリエイツ。同社が初のパブリッシングタイトルとしてリリースしたのが、ニンテンドー3DSダウンロードソフト「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト」。現在までに累計17万ダウンロードを記録するなど、ダウンロード専用タイトルとしては異例のヒットを記録している。

そして今回、同作の続編となるニンテンドー3DSダウンロードソフト「蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪(ソウ)」、そしてシリーズ2作をひとつのパッケージにまとめたニンテンドー3DS用ソフト「蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック」が8月25日にリリースとなる。パッケージとしてのリリースも同社としては初の試みだが、連日各地で行われた店頭体験会には多くのファンが詰めかけるなど、着実にファンにプレイしてもらう機会を作ってきた。

発売に先立ち、製品版の「蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪(ソウ)」の内容をプレイさせてもらったところ、主人公が2人になったことでほぼ倍のボリュームを盛り込んでおり、その上で前作と比較しても非常にバランスよく遊べるようになっていた。ここでは実際に遊んでみてわかったポイントを中心に、ゲームの魅力を紹介していこう。

2人の主人公で差別化されたアクションの魅力

本作の一番のポイントとして挙げられるのが、プレイヤーが操作するキャラクターが、ガンヴォルトとアキュラの2人になっていること。実際にプレイしてみると、Yでショット、Bでジャンプなどといった基本操作に大きな違いはないものの(コンフィグで変更可能)、異なる操作感覚により、ステージを進める方向性も大きく変わっていた。

ガンヴォルト アキュラ

ガンヴォルトのアクションは、前作同様にダートリーダーで敵をロックオンし、本作における特殊な力、第七波動(セブンス)能力“雷撃鱗(ライゲキリン)”で撃破していくのが基本となる。雷撃鱗は範囲内の敵にダメージを与えられる上、ロックオンしておけば範囲外でも直接攻撃でき、より効率的に倒すことができる。ロックオンには青→黄→赤の順に3段階あり、段階に応じて与えられるダメージも大きく変化する。

また攻撃だけでなく、空中ではホバリングで移動できたり、バリアーとして実弾系の攻撃をガードできたりと、応用力の高さを持っているのも特徴。ただ雷撃鱗はガンヴォルトの足元と画面左上のパーセンテージで表示されているEPゲージが0になると自動的に解除される上、100%回復するまでは一時的に使用できなくなるので注意しておこう。

またレベルアップに応じて習得していく、攻撃や回復などのスキルを最大4つセットできるのもポイント。前作にはなかった新スキルが追加されているのはもちろんのこと、今作ではXボタンにスキルを1つだけショートカットとして設定できるので、ボス戦のような一瞬の選択が命運を分けるような局面で使っていきたい。

一方のアキュラは、ボーダーIIという武器からのフォトンレーザー発射を基本攻撃としつつ、ダッシュで体当りすることで、その対象をロックオンできることが大きな特徴。ロックオン状態ではフォトンレーザーが曲線を描き敵へと誘導するため、確実にダメージを与える場合には必須のアクションとなっていく。

さらに、ブリッツゲージを消費する「ブリッツダッシュ」では空中を高速移動できたり、壁に向かってダッシュすると反射してさらに上空に飛ぶことができるなど、機動性の高さが大きな特徴だ。

そして、アキュラは第七波動能力を持たない代わりに撃破したボスの第七波動攻撃をEX(エクス)ウェポンとして複製(ミラーリング)することができる。こちらはHPゲージの下に表示されるバトルポットのエネルギーゲージが消費されるので連続使用には向かないが、使えるEXウェポンが増えていくことで攻略にも大きく役立っていくことだろう。また、固有のスキルとして全体攻撃の「ストライクソウ」と体力を完全回復させる「ヒーリング」を持っているので、こちらも活用していこう。

ちなみにガンヴォルト、アキュラはともに「カゲロウ」という特定条件下に限ってダメージを負わない能力を持っている。ガンヴォルトはEPゲージ、アキュラはブリッツゲージを消費するため万能というわけではないが、こういった横スクロールアクションのゲームに関してはHPの管理が難しいことは言わずもがななので、アクションゲームが苦手な人ほど役立てていきたいところだ。

このように、ガンヴォルトは固有の能力である雷撃鱗とレベルアップによって覚えていくスキルの数々、アキュラはダッシュを用いた攻撃と多彩なEXウェポンの切り替え、という明確な差別化が図られており、2つの異なるゲームを遊んでいるかのような感覚を覚えた。それぞれのキャラクターでプレイできるステージ数は前作と大差ないので、まさに2倍近いボリュームを詰め込んだゲームとなっている。

クードスシステムの改良などにより幅広いユーザーがゲーム・演出を楽しめるように

ゲームを進めていく上でポイントとなるのが、敵からの攻撃を受けずにコンボを繋がることで溜まっていく「クードス」の存在。溜まったクードスはリトライマーカーへの接触、ミッションのクリアー、スペシャルスキルの使用によってスコアに精算される。その数値に応じてスコアの値もより大きくなり、クリアタイムとともにミッションクリア時のランクが決定。ランクが高いほど装備やコードを作成するために必要な素材も多く入手できるため、プレイを円滑に進めるためには欠かせない要素のひとつだ。

ガンヴォルトの場合はプラグやアクセサリの「装備」、アキュラの場合はコードを組み込む「プログラミング」を行う。

そしてこの数値が1000を超えると、BGMが電子の謡精(サイバーディーヴァ)が歌う曲へと変化。これがバトルシーンを盛り上げる要素にもなっているのだが、前作までは基本的に一度でも攻撃を受けてしまうと(カゲロウを含む)クードスがリセットされてしまうため、この演出を楽しむことができないプレイヤーも少なからずいたのではないだろうか(アクションゲームが下手な筆者もそうだった)。

シアン ロロ
今作ではガンヴォルトの場合はシアン、アキュラの場合はロロの姿も変化し、バトルを盛り上げる!
アキュラに関してはロロが歌っている間効果を発揮するODコードも存在する。

何度でもコンティニューが可能なため、攻略法を探りながら根気強くプレイし続ければクリアも可能なゲームデザインにはなっていたが、クードスの部分は純粋なプレイヤースキルに依存する面も大きかったため、難易度を上げる要因のひとつになっていた。それに対し今作では、ミッション出撃前に3種類のクードスモードを選択できるようにすることで、プレイヤースキルに合わせたゲームプレイを楽しめるようになった。

デフォルトは3回被弾するとクードスが0になる「ティミッド」。2回までは攻撃を受けても大丈夫なため、どうしても攻撃を避けられないような局面でもあらかじめカゲロウで回避することを計算しておくなど、前作よりは選択肢の広がるプレイスタイルで楽しめるモードとなっている。

そしてスコア精算率は低いため高ランクは期待しづらいものの、いくら被弾してもクードスが0にならない「アパシー」というモードも搭載。純粋にシアンやロロの歌を楽しみたいという人はこちらを選択すると、ストレス無くプレイできることだろう。

もちろん、前作と同仕様でプレイ可能な「レックレス」というモードも搭載されている。こちらはスコア精算率も上がるため、まさに自分の腕を磨くのに持ってこいのモードとなっている。最高のクリアランク「S+」を狙う人はチャレンジしてみてほしい。

ライブノベルで展開する2つの視点の物語

ライトノベル2Dアクションというジャンルを掲げた本作は、ガンヴォルトとアキュラ、それぞれのキャラクターの視点で物語が描かれていく。第七波動能力者たちによる多国籍能力者連合「エデン」、その中でも特に優れた7人の能力者“グリモワルドセブン(G7)”との戦いを経て待ち受ける結末とは…?

正直なところ、物語の冒頭からネタバレになる要素が満載でここで書けることはほとんどないのだが、謎の少女の正体やアキュラの妹・ミチルの存在など、いろいろな含みを持った人間関係に注目しておくと、ゲームをクリアする頃にはいろいろな謎が氷解していくことだろう。

謎の少女 ミチル

またミッション中、リアルタイムの掛け合いを楽しむライブノベルは本作でも健在。ウィンドウ濃度や顔グラフィックの非表示などの調整が可能となり、こちらもプレイスタイルに合わせることができるように。ストーリーやキャラクターをより深く理解したいという人は、忘れずにチェックしてみてほしい。

さまざまな思惑に翻弄され傷つくも再び立ち上がるガンヴォルト、能力者を憎み、愛する妹ミチルを守るため戦うアキュラと、ヒーローとしての在り方の違いも、ストーリーを楽しむ上での魅力となっている本作。前作をプレイした人は驚きの展開を楽しみ、そして「ストライカーパック」からゲームを始める人は前作と併せて、ガンヴォルトとアキュラの物語にぜひ注目してもらいたい。

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

インティ・クリエイツ

3DSパッケージ

  • 発売日:2016年8月25日
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック

蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック 限定版

インティ・クリエイツ

3DSパッケージ

  • 発売日:2016年8月25日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
  • ドラマCD、設定資料集が付属
蒼き雷霆 ガンヴォルト ストライカーパック 限定版

蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪

インティ・クリエイツ

3DSダウンロード

  • 発売日:2016年8月25日
  • 価格:1,960円(税込)
  • 12歳以上対象

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(36枚)

(C) INTI CREATES CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪

ライトノベル2Dアクション
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • Figgy
  • セール情報

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
6月10日(木)
NINJA GAIDEN: マスターコレクション
NINJA GAIDEN: マスターコレクション Version D
NINJA GAIDEN: マスターコレクション デラックスエディション
One Hand Clapping
アニマス レヴェナント
ジオリフターズ
テニスクラブ物語
ピクセル セル
ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード
6月11日(金)
GUILTY GEAR -STRIVE-
GUILTY GEAR -STRIVE- スタンダードエディション
Open Country
Open Country 初回限定版
シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI コンプリート・エディション
ナゾときパズル ニョッキン村
ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング
ラチェット&クランク パラレル・トラブル
ラチェット&クランク パラレル・トラブル デジタルデラックスエディション
大局観で勝つ囲碁の法則
廃深
6月14日(月)
スカージブリンガー
6月15日(火)
GODZILLA BATTLE LINE
SAMURAI SPIRITS
6月16日(水)
虫姫さま
西京24区
6月17日(木)
ARK: Ultimate Survivor Edition
Red Solstice 2: Survivors
くまのレストラン
スペースインベーダー フォーエバー
デーモンクリスタル4
幕末恋華新選組 尽忠報国の士
愛怒流でいず
白夜極光
6月18日(金)
ウィザードリィ外伝 五つの試練
6月21日(月)
Breath of Spirits
6月22日(火)
ENDER LILIES: Quietus of the Knights
迷路探偵ピエール
6月24日(木)
Caligula2
Caligula2 デジタルデラックス版
Caligula2 初回生産限定版
Chivalry 2
Hades
IDOLY PRIDE
Real Farm - Gold Edition
Rust Deluxe Edition
Rust Standard Edition
Rust Ultimate Edition
SCARLET NEXUS
SCARLET NEXUS DELUXE EDITION
Sugar*Style
Sugar*Style 完全生産限定版
SuperMash
SuperMash 特装版
The Pegasus Dream Tour
VRカレシ
WORTH LIFE
わるい王様とりっぱな勇者
わるい王様とりっぱな勇者 初回限定版
ストレンジミュージアムからの脱出
スーパー・ケーブル・ボーイ
テニス ワールドツアー 2 COMPLETE EDITION
ハミダシクリエイティブ
ハミダシクリエイティブ 初回限定特装版
フィギュアストーリー
メイドさんを右にミ☆
レイジングブラスターズ
戦国無双5
戦国無双5 Deluxe Edition
戦国無双5 TREASURE BOX
戦国無双5 一騎当千BOX
現代大戦略2020~揺れる世界秩序!大国の野望と世界大戦~
白と黒のアリス for Nintendo Switch
白と黒のアリス for Nintendo Switch 限定版
聖剣伝説 Legend of Mana
那由多の軌跡:改