セガゲームスは本日7月22日、「チェインクロニクル3」が4周年を迎えることを記念したイベント「チェインクロニクル 4th Anniversary ユグド祭 2017」を、東京ビッグサイト 東ホール8にて開催した。

目次
  1. 4周年キャラクター人気投票の結果が発表!
  2. 「魔法少女リリカルなのは Reflection」とのコラボが発表!
  3. 「チェンクロ」の愛を会場内外のデータから公開!
  4. “未来”に向けて加速する「チェンクロ」の今後の構想が明らかに!

「チェインクロニクル」としてサービスを開始し、2017年7月26日をもって4周年をえる「チェインクロニクル3」。当日はパーソナリティーによる「チェインクロニクル3」の公式WEBラジオ「ちぇんらじ」の公開録音や、トッププレイヤーがタイムアタックで競い合った「第6回 チェンクロバトルロワイヤル」などのステージイベント、そして4年の歴史を感じさせる資料展示などの催しで会場には多くのファンが詰めかけていた。

緑川光さん、今井麻美さん、内田彩さん、高木友梨香さん、柳田淳一さんが出演した
「ちぇんらじ」公開録音。バラエティに富んだコーナーで盛り上がっていた。
タレントの鈴木咲さんもゲストとして登場した「第6回 チェンクロバトルロワイヤル」。
はずれ選手、わっち選手による決勝は僅差での勝負となったが、
あらゆる局面で冷静に対処したはずれ選手が予選を通じてトップで駆け抜けた。
「ユグド祭エリア限定リアルミッション」を通じて、「3」の主人公5人と彼らの住む世界を表現。
各エリアでは、録り下ろしのボイスも楽しむことができた。
4年の歴史がひと目で分かる巨大年表を展示。コラボイベントやアニメなどの展開も網羅していた。
多数のイラスト・設定資料が展示された「精霊島~世界樹の図書館 特別展示~」。
タイトルを代表するイラストレーターからのお祝いイラストも見ることができた。
4周年オリジナルグッズの販売やフォトスポット、コミニュケーションがとれるエリアも。
松永純氏、酒井祐太氏

締めくくりのステージイベントとして行われた「チェンクロ夏の陣 2017」では、松永純氏(「チェインクロニクル3」総合ディレクター)、酒井祐太氏(「チェインクロニクル3」運営担当)が登壇し、今後の展開に関する情報の数々が公開された。ここでは、その模様を中心に紹介していこう。

4周年キャラクター人気投票の結果が発表!

第1部から第3部に登場する総勢700名ものキャラクターを対象として行われていた人気投票の結果が発表。各レアリティごと(NPC含む)に上位10キャラクターが順に公開されていったが、その結果は以下の通りだ。

「魔法少女リリカルなのは Reflection」とのコラボが発表!

続いて行われたのは、「チェインクロニクル3」の最新情報を発表するコーナー。まず最初に現在開催中の4周年記念イベントより、7月25日に「第4章 大前夜祭 ヘリオス篇」、7月27日に「4周年記念 主人公フェス」を開催。主人公フェスに伴い、主人公5人の上方調整も実施されるとのこと。

また、7月27日には新天魔「ヒザルビン」が登場。7月31日に行われる4周年記念レジェンドフェスでは、「未来に祈る聖女 リリス」のほか、「魔法兵団師団長兼教育実習生 カティア」「聖騎士団長“聖典の大正義” アレス」「麗しき姫剣豪 ヨシノ」が登場する。

8月1日からは新コンテンツ「年代記の塔」が登場。こちらはパーティコスト無制限の高難易度コンテンツとなっており、1つの階層は3つのバトルで構成される。同階層内では、一度出撃したアルカナは以降のバトルでは使えないため、バランスの良い編成が求められる。

そして、報酬として手に入るマナオーブは、こちらも新たに実装される「年代記の力」の解放に用いられる。こちらはバトル中、一度だけ使うことのできる特殊な力で、バトル時の大きな助けになりそうだ。

加えて、水着姿のアルドラ、ミユキが登場するイベント、9月に迎えるサービス開始1500日の記念イベントの実施が発表。さらに、第2部「夜明けの大海」の登場から3周年を迎えたこのタイミングで、ユグド大陸以外にもスポットが当たるとか…?

最後に、本日より劇場公開されたアニメ映画「魔法少女リリカルなのは Reflection」とのコラボレーションが8月8日より開催されることも明らかに。特設サイトでSSR 高町なのはがもらえる事前登録が開始、そして登場するキャラクターのスキルは、映画内でお披露目の新技になる予定だという。

「チェンクロ」の愛を会場内外のデータから公開!

その後は、「レジェンドチェンクラーの殿堂」と題して、現時点でのプレイヤーの状況を示すデータの数々が公開。膨大な数の項目となっているので、詳しくは以下の画像をチェックしてもらいたい。

会場内のプレイヤー同士で部門ごとに競う「ユグド祭会場内チェンクロ“愛”頂上決戦」の結果も発表された。

“未来”に向けて加速する「チェンクロ」の今後の構想が明らかに!

続いて松永氏から、「チェインクロニクル」の重大発表として、2017年7月以降の方針を「“未来”に向けて加速するチェンクロ!」とすることが明かされるとともに、今後に向けた展望が語られる。

8月の「年代記の塔」実装に続き、9月に総勢100名でのバトルを楽しめる新コンテンツ「絆の大出撃」が実装予定。こちらは完全オートのバトルになる予定で、キャラクターに愛を持っているプレイヤーに向けて届けたいコンテンツになっているという。編成は簡単に、被ダメージやChainは大人数ならではの大きな数字になっている。また、親愛度やキャラクタークエストのクリア数がボーナスに反映される要素も盛り込まれるそう。

10月以降のコンテンツについては現在開発中ということだが、新たなるタイムアタックコンテンツ、こつこつ遊んでキャラクターをパワーアップするコンテンツ、そして気軽に楽しめる新イベントを計画中とのこと。また、いくつかの改修点も紹介された。

ストーリーに関しては、今後展開していく「第5章 災禍の白光」の情報として、各篇のストーリーの見どころが紹介される。そして、最後に上映された映像では、現在展開している5つの物語が集約していく先に、主人公、フィーナ、ピリカが再び登場する、第6の物語「帰還篇」を2017年中に展開する予定であることが明かされた。

盛りだくさんの情報によって彩られたステージイベントもここで幕引き。最後に、毎月末に新たな公式ニコ生番組の配信、そして4周年を迎える7月26日にSSR限界突破アルカナをプレイヤー全員にプレゼントするという告知が行われた。

最後に松永氏より、「絆の大出撃」用に用意されたユリアナの新イラストがお披露目に。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー