千葉県・幕張メッセにて本日9月21日より開始された「東京ゲームショウ2017」。ここでは、アソビモブースにて行われた、今年で5周年を迎えるスマートフォン向けオンラインアクションRPG「アヴァベルオンライン」のイベントステージの模様をお届けする。

「アヴァベルオンライン」は、美麗なグラフィックで描かれるオンラインアクションRPG。ジャンプやダッシュなどのアクションを絡めた連撃により、スピーディーで爽快感溢れるバトルを楽しむことができる。

本ステージでは、本作のプロデューサーを務める星野武士氏が登壇、南国バカンスの2人がMCを務め、最新情報の発表が行われた。

左)星野武士氏、ナガシマパイナポーさん、マンゴー北川さん

冒頭、今年で5周年を迎える本作について、星野氏が改めて概要を説明。美麗なグラフィックとド派手なアクション、そして多彩な職業を自由に選んで戦うことができるシステムは多くのユーザーを魅了し、現在でもコンテンツの追加を含む大きなアップデートが頻繁に行われている。

そんな本作について、今回マルチプラットフォームでの対応が決定したことが発表された。現在iOS/Android向けに配信されている本作が、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)にて配信されるようだ。

マルチプラットフォームへの対応について星野氏は、「『アヴァベルオンライン』はリリース開始から5年を迎えます。これまでもアップデートを繰り返して進化を続け、時代の流れに追いついてきました」と、これまでの本作の軌跡を辿った。その上で、さらなるニーズに応えるためにマルチプラットフォームでの展開を決めたという。

本ステージでは、PS4/Nintendo Switch/PC版の実機プレイの様子もお披露目された。コントローラーを用いて操作を行うPS4/Nintendo Switch版では、スティックでキャラクターの移動とカメラ操作を行い、各種ボタンがスキルや通常攻撃に割り当てられている。PC版はWASDキーによるキャラクターの移動と、マウスによるカメラ操作、およびスキルなどの発動を行うようだ。

いずれのプラットフォームでも、サーバーはスマートフォン版と同じなので、プラットフォームの垣根を超えて一緒に遊ぶことができる。所見ではあるが、やはりPS4/Nintendo Switch/PC版でのグラフィックはスマートフォン版よりも美麗で、処理速度も速いためか人が多い場所でもラグが少ないように感じられた。

さらにもう一つの重大発表として、ハイクオリティ版の実機プレイが公開された。本作が配信された当時と比べると、デバイスの性能や描画技術も現在は格段に向上している。これらの最新デバイスの性能を活かして、本作のグラフィックをさらに美麗かつリアルに表現したハイクオリティ版が、今後配信されるという。

実機プレイでは、巨大な木のモンスター「ネオ・アルベロ」が登場。従来のアルベロを知っているプレイヤーなら、その違いは一目瞭然だろう。ハイクオリティ化されたのはモンスターだけではない。生い茂る草木や水面の表現に至るまで、すべての描画技術が向上していた。

このハイクオリティ版は新たにアプリが配信されるというわけではなく、アップデートによってハイクオリティ表現の有無が可能になるようだ。

最後に、星野氏は「今後もさらなるアップデートを続け、より良いクオリティのものを提供していく」と、本作のさらなる発展に意欲をみせた。また、マルチプラットフォームの今後の展開にも注目してほしいとコメントし、本ステージを締めた。

アヴァベルオンライン

アソビモ

iOSアプリiOS

  • 配信日:2012年7月27日
  • 価格:基本無料
  • レーティング:9+

アヴァベルオンライン

アソビモ

AndroidアプリAndroid

  • 配信日:2012年6月29日
  • 価格:基本無料

    ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

    コメントを投稿する

    この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

    関連ワード
  • TGS 2017
  • 取材
  • 星野武士