千葉・幕張メッセにて開催の東京ゲームショウ2017で試遊出展されていた「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ」をプレイ!

東京ゲームショウ2017(以下、TGS 2017)内セガゲームスブースでは、5pb.が2018年春に発売予定のPS4/PS Vita用ソフト「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ(以下、ダンまち インフィニト・コンバーテ)」が試遊出展されている。

本作は、人気TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を題材とした、ダンジョン探索型アクションRPG。今回出展されている試遊版は、実際により奥の階層へと進んでいき、ボスと対峙するところまでを体験できるTGS 2017特別仕様となっている。ここでは、筆者が実際にプレイしてみてのインプレッションを紹介するので、一般公開日に参加する人は参考にしてもらえれば幸いだ。

プレイ冒頭では、ベルやヘスティアといったおなじみのキャラクターの会話が繰り広げられる。このような、いわゆるアドベンチャーパートがところどころで用意されているのだろうか。

ダンジョン探索の基本となる操作は、左スティックでの移動のほか、□ボタンの小攻撃、△ボタンの大攻撃、○ボタンの魔法(MPを消費)、×ボタンの回避といったところ。プレイヤーはベルを操作し、道中にわんさかと出現するモンスターを倒しつつ、進んでいくことになる。

また、ベルは一緒にダンジョンを探索するサポートキャラを連れていけるようで、試遊版ではヘスティア・ファミリアのリリと、ロキ・ファミリアのレフィーヤが同行することに。原作やアニメにはないこうした組み合わせが楽しめるのも、ゲームならではと言えそうだ。

サポートキャラは画面の左右に表示されており、キャラクターの横にあるゲージがMAXになるとアクティブスキルが使用可能に。それぞれのキャラクターにちなんだスキルになっており、かつ強力な効果を持っているようなので、積極的に活用していくのがいいだろう。

基本的にはこのようにしてダンジョンを潜っていくのだが、方向キーでアイテムを使用することもできるため、ゲームが進むに連れて長丁場のダンジョン探索になるようなケースもあるかもしれない。何にせよ、ダンジョン探索を含めた全体像がどのようになっているのか、続報に期待したい。

なお、今回の試遊版をプレイすると、ヘスティア様が“ステイタスシール”を背中に貼ってくれる「ダンまち」ならではのプレゼントも。ヘスティア・ファミリアに入り、ダンジョンに潜ってレベルアップしたいという人は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会 (C)MAGES./5pb.

※画面は開発中のものです。

TGS2020
  • セガ特集ページ
  • セール情報
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • Figgy

RANKING人気記事ランキング

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー

COMMENTコメントランキング