【TGS 2017】キム・ヒョンテ氏がゲームの魅力を紹介!「デスティニーチャイルド For DMM『DESTINY'S DAY in Japan』」をレポート!

【TGS 2017】キム・ヒョンテ氏がゲームの魅力を紹介!「デスティニーチャイルド For DMM『DESTINY'S DAY in Japan』」をレポート!

担当:

PC モバイル

千葉・幕張メッセにて9月21日より開催中の「東京ゲームショウ2017」。ここでは、9月23日にDMM GAMESブースにて行われた「デスティニーチャイルド For DMM『DESTINY’’S DAY in Japan』」の模様をレポートする。

「デスティニーチャイルド」は、「ブレイドアンドソウル(アートディレクター)」や「マグナカルタ(メインキャラクターデザイン・イラスト担当)」で知られるキム・ヒョンテ氏がディレクター兼キャラクターデザインを担当する初のスマートフォン向けRPGだ。

本作はPC版として「デスティニーチャイルド For DMM」も展開、スマートフォン版でプレイできる内容はそのままに、より大きな画面でダイナミックに「デスティニーチャイルド」をプレイが可能。スマートフォン版とPC版でのデータ連携が可能となる予定なので、家でも外出先でもシーンに応じたプレイスタイルを選択できるのが特徴だ。

「東京ゲームショウ2017」では「デスティニーチャイルド For DMM」の先行プレイができる試遊台が登場。さらに30体を超える東京ゲームショウ用に厳選された「デスティニーチャイルド」に登場する等身大のチャイルドたちが大画面の中で躍動する8台の80インチ巨大ディスプレイも展示され、作品の世界観を体感できるブースが展開されていた。

キム・ヒョンテ氏とESTi氏が「デスティニーチャイルド」の魅力を紹介!

作品の魅力を紹介する「デスティニーチャイルド For DMM『DESTINY'S DAY in Japan』」ステージでは冒頭、東京ゲームショウ2017のために制作されたPVが公開。Live2Dで躍動するキャラクターたちの姿や戦闘シーンが疾走感のあるテーマソング「Plastic City」にのせてお披露目された。

「デスティニーチャイルド」は、空席になった魔王の座をめぐる悪魔たちの「魔王争奪戦」を描いた作品。

争奪戦に参加する悪魔の少年と、サポート役を務めるサキュバスのモナ・リザ・ダビのほか、300体以上の“チャイルド”が登場する。

プレイヤーは個性豊かなチャイルドたちのストーリーを楽しみながら「キズナシステム」で関係を深め、運命のチャイルドを見つけ出すことになる。キズナを高めるとキャラクターの真の姿が開放され、より深くキャラクターの魅力を知ることができる。Live2Dで描かれるキャラクターたちの、それぞれの特徴を活かした動きにも注目だ。

メインの物語を進める「ストーリーモード」や、“本当の物語”を体験できる「夜の世界」、魔王争奪戦を商売に利用している闇の放送局「チャンネルEvil」、闘いに敗れた悪魔が流れ着く地下世界「アンダーグラウンド」、未開の地で冒険を通じて強くなる「探検」、限定版のチャイルドが入手できる2週間限定のスペシャルレイド「ラグナブレイク」など、たくさんのコンテンツが用意されている。なお、ステージでは「ここだけの秘密」として温泉のようなイラストも公開された。お楽しみ要素や、やりこみ要素も満載なので、今後の続報に注目だ。

声優陣がキャラクターの魅力を語る!平田志穂子さんの生ライブも披露!

ここで主人公役の米内佑希さん、イブ役の石川由依さん、エシュ役の牧野由依さんが登壇、各々が演じるキャラクターを紹介した。

牧野さんが演じるエシュは、主人を失ったチャイルドで夜の世界のディーラーをしていたが、主人公と出会い仲間になるようだ。なお、性格はツンデレとのこと。石川さんが演じるイブは、強くカリスマ性のある悪魔なのだが、とにかく道に迷うポンコツなところが可愛いキャラクター。主人公は落ちこぼれでやる気に欠ける部分があると米内さん、「皆さん、プレイヤーの力で魔王にして下さい!」とコメントしていた。

今回キャスティングも担当したというESTi氏は、3人ともイメージにピッタリと太鼓判。気だるげなビジュアルに反して、意外にも感情の振れ幅があり遊ばせてもらったと収録を振り返る米内さんに、これから収録を迎える石川さんも演じるのが楽しみだと期待を露わにしていた。またESTi氏がキャラクターソングの制作も想定して牧野さんを起用したと明かすと、「皆さんの応援次第で、ぜひ!」と牧野さん。今後の展開が楽しみだ。

本作のテーマソング「Plastic City」は、ESTi氏が作詞・作曲を手がけ、平田志穂子さんが歌う切ないラブソング。韓国と日本の両方で共通しているため、歌詞は英語にしたという。平田さんはオシャレで都会的なイメージでとにかく楽しく歌えたとコメント。最後に生ライブを披露し、出演者一同からサービス開始への期待のメッセージでステージを締めくくった。

(C)2017 Next Floor Corporation. SHIFT UP Corporation. STAIRS Corporation.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る