この浮遊感、すっかりユニコーンガンダムと開発陣の手の上―「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」体験レポート

この浮遊感、すっかりユニコーンガンダムと開発陣の手の上―「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」体験レポート

担当:

9月24日にバンダイナムコエンターテインメントのVR ZONE SHINJUKUに導入されたばかりの、「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」の体験レポートを掲載する。

9月24日に、お台場で実物大ユニコーンガンダム「RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC(TOKYO WATER FRONT CITY)」が一般公開された。デストロイモードに変形することもでき、早速足を運んだ人、動画で見た人も多いだろう。

同じく9月24日より、VRアクティビティ施設「VR ZONE SHINJUKU」で「ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空」が稼働開始となった。こちらは、そのお台場を舞台にしたVRアクティビティだ。

筐体は「ガンダムVR ダイバ強襲」と同じものを使用

セーフティベルト、ヘッドマウントディスプレイ、ヘッドホンを装着したら、そこはお台場、実物大ユニコーンガンダムの目の前だ。周囲を見渡していると、突如ビームによる爆撃が。“赤い彗星の再来”フル・フロンタルのシナンジュによる強襲だ!

直後、目前のユニコーンガンダムが動き出し、バナージ・リンクスの声ととともにユニコーンガンダムの手が差し伸べられる。人の背以上もある親指にしがみつくと、高度120mまで一気に機体が上昇した。

ビームが着弾すると、本当に地面が揺れる

お台場上空で、筆者を守りながらシナンジュと攻防を繰り広げるユニコーンガンダム。筆者は落ちないように、ユニコーンガンダムの手にしがみつくことしかできない。そして、激闘の末に……。

接近戦ではシナンジュが目の前に

とにかく驚いたのがその浮遊感である。「これ、本当に筐体が上下したりしていないんですか?」と疑問に思ってしまうほど、ユニコーンガンダムの手に乗って上昇した際に、ジェットコースターのような「フワッ」とした感覚が呼び起こされた。

風もしっかり感じる(というか、吹きつけられる)ので、はるか上空で飛び回っている感覚が凄まじい。ガンダムシリーズでは人がモビルスーツの手の上に乗っているシーンがいくつか出てくるが、その時の視界や感覚はこういうものなのかと強く味わった。

「機動戦士ガンダムUC」ファンはもちろん、とりあえず「ガンダム」というものを知っている人には、ぜひ体験してほしい。長いアクティビティではないが、「ガンダムUC」の世界観と現実の融合、自分の間近で戦うモビルスーツの迫力、そして開発陣のこだわりと工夫が凝縮されたアクティビティだ。

コヤ所長、タミヤ室長に訊く!
コヤ所長(右)、タミヤ室長(左)。アクティビティの近くには、インスタ映えしそうな3Dトリックアートのフォトスポットが用意されている。

――「VR ZONE」でガンダムを扱ったアクティビティは「ダイバ強襲」に続いて2つ目となりましたが、実物大ユニコーンガンダムが公開されるタイミングに合わせて制作したのでしょうか?

コヤ所長:実物大ガンダムが撤去されることは知っていたのですが、次はユニコーンガンダムが立つと聞いて「マジですか」と(笑)。じゃあこちらもユニコーンガンダムで何か作ろうとなりました。ただ、その時は何の情報もなかったんです。

タミヤ室長:「ユニコーン」というキーワードだけ聞いていて、どういう状態で立つのかもわからないところからスタートしました。本家の計画があったところに、企画を提案した形ですね。

コヤ所長:ユニコーンガンダムなので、きっと夜に光ってインスタ映えするから、アクティビティ内でも夜に戦うことにしました。

――どんなコンセプトで作られたのでしょう?

コヤ所長:「機動戦士ガンダムUC」はバナージとフル・フロンタルの話じゃないですか。なので、シナンジュは壊せないんですよ。「ダイバ強襲」ではボカーン! とやったんですが、今回は倒せないんです。

それを踏まえて組み立てなきゃいけないねと井本くん(本作プロデューサーの井本一史氏。「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」の開発チーフでもある)と話していて、彼が「空中戦にしたい!」とものすごいコンテを切ってきました。

タミヤ室長:「字コンテ」が上がってきたんですが、「ダイバ強襲」の字コンテと密度が全然違うんですよ。愛があふれすぎちゃって。このシーンもやりたい、あのシーンもやりたいと詰め込まれていて、これ尺に入るの? と(笑)。

――尺は「ダイバ強襲」と同じくらいですか?

タミヤ室長:実は「ダイバ強襲」より短いんですよ。ですがイベント数が多いので、こちらのほうが充実度が高いと思います。

――体験してみて、浮遊感に一番驚きました。

コヤ所長:どんな感じでした?

――本当に「フワッ」となって、ジェットコースターのような感覚がそのまま呼び起こされました。

コヤ所長:いやぁ、良かった(笑)。

――あれはどうやっているんですか?

タミヤ室長:あまり「ダイバ強襲」と変わってないんですよ。映像で飛ぶシーンを見せるタイミングに合わせて、動きのきっかけで「ドン!」と揺らしているだけなんです。

コヤ所長:「マリオカートアーケードグランプリVR」とか、他のアクティビティでも使われている技術ですね。

タミヤ室長:「映像がこうなる時にこう揺らせば、狙ったものに近い感覚をもってもらえる」というのは、色々やってだいぶわかってきましたね。

――パターンみたいなものが蓄積されているんですね。

コヤ所長:それを普通に使いこなすようになって、特別なことをしている気がだんだんしてこなくなってきました(笑)。自分たちは作りながら何度も何度も体験するので、「本当にこういう感覚になるのかな?」ってわからなくなってくるんですよね。

タミヤ室長:我々は「こう動かしてこういう映像を見せたらこうなるはず」っていう状態で作るしかないんですね。実際に一般の方や取材してくれた方が「うわっ!」て声を出しているのを見て「一応狙いどおりになっているらしい」というフィードバックをいただいています。

コヤ所長:だから今はすごくうれしいです(笑)。

――演出上で工夫したところはありますか?

コヤ所長:今回は空中戦なので、酔い対策は色々やりましたね。

タミヤ室長:勝手にカメラを動かすと酔ってしまうんですよ。最初は実物大ユニコーンガンダムを正面にしていて、その状態で座ると駐車場側を向きますよね。そのまま空中に飛んでも、フジテレビやレインボーブリッジは視界に入りません。

――そうなんです、いつの間にかフジテレビのほうを向いていて「あれっ?」と思ったんですが……。

タミヤ室長:実はシナンジュが近距離戦でぶつかってきた瞬間に、グルッと回しているんです。

――ああー……!

タミヤ室長:しかも180°回しただけじゃなくて、カメラを下方向に30°~40°傾けて、高いところから落ちそうな雰囲気を出しています。

――確かに、自然と視線が地面に向いていました。なるほど、そうした自然な酔い対策が施されていたんですね。

コヤ所長:そういうのが普通にできるようになりましたね。

タミヤ室長:あとは、シナンジュの顔はどこまで近づけるのか実験したりしましたね。(顔のすぐ前に手をかざしながら)ここまで近づけたんですよ。さすがに寄りすぎでした(笑)。

コヤ所長:シナンジュを大きくしたりね。2倍くらいにしてみましたよ。

タミヤ室長:巨大さを出したくてモデルを大きくしたり、結構色々やってみましたね。

――それはもう、ある意味で設定を無視して演出を重視しようとしたということですか?

タミヤ室長:そうです。結局、主観での体験になるので、お客さんの「きっとこうだろうな」という感覚に近い状態を作るために工夫しています。

――最終的にシナンジュの大きさはどうなったんでしょう?

コヤ所長:ちょっとだけ大きくしたくらいですね。

タミヤ室長:少しやりすぎたと反省して戻しました。

――バルカンでシナンジュの装甲が剥げたシーンも本格的でした。

コヤ所長:実はあそこで、アナハイムから強奪される前の、シナンジュ・スタインのツインアイがちょっとだけ見えているんですよ。そこは井本くんのこだわりです。

タミヤ室長:中の造形までこだわって作っていましたね。

――数秒の間にもこだわりが凝縮されていますね。

コヤ所長:あちこち見たほうがいいですよ! ユニコーンガンダムの変形の仕方も、アニメとほぼ同じように動かしています。

――お話を伺った上でもう一度体験したくなってきました。ありがとうございました!

アクティビティ概要

使用チケット:BLUEチケット
体験人数:1名
所要時間:8分
対象年齢:13歳以上

アクティビティ紹介ページ
https://vrzone-pic.com/activity/gundam-unicorn.html

実物大ユニコーンガンダム立像公式サイト
http://www.unicorn-gundam-statue.jp/

(C)創通・サンライズ

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
アライアンス・アライブ特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る