ゲームの祭典「闘会議2018」賞金総額は2,815万円、プロライセンス発行は15人!

ゲームの祭典「闘会議2018」賞金総額は2,815万円、プロライセンス発行は15人!

担当:Gamer編集部

niconicoとGzブレイン、一般社団法人日本eスポーツ連合、ジャパンアミューズメントエキスポ 協議会は、2月10日と11日に開催した「JAEPO×闘会議2018」の来場者数を発表した。

「JAEPO×闘会議 2018」会場来場者7万2,425人を記録!
会場来場者数

7万2,425人(昨年「JAEPO×闘会議 2017」会場来場者数:6万8,459人)

ネット総来場者数

513万1,820人(昨年「JAEPO×闘会議 2017」ネット来場者数:412万6,180人)

※ネット総来場者数は、ニコニコ生放送、OPENREC、YouTube Live、ペリスコープの合計となります(主催調べ)。

「闘会議2018」の賞金総額は2,815万円!現時点のプロライセンス発行総数は46人8チームに。

「闘会議2018」において開催された全大会の賞金総額は2,815万円、ジャパン・eスポーツ・プロライセンスは15人に発行されました。2018年2月11日時点で、JeSUにより発行されたプロライセンスの総数と内訳については以下の通りです。

ジャパン・eスポーツ・プロライセンス(15歳以上、義務教育課程を修了している人を対象)

「闘会議2018」にて開催された大会の結果、15人に発行、他、実績保有者への発行を含めると合計45人。

ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス(13歳以上15歳未満で、プロライセンス発行に値する人を対象)

実績保有者1人へ発行。

ジャパン・eスポーツ・チームライセンス

実績保有チーム8チームへ発行。

※「実績保有者/チームへのライセンス発行」について:ライセンス発行開始時から過去にさかのぼり、公認タイトルの大会で著しく優秀な成績を収めている人/チームには、IPホルダーの推薦の上、JeSUが承認した場合、例外的にプロライセンス、ジュニアライセンス及びチームライセンスが発行されます。
※「闘会議2018」において開催予定であった「KONAMI esports ウイニングイレブン 2018 CO-OPトーナメント」は中止となり、本大会でのプロライセンスの発行はありませんでした。

関連ワード

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る