5pb.より2018年3月29日に発売されたPS4/PS Vita/PC用ソフト「メモリーズオフ -Innocent Fille-」。「メモリーズオフ」シリーズ7年ぶりの最新作にして、最終作となる本作のプレイレビューをお届けします。

1999年の第1作「メモリーズオフ」の発売以来、シリーズ7作とその派生作品の数々が展開してきた「メモリーズオフ(以下、メモオフ)」シリーズ。2010年の「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」を最後に、なんと7年も新作タイトルがリリースされておらず、一人のメモオフファンである筆者もその瞬間を待ち望んでいました。

その発売を待ちきれずにシリーズ全作品の振り返り記事も展開しましたが、そちらも多くの方にとってタイトルを振り返る機会になったのではないかと思っています。

そんな「メモリーズオフ -Innocent Fille-」の発売から1ヶ月が過ぎましたので、そろそろネタバレに配慮しつつも中身に触れても良い頃合いかなと思い、プレイレビュー記事をお届けします。

普段は中々時間が許さずに全てをプレイしてからレビューを書けることも少ないのですが、今回はせっかくなので、すべてのルートをクリアしてから書くことにしました。その中で完全にネタバレを含まないのは難しいかなとも思いますので、今回はネタバレなしと、多少のネタバレありの項目に分けて書いていこうと思います。

冬の湘南を舞台に繰り広げられる、ハートフル&サスペンスフルなドラマ

今作の舞台は、前作「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」から約3年の歳月が経った湘南。札幌海陵高校に通う主人公の楠瀬累(くすのせ かさね、愛称はルイ)は、神奈川県に住む幼馴染にして親友の三城莉一(みき りいち)の助けもあり、「特待生特別国内交換留学制度」(通称、トクトク制度)に参加が認められ、姉妹校である神奈川県の湘南海陵高校へと一時的に編入することになります。

作中で描かれるのは、札幌に戻るまでの期間での出来事。累は、7年ぶりに再会した莉一とその妹の柚莉(ゆずり)、さらに湘南海陵高校と同じく、シカ電の沿線にある林鐘寺女子高校に通う嘉神川ノエル(かがみがわ のえる)や志摩寿奈桜(しま すなお)との交流を重ねながら、徐々にその関係性を深めていきます。そうしたストーリーの展開を盛り上げる仕組みとして、今作では主に2つの要素が用意されています。

まず一つ目の要素が、ストーリーの進行によって、純粋な恋愛模様を描く“ライトサイド”か、恋愛を軸に人間関係の波乱を描く“ヘヴィサイド”へと分岐していくこと。そのトリガーが存在することを示すかのように用意された、それぞれのストーリーの要素を抽出した2つのオープニングムービーには要注目です!

ライトサイドおよびヘヴィサイドへの分岐は基本的に選択肢によって切り替わっていくのですが、その中でも重要な局面で出現するのが、新しい選択肢システム「R.A.I.N.s」です。これは特定の場面上で、2人のキャラクターのどちらかのことをあきらめる(もしくは捨て去る)かという、ある意味で非常にシビアな選択を求められるものになっています。ルートの分岐だけでなく、エンディングにも影響を及ぼす場面もありますし、選択には時間制限も設けられているので、まさに二者択一を迫られるシステムになっています。

各サイドに移ってからも単純な一本道というわけではなく、それぞれ複数のルートへの分岐が用意されていて、どの選択がどのような結末をもたらすのかしっかりと枝分かれした、まさにテキストアドベンチャーゲームとしての魅力にあふれています。選ぶことはもう一方を捨て去ること、そうした心情の機微がしっかりと描かれた作品です。

ひとつだけ残念な点を挙げるとすれば、やや誤字脱字が多かったことでしょうか。ボイスを聴きながら楽しむ中で気になった部分でもあったので、この先プレイされる方がより楽しめるよう、アップデートなどで対応いただけると嬉しいなと思います。

稲穂信の存在、そしてゲストキャラクターの登場などメモオフらしい演出にも注目

これらの要素に加えて、「メモオフ」シリーズファンであれば嬉しいゲストキャラクターの登場なども公式サイトですでに紹介されている通り。特に1作目「メモリーズオフ」のヒロインである今坂唯笑と双海詩音が登場し、最終作である今作のキャラクターたちとのやり取りを繰り広げる場面を見ると、作中での時間の流れを感じずにはいられません。

彼女たちは、主にシリーズを通じて登場している稲穂信がマスターを務める「シーサイドカフェ・YuKuRu」に来店します。これまでのシリーズを経たからこそのキャラクター同士の関係性、これまでにないキャラクターの組み合わせ、そして物語の展開にも影響を及ぼす、自分たちの経験から来る言葉の数々と、見どころたっぷりです。

そしてもちろん、主人公を支える立場としての信の存在も今作では大きくクローズアップされています。これまでは作品によってその距離感はまちまちでしたが、今作では信が累に対して友情を抱いていく描写が用意されています。その理由や累に投げかける言葉などにもぜひ注目してもらえればと思います。

さらに今回は、「メモオフ」シリーズを象徴する彼のためのエンディングも用意されています。非常に彼らしい内容になっていますし、より彼自身の人間味を感じられると思いますので、ファンの方にこそぜひチェックいただきたいです。

もちろん、シリーズ恒例となった警告劇場もボーナスコンテンツとして収録されています。こちらもシリーズキャラクターたちの会話を存分に味わえるので、クリア後にでもぜひ楽しんでみてください。

  1. 1
  2. 2

(C)MAGES./5pb./GloriaWorks

※画面は開発中のものです。

関連ワード
  • セガゲームス特集ページ
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 夢現Re:Master特設サイト
  • セール情報

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
  • Gamer編集部通信
12月12日(木)
BATTOJUTSU-抜刀術-
CONTROL
CONTROL デジタルデラックス
Ghostbusters: The Video Game Remastered
Hollow Knight
SAMURAI SPIRITS
SAMURAI SPIRITS DELUXE PACK
うちの猫は隠れん坊が上手すぎる2
アニマス ハービンジャー
オーバーライド 巨大メカ大乱闘 スーパーチャージエディション
ゴルフピークス
シーキングハンター
ステイ
セイクリッド ストーンズ
ゾンビドライバー:Immortal Edition
12月13日(金)
Gunlord X
PUBG LITE
Sky 星を紡ぐ子どもたち
Virgo Vs The Zodiac
スター・ウォーズ ピンボール
デビル メイ クライ 5 Best Price
ハイドライドスペシャル
バイオハザード RE:2 Z Version Best Price
バイオハザード リベレーションズ コレクション Best Price
12月16日(月)
Dead End Job
12月17日(火)
Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~
12月19日(木)
BUSTAFELLOWS
BUSTAFELLOWS デラックスエディション
D.C.4 ~ダ・カーポ4~
D.C.4 ~ダ・カーポ4~ 完全生産限定版
Damsel
Fable of Fairy Stones:妖精石物語
SNIPER ELITE III ULTIMATE EDITION
The Surge 2
うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch
はつゆきさくら
はつゆきさくら 完全生産限定版
アナーキュート
アンセスターズレガシー
アンセスターズレガシー デジタルデラックス
オバケイドロ!
ジェミニアームズ
テラリア
ブラックソードマン―ある死神の物語―
プリンセスメーカーゆめみる妖精
ペトゥーンパーティー
ボクらのスクールバトル
モンスターファーム
リンク絵 Link-a-Pix DELUXE
恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~
恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~ 完全生産限定版
無双OROCHI3 Ultimate
無双OROCHI3 Ultimate デジタルデラックス版
魔女と勇者II
12月23日(月)
プリンセスメーカーGo!Go!プリンセス
12月25日(水)
アトリエ ~黄昏の錬金術士 トリロジー~ DX
アトリエ ~黄昏の錬金術士 トリロジー~ DX スペシャルコレクションボックス
アトリエ ~黄昏の錬金術士 トリロジー~ DX プレミアムボックス
アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ DX
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ DX
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ DX
ナツキクロニクル
12月26日(木)
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー ディフィニティブエディション