新たなオリジナル古龍・黒冠龍モルドムントの強さは!?「モンスターハンター エクスプロア」新コンテンツ探検会2018レポート

新たなオリジナル古龍・黒冠龍モルドムントの強さは!?「モンスターハンター エクスプロア」新コンテンツ探検会2018レポート

担当:

モバイル

カプコンは5月25日、「モンスターハンター エクスプロア」のメディア向け新コンテンツ体験会を開催した。

「モンスターハンター エクスプロア」(以下、MHXR)は、カプコンより配信中のiOS/Android向けアプリ。「モンスターハンター」シリーズの醍醐味である本格的なアクションと、マルチプレイの楽しさはそのままに、スマートフォン向けに最適化された操作性で、初心者から本格的な「MH」シリーズファンまでが幅広く楽しめるように作られているタイトルだ。

今回の発表会では、プロデューサーの関野 亮央氏、ディレクターの並木 拓巳氏が登壇。2018年5月29日に実施予定のVer.7.7アップデートにて実装される新モンスターや、ゲームサイクルを大幅に変える数々の新要素を紹介するプレゼンを行った。

プロデューサー・関野 亮央氏 ディレクター・並木 拓巳氏
Ver.7.7アップデートの内容の新要素を紹介

Ver.7.7アップデートにより、6月1日より狩猟解禁となる新モンスターが、ネフ・ガルムドに続くMHXRのオリジナル古龍となる「黒冠龍モルドムント」。硬い金属に変質する、黒い体液を撒き散らすのが特徴のモンスターで、口のように開閉する翼を使ったトリッキーな攻撃の数々を仕掛けてくる。一つ一つの攻撃が強力な分、攻撃をしっかりと回避してから反撃を行う、ターン制的な戦い方が重要になってくるという。

またモルドムントのクエストでは、星6の強襲武器の素材が入手可能となる。並木ディレクターのオススメとして紹介されたのがライトボウガンで、ガンナーの必須スキルとも言える隠密&根性を、後に紹介するハンターの新たな力「秘技」として使用できるため、他の部位の装備の自由度を確保しやすくなっているという。

そしてVer.7.7アップデートの2つ目の目玉となる「秘技」は、いわばもう1つの武技ともいえる新要素。モンスターの攻撃をやりすごしながら自身を強化する「いなしの極意」、力を溜めてから一撃で凄まじいダメージを叩き出す「古龍砲」、体力を回復する「応急措置」といった、これまでの武技とは異なるタイプの効果が揃う。

秘技は「ハンターに武器を末永く使って欲しい」というコンセプトから生まれたもので、個別に定められたプラス値まで武器を強化することで使用可能になるという、それぞれの武器に紐付いた技……なのだが、その最大の特徴は一度開放した秘技は他の武器と組み合わせて自由に装備することができるようになる点だ。これにより、性能が微妙でも秘技が強力な武器であれば強化していく価値が生まれ、従来は使いにくかったという武器も秘技を組み合わせることで使い勝手が大幅に変わってくる可能性もある。

ただし秘技は武器1つにつき1個までしか装備できず、秘技の必要スロット数を武器側が満たしている時のみ装備できる(アップデートにより、これまでリリースされた全ての武器に秘技スロットが追加される)。

さらにそれに合わせて、使用することで必ず武器の強化値を1上げることができる「プラス強化石」も新たに実装される。プラス強化石には、全ての武器種に使えるもの、それぞれの武器種に使えるもの、専用の武器に使えるものの3種類が存在。主にイベントの報酬として獲得できる、

特定の武器専用の強化石については、秘技を開放するまで強化石を集める、イベントのゴールとしての1つの目安となるという。これによりニャン検隊など、現状の仕様では同一のものを集めるのが難しい武器のプラス値を上げることもできるようにもなるようだ。

プラス強化石は、主にマンスリーミッションやイベントの報酬として入手できるほか、狩玉75個と交換可能なプレミアムログインボーナスにより、25日間のログインボーナスとしても毎日入手できる。さらも強化石1個に大して40、10個で350、25個で680狩玉と、狩玉と直接交換することも可能だ。

ただしこれはどうしても武器を急いで強化したい人向けで、基本的にはミッションやイベントをこなしていけば、一月ごとに約25個程度の強化石が手に入るようなバランスを予定しているとのことだ。

さらにVer.7.7アップデートでは、ニャン検隊の報酬として、最高レアリティとなる星7武器が実装に。星7武器の入手には、星6武器から進化させる、全踏破報酬、ニャン検隊の超レア枠という3つの方法がある。星6から進化させる場合は、「神秘の進化貝」と呼ばれる専用素材が必要となり、イベントなどの探検ナビの達成報酬、交易店でのポイント交換で入手できる。

また秘技の実装にあわせて、「強襲!モルドムント」とニャン検隊で入手可能な、6種(片手剣、操虫棍、ランス、ライトボウガン、ガンランス、ハンマー)の武器の秘技を開放することで、武器1つにつき100個の狩玉を入手できるキャンペーンも実施される。

過去の強襲武器も覇玉化による進化が実装され、対象となるのは「闘鬼【高丸】」、「忌むべき者の狂妄」の2本。過去の強襲クエストの復刻となる「強襲!ラージャン」「強襲!オオナヅチ」「強襲!テオ・テスカトル」のクエストをクリアすると、進化に必要な素材を獲得できる。これらのクエストをこなしていくことで、スムーズに6月1日からの新クエスト「強襲!モルドムント」に挑戦できるようにもなるという。

その他にも、「狩猟カーニバルのポイント累計」「骨200個収集」など、マンスリーミッションの全達成の障害となっていた一部ミッショがを廃止され、よりライトなプレイヤーが継続しやすい仕様となるなど、細かい部分の改善も行われる。

プラス強化石や狩玉が入手できる月間挑戦クエストでは、クエスト内で装備の性能に制限をかける「パラメーター上限」という特殊条件が設定される。これにより、パラメーター的には現在の環境では運用が厳しいような装備にも活躍の場ができてくると、ゲーム全体のライフサイクルに大きな変化が生まれそうだ。

星7武器と「秘技」を活用し、黒冠龍モルドムントに挑む

今回の体験会では、本アップデートの目玉と言える新モンスター「黒冠龍モルドムント」に挑戦することもできた。

モルドムントの最大の特徴は、黒い体液を撒き散らしての攻撃。撒き散らされる泥自体にダメージはないのだが、一定時間が経過すると泥がトゲのように変化する。このトゲに触れてしまうと大きなダメージを受けてしまう。そのため泥の範囲内に入ったら、すぐにその場から離れる必要があるが、泥のエリア内では移動速度が大きく低下してしまう(緊急回避のモーションは影響を受けないため、脱出の際に有効)。また万一トゲに触れてしまうと裂傷状態となってしまうため、できるだけ裂傷耐性をもつ装備で挑むのがいいだろう。

ただし、この泥の何よりも厄介なのは、しばらくの間その場へと残り続けること。泥があることが分かってさえいれば、当然それを回避するのは難しくないのだが、モルドムント自身の攻撃に気を取られたり、視界を遮られていると、画面外にあったトゲに気づかず、自分から突っ込んでダメージを食らってしまう……といったことがしばしば起こっていた。

一定時間、雨のように泥を降らし続けることもあり、この際はモルドムントの動きが止まるため、一気にダメージを与えるチャンスとなる。ただし、この時にはモルドムントの周囲にも巨大な泥沼が形成され、近接武器の場合は泥からの脱出が遅れるとその後出現するトゲの餌食となってしまう。欲張りすぎず、「MH」シリーズの基本とも言えるヒットアンドアウェイを意識して戦うことが重要になるだろう。

ある程度距離が離れると、泥をブレスのように吐き出してくる攻撃を仕掛けてくることもあるが、泥の弾速はそれほど早くないので、これに関しては回避するのは比較的容易だった。その反面、中距離で筆者がとくに危険だと感じたのが、翼を腕のように伸ばして地面に打ち付け、その地点に向かって瞬時に突進を仕掛けてくる攻撃だ。

とくに腕を打ち付けたあとに繰り出される突進の速度は尋常ではなく、距離がある程度空いているからと気を抜いていると、瞬く間に大ダメージを受けることになる。突進が始まってからではほぼ回避が間に合わないうえ、翼そのものにもダメージ判定があるのも厄介。左右どちらの翼を広げたかにより、自身が狙われているかや、その後の突進の方向がある程度は読めるので、翼の動きには常に細心の注意を払っていく必要がある。

翼を開いてからの一連の動作がとにかく高速。翼が動き出す前に回避を心がけたいところだ。

これ以外にも、空中にホバリングしての突進、尻尾を振り回しての攻撃など、攻撃のバリエーションはかなり豊富で、やはりオリジナルの古龍だけはあり、一筋縄ではいかない相手となっている。

なお今回のプレイでは、秘技の一部も既に使用することができるようになっており、筆者は「古龍撃【閃】」と「いなしの極意・全【攻】」をそれぞれ装備してプレイ。

「古龍撃【閃】」は、約2秒のためのあとに、合計で60万の固定ダメージを叩き出す超攻撃的な技で、まさに切り札といえる分かりやすい強さをもっていた。使用回数はやや少なめだが、あらゆるクエストで活躍できる。

対する「いなしの極意・全【攻】」は、一定時間の間モンスターの攻撃をいなす体勢をとり、いなしが成功した場合は、味方全員の攻撃力を上昇させるという効果だ。こちらも非常に性能は優秀で、発生が早いうえに攻撃をいなしてくれる持続時間がかなり長いので、初めて使用した筆者でもガンガンいなしを成功させることができたほどだった。クールタイムが短めに設定されており、回転率も悪くないので、回避に苦手意識のあるプレイヤーへの救済措置としても活躍してくれそうだ。

そんなモルドムントの狩猟や、あらゆるハンター達の心強い味方となってくれる秘技の実装が行われるVer.7.7アップデートもいよいよ目前。さらなる進化を遂げた「MHXR」を、是非とも自分の目で確かめて欲しい。

モンスターハンター エクスプロア

カプコンMobileアプリiOS

  • 配信日:2015年9月29日
  • 価格:基本無料

    モンスターハンター エクスプロア

    カプコンMobileアプリAndroid

    • 配信日:2015年9月3日
    • 価格:基本無料
      関連ワード
      (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

      ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

      • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      6/20 UP セガゲームス特集ページ

      タグ検索

      ジャンル

      RPG
      アクション
      シミュレーション
      スポーツ
      テーブル
      パズル
      ノンジャンル

      テーマ

      アプリ

      ハード

      システム

      その他

      ニュース

      外出中でもスマホで
      最新ゲーム情報をチェック!

      ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

      お気に入りとして登録!

      SNSでシェアする!

      ゲームショウ

      トップへ戻る