セガゲームスとf4samuraiがリリース予定のスマホRPG「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~」。小林康子氏脚本、サウンドはプロキオン・スタジオとスタッフも豪華な本作を事前プレイし、その魅力に迫る。

「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~」は、2018年配信予定のスマートフォン向けRPG。セガゲームスがパブリッシャーを担当し、「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」や「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-」といった作品を手がけたf4samuraiが開発した作品だ。アニメ「牙狼〈GARO〉」や「ジョジョの奇妙な冒険」、「進撃の巨人」といった作品でシリーズ構成・メインライターを務めた小林康子氏が脚本原案を担当しており、ストーリーや世界観に期待が持てる一作。幸いにも今回、クローズドβテストに先駆けて本作をプレイする機会に恵まれた。そこでこの記事では、事前プレイでわかった本作の魅力について語りたい。

爽やかでアツい!王道の少年冒険ストーリー

建物や大地が空に浮遊している「空の世界」が本作の舞台。この世界には底があり、「エンドロール」と呼ばれている。「エンドロール」に到達した者はおらず、「エンドロールに何があるのか?」「そもそもエンドロールがあるのか?」といったことは謎に包まれている状態だ。

しかし「エンドロール」に到達したという人物が現れる。冒険家であり、他でもない主人公の父でもあるレオンだ。だがレオンはエンドロール到達にかけられた賞金を持ち逃げ。この結果、詐欺師という汚名を着せられ、国際指名手配されてしまう。その一方、レオンは主人公・ヒューゴに「“世界の底”にたどり着いた」という手紙と、下層へ向かうログを残していた…。

主人公・ヒューゴは、不思議な力を持った種族「ピノ」の少年「ニール」と出会い、「重力使い」としての能力に目覚めたことで世界の底「エンドロール」を目指し冒険の旅へ出る。目的はもちろん、父・レオンに着せられた詐欺師という汚名を晴らすため。さらに、父が「エンドロール」に置いた証を取りに行くという約束を果たすためでもある。「重力使いという特殊能力」「汚名を晴らすという義」「子どものころの大切な約束」…と、少年冒険ものの王道的な展開が冒頭から胸をアツくしてくれる。少年マンガ好きな筆者は、もうこの時点で作品世界に引き込まれてしまった…!

物語のタッチはとても明るくさわやか。空の世界を舞台にしたビジュアルイメージもあいまって、暗さや深刻さといった要素はなく、老若男女誰でも親しめるように感じた。アニメでいえば、「天空の城ラピュタ」のような王道中の王道。冒険娯楽大作と言っていいだろう。実際にプレイしてみると、主人公・ヒューゴの冒険に強敵として立ちはだかる存在・レイヤードや、憎めないお邪魔キャラ・アポロといった魅力的なキャラクター達が次々登場。大型のボス敵も序盤から惜しみなく登場し、次から次と様々なピンチにさらされ息つく暇なく物語が展開していく。この展開に思わず夢中になってしまい、気が付くと1時間経っていた。RPGで時間を忘れるほど夢中になれたのは久しぶりだ。

本作の持つ強烈な没入感を支えている要素として、音楽も強く挙げたい。記事では伝えられないのが残念だが、疾走感と爽快感を併せ持った音楽は、ゲームの舞台である空の世界にとてもマッチしている。サウンドを担当しているプロキオン・スタジオは、「クロノ・トリガー」や「アナザーエデン」といったサウンドを手がけているため、名曲なのも頷けるところだが、それにしてもイイ。通常バトルの音楽をずーっとリピートして聴いていたいと感じたので、筆者はサントラが出たら確実に買うだろう。まだ気が早いかもしれないが、是非とも出してほしい!

シンプル化されたレーンバトル!手動でのバトルが楽しい

続いてゲームシステムについて触れたい。本作のゲームシステムは、クエストを選び、ストーリーを見てバトルをプレイ。バトルの結果手に入るリソースで、プレイヤーを育成していくというもの。マップ移動がなくバトルを連続でプレイするタイプで、スマホRPGとしてはスタンダードな部類といえるだろう。

ゲームのメインといっていいバトルシステムは、「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-」のバトルシステムに近い。「ドライブレーン」と呼ばれるレーンに、行動するキャラクターを登録していくというシステムだ。レーンには有利属性に大ダメージを与えられる「属性ダメージ」や、回復しながら攻撃が可能な「回復」といったパネルが存在。どのキャラクターにどのパネルを使わせるか?という戦術がバトルの有利/不利を左右する。

ただ、「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-」と異なり本作はターン制。なので、パネルを敵に奪われることがないし、敵に取られる前にパネルを押さえようと焦る必要もない。じっくり戦術を考えることができる。

レーン以外に戦術へ関わってくるのが、キャラクターの選択。同じキャラクターを3体選ぶと連続攻撃「オーバードライブ」が発生。攻撃回数が増えることによって敵へのダメージが増加する。また、異なるキャラクターを3体選ぶと合体攻撃「シンクロアタック」が発生。3回目に攻撃するキャラクターがクリティカルヒットを放つことで、敵へのダメージが増加する。

プレイしてみると、ターン毎に行動させたいキャラクターを選ぶだけのシンプルなシステムに感じた。だが、強力なボスを相手にした時は、効率よくダメージを与えるために「どのキャラクターにどのパネルを取らせるか?」と「キャラクターの選択」を併せて、じっくり考える必要がある。お手軽さと戦術性のバランスがとられていて、本作にピッタリのシステムだと感じた。

本作にはレーンにキャラクターを配置する通常攻撃に加え、「スキル」「バースト」という特殊効果をもった攻撃も用意されている。「スキル」は、キャラクターが「フィルム」を装備することで使用可能になるアクション。攻撃力アップや回復などの特殊効果を持った攻撃アクションで、いつでも使用可能だが使用した後にクールタイムが発生する。「バースト」はキャラごとに用意されたアクションで、スキル同様攻撃力アップや回復などの特殊効果を持った攻撃アクション。「スキル」と違い、バーストゲージという各キャラ固有のゲージが満タンにならないと発動できない。だがその分、「スキル」よりも威力が高めだ。

ちなみに、最近のほとんどのスマホRPGで用意されている「オート」「倍速」については、本作もしっかり用意されている。ただ、筆者は今回、取材用に「オート」を試す以外、一切「オート」を使用しなかった。別に「オート」の使い勝手が悪いわけではない。バトルがサクサク進んでくれるし、テレビを見ながらゲームをプレイするような「ながらプレイ」をする分には非常に便利だ。

でも、だからこそ「オート」を使うことがなかった。ではなぜ「オート」を使わなかったのか?それは、ハマってしまったから。少年がさわやかでアツい冒険を繰り広げ、ピンチを超えていく…本作の王道っぷりに思いっきり熱中してしまったのだ!正直、キャラも音楽もシステムも、大好きでたまらない!

スマホファンタジーの新定番・新王道になるか?万人がプレイする価値のある作品

空を舞台にしたさわやかな世界観少年が苦難を乗り越えていく王道展開、適度な戦略性を持ったバトル…と、本作はスマホRPGの新たな王道と言っていい内容を備えた作品だ。RPGの定番である「ドラクエ」や少年冒険物語の定番である「天空の城ラピュタ」のように、本作もまた定番になる潜在能力を秘めていると感じた。RPGファンのみならず、スマホを持っているならプレイする価値のある作品と言っていいのではないだろうか。こうして原稿を書いている今も、主人公・ヒューゴの冒険の行く先を見たくてしょうがないし、「エンドロール」で父・レノンの身に何が起きたのかも気になる…。リリースがなんとも待ち遠しい…!

ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~

セガゲームス

MobileアプリiOS

  • 配信日:2019年4月1日
  • 価格:基本無料

    ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~

    セガゲームス

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2019年4月1日
    • 価格:基本無料
      関連ワード

      (C) SEGA・f4samurai

      ※画像は開発中のものです

      • セガゲームス特集ページ
      • Figgy
      • 軌跡シリーズ特設サイト

      REGULAR定期配信

      • ゲームソフト販売本数ランキング
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      • Gamer編集部通信
      3月20日(水)
      DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet
      DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet コレクターズエディション
      Marvel’s Spider-Man Value Selection
      STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート
      The Messenger
      TOSCA
      スーパーロボット大戦T
      スーパーロボット大戦T 期間限定版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」
      チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!
      ピースお絵かきパズル Pic-a-Pix
      ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~
      ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ スペシャルコレクションボックス
      ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ プレミアムボックス
      東京クロノス
      3月21日(木)
      ガラクタの星
      ピクセル ラインDX+α
      ファントムキャット スーパーニャーエディション
      ブラスターマスター ゼロ 2
      ミイラの飼い方~パズルで育てる不思議な生き物~
      魔女と勇者
      3月22日(金)
      SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
      トリニティセブン -夢幻図書館と第7の太陽-
      夢物語ORIGIN
      3月23日(土)
      いつでも はたらく細胞
      3月25日(月)
      戦斧走破DASH
      3月26日(火)
      Xenon Racer
      ファイナルファンタジーVII
      3月28日(木)
      Bravo Team Value Selection
      Farpoint Value Selection
      Firewall Zero Hour Value Selection
      GOKEN
      INFERNO CLIMBER:REBORN
      MLB THE SHOW 19(英語版)
      MLB THE SHOW 19(英語版) デラックスエディション
      RIGS Machine Combat League Value Selection
      SEGA AGES ぷよぷよ
      The Inpatient -闇の病棟- Value Selection
      V!勇者のくせになまいきだR Value Selection
      Winning Post 9
      Wipeout Omega Collection Value Selection
      グリムエコーズ
      コール・オブ・クトゥルフ
      デーモンクリスタル2 ナイザー
      ナイト・イン・ザ・ウッズ
      バレットガールズ ファンタジア D3P THE BEST
      フルキス
      フルキス 満開版
      ボムスリンガー
      ムーンライター 店主と勇者の冒険
      メモリーズオフ -Innocent Fille- for Dearest
      メモリーズオフ -Innocent Fille- for Dearest 限定版
      レゴ ムービー2 ザ・ゲーム
      レミロア~少女と異世界と魔導書~
      三国志を抱く2 Global
      春音アリス*グラム Snow Drop
      春音アリス*グラム Snow Drop 完全生産限定版
      陽春白雪 Lyrica
      3月29日(金)
      アサシン クリードIII リマスター
      ヨッシークラフトワールド
      4月1日(月)
      ポプテピピック++~ポプ子ピピ美の友情大作戦~
      ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~
      4月2日(火)
      ラングリッサー モバイル
      4月4日(木)
      THE バラエティゲーム大集合
      THE 体感!スポーツパック
      スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション