コーエーテクモゲームスは、2018年7月28日から8月26日まで、DMM VR THEATERにて「3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour-」を開催した。

今回の「3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour-」は、スマートフォン向けアプリ「ときめきレストラン☆☆☆」と“3 Majesty”“X.I.P.”の2つのアイドルユニットの5周年を記念したライブツアー第2弾。真夏のアニバーサリーライブに相応しく新曲も多数ラインアップし、ユニット曲をメインとした公演も行われた。

両ユニットは、ツアー内で「劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE6」のメインテーマ「Let's make a miracle」をはじめ、「2×3! ~DUET CROSS THREE!~ III」に収録されたコラボ曲、2ndアルバムに収録された「僕のマーメイド~promise~」「Hot Summer Love」、VSライブ「More Than Sound」の新曲「Jasmine ~月光の花~」「I wanna be your hero」など、さまざまなナンバーを披露。さらに各公演のペアによる即興劇を行うなど、これまでにない試みも多く見ることができた。

ここからは千秋楽となる8月26日・ユニット公演の模様をお届けする。ユニット公演はA公演の辻&不破、B公演の音羽&伊達、C公演の霧島&神崎それぞれのペアが互いに声を掛けあい、ライブの盛り上がりを予感させるナレーションからスタート。ムービーに合わせてファンがアイドル6人の名前を盛大に叫んだあとは、3 MajestyとX.I.P.お馴染みの曲から始まっていく。

コーラスで重厚感が増した「Show Up! -Remix ver.-」、サウンドに合わせたエアギターの振りが印象的になった「CHEAT DANCER -Remix ver.-」、思わず笑顔になってしまうような「Pastel Sky」、さらなる高みを目指すと背中で語るような「Higher ground」の4曲を一気に熱唱。続いてMCとして霧島と伊達が登場し、ここからユニット曲満載で届けるとコメントする。ここでリーダー2人のMCパートが多いことに納得がいかなかったらしい神崎からの指示により、2人が猫のような「にゃー♪」という語尾の喋りとポーズをするという開幕早々にド派手な爆弾がファンを直撃。しかし激しく動揺している暇は与えられず、怒涛のユニット曲へと突入していく。

まずは辻&不破がスモークの中をポップアップで飛び出し、互いの胸倉を掴むようなぶつかり合いから始まった「Crazy in love」。狂おしいほどの愛を表現するように両者がアグレッシブなダンスを見せつけ、とくに体格差のある辻が不破に負けないくらい飛び上がって蹴りを入れる振付は3 Majestyの楽曲ではなかなか見られない貴重なもの。さらに音羽と辻のポップでキュートな「I'm in love」、霧島&伊達が愛に溺れて迷う様子をセクシーに表現した「Maze of Love」と、三者三様の“Love”をたっぷりと味わうことができた。

MCでは霧島と伊達に加え、神崎も登場。照れも恥じらいもなく大真面目に猫の真似をした霧島たちが面白くないといった様子の神崎に対し、霧島は「何故?」と伊達に疑問をぶつける。その理由が分かってないのは、おそらく会場のファンも含めて霧島だけだったように感じられた。

そんな、どこか噛み合わないところにクスっとしてしまう霧島&神崎だが、ユニット曲の「散歩道」を歌う際には息ぴったり。2人に手を引かれ、愛を語り合いながらゆっくりと並んで歩く幻が見えた気がするほどの温かなラブソングだ。ここから一転、切なさに胸が締め付けられる辻&伊達の「REVERSE」、音羽&不破の心が寄り添ってくれるような「空色DREAM」と、それぞれ違った愛のこもった歌がファンに届けられた。

MCには歌い終わった音羽と不破に辻が加わるが、不安そうな辻の予感は的中。まったく辻の話を聞かない2人は「カイトが恋をするならどの曲が近い?」といった話題で盛り上がるだけ盛り上がり、そのままステージ袖へと消えていく。振り回される不憫な弟っぷりを全力で楽しめたところで、ユニット曲のターンはクライマックスへ。

辻&神崎が互いに競い合うダンサブルな「SWEET JEALOUSY」に続き、抱きしめられているような感覚を覚える甘さたっぷりの音羽&伊達による「Honey come」、どこまでも挑発してファンの絶叫をほしいままにする霧島&不破の「Good to be bad」でライブ本編は一旦終了するが、もちろんアニバーサリーライブはこんなものでは終わらない。

ここから、各公演のペアが設定にそって行う影ナレーションでの即興劇へ。辻&不破の回では時代劇風の捕り物、音羽&伊達の回ではスイーツ探偵、霧島&神崎では商店街といった異なるシチュエーションで行われていたが、ユニット公演ではどうなるかというと…なんとこれらの設定をすべて盛った状態でスタート。各公演では終始笑いの絶えないドラマが繰り広げられたが、今回も音羽が「スイーツ探偵の正体は…怪盗Honey come!」と、誰にも疑われていないのに盗難事件の犯人だと自白してしまうという驚き(?)の展開が待っていた。

コミカルなドラマの後は、メンバー6人が今回のアニバーサリーライブの千秋楽を迎えられた喜びを1人ずつ話していく。「王子たれ!」や「We are X.I.P.!」といったお決まりのコールも交えつつ、最終日ならではの特別なコメントを堪能することができた。

ライブTシャツに着替えたアイドルたちが歌うアンコールといえば、6人揃っての「Never Ever Ending」。ライブ終了後には霧島と伊達がこれまでの夏ライブを振り返りつつ、もはやホームのように感じているというDMM VR THEATERやスタッフへお礼をと大きな拍手を贈る場面も。そしてライブ中には、2019年1月26日から2月3日までサンリオピューロランドにて5周年ツアー第3弾「3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour in Sanrio Puroland-」が開催となることも発表された。5周年ツアーの中、さらに進化していくパフォーマンスが期待できそうだ。詳細については続報を楽しみに待っていよう。

(C)Konami Digital Entertainment
(C)コーエーテクモゲームス
撮影/大山雅夫

※メーカー発表情報を基に掲載しています。

関連ワード

この記事のゲーム情報

ときめきレストラン☆☆☆

ときめきレストラン☆☆☆

恋愛レストランゲーム
機種
Mobile
プラットフォーム
アプリ
OS
iOSAndroid
会社
KONAMIコーエーテクモゲームス
ジャンル
シミュレーション
テーマ
恋愛女性向け
  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー