百合ゲームの魅力を伝えるインタビュー連載企画の第2回は、2019年4月26日に発売された「クダンノフォークロア」を取り上げる。

百合ゲームの魅力を伝えるインタビュー連載企画の第2回は、ハブロッツのゲームブランドSukeraSparoより2019年4月26日に発売されたPC向けゲーム「クダンノフォークロア」に注目。プロデューサーである古賀秀一氏と、本作のシナリオライターで「FLOWERS」をはじめとした多彩な百合作品を手掛けている志水はつみさんにお話を伺った。

「クダンノフォークロア」とは?

最近、「クダン」というフォークロア(都市伝説)が広まっている九段下で暮らしている16歳の少女・九段朔夜。彼女は料理教室講師である志摩塔子と、とあるきっかけで出逢い、ふれ合ううちにほのかな想いを募らせていくことになる。
しかし、災厄を予言する「クダン」を塔子が目にしたことで、穏やかだった日常は狂いだしていき……。

第1回「FLOWERS」

女性にも興味を持ってもらう作品を目指して

――sukerasparoはWeb番組の「百合ゲー愛好会」を展開するなど、百合ゲーに力を入れていますが、今回の「クダンノフォークロア」はどのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

百合ゲー愛好会で制作したという冊子。百合ゲームの来歴が細かくまとめられている。

古賀:もともとブランド1作目の「ことのはアムリラート」のときから、志水さんと一緒に百合ゲーを作りたいと考えていました。ただ、志水さんが「FLOWERS」のシナリオなども手掛けていた関係で機会を作れなかったんです。

志水:ちょうど「FLOWERS」の秋篇を書き終えて冬篇を作り始めているところでした。そのため、「FLOWERS」が完成するまで1年も待ってもらいました。

古賀:異世界モノの「ことのはアムリラート」は独自の言語にこだわったりしている(http://sukerasparo.com/sp008/sp-interview07.html)ゲームで男性ユーザーが多かったので、志水さんと女性のかたにも楽しんでもらえる百合ゲーを作りたいなと思っていました。

志水:自分が怖い話が好きだったので怪談と百合を組み合わせた作品を提案させていただきました。

古賀:「零」や「夜廻」など百合の要素があるホラーゲームは多いですし、怪談自体が好きな女性も多いと思ったので、その志水さんのアイディアでいくことにしたんです。

志水:「FLOWERS」にも怪談はあるのですが、やはり女性のユーザーさんがよろこんでくれましたね。

――女性ファンを意識したということですが、男性ファンに関してはどのような部分で惹き付けようと思いましたか?

古賀:グラフィックですね。はねこと先生の描くかわいらしいイラストは男性ユーザーを惹きつけてくれると思いました。

――主人公を高校生にした理由は?

志水:本作でメインとなるのは学校ではないのでOL同士の恋愛などでもよかったのですが、年上の女性にあこがれるシチュエーションを描きたかったため、主人公を高校生にしました。高校生なら同級生や後輩の女の子との関係性も描けるのでストーリーを作りやすいんです。

九段朔夜(CV:福原綾香)

古賀:「マリア様がみてる」や「FLOWERS」といった百合の王道作品が学園モノなので、「クダンノフォークロア」はそれ以外の部分をメインにしたいなという気持ちもありました。

――本作は九段下を舞台にしていますが、こちらはどのような意図で九段下を選んだのでしょうか?

志水:以前、九段下の会社に務めていたことがあるのですが、自然が豊かなところがある一方で栄えているところもあり、舞台にしやすいかなと思いました。主人公の名字が九段になったのも舞台を九段下にすることが決まったからですね。

――主人公である九段朔夜はどのような女の子にしようと思いましたか?

志水:主人公が前向きでないとユーザーさんがイライラしてしまうかと思い、考える前に行動するような活発な性格にしました。

――それは百合作品の主人公という部分とは関係なく?

志水:はい。もともと自分がストーリーを作るときは恋愛ではなく友情の部分から描こうと思っています。まず、友だち関係として「いい人だな」と思ってから恋愛に発展するような展開にしているので、あまり百合と主人公の性格はストーリーとは関係ないですね。一目惚れのシチュエーションも描くことはありますが、盲目的な恋愛ではなくしっかり仲良くなる過程を描いています。

古賀:同性同士の恋愛というと当人たちに葛藤もあると思いますが、そのこと自体は近年あまり深く描かれなくなってきている側面もあります。

志水:そうですね。「FLOWERS」では描いていたテーマですが、本作でも「好きだからしょうがない」と割り切って描いています。

――それはリアルでの恋愛の多様性なども関係しているのでしょうか?

古賀:というよりは、そのテーマ自体がこれまでの百合作品でたくさん描かれ続けてきたので、今はその先のストーリーを描くものが増えてきた……ということだと思います。

――なるほど。百合ゲーム自体が歴史のなかでアップデートされているという側面もあるんですね。少し話が逸れましたが、主人公以外のキャラクターについてもお聞かせ願えますでしょうか。まずは志摩塔子について。

志水:塔子さんは芯が強くて賢い女性ですが、作中ではそこまで切れ者としての側面は見せていません。どちらかというとみんなの意見をまとめる役割をしていることが多く、包容力のある女性に見えるんじゃないかなと思います。ちなみに彼女が料理教室を開いているのは書いている自分自身も料理が好きで、料理シーンのテキストを書きたかったからです。「FLOWERS」に料理シーンがあるのもそのためですね。

志摩塔子(CV:石見舞菜香)

――後輩の春夏冬小兎に関してはいかがでしょうか?

志水:後輩を登場させようと考えたとき、以前から描いてみたかったギャルにしてみようとアイディアが浮かびました。ただ、自分自身が乱暴な言葉づかいが苦手なので小兎も先輩や年上に対して敬語を使うキャラクターにしています。一方で仲良くなった相手には「~ッス」というような砕けた喋り方にになるので、その点にも注目してもらいたいですね。また、はねこと先生がすごくキャッチーなデザインにしてくださって、そこもすごく気に入っています。

春夏冬小兎(CV:長縄まりあ)

古賀:しゃべり方といえば小兎の佳恋に対する呼び名も途中で変わりますよね。

志水:そうですね。最初は名字呼びなのですが、とあるイベントをきっかけに名前で呼ぶようになります。事件を乗り越えて明らかに関係性が変わったなというのがユーザーさんからもすぐにわかってもらえるかなと思います。

――では、その吾妻佳恋についてもお聞かせください。彼女は朔夜の親友というキャラクターですね。

志水:もともと本作は朔夜、塔子、小兎の3人でストーリーを作ろうと思っていたので彼女は存在しませんでした。ただ、それだと前半はずっと朔夜のひとり語りでストーリーが進行することになってしまうと思い、佳恋というキャラクターを制作しました。はじめは繋ぎ役のキャラクターだった彼女ですが、筆が進むうちにユーザーさんから「なんで彼女を攻略できないんだ!」と思ってもらえるぐらい魅力的なキャラクターに仕上がったと思います。朔夜と佳恋は同じ体育系の部活でホラー映画の趣味も共通しているので、塔子や小兎とは違った間柄の関係性を描けたかなと思っています。

吾妻佳恋(CV:岡本理絵)

――塔子に仕えている使用人の岩井紗和子に関してはいかがですか?

志水:今まで自分が完全にクールなキャラクターというのを描いたことがなかったので、その挑戦でした。「FLOWERS」にもクールなキャラクターはいますが、どこかで砕けてふざけたりするので、紗和子はそういう面を出さないようにしました。そのため、彼女が本当の素を見せたときはライオンが懐いたような感じでうれしいのではないかと思います。

岩井紗和子(CV:森なな子)

――簡単にはなびかないんですね。

志水:クールなキャラクターをイジって笑いを取るパターンは他作品でも多いですが、それは後から描くからこそ楽しいものだと思うんです。

古賀:紗和子役の森ななこさんは紗和子が俳優のクリスチャン・ベールのような服を着ているという設定を見て「どのクリスチャン・ベールですか?」という鋭い質問をされていましたね。

志水:じつはこの設定が物語的に重要だったりするので、言葉に詰まりましたね。いいところを突いてくるなと驚きました。ちなみに音声の収録では森さんをはじめ、演じているみなさん全員ほぼリテイクが無かったですね。普通は「もう少しこういうニュアンスでお願いします」とお伝えしたりするものですが、最初にキャラクターの概要を説明したあとはとくに変更をお願いしたりすることはなかったです。

古賀:塔子役の石見さんも普段はあまりお姉さん役をやらないとおっしゃっていましたが、透明感のある声でバッチリはまっていましたね。

――ストーリーについてお聞かせください。公式サイトには少女たちの成長がテーマと書かれていますが、このテーマを描くにあたり、どういう点に気を配りましたか?

志水:人はなにかをきっかけにして急に成長するものではないと思っています。そのため、物語を通じて少しずつ変わっていく様子が描ければいいなと思いました。劇的な変化ではなくても、わかる人にはわかる変化が描ければと。

――なかなかそういった変化を物語としてドラマチックに描くのは難しそうですね。

志水:そこは「FLOWERS」のシナリオで鍛えられましたから(笑)。

――なるほど(笑)。ほかに描きたかった裏テーマなどはありますか?

志水:本作はホラーですがアメリカ映画的なビックリ系の脅かし方はではなく、ジャパニーズホラーのような日常が侵食されていく怖さが出ればいいなと思いました。あとはやはりユーザーさんのお腹が空くような食事シーンですね。

土台が作られたことで進化している百合

――百合のこと全体についてお聞かせください、百合作品を作るときに気をつけていることは?

志水:自分は属性と言われるものを組み合わせて作られた記号的なキャラクターではなく、しっかりその人の人生を描きたいと思っています。そのため、物語で描かれない部分に関しても設定を作るようにしています。キャラクターの意外な二面性も描きたいとは思っていますが、あくまで単なるキャラ設定にならないように気をつけています。

――それはリアリティを出すためでしょうか?

志水:はい。年下でもしっかりしている人はしっかりしているし、年上だって弱みを見せることはあります。決めつけでストーリーを作りたくはないですね。

――ということは世間のトレンドはあまり気にしませんか?

志水:調べることはありますが、シナリオに左右されることはありませんね。むしろ自分は影響されやすいタイプなので、百合ゲームのシナリオを手掛けるようになってからはほかの百合作品は見ないようにしています。「FLOWERS」の秋篇に「マリみて」に似ている展開があったとお聞きしたのですが、じつは知らないんです。

――ほかの百合作品を見ないというのは徹底していますね。

志水:私の場合、ほかの作品からリスペクトを受けて自分のなかでろ過したものを作っても大抵はおもしろくないんです。やはり自分の内にあるもので勝負したほうが良いものができるし、スタッフやユーザーさんの反応もいいですね。

――シナリオの作り方も教えてください。本作のような男性っぽい女の子が主人公の場合、男女の恋愛ストーリーとは具体的にどのような点が異なってくるのでしょうか?

志水:キャラクターの葛藤です。男の子っぽくても女性ならではの繊細な悩みは持っていますし、そこを描くことで同性のユーザーさんに興味を持ってもらえるものだと思います。ただ深く悩むといっても同じ話ばかりループして描かないようには注意しています。

――百合作品を作るうえで注意していること、やってはいけないことなどはありますか?

志水:注意しているのはキャラクターをちゃんとひとりの人間として描くようにしているということですね。自分はサブキャラクターをふくめて家族構成などをしっかり設定しています。やってはいけないタブーに関してはあまり考えていなくて、女性同士の関係がしっかり物語のなかで描けていればそれでいいと思っています。

古賀:こちらから志水さんに要望を出すこともなかったですね。男性キャラクターを出さないほうがユーザーさんが安心して楽しめるといったルールなどもあると思いますが、志水さんのおっしゃる通り、根底で百合が描けていれば問題ないと判断しました。ただ、それも「FLOWERS」が土台を作って「百合とはこういうものだ」ということをユーザーに教えてくれたことが大きいと思います。

志水:古賀さんには「暴走しすぎているようだったら修正します」とお伝えしていましたが(苦笑)。

古賀:いえいえ。自分はもっと怪談よりのストーリーになるのかと思っていたぐらいです。志水さんには百合という題材のなかで自由に創作していただきたいなと思っていました。先ほどもお話しましたが、はねこと先生のイラストがあれば本作が百合作品であることはユーザーさんに理解してもらえると思っていましたので。

志水:そうですね。はねことさんは原画だけでなく塗りも手掛けられているのですが、とても手が早いので自分よりも仕上げるのが先だった部分もありました。クオリティも素晴らしく、負けていられないなと気合いが入りましたよ。

――先にCGを見たことでシナリオのクオリティが上がったと。

志水:そうですね。視覚で見なければわからないことも多いので。そして、そのCGを見て感じた空気感を文章で届けるのが自分の仕事ではないかと思います。

――なるほど。

志水:ゲームは小説と違って絵があるのでそこまで描写を細かく描く必要はないです。しかし「ここは見せ場だな」というシーンがあればしっかり描く必要があると思っています。たとえば、青い空のCGがある場合は空の青さについて描く必要はないですが、そのシーンが重要であるなら、どのような空なのか、キャラクターが空を見てどう感じるのかを描くべきだと思っています。同じ空であってもキャラクターの境遇によって見え方は変わってきますから。

古賀:はねこと先生は某キャラクターのエンディングイラストをいちど完成させたあと、それを破棄して描き直していました。志水さんはもちろん、はねこと先生もプロフェッショナルな方です。

志水:描き換えたことで一気に百合度の増したエンディングになりましたね。

古賀:もう少し百合があったほうがいいと思ったのかもしれませんね。

志水:そうですね。あのグラフィックを見て、自分の中でもかなりストーリーの描き方が変わりました。少年漫画のように告白して終わりではなく、少女漫画のように告白をしたあとのストーリーを深く描くようにしました。

海外でもアツい百合というジャンル

――おふたりが最初にハマッた百合作品やお仕事にしようと思ったきっかけについてお聞かせください。

古賀:この道に進むきっかけとなったのは「その花びらにくちづけを」という同人作品です。商業化するときにお手伝いしたのですが、Girls Love Festivalに参加したりと、この作品をきっかけに百合の世界を知っていきました。全年齢対象のsteam版を出したときは海外の熱いファンの存在を知ることができましたし、百合というジャンルの人気を肌で感じることができましたね。

――海外の人気は具体的にどうでしたか?

古賀:台湾でイベントをやったときは熱量がすごかったです。また、6対4ぐらいの割合で女性ファンのほうが多かったのが印象的ですね。また、制作に関しても翻訳を先方のほうから申し込んでくれたりと熱意のある方ばかりですね。

台湾の百合オンリーイベントのカタログ。

志水:自分が女性同士の関係がいいなと思ったのは梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」や京極夏彦さんの「魍魎の匣」ですね。百合というわけではありませんが、友情を超えた関係を感じることができましたね。そういう友情の先にある恋愛というアプローチであれば、男女の物語とあまり変わらないですし、自分にも百合のシナリオが書けるのでは思いました。

――初心者にオススメの百合作品はありますか?

古賀:やはり「FLOWERS」の小説版じゃないでしょうか。

志水:ありがとうございます(笑)。確かに「FLOWERS」は学園モノの王道なので入りやすいとは思います。みなさんの応援次第で春篇以降も小説版を出せるかもしれないのでよろしくお願いします。

古賀:全10巻で完結した「あの娘にキスと白百合を」もオススメです。オムニバス方式なので読みやすいと思います。あとは「やがて君になる」や「繭、纏う」もクオリティが高いです。

志水:「繭、纏う」は「FLOWERS」のスギナミキさんにも勧められているのですが、読むと影響を受けてしまいそうなのでチェックしていないんです。きっと読んだら髪の描写が増えちゃうと思います(苦笑)。

――このインタビュー記事を読んで百合の世界を覗いてみようと思った人にアドバイスはありますか?

志水:ゲームや本は購入するというハードルがあるので、TVアニメから入るのがいいような気がします。

古賀:そうですね。軽い部分からハマッていって、より深い百合を体験してみたくなったら「FLOWERS」や「クダンノフォークロア」に触れてみてほしいですね。あとは自分たちで百合ゲー愛好会という生放送をやっていて(http://ch.nicovideo.jp/yuri-game-love)、そこでいろいろな百合ゲーを紹介しているのでチェックしてみてくださるとうれしいです。

――最後にこれから「クダンノフォークロア」をプレイしようと思っている人にひとことお願いします。

古賀:百合を求めている人には間違いのない作品になっています。ビジュアル、シナリオ、音声、すべてにおいてプロフェッショナルの仕事をしていただきました。ぜひプレイしてみてもらえればと思います。よろしくお願いします。

志水:百合を知らない人がはじめてプレイしても楽しめるようにも作っています。はねこと先生のイラストもとても素晴らしいので、グラフィックを見て気になった人もぜひプレイしてみてほしいです。

――本日はありがとうございました。

クダンノフォークロア

SukeraSparo

PCパッケージ

  • 発売日:2019年4月26日
  • 価格:3,800円(税抜)
    クダンノフォークロア

    クダンノフォークロア 限定版

    SukeraSparo

    PCパッケージ

    • 発売日:2019年4月26日
    • 価格:5,800円(税抜)
      クダンノフォークロア 限定版

      百合ゲーム特集記事まとめページ

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(21枚)

      (C)sukerasparo

      ※画面は開発中のものです。

      関連ワード

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      • セガ特集ページ
      • プリコネR特集
      • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト
      • セール情報

      人気記事ランキング

      RANKING

      定期配信

      REGULAR
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      5月26日(木)
      - Doki Doki Family - 特異体質者のドキドキ家族生活
      Five Nights at Freddy’s: Security Breach
      G-MODEアーカイブス42 いづみ事件ファイル Vol.2 黄昏編
      PAC-MAN MUSEUM+
      Sniper Elite 5 スタンダードエディション
      Sniper Elite 5 デラックスエディション
      T3 アリーナ
      Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
      きみのまち サンドロック
      やばたにえん酸
      アーケードアーカイブス フリップル
      エリックじいさんの不思議なブレスレット
      サクラ・サキュバス5 ~異郷の魅惑~
      ザ・パーシステンス Enhanced
      スーパー野球リーグ
      ツクールシリーズ キングダムファイター
      ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ
      バイオモーター・ユニトロン
      ビータスクリエイションソリティア
      プリミティブウォー
      ラギ アケアカNEOGEO
      ラディアンテイル
      5月27日(金)
      Goonect
      REMOTE LIFE
      ドラゴンクエストけしケシ!
      5月30日(月)
      MAGLAM LORD/マグラムロード
      Rotaeno
      6月1日(水)
      ディアブロ イモータル
      6月2日(木)
      Behind the Frame ~とっておきの景色を~
      Card Shark
      LOOPERS
      インディゴ7
      インディゴ7 特装版
      コスモプレイヤーZ
      フィッシング・パラダイス
      冒険ダンジョン村2
      常世ノ塔
      映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~
      映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~ 限定版
      6月6日(月)
      エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 アップグレードコレクターズ版
      エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 アップグレード通常版
      エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 コレクションコレクターズ版
      エルダー・スクロールズ・オンライン: ハイ・アイル日本語版 コレクション通常版
      6月8日(水)
      My Lovely Wife
      THE CYcle: FRONTIER
      最強でんでん
      6月9日(木)
      even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女
      KLAP!! for Nintendo Switch
      KLAP!! for Nintendo Switch 特装版
      鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
      鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 フィギュアマルチスタンド付き限定版
      6月10日(金)
      MADSHOT
      クアリー ~悪夢のサマーキャンプ
      クアリー ~悪夢のサマーキャンプ デラックス エディション
      マリオストライカーズ: バトルリーグ

      コメントランキング

      COMMENT