DeNAがポケモンと協業し2019年夏にリリースするiOS/Android向けアプリ「ポケモンマスターズ」。本作の先行プレイレポートをお届けする。

「ポケモンマスターズ」は、人工島「パシオ」を舞台に主人公となるプレイヤーが、ポケモンとトレーナーのコンビ「バディーズ」を組んで冒険にでるスマートフォン向けの新たなポケモンプロジェクト。

本作には、「ポケットモンスター」シリーズに登場する歴代のトレーナーたちが、相棒のポケモンたちとともにバディーズとして登場。主人公は彼らと協力し、自分だけのチームを結成してパシオで開催される大会「ワールドポケモンマスターズ(WPM)」のチャンピオンを目指す。

今回、本作の配信に先駆けてメディア関係者向けの先行プレイ会が開催。本稿では、ここで見えてきたタイトルの魅力やゲームシステム、「ポケモンマスターズ」のプロデューサーを務めるDeNAの佐々木悠氏へのQ&Aの模様をお届けしていこう。

歴代キャラクターと自分だけのチームを組んで「WPM」優勝を目指せ!

本作の大きな特徴は、歴代「ポケットモンスター」シリーズに登場したトレーナーたちが、一堂に会するということだろう。これまでの作品の中でも歴代のトレーナーたちが「バトルツリー」等の施設に登場することはあったが、物語の中でクロスオーバーすることは以外に少ない。各キャラクターの魅力や意外な人物との絡みなど、これまで描かれてこなかったシーンにスポットが当たるのはファンにとって嬉しい要素となるだろう。

また、各キャラクターの相棒として登場するポケモンたちにも注目だ。カスミであればスターミー、タケシであればイワークといった「バディーズ」が本作には多数登場。リリース時には65組のバディーズが登場予定となっており、アップデートで順次追加が予定されている。自分のお気に入りのバディーズがどういった形で登場するのか、どんな掛け合いが用意されているのか、などなど、気になる要素が満載だ。

バディーズは、後述するストーリーの進行や「バディーズサーチ」で入手できる。バディーズは★3~★5まで設定されているが、“のびしろ”というアイテムを使用することで全バディーズ、★5まで育成することができる。

バディーズサーチ

バディーズの育成要素についてだが、バトルを通じて経験値を得る他、特定の育成用アイテムを消費してレベルアップさせていくことが可能だ。バディーズにはレベル上限があるが、特定の道具を使用することでゲンカイ突破ができる。一部のポケモンは、条件を満たすことで進化できるものも存在する。

また、初期のバディーズは使用できる“わざ”が2つしかないが、“とっくんマシン”というアイテムを使うことで最大4つまで増やすことができる。さらに、バトル中に自動で発動するパッシブスキルも存在。こちらは「ポケットモンスター」シリーズの“とくせい”のようなものとなるだろう。

バディーズの育成などは、ホームとなるポケモンセンターで行う。

さらに本作には、トレーナーとポケモンが協力して繰り出す「バディーズわざ」が登場する。バディーズわざは、初期段階ではレベル1だが、同じバディーズが再度仲間になることでレベルが上昇。最大レベル5まで上げることが可能だ。

ピカチュウ&主人公のバディーズわざ
“走り出す情熱のかみなり”

本作では、そんな「バディーズ」と3組のチームを組んで3対3でポケモンバトルに挑戦していくのだ。冒険の舞台となる人工島「パシオ」で、シリーズでもおなじみのジムリーダー戦を制しバッジを収集。このバッジを5つ集めることで参加可能になる大会「ワールドポケモンマスターズ(WPM)」の出場を目指す、というのが大筋の流れだ。また、仮面を付け悪事を働く「ブレイク団」という怪しい組織も登場する。ストーリーにどのように介入してくるのか、気になるところだ。

本作には大きく、一人で楽しめる「ソロバトル」とプレイヤー同士で協力する「マルチチームバトル」が用意されている。ストーリー序盤はソロバトルが主軸となるが、物語が進むことによって徐々にマルチチームバトルにシフトしていく。なおマルチチームバトルは、メインストーリー11章で解放されるようだ。

「WPM」での優勝を目指すメインストーリーに加え、本作には固有の物語が展開する「バディーズエピソード」も存在する。ここでは仲間になったバディーズたちのエピソードが確認でき、シリーズで語られてきた物語をより深く楽しむことが可能だ。トレーナーによっては、バディーズエピソードが複数あるものも存在する。

スマホ向けに最適化された新たなポケモンバトルを紹介!

ここからはスマートフォン向けに最適化されたという、新しいポケモンバトルのシステムを紹介していこう。

なんといっても大きな特徴は、3対3によるリアルタイムバトルが繰り広げられる点だろう。従来のシリーズは、ターン制による一手一手、熟考しながら戦う戦略性の高さがウリだったが、本作はリアルタイム制となっているため気軽にプレイできる手触りに仕上がっていた。

とはいえ、もちろんむやみに“わざ”を繰り出せるわけではない。わざを出すにはチームで共有する「わざゲージ」を消費する必要がある。なお、使用するわざによって必要となるわざゲージの消費量は異なる。

バディーズのわざは、ポケモンたちによるお馴染みの“10まんボルト”などはもちろんのこと、トレーナーもわざを使ってバトルをサポートする。トレーナーのわざは使用回数が設定されているものの、わざゲージを消費せずに使うことができるので、バトルの大きなアクセントになっている。ポケモンたちと一緒に戦っている感をより強く感じられる大事な要素だ。

画面下部の水色のゲージが「わざゲージ」だ。

トレーナーとポケモンが協力して繰り出す「バディーズわざ」も本作の見どころだ。バディーズわざは、バトル開始時は使用することができないが、自身のチームがわざを使用することでターンが経過。バディーズわざ毎に設定されている回数のわざを使用することで、バディーズわざが使用可能になる。

この「バディーズわざ」で面白いと感じたのが、通常わざとの関係だ。例えばキモリであれば“タネマシンガン(消費ゲージ:2)”と“リーフストーム(消費ゲージ:3)”が使用できるのだが、一見するとどちらも同じタイプなので威力の高いリーフストームを選択するのが良いように感じるかもしれない。しかし、わざゲージを温存しつつ「バディーズわざ」を使用したい場合は、タネマシンガンの方が有効な場面もあるのだ。

ポケモンバトルで忘れてはいけないのがタイプ相性。本作にもシリーズの伝統である相性は存在するのだが、これまでの「ポケットモンスター」シリーズとはその仕様は少々異なる。ポケモン毎にある弱点のわざで攻撃をすると“こうかはばつぐん!”となり大ダメージを与えられる……、という部分は一緒なのだが、弱点がバディーズごとに1タイプに設定されているほか、その逆である“こうかはいまひとつ”や“こうかがない”といった抵抗力の部分は本作では省かれている。

これにより、原作ではじめんタイプだったディグダなどのポケモンに、でんきわざが等倍で入るといった現象も起こるわけだ。「ポケットモンスター」シリーズをプレイしている人にとっては少々違和感を感じる部分かもしれないが、スマートフォンタイトルであることを考えると、気軽に遊びやすくスッキリした印象を受けた。

弱点はバトル中、相手のHPバーの上に表示される。
ついうっかり忘れてしまっても安心だ。

このように本作ではバトル自体はシンプルになっているものの、相手や自分の状況を見ながらわざを選択していく、「ポケモン」シリーズの面白さはしっかりと受け継がれていると感じた。なお、スマートフォンで遊ぶことを考えゲームスピードの変更やオートバトルなども用意されていた。

「イッセイコウゲキ」がバトルのカギを握る「マルチチームバトル」

ここまで本作の基本的なバトルシステムを紹介してきたが、プレイヤー同士で協力する「マルチチームバトル」では、また違ったプレイフィールが味わえる。基本的な部分はソロと一緒なのだが、マルチでは3人のプレイヤーが3組のバディーズを持ち寄ってポケモンバトルが行われるのが特徴だ。とはいえ、9組のバディーズが同時に登場するのではなく、3組のバディーズから1組を操作、他2組のバディーズは控えという扱いになり、交代を駆使しながら戦っていく。

また、マルチチームバトル専用の要素として「イッセイコウゲキ」というわざが登場。「イッセイコウゲキ」は、他のプレイヤーと共通の"イッセイゲージ"がたまると発動する強力な攻撃で、このゲージをいかに早く溜めるか、という部分がマルチチームバトルでのカギとなる。イッセイゲージは、味方が連続してわざを使うたびに溜まっていくのだが、より早く溜めるには連携が重要となる。具体的には、味方3人全員が連続してわざを繰り出すことで“イッセイチャンス”に突入。ゲージ上昇にボーナスが付くようになる。

とはいえ、本作はリアルタイム制のバトルを採用しているので、味方との連携中に相手の攻撃で割り込まれて、なかなか“イッセイチャンス”になれないこともあるだろう。リアルで集まっているのであれば声を掛け合って、オンライン上で一緒に遊んでいるときはスタンプなどのコミュニケーションツールを使って、チームバトルの醍醐味を味わって欲しい。

質疑応答

最後に、先行プレイ会で行われた佐々木悠氏へのQ&Aの模様をお届けしよう。

――本作には何体ほどのバディーズが登場する予定でしょうか。

佐々木氏:リリース当初は65組のバディーズが登場し、その後のアップデートで順次追加を予定しています。

――「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」までのバディーズが登場するのでしょうか?

佐々木氏:そのようになります。ただし、1つのタイトルに特化するのではなく、まんべんなく追加していきます。

――本作にはPvP要素はありますか?

佐々木氏:現時点ではPvPは未実装となり、今後の予定も未定です。本作では、仲間や友達と強い敵に挑むことをコンセプトにしているので、まずは共闘という部分を楽しんで頂きたいと考えております。

――キービジュアルにはメガリザードンXが描かれていますが、メガシンカも登場するのでしょうか?

佐々木氏:システムとしてメガシンカを実装する予定はありません。ただし、メガシンカのすがたのポケモンは一部登場する予定です。また、「バディーズわざ」を使用した時に、コルニのルカリオなどがメガルカリオになるなどの例があります。

――本作には進化の要素もあるようですが、イーブイなど進化に分岐があるポケモンの扱いはどのようになるのでしょうか?

佐々木氏:現時点で、明確にお答えすることはできません。

――漫画「ポケットモンスターSPECIAL」との関連はありますか?

佐々木氏:ございません。

――今回の先行プレイ会では、「バディーズサーチ」における★5の排出率がかなり高く設定されていましたが、これは正式サービス時も同じでしょうか。

佐々木氏:製品版での仕様をお答えすることはできませんが、幅広い年代に愛される「ポケモン」ブランドにふさわしい形はどういったものか、株式会社ポケモン様と協議の上、決めていこうと思います。

――デザイン違いのトレーナーが登場することはありますか?

佐々木氏:パシオでの冒険を通してさらなる成長を遂げ、特別なコスチューム「マジコス」を身にまとって登場するトレーナーもいます。ただし、ソロバトルが中にタケシ、タケシ、タケシみたいな形で同じトレーナーが並ぶようなことはありません。

――異なるポケモンを相棒にしたトレーナーなどは登場しますか?

佐々木氏:タケシを例に挙げると、最初はイワークとバディーズを組んで登場するのですが、物語の途中で本作オリジナルの設定である“マジコス”という衣装を着たタケシがバンギラスを連れて登場します。そういった形での展開は予定しております。

――メインストーリーはリリース時からエンディングまでの物語が入っているのでしょうか?

佐々木氏:リリース時には全18章のエピソードが用意されており、18章時点では「ワールドポケモンマスターズ」本戦の途中となります。続きのエピソードは順次アップデートで追加していく予定です。

――バトル中に、“こうげき”や“とくこう”の表現がありましたが、“ぶつりわざ”と“とくしゅわざ”の分類はわざ毎の設定になりますか?

佐々木氏:そのようになっています。

――天候の要素もあるようですが、どのような仕様になるのでしょうか?

佐々木氏:基本的には原作に合わせております。ただしバトルシステムが違いますので、ターン制バトルを想定した原作での効果は本作向けに変更しております。

――本作では、同じタイプであってもポケモン毎に弱点が異なりますが、それはどのように決定したのでしょうか?

佐々木氏:基本的には原作に合わせた形で個別に設定しております。原作のタイプですと“こうかばつぐん”をとれるタイプが1タイプにつき複数存在する場合がありますので、そこに関しては協議の上設定しております。

――弱点が複数あることもありますか?

佐々木氏:リリース時は、1つのバディーズにつき弱点は1タイプを設定しています

――対応言語を教えてください。

佐々木氏:リリース時点では8言語(日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語(繁体字))を予定しております。

――本作ではイベントなども開催されるそうですが、どういったものを予定しておりますか?

佐々木氏:現時点で詳細をお話することはできませんが、楽しみにしていてください。

事前登録も順次開催中!
iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1442061397
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dena.a12026418


ポケモンマスターズ

DeNA

MobileアプリiOS

  • 配信日:2019年8月29日
  • 価格:基本無料

    ポケモンマスターズ

    DeNA

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2019年8月29日
    • 価格:基本無料

      (C) 2019 DeNA Co., Ltd.
      (C) 2019 Pokémon. (C) 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
      ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

      ※画面は開発中のものです。

      関連ワード

      この記事のゲーム情報

      機種
      Mobile
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      DeNAポケモン
      シリーズ
      ポケットモンスター
      ジャンル
      RPG
      • セガ特集ページ
      • プリコネR特集
      • BUSTAFELLOWS特設サイト
      • セール情報

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      7月31日(金)
      FoxVoltex
      Reversing Caste ―オメガバース―
      重装出陣
      8月3日(月)
      エリオスライジングヒーローズ
      ドラゴンファングZ~竜者ロゼと宿り木の迷宮~
      ドラゴンブレイズ
      8月4日(火)
      Fall Guys: Ultimate Knockout
      8月5日(水)
      Spitlings
      千里の棋譜~現代将棋ミステリー~
      8月6日(木)
      LA-MULANA 1
      LA-MULANA 1&2
      Metaloid: Origin
      くっころでいず
      ちびっこヒーローズ
      ひつじのショーン ホーム・シープ・ホーム:UFOフィーバー!パーティー版
      コープスパーティー BLOOD DRIVE
      ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズ
      ザ・コーマ:リカット
      ザ・コーマ:ダブルカット
      ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議な鍵SP
      ブイブイブイテューヌ
      ブイブイブイテューヌ エモーショナルエディション
      ブロウルハラ
      モンスターボーイ 呪われた王国
      名門ポケット学院2
      8月7日(金)
      Horizon Zero Dawn Complete Edition
      ブレイジングビークス
      8月8日(土)
      Dragon Marked For Death オールインワンパック
      8月11日(火)
      アンセスターズレガシー
      8月12日(水)
      アヴァベル ~女神に召喚されたら英雄だった件~
      ハイパースケープ
      8月13日(木)
      妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~
      妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~ DX入学セット
      8月14日(金)
      EA SPORTS UFC 4
      8月18日(火)
      Mortal Shell