2019年7月28日 、東京・八王子オリンパスホールにて行われた「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」の夜公演の模様をお届けする。

本公演は、「OCTOPATH TRAVELER」シリーズ初のライブとなり、2019年2月に発売されたアレンジCD「OCTOPATH TRAVELER Arrangements - Break & Boost -」収録楽曲に加えてライブでの新規アレンジ楽曲がゲーム映像と楽しめるコンサート。なお、セットリストは昼公演と同じとなっている。

アコースティックなライブとバンドのライブが同時に聞ける贅沢な構成!

ステージは「OCTOPATH TRAVELER」の物語のページを1枚ずつめくっていくように、「OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-」から幕を開けた。印象的だったのはステージの構成で、ステージ中央あたりから左半分がピアノ、ヴァイオリン、チェロといった弦楽器が並ぶ小編成なステージに、そして右半分はドラム、エレキギター(曲によってはアコースティックギターにもなっていたが)、ベースというバンド編成になっていたことだ。今回のライブの元となったアレンジアルバムの構成を、ステージでも完璧に再現している。もちろん奏でられる音はアルバムのまま…むしろ生の音という迫力で、アルバムよりももっとパワーアップして聞こえた。

2曲目の「フロストランド地方」では、ステージの前方に超大型のシルクスクリーンがするすると降りてきて、ステージ全体を覆い隠す。もちろんステージはシルクスクリーンの向こうに透けて見えているのだが、ステージ中央のセンタースクリーンにはゲームの映像が流れているため、一体なんのためのシルクスクリーンなのかと思ったのもつかの間、そのシルクスクリーンには美しい雪が舞った。センタースクリーンにはフロストランド地方のゲーム映像が流れ、シルクスクリーンには雪の映像が投影されるというその美しい重ね技には、思わずため息が零れた。

3曲目は一気にバンドの演奏に切り替わっての「バトル1」。シルクスクリーンを使った演出はこの曲でも活かされ、「BREAK」の文字がセンタースクリーンのバトルシーンの「BREAK」と重なって、まるで飛び出してくる3D映像のように表現された。

3曲が終わってステージに登壇したのは、本作の音楽を担当した作曲家の西木康智氏。今日、このように「OCTOPATH TRAVELER」の音楽ライブが開催できる喜びを、会場のファンに語った。

今回のライブのベースになったアレンジCD「OCTOPATH TRAVELER Arrangements - Break & Boost -」に、今回のライブで更に「Beyond」という単語を足したのは、「Beyond」には「超える」という意味があって、西木氏自身さまざまなものを「超えた」ライブにしたいという想いが込められてるという。

続いての4曲目は「崖下の村オアウェル」。ガットギターにピアノ、そしてクラリネットというシンプルな編成で、クラリネットの素朴な音色がじんわりと胸に響く。

5曲目は「赤き断崖の集落」。こちらも、ヴァイオリンにチェロにガットギターという編成で、ケルト音楽風の小気味の良いリズムを刻む。

6曲目は「学問の都アトラスダム」。ピアノとヴァイオリン、チェロという三名で奏でられた新規アレンジで、のんびりとした音に心地よく聞き入ることができた。

再びステージには西木氏と、今回のライブのためにアレンジをしてくれたという、ピアノの森悠也さんもステージに登壇した。なお、今回のアレンジはピアノが相当難しいらしく、聞いている側にはわからないような様々な難易度の高い演奏が行われており、森さんは自らの首を絞めていると項垂れる場面もあった。

なお、森さんと西木氏はなんと大学の同級生で、今もこうして西木氏の曲を森さんがアレンジをしたりと非常に良い関係を築けている仲間だそうだ。森さんが「西木さんの曲がいいから」と褒め、「いいコンビになれていますよね」と振ると、西木氏が「もう結婚するしかありませんかね?」とジョークで返し、会場に集ったファンは大爆笑。

そしてもうひとり、今回のライブでアレンジをしたヴァイオリンの吉田篤貴さんも登壇。今回ヴァイオリン以外にも多数の楽器を担当している吉田さんは、楽譜の書き方が楽器によって違うため、頭と指を楽器によって切り替えるのが大変で、リハーサルでは間違った音を出してしまったりといったトラブルもあったようだ。だが、「OCTOPATH TRAVELER」の楽曲はどの曲もメロディが引き立っていて、様々な楽器で曲の良さを伝えられるのが楽しい、と吉田さんは笑顔で語った。

7曲目に演奏されたのは、その森さんと吉田さんの2人によるピアノとヴィオラで演奏された「決意」だった。シンプルな構成だからこそ楽曲の良さが引き立ち、そしてタイトルの通り意志の強さを感じさせる曲だ。

8曲目は「宝物のために」。このライブのための新規アレンジで、ヴァイオリンやピアノチェロといった弦楽器にドラムやエレキギター、ベースなども参戦して、激しいバンドアレンジが会場の雰囲気をがらりと変えた。

9曲目は「ボスバトル2」。こちらももちろんバンドがベースになっているが、そこにヴァイオリンが激しい音色を重ねてくるアレンジ。スクリーンに次々と表示される強敵とのバトル、それと共に演奏される熱い楽曲に会場のファンも盛り上がる。

10曲目もほぼ同じ編成のままで、「理を司る者」。ゲーム内でほんの数回しか聴くことができないバトル曲ながら、あまりに印象的な曲でファンの人気も高い曲に、会場のボルテージも上がる。続けて演奏されたのはこの日のために新規アレンジされた「OCTOPATH Character Theme Madley Beyond」。全体的にアコースティックなアレンジになっており、各キャラクターたちのテーマ曲をゆったりとした気持ちで聞き終えたところで前半の部は終了した。

第2部もまだまだ盛り上がる!

11曲目は「街は川と共に生きる」。ここではまたステージ全体を覆うシルクスクリーンが使われ、揺らめく水面のような不思議なエフェクトの演出と共に、ガットギターの優しい音色が耳に響く新アレンジでお披露目された。

続けて12曲目は「洞窟ダンジョン~地下道ダンジョン」。ヴァイオリンにヴィオラ、チェロ、ピアノというこちらもアコースティックなアレンジ。ここでもやはりシルクスクリーンには霧がかったような投影がされ、「OCTOPATH TRAVELER」のゲーム画面を彷彿させるかのような不思議な揺らぎを感じながら世界観に浸ることが出来た。

13曲目は、これまでの2曲のアレンジからがらりと変わったバンドアレンジで「師匠のために」。こちらもこのライブで初めてお披露目される新アレンジ。そして続けてバンドアレンジで「旅路の果てに立ちはだかる者」が演奏された。その名の通り、各キャラクターと因縁のあるボスとのバトル曲であり、当然ながら楽曲も大変に熱く、会場のファンの熱をより一層盛高めさせる。

そして14曲目が終わったあと、ステージには西木氏と共に「OCTOPATH TRAVELER」のプロデューサーであるスクウェア・エニックスの髙橋真志氏が登壇した。

髙橋氏は、「OCTOPATH TRAVELER」という作品はまだ発売して1年しか経っていない上に、まだ1作しか出ていない「新参者」と表現しつつも、それでもこのようなライブを開ける機会を得られ、そうして会場を埋め尽くすファンが来場してくれて、一緒に素晴らしい音楽を楽しめることを、本当に嬉しいと語った。

制作当時のことに話が及ぶと、西木氏は「当時は苦労しかなかった」と項垂れる。当時、「OCTOPATH TRAVELER」のバトル曲のデモを渡したところ、本作のアシスタントプロデューサーである早坂将昭氏より、曲をグラフで表して「今回いただいた曲は感情曲線的に見るとこうです」と細かくダメ出しをされ、西木氏は随分と心を抉られたという、今だからこそ笑い話になるような秘話も飛び出した。

髙橋氏はスマートフォン用のタイトル「OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者」も開発が進んでいること、もちろんコンシューマのほうも含めて「OCTOPATH TRAVELER」をシリーズとして今後も盛り立てていきたい、という意欲を見せた。

次に演奏されたのは、その「OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者」から「大陸の覇者より~バトルアドバンスト」。バンドサウンドながら、ヴァイオリンやチェロ、ピアノと全員が参加した「OCTOPATH TRAVELER」シリーズらしさを感じるバトル曲が演奏された。

16曲目は「フィニスの門」。こちらも新規アレンジ。この日の演者全員が参加しての荘厳なアレンジの熱いバトルサウンドが続く。そして最後を飾るのは、もうこの曲しかないだろう。ラストバトルの「魔神の血を継ぐ者」。ベースは「OCTOPATH Character Theme Madley Beyond」だが、ピアノの森さんがシンセサイザーとして参加し、より深い音のアレンジとなっていた。

まさに魂に火をつけられたと言わんばかりのファンは、熱烈なアンコールの拍手を送り続けた。そのアンコールに応えて演奏されたのは、ファンの心を一度落ち着けるかのような、アコースティックアレンジの「踊子プリムロゼのテーマ」。ヴィオラにガットギター、そしてピアノが優しく重なる。

そして「Break:ボスバトル2」もアコースティックアレンジでの初お披露目となった。バトル曲ながらヴァイオリンとチェロ、ピアノだけで演奏された新たなアレンジに、会場のファンもしみじみと聞き入る。

再びステージに登壇した西木氏は「このコンサートが実現したのはファンの皆さん、そしてバンドのメンバーや関係各所のお力があってこそです」と謝辞を述べ、「最後に皆様への感謝の気持ちを込めて、この曲を贈ります」と演奏されたのは、ボーカル入りの「OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-」。自然と歌にあわせて会場からは手拍子が起こり、やがて大きな拍手となって、この日のステージは幕を下ろした。

なお、このライブがBlu-rayとなって2019年12月18日に発売されることが決定。もう一度振り返りたい人も、今回は残念ながら来れなかった人も、ぜひBlu-rayをチェックしてほしい。

西木氏をはじめとした本日の登壇者から、終演後のメッセージをお届け

※以下敬称略

西木康智(Composer)

アコースティックとロックのいいとこ取りという文字どおりBeyondな内容のコンサートを、バンドメンバー、関係各者、そして何より暖かいファンの方々のご声援が有って無事成功させる事が出来ました。これからもオクトパストラベラーの旅路がどんどん拡がっていくよう、音楽も色々な試みが出来ればと思っています。引き続き応援をよろしくお願いします。

吉田篤貴(Violin/Viola/Clarinet)

こんなにいろんな種類の音楽を一回のステージで演奏できるのは、すごく楽しいし、それだけオクトパストラベラーの世界感が色彩豊かで、最高でした! 自分にとっては、4つの楽器を持ちかえや、ジャンル感がちがう曲を弾き分けるのはチャレンジでしたが、結果ものすごく達成感を感じることができてうれしかったです。

須原杏(Violin)

アコースティックの曲とロックの曲と、どちらのいいところも弾けて、たのしかったです。アレンジもとてもすばらしくて、とても弾きがいがありました。映像もちょっと拝見させていただき、このあとプレイしてみようと思っています!

内田麒麟(Cello)

先日ひとりで、居酒屋にいったんですけど、そこでサシミの盛り合わせを頼んだんです。そしたら、マグロと、ハマチと、タコがでてきました。圧倒的にタコが一番おいしくて、感動してしまったんですよ。タコってこんなおいしいんだなって。すごく思いました。今回、とてつもなくエネルギッシュなサウンドのなかで、ぼくは同じような感動をみなさんと共有できたんじゃないかなと思っています。

森悠也(Piano/Synthesizer)

ジャンルが異なる曲が交互にでてくるので、最初はわりと不安だったんです。どうしてもロック調の曲の方が音圧があるので、アコースティックとの差で盛り上がりにかける部分がでるんじゃないかなあっていう心配がありました。でも、終わってみると、このギャップが逆にメリハリになって、すごく良いステージになったと感じました。

青木征洋(Electric Guitar)

みんなでワイワイ低音源リフをやっている瞬間は、より笑顔で演奏できて得も言われぬ多幸感を感じました。みんな簡単な曲なんて1曲もなかったはずなんですが、リハーサルから1週間の間で、お互いのギアがはまっていく感じが楽しくて、もうおわってしまうことがさみしいなと思っています。

Seku(Electric Guitar/Acoustic Guitar)

わたしは、速弾きがだいすきなので、今回のライブでたくさん速弾きができて、うれしかったです。

塚越廉/Ren(Electric Guitar/Gut guitar)

ゲーム音楽のライブ自体、僕は初めての経験でした。ゲーム音楽のコンサートとか、ライブっていうのがずっと夢だったので、それがかなったのがうれしかったです。オクトパストラベラーをプレイ中なので、曲を練習しつつ、シーンを思い出したりして、非常に感慨深かったです。アルバム制作当時はライブ開催なんて想像もしていなかったので、難しいアレンジにしてしまったのですが、ライブでも演奏できて、しあわせでした。

上田哲也(Bass Guitar)

僕自身はゲーム音楽のコンサート、ライブをプロアマ問わず経験しているのですが、今回の公演のメンバーのみなさんがすばらしくて、頼りがいがあって、一緒に演奏できて非常にたのしくて、しあわせです。僕自身もゲームがすごくすきで、オクトパストラベラーもずっと注目していて、スチーム版も始めたのですが、ゲームの世界を思い浮かべながら、演奏できてとても気持ち良い感じです。

今井義頼(Drums)

いろんな現場をやってきたなかでも、ホーム感がすごいあって、みんなで助け合って作ってる感じがすごくよかったし、曲もすごくすてきで、スリルもあるし。リハーサルから本番まであっという間でした。もっとやりたいなあっておもうところで、おわっちゃうのがさみしい。それくらい自分にとっては、楽しいし、魅力的な現場でした。

セットリスト
第一部

01 OCTOPATH TRAVELER - メインテーマ -
Violin/Piano/Electric Guitar/Acoustic Guitar/Bass guitar/Drums

02 フロストランド地方
Viola/Piano

03 バトル1
Electric Guitar/Gut Guitar/Bass Guitar/Drums

04 崖下の村オアウェル
Clarinet/Piano/Gut Guitar

05 赤き断崖の集落
Violin/Cello/Gut Guitar

06 学問の都アトラスダム
Violin/Cello/Piano

07 決意
Viola/Piano

08 宝物のために
Violin/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

09 ボスバトル2
Violin/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

10 理を司る者
Violin/Cello/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

11 OCTOPATH Character Theme Medley Beyond
Violin/Cello/Clarinet/Piano/Acoustic Guitar/Bass Guitar/Drums

第二部

12 街は川と共に生きる
Violin/Cello/Piano/Gut Guitar/Bass Guitar/Drums

13 洞窟ダンジョン~地下道ダンジョン
Violin/Viola/Cello/Piano

14 師匠のために
Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

15 旅路の果てに立ちはだかる者
Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

16 大陸の覇者より~バトルアドバンスト
Violin/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

17 フィニスの門
Violin/Viola/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

18 魔人の血を継ぐ者
Violin/Synthesizer/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

Encore

19 踊り子プリムロゼのテーマ
Violin/Piano/Gut Guitar

20 Break:ボスバトル2
Violin/Cello/Piano

21 OCTOPATH TRAVELER - メインテーマ -
Violin/Clarinet/Cello/Piano/Electric Guitar/Acoustic Guitar/Bass Guitar/Drums/Vocal

公演概要
公演名

OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond

日時

2019年7月28日(日)
1st(開場)13時45分/(開演) 14時30分
2nd (開場) 17時45分/(開演)18時30分

場所

オリンパスホール八王子

音楽

西木康智

演奏

吉田篤貴(Violin/Viola/Clarinet)、須原杏(Violin)、内田麒麟(Cello)、森悠也(Piano/Synthesizer)、青木征洋(Electric Guitar)、Seku(Electric Guitar/Acoustic Guitar)、塚越廉/Ren(Electric Guitar/Gut guitar)、上田哲也(Bass Guitar)、今井義頼(Drums)

主催

キョードー東京

協力

スクウェア・エニックス

「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」公式サイト
https://sqex.to/MwlpR

OCTOPATH TRAVELER

スクウェア・エニックス

Switchパッケージ

  • 発売日:2018年7月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
OCTOPATH TRAVELER

OCTOPATH TRAVELER

スクウェア・エニックス

Switchダウンロード

  • 発売日:2018年7月13日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
OCTOPATH TRAVELER

OCTOPATH TRAVELER

スクウェア・エニックス

PCダウンロード

  • 発売日:2019年6月8日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
  • Steam
OCTOPATH TRAVELER

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

スクウェア・エニックス

MobileアプリiOS

  • 配信日:2020年予定
  • 価格:基本無料

    OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

    スクウェア・エニックス

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2020年予定
    • 価格:基本無料

      (C) 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

      Photo by 中村ユタカ

      関連ワード
      • セガゲームス特集ページ
      • セール情報
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • BUSTAFELLOWS特設サイト

      REGULAR定期配信

      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      • Gamer編集部通信
      12月5日(木)
      AWAY: Journey to the Unexpected
      Little Bit War
      NekoMiko
      Star Wars バトルフロント II: Celebration Edition
      THE DARK PICTURES: MAN OF MEDAN
      Tools Up!
      お姉チャンバラORIGIN
      がんばれ!スーパーストライカーズ
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ おそ松セット
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ カラ松セット
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ チョロ松セット
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ トド松セット
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ 一松セット
      もっと!にゅ~パズ松さん ~新品卒業計画~ 十四松セット
      ゆけむり温泉郷
      カードファイト!! ヴァンガード ZERO
      ガールズシンフォニー:Ec ~新世界少女組曲~
      12月6日(金)
      Ancestors:The Humankind Odyssey
      Darksiders Genesis
      アサシン クリード リベルコレクション
      レッド・デッド・リデンプション2
      レッド・デッド・リデンプション2 スペシャル・エディション
      12月9日(月)
      beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE
      eFootball ウイニングイレブン 2020 LITE
      12月10日(火)
      オメガラビリンス ライフ
      ロイと魔法の森~プロローグ~
      12月11日(水)
      RenCa:A/N
      たべごろ!スーパーモンキーボール
      ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
      12月12日(木)
      CONTROL
      CONTROL デジタルデラックス
      Ghostbusters: The Video Game Remastered
      Hollow Knight
      Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ
      SAMURAI SPIRITS
      SAMURAI SPIRITS DELUXE PACK
      オーバーライド 巨大メカ大乱闘 スーパーチャージエディション
      ゴルフピークス
      セイクリッド ストーンズ
      ゾンビドライバー:Immortal Edition
      プリンセスメーカーGo!Go!プリンセス
      ヘッドライナー:ノヴィニュース
      ホームスターVR SPECIAL EDITION
      メガクアリウム
      モチ上ガール
      幻走スカイドリフト
      忍者じゃじゃ丸 コレクション
      新サクラ大戦
      新サクラ大戦 初回限定版
      12月13日(金)
      PUBG LITE
      Virgo Vs The Zodiac
      スター・ウォーズ ピンボール
      デビル メイ クライ 5 Best Price
      バイオハザード RE:2 Z Version Best Price
      バイオハザード リベレーションズ コレクション Best Price
      12月19日(木)
      BUSTAFELLOWS
      BUSTAFELLOWS デラックスエディション
      D.C.4 ~ダ・カーポ4~
      D.C.4 ~ダ・カーポ4~ 完全生産限定版
      Fable of Fairy Stones:妖精石物語
      SNIPER ELITE III ULTIMATE EDITION
      The Surge 2
      うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE for Nintendo Switch
      はつゆきさくら
      はつゆきさくら 完全生産限定版
      アンセスターズレガシー
      アンセスターズレガシー デジタルデラックス
      オバケイドロ!
      ジェミニアームズ
      テラリア
      プリンセスメーカーゆめみる妖精
      ペトゥーンパーティー
      ボクらのスクールバトル
      モンスターファーム