2020年11月10日にいよいよ国内販売が開始となる、マイクロソフトの次世代機「Xbox Series X」および「Xbox Series S」。今回発売に先駆けて提供いただいた「Xbox Series X」の実機を用いたレビューをお届けする。

いよいよ発売間近となった「Xbox Series X|S」。今回紹介するXbox Series Xは、最大120フレームの4Kに対応し、DirectXレイトレーシング、高速読み込み、空間オーディオ再現技術によって、かつてないほどリアルで没入感のあるゲーム体験が味わえる、期待の次世代ハードだ。

前回の記事では主に開封の様子や筐体の外観などを中心に紹介をしたが、ここではXbox Series Xを実際に起動してダッシュボードの使い勝手や、ゲーム起動時の挙動などに焦点を当てて紹介していこう。

Xbox Series Xの電源を入れると……、まず多くの人がここで次世代機のスペックを実感することになるだろう。起動が恐ろしく早いのだ。電源を入れてわずか2~3秒でホーム画面が表示される。体感的には起動音が鳴り、ワンテンポおいてすぐに操作が可能になるくらいの印象だ。

本体のロゴボタン、もしくはコントローラーのロゴボタンを押すことでXbox Series Xは起動する。

Xbox Series Xの電源を入れて表示されるホーム画面がこちら。グラフィカルなデザインでストアやアプリなどカテゴリごとに統一されている。基本的には、Xbox Oneで実施されたリニューアル後の画面が踏襲されている形だ。

トップには最近アクセスしたコンテンツが表示される。
こちらはマイコレクション画面。ゲームやアプリが一元管理される。

ホーム画面のダッシュボードはユーザーごとにカスタマイズすることも可能だ。コンテンツの並び順を変えることはもちろん、特定のタイトルを個別にピックアップすることも可能。その場合、そのタイトルに関連した情報や実績情報などが表示される。

また、ホーム画面のカラーはデフォルトでは濃い緑が選択されているが、こちらも変更可能。Xbox Series Xからの新機能として、ホーム画面にモーションを追加することも可能になっている。

実際にゲームを起動してみると、本体起動の時のような劇的な変化こそ感じられなかったものの、読み込み時間は明確に早くなっている。いくつかのタイトルで試してみたが、この辺はタイトル毎にばらつきがあった。Xbox Series X|Sは、数千のタイトルの下位互換に対応していることが発表されているが、次世代機への最適化は随時実施される。最適化の対応次第で、タイトルの起動速度も変わってきそうだ。

今回は次世代機向けの最適化済みタイトルとして「Gears 5」をプレイ。ゲームのロード時間は前述した通り確実に短くなっており、ゲーム中のムービーからプレイアブルまではまったくロードを感じることはなかった。残念ながら編集部に120fpsに対応したモニターが無かったため、こちらに関しては体験することができなかったが、60fps設定で安定した動作をしているのは次世代機ならでは。美しいグラフィックを滑らかな動作で楽しむことができた。

コントローラーに新しくシェアボタンが追加されたことで、スクリーンショットやキャプチャの保存が、これまで以上に手軽に行えるようになったのも嬉しいポイント。保存した画像や動画はXboxボタンを押してサイドメニューから、すぐに共有することも可能だ。

Xbox Series X|Sからの新機能「クイックレジューム」も体験することができた。これは内臓SSDにゲームの進行状態を保存することで、ゲームをいつでも中断・再開できるという機能。この機能によって今遊んでいるタイトルから別のタイトルに高速で切り替えてプレイすることも可能となっており、まるで複数タイトルを同時に起動しながら動作しているのではと錯覚するほどだ。ただし、内部的には「現行タイトルをSSDに保存」→「別タイトルを起動」と処理されているため、数秒の待ち時間は発生する。

なお、ゲームを起動している際の駆動音に関してはかなり静か。今回プレイしたタイトルでは、近づいて耳をすますとファンの音が聞こえるという程度で、普通にゲームを遊んでいる分にはまったく気にならないレベルだ。排熱に関しても暖かい風が出ていると感じる程度。ただし、やはり縦置き/横置き、共に特徴的な排熱処理をしている関係で置き場所には気を付ける必要がありそうだ。

縦置きでは上から、横置きでは側面から排熱をすることになる。

以上が今回、Xbox Series Xを実際に起動したインプレッションだ。本体の起動時やゲームのロード時間などスペックが上がったことで明確に進化を感じることができた。特に紹介した「クイックレジューム」機能は、SSDの高速処理機能をふんだんにつかって、まるで複数タイトルを並行して遊んでいるような体験ができた。急にフレンドからゲームのお誘いが来たときなどに、別タイトルを起動して遊ぶというようなシチュエーションではかなり便利だろう。

一方、今回は発売前レビューということで、次世代機向けに開発されたタイトルではなく、あくまで最適化に対応したタイトルでの体験となった。Xbox Series Xの性能をフルに使ったゲーム体験がどのようなものになるのか、今後はこちらにも注目したい。

Xbox Series X
https://www.xbox.com/ja-JP/consoles/xbox-series-x

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(19枚)

関連ワード

あわせて読みたい

  • セガ特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • プリコネR特集
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月8日(土)
バイオハザード ヴィレッジ
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン コレクターズ エディション
バイオハザード ヴィレッジ Zバージョン デラックス エディション
バイオハザード ヴィレッジ コレクターズ エディション
バイオハザード ヴィレッジ デラックス エディション
バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル
5月10日(月)
ENLISTED
5月13日(木)
Fire: Ungh’s Quest
Lost Ruins
MotoGP 21
ようせいの島
オーシャンズハート
カウンター・アームズ
ソード&ブレイド
パスファインダー:キングメーカー
ライズ・エテルナ
ラスト・ラグナロク
5月14日(金)
GetsuFumaDen: Undying Moon
Subnautica サブノーティカ
サブノーティカ: ビロウ ゼロ
サブノーティカ+サブノーティカ: ビロウ ゼロ
ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR’S EDITION
5月18日(火)
Arcaea
Days Gone
Siege Survival: Gloria Victis
スピットリング バブルでパーティー
5月19日(水)
Open Country
三國志 真戦
幽☆遊☆白書 GENKAI バトル魂
5月20日(木)
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー 10th Anniversary Edition
CLANNAD -クラナド- 光見守る坂道で
Mortal Shell
Wanna Survive:ワナサバイブ
じゃんがりあん物語
とらきちのトラキッチン
アンジェリーク ルミナライズ
アンジェリーク ルミナライズ トレジャーBOX
サクラ・サキュバス2 ~止まらぬ出会い~
ストレンジパークからの脱出
ブラック・サージナイト
マニフォールド ガーデン
ライジングヘル
ルーンファクトリー5
ルーンファクトリー5 プレミアムボックス
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version 30周年記念版
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ 特装版
5月21日(金)
ミートピア
5月25日(火)
Biomutant
カプコンアーケードスタジアム
レイス:ジ・オブリビオン - アフターライフ
真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER
5月26日(水)
DEATH STRANDING Value Selection
The Last of Us Part II Value Selection
5月27日(木)
LIBERATED
Maneater
Paradigm Paradox
Paradigm Paradox 限定版
ま~るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS
アニマエ・アルケー
オールモスト・ゴーン
ビビッドナイト
ビビッドナイト OST版
ブリッジコンストラクター:ウォーキング・デッド
ワールズエンドクラブ
探偵撲滅
至極の男~もう一度愛される夜