2022年5月7日 、東京・Bunkamura オーチャードホールにて行われた「逆転裁判 20周年記念 オーケストラコンサート」の模様をお届けする。

なお今回はオンラインでの取材であったが有観客での開催となっており、久しぶりのイベントというファンも多かったようだ。一方オンラインの待機画面では優雅なピアノアレンジがBGMに流れており、待機している時点から既に気持ちが高められる心憎い仕掛けがあった。

逆転裁判の楽曲をひたすら満喫するという内容のコンサートに

「逆転裁判 20周年記念 オーケストラコンサート」は、MCに御剣怜侍役の竹本英史さん、ゲストに成歩堂龍一役の近藤孝行さん、王泥喜法介役のKENNさんらが集う、豪華な内容。

開始前の諸注意アナウンスは、御剣に扮した竹本さんと、成歩堂に扮した近藤さんが今回も仲睦まじく(?)進めていく。そしてその流れの中で、何故か成歩堂が「外郎売」(言語の練習によく使われる1718年頃の歌舞伎の演目の台本を基にしたもの)を読まされ、外郎売が読み上げられている横で、御剣が諸注意アナウンスを行ったり、はたまた立場が逆転して成歩堂が諸注意アナウンスを、御剣が延々と外郎売を読み上げる場面も。

我々は一体何を見せられているのだろうかという戸惑いも、この二人の前では笑いに変わってしまう。成歩堂と御剣ならでは空気感があってこその、諸注意アナウンスとなった。なお、どうやら御剣によれば、二人はかつて声優を目指したことがあるとのことだが……そんなifもあったのだろうか?(いや、ない)

そんなドタバタなスタートだったが、コンサートは幕を開ける。一曲目は「成歩堂龍一 ~異議あり!」。

「尋問」や「異議あり!」、「追求」など、主に法廷で流れる曲を集めたメドレーで、法廷での一連の様子が楽曲を通して描かれている。最初は静かなメロディで始まったメドレーはハープの音が耳に心地よく響くが、やがて楽曲は徐々に盛り上がり、ヴァイオリンが引っ張るような形で迫力のある「追求」を聞くことができた。

二曲目は「王泥喜法介 ~新章開廷!」。ティンパニの音がずしりと響き、それがまるで王泥喜の若々しい決意を表しているかのように感じるアレンジになっていた。

二曲目が終わったところで、MCの竹本さんと、ゲストの近藤さんとKENNさんがステージに登壇。近藤さんは竹本さんと共に「逆転裁判3」のPVから本作に関わったことを語り、もう10年以上も関わっているのにどんどん新しい思い出が作られる作品だと語った。

KENNさんは、お決まりの「王泥喜法介は大丈夫でーす!」を大声で張り上げてのスタート。KENNさんは2007年に発売になった「逆転裁判4」で自身に王泥喜の役がくる以前から「逆転裁判」シリーズのファンだったということで、「逆転裁判4・5・6」で自身が作品に関われ、そうして20周年の記念の場にこうしていられることがまるで夢のようだ、とこれまでの思い出を振り返った。

三曲目は「逆転検事組曲 華麗なる軌跡」。これまでにも同じタイトルでのメドレーはあったが、今回は“純オーケストラ”といった正統派なアレンジとなった。「逆転検事」シリーズならではのスタイリッシュな曲たちが、緊迫感あふれる展開で繰り広げられてゆく。

「逆転検事」から「逆転検事2」の曲へと推移し、全ての楽器が一体となって楽曲を盛り上げてゆく。スタイリッシュな曲が一層おしゃれ感を増してゆくようなアレンジには、うっとりと聞き入ってしまうほどだ。ピアノがしっとりと「御剣のテーマ」を奏で、そのピアノを追うように他の楽器もメロディを繋いでゆく。最後は「追究」で一気に盛り上げてファンの感情を煽ってくるアレンジには、涙が零れてしまった。

続いての四曲目は「ゴドー ~珈琲は闇色の薫り」。想像通り、とも言えるが、テナーサックスの音が響き渡り、コンサートホールはアダルトな雰囲気が漂うジャズな空間へと早変わりした。サックスを主軸にしたしっとりしたアレンジに酔いしれるのはもちろんのこと、そこまで長い曲ではない原曲を転調も交えてかなり長尺の聞きごたえのあるアレンジに仕上げており、この一曲だけで非常に満足感の得られるものとなっている。

続けて演奏された五曲目は「逆転裁判1~3 法廷組曲」。「開廷」から「尋問」、「追求」までのメドレーだが、一曲目の「成歩堂龍一 ~異議あり!」と違うのはアレンジだけではない。こちらは、「逆転裁判1」の「開廷」~「尋問」~「追求」を演奏したあとは、「逆転裁判2」の「開廷」へと繋がってゆく。そうしてまた一連のメドレーから今度は「逆転裁判3」の「開廷」へ……とつながってゆくメドレーなのだ。

もちろん「追求」はいずれも盛り上がるのだが、そこから次の「開廷」へと移りゆく繋ぎも素晴らしい。そして「逆転裁判1」でファンの魂に刻まれた曲は、少しずつその形を変えながら進化していっているのだということを改めてしっかりと感じられるメドレーだった。

第一幕の演奏が終わったところで、成歩堂と王泥喜による、20分間の休憩アナウンス。師弟によるわちゃわちゃなアナウンスとなったが、そのやり取りが非常にほほえましく、そして可愛らしく、「逆転裁判」がフルボイスになってほしいと一瞬過ぎるものの、「ポポポポ」がないと逆転裁判ではないという葛藤もあるので、悩ましいところだ。

いっそボイスとポポポポで切り替えができるようになれば良いのではないか、という謎の感情まで湧き始めるが、それほどまでにキャラクター同士の生の掛け合いというのは良いものなのだ。文字だけながら最大限キャラクターの感情が伝わる作品になっているのが「逆転裁判」ではあるが、それでもフルボイスの「逆転裁判」をプレイしてみたいと、ほんの短い休憩アナウンスだけでそんな感情を一気に煽ってくれた成歩堂と王泥喜の二人だった。(ちなみに少々余談となるが、今回は恒例の「休憩」という名で行われるトークコーナーはなかった)

休憩時間が終わる寸前には、再び成歩堂と王泥喜による着席アナウンスが。そこで噛んでしまった王泥喜に、すかさず「大丈夫!」と声をかけた成歩堂だったが、本当にアドリブだったならばすごいと素直に感嘆してしまう。ちなみに王泥喜は休憩時間中にまだ外郎売を読み上げている御剣を見かけたというが、成歩堂によれば「この台本を書いている人も最近覚えてお風呂で練習している」とのことだ。“この台本を書いている人”は……明かされなかったが、誰もが思い浮かべる“あの人”のことで間違いないだろう。

第二幕は「大逆転裁判」シリーズも演奏!

第二幕のスタートとなる六曲目は、「逆転裁判1~6 麗しの組曲」。綾里真宵や、成歩堂みぬき、綾里春美のテーマなど、かわいらしい曲が続く。そして、美柳ちなみ、ラミロアのテーマ、レイファのテーマ、希月心音のテーマ、海賊姉妹エールズなど、歴代に登場した様々な女性陣たちのテーマ曲が華やかに演奏された。

そして七曲目は、「逆転裁判 革命と継承の組曲」。こちらは主に「逆転裁判5」と「逆転裁判6」の楽曲を中心に構成されており、王泥喜やドゥルク、ナユタのテーマなどが、豊かな音色で奏でられた。特にドゥルクのテーマでの盛り上がりは最高潮で、まさに「龍は屈さず」という音を見せつけられた。そして最後には再び王泥喜の「異議あり」につながってゆくという流れは鳥肌が立つほど素晴らしいものだった。

この曲は、「革命と継承」というタイトルが意味する通り、王泥喜の運命を描いたようなメドレーだ。スクリーンに映し出される映像も素晴らしく、王泥喜のための壮大な一曲である。だからこそ、王泥喜ファンにはどうしてもこのメドレー曲を、一度聞いてみてほしい。

演奏の後、ステージに竹本さんと近藤さんが登壇。思い入れのあるキャラクターを聞かれた近藤さんが「やっぱり真宵ちゃんですかね?」と答えると、竹本さんが「あれ、ちなみさんは……」とツッコみ、「あれ。いました? その時トイレにいっていたかもしれないなぁ」と近藤さんがボケる場面もあり、会場を笑いに誘った。(余談だが、こちらは画面越しなので声を上げて笑ったのだが、会場は笑いをこらえるのもなかなかに辛かったのではないだろうか)

そして、「大逆転裁判」で成歩堂龍ノ介を演じた下野紘さんからビデオメッセージが届けられた。下野さんは本日は都合がつかなかったとのことで、会場に行けなくてとても残念だということや、これまでの「逆転裁判」シリーズのオケコンでオーケストラをバックに生アフレコをしたことが本当に緊張した、という思い出話を披露した。そして、またいつかそういう機会に恵まれると嬉しい、と語った。

この流れからの八曲目は、「大逆転裁判組曲」。「序曲」、「尋問」、「共同推理」など様々な曲が奏でられてゆく。「大逆転裁判」の曲は特にオーケストラとの相性が良く、「開廷」~「尋問」~「追求」の流れにはただただうっとりとした溜息を零すばかりだ。「大逆転裁判」から加わったアコーディオンの音は特に印象的で、弦楽器との相性も良く、とにかく「かっこいい」のひとことに尽きる。

続く九曲目は「大逆転裁判 覺悟の大法廷組曲」。「大逆転裁判2」の「成歩堂龍ノ介の覺悟」や、成歩堂龍太郎のテーマなど、序盤はヴァイオリンとアコーディオンがノスタルジックなメロディを奏で、そこから「追求への前奏曲」から「大追求」と、より一層重厚でありつつ盛り上がる楽曲へつながっていく流れは、見事。スクリーンの演出とのシンクロ具合にも、感嘆のひとことだった。

曲が終わってステージに上がったのは、竹本さん、近藤さん、KENNさんの3名。近藤さんとKENNさんは今日の演奏の素晴らしさについて語り、近藤さんは「セットリストが神がかっていて、涙腺が崩壊しそう」と語る場面もあった。またKENNさんは、3DSで発売された「逆転裁判4」のコレクターズパックの時に王泥喜として「新章開廷」を歌ったことに触れ、自身も「逆転裁判」シリーズの音楽に関われた身としても非常に楽しい時間であったことを語った。

いよいよ最後の曲となったのは、「逆転裁判3 終幕」。これまでの登場人物がスクリーンに現れ、エピローグ的な談話、或いは今日きたファンなどにひとこと告げていくという、この日ならではの特別映像が流れた。今回の配信が海外にも対応しているということもあり、一部のキャラクターは英語でメッセージを届ける場面も。この演出自体は以前にもあったのだが、改めて新たなメッセージを見ると、相変わらず涙腺が緩んでしまう。

鳴りやまない拍手に応えたアンコールでは、「続・大逆転裁判組曲」が演奏された。「相棒」を皮切りに、亜双義一真のテーマやの御琴羽寿沙都のテーマなどを交えた一曲。寿沙都のテーマではフルートが優しく響くやわらかい音色を奏で、ホームズのテーマではアコーディオンが再び映え、そしてアイリスのテーマでは一気にコミカルで愛らしい曲へと様々な表情へ変化してゆく。最後には「終幕組曲」へとつながり、このコンサートが終局へと向かっていることが解ると、胸がぎゅっと締め付けられた。

この曲でいよいよ終わるのか……それとも恒例の”アレ”がくるのか……祈るような気持ちでいた瞬間、指揮の栗田博文氏が客席へと振り向いて、人差し指を立てた。そう、これは「もう1曲やるよ」という合図だ。

アンコールの二曲目はもちろん「大江戸戦士トノサマン」。指揮の栗田氏が、トノサマンで指揮棒を日の丸の扇子に持ち替えるのも、すっかりおなじみとなった。扇子で指揮を振れば、会場からは自然と手拍子が沸き起こる。栗田氏は客席をも指揮し、会場のファンと画面の向こうのファンを大いに盛り上げ、最後は大きな拍手の中、本日の演奏は全て終了した。

だが、「逆転裁判」ならば演奏の終わりが終幕ではない。もちろん最後は全員で(客席は指先だけで)「異議あり!」。こうして「逆転裁判 20周年記念 オーケストラコンサート」は、幕を閉じた。

配信チケットは5月15日まで購入可能!

本コンサートは、5月15日21時まで配信チケットが購入可能だ(※視聴は5月15日23時59分まで)。配信地域は日本だけにとどまらず、全世界となっている。また、一度購入すれば5月15日23時59分まで、何回でも見られるのも嬉しい。

今回のコンサートはトークが少なめな分、みっちりとたくさん楽曲を聴かせる内容となっており、より深く「逆転裁判」の音楽を楽しみたい人にはぴったりな内容となっている。また、曲名は以前のコンサートで演奏されたものと同じでもアレンジやメドレー内容に変化があるものも多いので、ぜひ配信で視聴してみてほしい。

公式サイト
https://www.promax.co.jp/gyakuten/2022/index.html

セットリスト

1. 成歩堂龍一 ~異議あり!
2. 王泥喜法介 ~新章開廷!
3. 逆転検事組曲 華麗なる軌跡
4. ゴドー ~珈琲は闇色(やみいろ)の薫り
5. 逆転裁判1~3 法廷組曲
6. 逆転裁判1~6 麗しの組曲
7. 逆転裁判 革命と継承の組曲
8. 大逆転裁判組曲
9. 大逆転裁判 覺悟の大法廷組曲
10. 逆転裁判3 終幕
11. 続・大逆転裁判組曲
12. 大江戸戦士トノサマン

公演概要

公演名:逆転裁判 20周年記念 オーケストラコンサート

■日時
2022年5月7日(土)
18:00開演

■場所
Bunkamura オーチャードホール
http://www.bunkamura.co.jp/access/

■出演
指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

■MC
竹本英史(御剣 怜侍役)

■ゲスト
近藤孝行(成歩堂 龍一役)
KENN(王泥喜 法介役)

■協力・監修
カプコン

■主催・企画・制作
プロマックス/ハーモニクス・インターナショナル

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(9枚)

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
「逆転裁判20周年記念オーケストラコンサート~Bunkamura オーチャードホール」より

関連ワード

あわせて読みたい

  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • セール情報
  • プリコネR特集

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月17日(火)
B.I.N.D.
ウムランギジェネレーション スペシャルエディション
5月18日(水)
Apex Legends Mobile
Gunfire Reborn Mobile
オタクアドベンチャー
5月19日(木)
DEADCRAFT
DEADCRAFT デジタルデラックス
Death’s Gambit: Afterlife
PREDATOR AND WRECK 捕食者と崩壊
ギルド オブ ダンジョニアリング アルティメットエディション
スノーブラザーズ スペシャル
スノーブラザーズ スペシャル 初回限定版
ノゾムキミノミライ
ノルン+ノネット ラスト イーラ
ワールドヒーローズ アケアカNEOGEO
太閤立志伝V DX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX
太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX デジタル版
焔龍聖拳シャオメイ
猫様とアウトローズ
5月20日(金)
Dolmen
Smilemo
この悪い子猫ちゃんめ!
龍炎高校伝説コレクション
5月22日(日)
Galacticon:ギャラクティコン
5月23日(月)
合戦!!にんじゃ村
海鮮!!すし街道
財閥タウンズV
5月24日(火)
Crossfire: Legion
刀剣乱舞無双
5月25日(水)
ローラーチャンピオンズ
5月26日(木)
- Mischief Dungeon Life - 異世界転生した俺のイタズラダンジョンライフ
Five Nights at Freddy’s: Security Breach
PAC-MAN MUSEUM+
Sniper Elite 5 スタンダードエディション
Sniper Elite 5 デラックスエディション
Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
やばたにえん酸
エリックじいさんの不思議なブレスレット
ザ・パーシステンス Enhanced
ビータスクリエイションソリティア
ラディアンテイル
ラディアンテイル 特装版
冤罪執行遊戯ユルキル
千恋*万花
少女と宇宙の物語 Milkmaid of the Milkyway
那由多の軌跡 アド・アストラ
5月30日(月)
MAGLAM LORD/マグラムロード
Rotaeno
6月2日(木)
Behind the Frame ~とっておきの景色を~
Card Shark
インディゴ7
インディゴ7 特装版
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~
映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~ 限定版