Game Source Entertainmentは、Nintendo Switch版「フィスト 紅蓮城の闇」を2022年7月14日に発売すると発表し、5月19日から予約受付を開始する。

目次
  1. ストーリー
  2. 探索とチャレンジ要素に満ちたシームレスなゲームマップ
  3. 3種類の武器を自由に切り替えて戦う横スクロールアクション
  4. Unreal Engine4をベースに描かれるディーゼルパンクの美学
  5. タイトル概要

「フィスト 紅蓮城の闇」は、動物たちと機械軍団の対立を描いた横スクロールアクション。プレイヤーはレジスタンスの精鋭部隊であったウサギ・レイトンとなり、複雑な陰謀に巻き込まれていく。メトロイドヴァニアスタイルのマップでは、デザインがまったく異なる10以上のエリアを探索可能。「フィスト」「ドリル」「ウィップ」の3種の武器を自由に切り替えて戦おう。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

ストーリー

6年前、動物たちが暮らす紅蓮城は機械軍団の侵攻を受けた。動物たちはレジスタンスを結成して抵抗を試みたが、あえなく敗北を喫し、レジスタンスの精鋭部隊であったウサギのレイトンはそれからずっと隠居生活を送っていた。そんなある日、彼の友人が機械軍団に不当逮捕されたことをきっかけに、レイトンは再び巨大な鋼鉄のフィストを振り上げ、逆襲に立ち上がる。だが、軍団、レジスタンス、そして地下組織“スミントス”が織り成す複雑な陰謀に巻き込まれつつあることを、この時の彼はまだ知る由もない。

探索とチャレンジ要素に満ちたシームレスなゲームマップ

メトロイドヴァニアスタイルのゲームマップでは、デザインがまったく異なる10以上のエリアを探索できます。無数にある隠し部屋、秘密の通路、謎解きなどの探索要素だけでなく、高所への移動やショートカットの開拓、コンボ攻撃などアクション要素も豊富で、報酬を受け取ることができるチャレンジも無数に用意されています。

シームレスなゲームマップを実現し、頻繁に起こる画面切替やローディングから脱却しました。ぜひ、細部にまでこだわったリアルで広大な紅蓮城をご堪能ください。

3種類の武器を自由に切り替えて戦う横スクロールアクション

“フィスト”、“ドリル”、“ウィップ”の3種類の武器はそれぞれ、高速コンボ、高ダメージ、遠距離攻撃と異なる特徴があり、自由に切り替えることができます。戦況に応じて最適な攻撃方法を選択すれば、敵に逃げる隙を与えません。

姿形や大きさ、扱う武器や攻撃方法が異なる数十種類の敵が、絶妙な連携攻撃を仕掛けてくるだけでなく、多種多様なボスが独自の戦闘スタイルでプレイヤーに挑んできます。そのため、飽きることなく何度でもプレイしていただくことができます。

Unreal Engine4をベースに描かれるディーゼルパンクの美学

本作はディーゼルパンクの美しさと、古き良き東洋の街並みを融合させることで、唯一無二のビジュアルを持つ紅蓮城を描いています。本作に登場するモフモフとした動物と、冷酷な機械兵の組み合わせは強烈なギャップを生み、ゲーム内の対立関係をよりドラマティックに映し出します。

Unreal Engine4を用いて開発されたリアルな3Dグラフィックと、物理ベースレンダリングにより、最高品質のグラフィックでメトロイドヴァニアスタイルのゲームをお楽しみいただけます。

タイトル概要

タイトル:フィスト 紅蓮城の闇(フィスト ぐれんじょうのやみ)
対応機種:Nintendo Switch
発売日:2022年7月14日
価格:3,828円(税込)
ジャンル:アクション
プレイ人数:1人
発売:Game Source Entertainment
開発:TiGames
CERO:B

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー