2022年7月2日よりTOKYO MX、BS11ほかにて全28話で放送されるTVアニメ「うたわれるもの 二人の白皇」。同作でオシュトル(ハク)役を演じる利根健太朗さんへのインタビューをお届けする。

TOKYO MX、BS11などで再放送も行われていたTVアニメ「うたわれるもの 偽りの仮面」の続編として製作されている本作。ゲームをプレイしている人はご存知の通り、「うたわれるもの」シリーズ3部作の完結作にあたるということで、シリーズにまつわる多くの謎が解き明かされる作品にもなっている。

今回のインタビューでは、7年越しのTVアニメ続編やキャラクターに対する思いなどを伺った。オシュトル(ハク)役を演じる利根さんには、藤原啓治さんから役を引き継ぐことになったエピソードや、役を演じる上で意識したことなどを聞いている。

――作中では利根さんが演じられたオシュトルは死んでしまっていて、今回はその役割を受け継いだハクを演じられるという点で、非常に複雑な役どころですよね。

利根さん:「二人の白皇」は、オシュトルが亡くなったあと、友人であるハクがその思いを受け継いで、オシュトルとして姫殿下であるアンジュとヤマトのために尽くす……という物語になっているのですが、現実ではハク役の藤原啓治さんが亡くられてしまって。作中とは立場は逆なのですが、図らずとも現実と重なっている部分もあって、なんとも言えない感情でスタートする形になりました。

――ハク役を引き継ぐにあたって、オーディションを受けられたという話もお聞きしました。

利根さん:ある日事務所から「ハクのオーディションを受けて欲しい」という連絡が来て、詳細についての説明もあまりないまま、藤原啓治さんが演じたハクの音声データと台本をいただきました。ただ、その時は何の覚悟も準備もできてなくて、「とりあえず全力でやってはみますけど……」というのが正直な心境でした。

オーディション現場は、アクアプラスの下川社長(※下川直哉氏。当時は代表取締役社長だったが、現在はエグゼクティブプロデューサー。ここでは便宜上当時の役職で表記)をはじめ、いろいろな会社のお偉い方々に囲まれた状態で(笑)、一通り時間をかけて録らせていただきました。結果はすぐには出なかったのですが、終わったあとも「決まったら本当に僕がやるのかな……?」というモヤモヤした気持ちのままでした。

その後で「お願いします」という話をいただいた時、急にプレッシャーがのしかかって来るようになって。下川社長からも「応援しています」というお電話を直々にいただき、そこでようやく「やるしかない」と腹を括れた形でした。

――ハク役としての収録は、最初はゲーム「うたわれるもの斬2」だったのではないかと思います。「斬2」の時と、「二人の白皇」のアニメでは、収録の勝手が違う部分もあったのでしょうか?

利根さん:もう最初の「斬2」の時からものすごいプレッシャーではあったのですが、ゲームは一人で収録する分、自分のペースでやらせていただけて、収録にもかなり時間をかけさせていただきました。あの時は、「藤原さんならこう演技されるだろうな」というイメージを作るために、藤原啓治さんのお声を、24時間睡眠学習のように聞き続けていました。

ただ「斬2」で本当に怖かったのが、新エピソードの部分だけを僕が収録する形だったので、藤原さんの声とすぐ聞き比べられる状態だったことですね。それこそ、藤原さんの声のすぐあとに僕の声が再生されることもあるので、かなりの心労がありました。ただ、ユーザーさん達の声が本当に優しくて、僕の声を受け入れてくださった感想を多くいただき、すごく救われた想いでした。

そこからアニメだとお互いの掛け合いや動き、間や尺といった要素も関わってくるので、「藤原さんならこう演技するだろう」という所を意識しすぎると、尺に合わないケースも出てくるんです。そこを調整しながら演技するのは難しかったですね。

ハクというキャラクターはすでに藤原さんが演じられていて、すでに完成形が存在しているんですよね。役を引き継ぐにあたって、完全に藤原啓治さんに寄せるか、自分なりのハクを作るべきか悩んだ部分もありました。けど、僕自身も含め、ユーザーさんの中にはもう藤原さんのハクがいて、今回はそれをアニメ化するわけですから、藤原さんのやり方を踏襲していこうと決めました。

「もうハクはトネケンの役なんだから」というお言葉もいただいたこともあったのですが、やっぱり藤原さんのあってのハクですから、それは少し違うのかなと思っていて。かといって僕が100%藤原さんになることはできないので、少しでも藤原さんのエッセンスとかを引き継ぎながら、ハクという存在がブレないようにしたいなと。まったく事情を知らない人が「偽りの仮面」から連続で見ても、違和感を覚えないようにするがベストだと思いますし、それに近い形にできるように頑張っていきたいと思っています。

――スピンオフ作品だと、オシュトル、ウコン、ハクといろいろなキャラクターを演じ分ける場面も出てくるかと思います。演じ分けの際に意識していることはありますか?

利根さん:アプリの「うたわれるもの ロストフラグ」では、ウコンやオシュトルに加えてフギトというお爺ちゃんのキャラクターも登場して、いろいろ演じさせていただています。

その時の収録で「ハクは段々固まってきて、安定感も出ているけどウコンってそんなんだっけ?」と音響監督さんに突っ込まれたことがあって、すぐにアプリの「偽りの仮面」を起動して、自分の声を確認しましたね。収録したのが大分前だったのもあって、新しいボイスを録る際には、かならずアプリで当時の声を一度聞くようにしているので、収録の時はタブレットを絶対に手放せないです(笑)。

シナリオで新しい一面が出てくると、前の音声も意識しながら演じないといけない難しさはありますが、そこは音響監督さんと相談しながらやらせていただいています。何でも相談できますし、違った時には「それは違うだろ!」と、しっかり指摘してくれる方なので、全幅の信頼を置かせてもらっていますね。

――「偽りの仮面」の時のハクはあまりやる気を出さないタイプのキャラクターだったと思いますが、「二人の白皇」では雰囲気が違いますよね。

利根さん:「偽りの仮面」でのハクは、何かと隙を見てラクをしようとする一方で、頼まれごとはぶつくさいいながらもしっかり遂行していて。周りも、ハクを頼ればなんとかしてくれると思っているような雰囲気があって、すごく人たらしというか、懐に入るのが上手いキャラクターだったと思います。

一方で、「二人の白皇」では「ハクはもういない。自分はオシュトルだ」という台詞も出てくるくらい、オシュトルの遺志を受け継いだという意識が強すぎて、「偽りの仮面」の時のハクがほとんど出てこないんです。ウルゥルやサラァナのように、正体を知っている人たちに対しては少し本音を漏らすような場面もありますが、人前でそれは絶対に見せないようにしていて。オシュトルの遺志を完遂するまでは絶対に妥協しない、意志の強さのようなものが生まれているなと感じました。

――ある意味、オシュトルよりもオシュトルらしくなっているというか。

利根さん:元々、ハクがオシュトルのことをすごく好きで尊敬しているので、その名を汚さないようにという意識が強いのではないかと思っています。

――「偽りの仮面」の時は、オシュトルとしてハクを見てこられたかと思います。今回は、そのハクと向き合う時間が長かったと思いますが、改めてハクの魅力に気づいた部分はありましたか?

利根さん:「偽りの仮面」の時は、藤原さんが演じるハクと一緒に収録させていただいていたのですが、やる気がなくてすぐサボろうとするけど、頭の回転が速くて、いざという時は頼りになって……と考えると、なんだかいろいろズルいですよね(笑)。その上で愛嬌もあって、すぐに人との距離感詰めていくので、皆ハクのことが好きになっていくんですよね。

――思わずハクらしい台詞が出る一幕もあったかと思います。そうした時は、オシュトルを演じているハクとは違うお芝居になるのかなと感じました。

利根さん:そうなんです。ハクが演じるオシュトルは、ベースはやっぱりハクなんです。ただ、正体をバレてはいけない人の前ではオシュトルとして生きていているのですが、それでもベースはハクなので……その塩梅がすごく難しかった部分ですね。

というのも、ハクらしさというのが「二人の白皇」ではなかなか出てこなくて。事情を知っている人の前やモノローグ、心の声とかの部分では、そういう部分も出せたかなと思うのですが、ハクがオシュトルとして振る舞うシーンについては、二重三重に芝居が重なっているようなところがあって、とにかく大変でした。その上、割合的にはオシュトルとして喋っている時がほとんどですからね。

ただ、ハク自身が「自分はオシュトルだ」と言っているのもあって、ある程度割り切ってオシュトルとして演じている部分もありますが、ゲームの「二人の白皇」で藤原さんが演じたオシュトルと僕が演じたオシュトルは、また芝居が違うんです。

実は当時の藤原さんも僕に寄せてくださっていたらしいのですが、改めて藤原さんのオシュトルを聞くと、やっぱり僕のとは違うなと。そこから藤原さんの演じたハクのオシュトルに近づけようと思った時、あのオシュトルは普段の藤原さんとは違う特殊な演技をされているので、そこもまた苦労した部分ですね。

――いろいろと入り組んでいるというか……。

利根さん:そうなんですよ。実は、「偽りの仮面」で最初にオシュトルを演じた時も、「藤原さんに寄せてください」というオーダーがあったんです。その時は藤原さんと一緒に収録させてもらっていたので、「藤原さんの声に寄せて演じさせてもらっているんです」と直接お伝えしたたら、「え? 俺、そんな喋り方してる?」とか「俺がトネケンに寄せた方がいいの?」と聞かれたりしたのを覚えています(笑)。

――そうしたお話を聞くと、最初から何か特別な縁のようなものがあったのではと思える部分もあるのですが、こうした結果になるとは普通は考えられないですよね……。

利根さん:こうなることは誰も想像していなかったと思いますし、やっぱり僕自身も藤原さんのハクをもっと聞きたかったです。そこを自分が演じるというプレッシャーもありますし、100点というものがあるとすればそれは藤原さんが演じたハクであって、僕が物真似したところでそれは劣化版になってしまうんですよね。

藤原さんのハクがあってこそではあるのですが、そこに僕なりのものを入れていければとは思っています。これについてはまだ答えは出ないですし、視聴者の方々が聴いてどう感じるかに委ねるしかないと。

もちろんすべてではありませんが、「ロストフラグ」や「斬2」で好意的な意見を多くいただいて、本当にありがたかったです。ただ、ワガママを言わせてもらえるなら、あまり中の人のことは意識せず、「偽りの仮面」からシームレスに見ていただけるのがスムーズで一番いいのかなと思っています。

――「偽りの仮面」と比べるとシリアスな展開が多く、特に感情の乗るシーンが多いので、実際に見る際にはそういうことは気にせず見られるのだろうなと、一人の視聴者としても思っています。

利根さん:それに関しては、藤原さんがいろんなお土産を置いていってくれていて(笑)。とくにトリコリ(※オシュトルとネコネの母)とのシーンは、こっちも真似とかじゃなく、魂でぶつからないといけないなと。そういう、寄せるとか似せるを度外視して演じたシーンもありましたね。

――ハク以外にも、「偽りの仮面」で登場したキャラクターたちの内面が、「二人の白皇」ではより掘り下げられているところもあるかと思います。ハク以外で注目してもらいたいキャラクターはいますか?

利根さん:一番印象が変わったと感じたのはアンジュですかね。「偽りの仮面」の時は自由奔放なわがままお姫様という雰囲気でしたが、毒殺されそうになったり、地位を偽物に奪われ、思うように声も出せないという辛い経験を経て、帝としてヤマトを取り戻すという強い意志が出てくるようになって。

――「二人の白皇」を見る方々に向けて、全体を通してのアピールポイントがあればお聞かせください。

利根さん:「二人の白皇」の物語を描くには、24話では足りないということで、28話という大ボリュームで届けられます。この決定を下した制作陣もすごいなと思いますし、そのやる気や勢いといったところも感じていただきたいですね。

膨大なストーリー中の見どころを、28話の中でしっかりと抑えていて、オシュトルの名を継いだハクのヤマトを奪還するための戦いや、ハク自身の葛藤、友であるマロロとの掛け合いであったり、注目していただきたいエピソードが満載です。「偽りの仮面」よりシリアス度が大分高くなっているので、その中で生まれるドラマやバトルシーンにも期待していただければと思います。

またトゥスクルの面々も引き続いて登場しますので、初代「うたわれるもの」からのファンの方々にとっても、たまらない要素が満載になっていると思います。

――クオン役の種田梨沙さん、アンジュ役の赤崎千夏さんにもインタビューさせていただいているのですが、お二人のお芝居や、実際に掛け合いをされてみての印象はいかがでしたか?

利根さん:「偽りの仮面」の時から、お二人とはよく絡ませていただいていて。カーテンで区切られてはいましたが、「二人の白皇」でも一緒に収録させていただくことができたのはよかったですね。「クオンだ!」「アンジュだ!」と興奮しながら(笑)、嬉しさと同時に、故郷に帰ってきたような安堵感も感じられました。

――「偽りの仮面」の時とは、クオンとアンジュを取り巻く状況も変わっていて、かなりシリアスな掛け合いが多かったのではないかと思います。

利根さん:そうですね。とくにクオンの方は、身分を偽っているのに加えて、「ハクが死んだのはオシュトルのせい」というスタンスで来るので、ピリっとした空気感のようなものはありましたね。そのシーンは一緒に掛け合いをできなかったのですが、あのクオンは少し恐ろしいなと(笑)。

赤崎さんはとにかく熱量がすごかったですね。ヤマトを奪われた悔しさ、トゥスクル皇女と対峙した時の悔しさみたいな感情もすごく伝わってきて、アンジュ自身の成長をすごく感じられました。

あとは、クオンにもアンジュにも自分のことをオシュトルと思いこませているので、二人はオシュトルに対しての言葉を発してくるのですが、自分はそれをハクとして受けることになるんですね。ハクの決意があってやっていることなので、罪悪感とまではいかないのですが、常にフィルターを一枚挟んでやりとりしているような感覚にはなりました。

――「うたわれるもの」シリーズは、独自の世界観も特徴的です。世界観という面で魅力を感じた部分はありますか?

利根さん:世界全体にオリエンタルな雰囲気がありつつ、現代と比べてまだ未開拓な部分もあり、便利になりすぎていないからこその、温かみや味わいがあるのかなと感じましたね。

「偽りの仮面」でも語られていますが、その中で僕が一番すごいと思ったのは、「実はこの世界は作られたもので、古代には高度に発達していた文明が存在していた……」という部分ですね。

――現代からの流れなのかなと想像できるようにもなっていますよね。

利根さん:そうなんですよね。今の地球が滅んだとしたら、「うたわれ」と同じように新しい人類が生まれて、僕らの住んでいた頃の文明が掘り起こされたりもするのかも……という想像も広がりますよね。

――とくに「偽りの仮面」では、作中の食べ物がクローズアップされることもありましたが、印象に残っている食べ物はありますか?

利根さん:アマムニィは食べてみたいですね。春巻きみたいな皮に、いろいろな具材を乗っけて食べるものなんですが、具材が何なのかすごい気になっていて(笑)。きっと僕らの世界でいう、きゅうりとか人参とかネギとかお肉とかにあたるものではないかと思うのですが、肉にしても牛や豚とは違うわけじゃないですか。どんな味がするのか、「うたわれるもの」の世界でのジビエみたいなものがあるのかなとか想像が膨らみますね。あとは、オシュトルの好物である胡桃(クルコ)の饅頭は、演じたからには一度食べてみたいです。

一度コラボカフェに行った時には、とんでもなく大きいお肉が出てきて。ものすごく美味しかったのですが、翌日に胃もたれした思い出があります(笑)。

――食べ物のネタ的には、今後のコラボカフェもできそうですよね。

利根さん:そうですね。アプリで読める設定資料には食べ物の項目があって、絵がついているものもありますからね。そこで「こういう食べ物だったのか」を知ることができて。あとは「斬2」の時は、ルルティエが厨房で料理を作ってくれたので、「こういう見た目だったのか!」という新しい発見もありましたね。

――最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

利根さん:満を持して、長らくお待たせ致しました! 「二人の白皇」がいよいよアニメ化されます。「偽りの仮面」からのファンはもちろん、はじめてご覧になられる方も興奮して楽しめる作品となっております。

僕は、藤原啓治さんから引き継がせていただいた、ハクという役を演じさせていただいています。いろいろな葛藤はありますが、最後まで走り抜きたいと思っておりますので、皆さんも是非最後までご覧いただければ幸いです。

――ありがとうございました。

<公式サイト>
https://utawarerumono.jp

<公式Twitter>
https://twitter.com/UtawareAnime

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(7枚)

(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会

あわせて読みたい

東京ゲームショウ2022特集
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
9月29日(木)
Destroyer: The U-Boat Hunter
Little Witch Nobeta
Little Witch Nobeta -リトルウィッチノベタ-
Little Witch Nobeta -リトルウィッチノベタ- 豪華限定版
Little Witch Nobeta 豪華限定版
RAILGRADE
Shirone: the Dragon Girl
SWORD ART ONLINE Alicization Lycoris
SWORD ART ONLINE Alicization Lycoris デラックスエディション
クリード チャンピオンズ
ハーヴェストオーバーレイ+彼女はオレからはなれない
ハーヴェストオーバーレイ+彼女はオレからはなれない 完全生産限定版
バレットソウル -インフィニットバースト-
バレットソウル ダブルソウルパック
バレットソウル-弾魂-
ヨイヤミダンサーズ
ラッキーハプニング
レヴィータ
ヴァルキリーエリュシオン
ヴァルキリーエリュシオン Digital Deluxe Edition
9月30日(金)
FIFA 23
FIFA 23 Legacy Edition
となりに彼女のいる幸せ~i fight with summer~
となりに彼女のいる幸せ~i fight with summer~ プレミアムエディション
ベヨネッタ
10月5日(水)
DEATHVERSE: LET IT DIE
オーバーウォッチ 2
10月6日(木)
NieR:Automata The End of YoRHa Edition
No Man’s Sky
おさわり探偵小沢里奈 里奈となめこの事件簿
ノーモア★ヒーローズ3
ノーモア★ヒーローズ3 デジタルデラックス
薄桜鬼 真改 天雲ノ抄
薄桜鬼 真改 天雲ノ抄 オトメイト ロイヤルスイートBOX
薄桜鬼 真改 天雲ノ抄 オトメイトスイートBOX
薄桜鬼 真改 天雲ノ抄 特装版
10月8日(土)
CHAOS;HEAD NOAH
不機嫌なラクーンさん
10月11日(火)
ゴルフ PGAツアー 2K23
ゴルフ PGAツアー 2K23 タイガー・ウッズ エディション
ゴルフ PGAツアー 2K23 デラックス エディション
10月12日(水)
Warpips
10月13日(木)
RPGタイム!~ライトの伝説~
RPGタイム!~ライトの伝説~ 完全生産限定版
The Last Oricru
WonderBoy:ドラゴンの罠
ドラゴンボール ザ ブレイカーズ
ドラゴンボール ザ ブレイカーズ スペシャルエディション
神業 盗来 -KAMIWAZA TOURAI-

コメントランキング

COMMENT