イマジニアは、「メダロット」の25周年を記念したライブイベント「MEDAROT DAY 2022」を、2022年11月27日に渋谷ストリームホールで開催した。

翌日の11月28日は、1997年に初代「メダロット」がゲームボーイ向けに発売された記念すべき日でもある。また、オフラインイベントとしても3年ぶりということで、当日は多くのファンが会場に集結していた。

そうしたこともあってか、今回のイベントは2部構成に分かれて実施。本稿ではその中から、14時半から行われた第1部の模様を紹介していく。

「MEDAROT DAY 2022」のメインはライブを基本としたステージイベントだが、それ以外にも様々な展示や物販などが行われていた。エスカレーターで渋谷ストリームの会場入り口にたどり着くと、真っ先に目に入ってきたのが大きなパネルだ。そこにはシリーズの25周年を祝う「25th Anniversary」の文字と、キャラクターたちのイラストが描かれており、ちょっとしたフォトスポットとなっていた。

会場入り口付近に設置されていたパネル。

残念ながら撮影自体はNGとなっていたが、渋谷ストリームの4階では、壁一面にこれまでの貴重な資料が展示されており、多くのファンが釘付けとなっていた。また、展示物とは別に、メダロット缶バッジが出てくるリアルなガチャや、サイン入りのアクリルフィギュアなどが当たる「カレーくじ」なども用意されており、そちらもかなり盛況であった。

壁にはずらりとゲームの設定資料が貼られていた。
メダロット缶バッジが出てくるガチャ。
何やら人垣が出来ていると思ったら……。
カレーくじでは、このような商品がガラガラで当たるようになっていた。

ステージイベントが行われるのは渋谷ストリームの5階だが、そちらには物販コーナーも設置されていた。それに加えて、11月28日より予約が開始されるプラモデルの「FSL01-F ファンシーエール」の展示や、キャラクターたちの等身大パネルも設置されていた。

こちらが会場で売られていたアイテム。
こちらが11月28日より予約受付が開始されたプラモデルの「FSL01-F ファンシーエール」。
会場の5階にも等身大パネルがずらりと並べられており、フォトスポットとなっていた。

15分遅れでステージイベントがスタート!メダTuber3人組がオープニングを飾る

第1部のイベントは14時に開場され、チケットの番号順に入場していくスタイルになっていた。特に席などは決められておらず、前方は立ち見用のエリアとなっており、後方3列にイスが用意されているといった感じであった。最初はパラパラとした感じだったが、ステージが始める直前には壁際まで立ち見のファンで埋め尽くされるなど、気が付けば満杯状態に。

客層は9割が男性といった感じだったが、中には子連れの家族の姿も見かけるなど幅広い層が集まったという印象だ。14時30分よりステージイベントが開始されると聞いていたが、実際に始まったのは少し遅れた14時45分だった。

今回のステージイベントは、歌とトークが交互に行われるというものだったが、取材で写真撮影ができるのは始まる直前までとなっていた。ここから先は基本的に文字情報のみとなるためご了承願いたい。それではあまりにも記事の見た目的にさみしいため、生歌に合わせてバックにPVが流されていたもので動画が公開されている曲については、合わせてご紹介していく。

開場直後のステージ前の様子。まだこのときは、ファンの数はまばらだった。

手拍子で始まったステージイベント。最初に登壇したのは、うのへえこと「メダロットS」プロデューサーの宇野智之氏と、音楽プロデューサーの糸賀徹氏だ。3年ぶりのオフラインイベントということもあり、やや興奮気味のふたり。長らく続いてきているコロナ渦の影響でこうしたライブも声を出すことを控えるようにいわれることが多かったのだが、今回は少し声を出しても大丈夫ということもあり「騒ぎましょうね!」と開場に呼びかけていた。

トップバッターとして登場したのは、チアフルバニーさんで、曲は「Success!!!」だ。メダTuberということでその模様は、会場内に設置された大きなモニターに映されていた。会場内では、多くのファンが手にしたサイリウムをチアフルバニーのカラーであるオレンジに合わせて振り、オープニングから盛り上がっている様子であった。無事楽曲を歌い終わったアフルバニーさん。「めちゃめちゃ緊張した」と素直な感想を述べていた。

2曲目は、同じくメダTuberのリアリラさんが登壇。披露した楽曲は「Secret Sense」だ。クールなキャラクターのリアリラさんだが、こちらの楽曲はアップテンポのロック調に。そうしたこともあり、ファンが振り上げる紫色のサイリウムも激しく揺れていた。

現在メダTuberは3人いるが、2年前に最初に登場したのがシュシュポップさんだ。ということで、メダTuberのトリを務めることとなったのだが、なんとここで現れたのは生身の女性だ。まさかのサプライズでリアルアバターとして登場したということもあり、驚きと戸惑いが沸き起こっていた。しかし歌唱が始まると、会場のボルテージは一気に最高潮に。ここでシュシュポップさんが披露した楽曲は「Super Soul Survival」だ。

生の姿は初お披露目ということもあり、歌い終わった後に「生卵を投げつけられるかと思った」と、素直な感想を述べていたシュシュポップさん。今回は2部構成であったため、1部でブーイングが起きたらそのまま逃亡しようと思っていたそうだ。

声優陣のライブと朗読劇も披露!

メダTuberの後に登場したのは、「メダロットS」で声を務める声優陣だ。大きな声援と拍手出迎えられたゲストの3人だが、それぞれキービジュアルの衣装に身を包んで登壇した。今回は新曲を披露するということで、まずはトップバッターとして、輝夜ヒサキ役の鈴木みのりさんによる「Selene's Satisfaction!」からスタートした。

かなりポップ調の楽曲ということもあり、会場からは「オイオイ」のかけ声も出るなど、かなり盛り上がっていた。ちなみにこうしたイベントに出演するのは初めてだという鈴木みのりさんであったが、しっかりと歌いきっていた。

続いて歌を披露したのは、ラナンキュラ役の藍原ことみさんで、楽曲は「Sadistic Innocence」だ。ピアノから始めるゴシック調の楽曲だが、途中から徐々にアップテンポになっていうというユニークな曲調になっていた。ちなみに藍原ことみさんはキャラクターの楽曲が歌えると聞かされたときに、「ヤッターマン」のエンディング曲のようなものをイメージしたそうだが、実際に提供されたのはかなりカッコイイ曲だったため、びっくりしたという。

声優陣のトリを務めたのは、大隅アラセ役の村井美里さんによる「Steps!」だ。壮大なイントロから始まる楽曲だが、テンポのいい王道ソングといった感じで、こちらも盛り上がっていた。歌い終わった後の村井美里さん。オリジナル曲を歌うのは初めてだったそうで、曲を通してファンと盛り上がれたことに喜びをかみしめているようだった。

声優3人が集まったということもあり、途中でオリジナルシナリオによる朗読劇なども行われるなど、ステージイベントとしてもなかなかバラエティに富んだものとなっていった。

声優陣による素晴らしい歌唱と朗読劇が終わった後、次に歌後を披露したのは楽曲のプロデュースを担当する糸賀徹氏だ。ステージイベントが始まったときから登壇していた糸賀氏だが、実は最初から身を包んでいたのはピンク色の着物である。というわけで、当然のことながら披露された楽曲はド演歌の「その名はレトルト」だ。

実はこの楽曲、当初は大物演歌歌手にオファーを出そうとしたそうだが、電卓を弾いてみたところすぐに却下となった。そこで言い出しっぺでもある糸賀氏が歌うことになったのだとか。歌唱中はバラバラの色のサイリウムが振られていたが、それがかえってカラフルに見え、演歌の世界観をどっぷりと堪能することができた。

糸賀氏の歌に続き、ふたたびメダTuber3人が画面越しにソロって登場。新曲の「メダげっちゅ」を披露した。こちらもアップテンポの曲調になっており、途中で早口言葉が入るなどユニークな構成の楽曲となっていた。会場では、サイリウムだけではなくこの日会場内で売られていたタオルをぐるぐる回して盛り上がっている様子も見られた。

ここまで2時間近く行われてきたステージイベントだったが、最後は出演者全員が登壇し、「愛しきロボロボ団」を披露した。歌唱が終わった後で本当の最後ということで、会場の観客を含む全員で「ロボトルファイト!」のかけ声でイベントが締めくくられた。

オフラインイベントが行われること自体もそうだが、ライブなどで声が出せるのは久々の体験だ。シリーズとしては25年も続いてきているという人気作だが、今後も衰えることなく新たなファンを獲得し続けていき、またこうしたイベントが行われることに期待したい。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(18枚)

(C)Imagineer Co., Ltd.

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

機種
Mobile
プラットフォーム
アプリ
OS
iOSAndroid
会社
イマジニアSoWhat
シリーズ
メダロット
ジャンル
RPG
公式サイト
https://www.medarotsha.jp/ms/
  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • セール情報
  • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー