HoYoverseは、ケルンで開催されるゲームショウ「gamescom 2023」に出展するゲームタイトルを発表した。

「gamescom 2023」では、8月23日から27日までの5日間、6号館B030で「原神」、「崩壊:スターレイル」、「崩壊3rd」、「ゼンレスゾーンゼロ」の、ライブパフォーマンスやゲーム大会、グッズ販売、ゲーム試遊などのイベントが開催され、多種多様な形でプレイヤーに没入感のあるエンターテインメント体験が提供される。

オープンワールドRPG「原神」では、ブース内外で不思議な元素の旅が楽しめる。来訪した旅人は、忠実に再現されたランドマーク、大型の彫像、ステージパフォーマンス、ミュージックパフォーマンス、そして報酬を入手可能なイベントを通して、異なる元素を代表する七ヶ国のうち、五ヶ国を探索することができる。

現場のコンペティションでは、実力派選手も優れた技術を披露。そのほか、「原神」は音楽愛好家と音楽教育事業のサポートも行う。8月26日の夜にはgamescomシティフェスティバルにて、Essen Universityの学生オーケストラ―Essener Studentenorchesterによる「原神」の演奏が開催される。

また、スペースファンタジーRPG「崩壊:スターレイル」は、シルクパンク風の旗艦の形をしたブースで、開拓者は仙舟「羅浮」の世界に案内される。星穹列車車掌のパムも登場。さらに現場では、まもなくリリースされるPS5版の試遊もできる。そのほか、エクサイティングな戦略コンペティション、グッズをもらえる撮影イベント、優美な音楽パフォーマンスなども実施される。リアルに楽しめる宇宙旅行を楽しもう。

さらに、「崩壊3rd」が初めてgamescomに登場。同作のブースは活気あふれるサンシャインをテーマとして、夏の服装に着替えたコスプレイヤーたちがプレイヤーを待っている。ほかにも音楽パフォーマンスや、実況挑戦、抽選イベントなど、さまざまなステージイベントで、来場した艦長たちが楽しめるサマーフェスティバルが提供される。

そしてHoYoverseの期待のアクションRPG「ゼンレスゾーンゼロ」も、gamescomに初めて出展。メインブースは主人公が経営するビデオ屋、「Random Play」の形に基づいてデザインされている。プレイヤーはゲームを試遊したり、記念品をもらったり、コスプレイヤーと交流することが可能だ。

「原神」公式サイト
https://genshin.hoyoverse.com/en/home
「崩壊:スターレイル」公式サイト
https://hsr.hoyoverse.com/worldtour
「崩壊3rd」公式サイト
https://honkaiimpact3.hoyoverse.com/global/home
「ゼンレスゾーンゼロ」公式サイト
https://zenless.hoyoverse.com

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー