ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS5本体アップデート ベータ版の配信を本日7月31日より開始した。

目次
  1. 新しいアクセシビリティ機能
  2. Dolby Atmos対応機器のサポート
  3. ソーシャル機能の向上
  4. 利便性の向上
  5. 大容量のM.2 SSDへの対応

今回のPS5システムソフトウェアアップデートのベータ版では、新しいアクセシビリティ機能の実装に加え、Dolby Atmos対応のHDMI機器(サウンドバー、テレビやホームシアターシステムなど)において、Tempest 3Dオーディオの音響効果を楽しめるように。

また、新しいソーシャル機能、ゲームや本体の使い方ヒントをより素早く見つけることができる機能、PS5の起動音をミュートできる機能などが実装。大容量M.2 SSD(最大8TB)にも対応している。

ベータは、日本を含む該当する国や地域※1の一部の参加者を対象としており、2023年内には全世界のユーザーへ向けて配信することを目指して開発を進めているとのこと。ベータの参加に選ばれたユーザーには、本日7月31日にシステムソフトウェアがダウンロード可能となった時点で、メールにて連絡される。

※1 PS5のベータは、日本、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス(前回のシステムソフトウェアベータと同様の国・地域)の一部の参加者を対象に実施します。

また、これまでと同様に、ベータの段階で利用できる機能は、正式リリース版のシステムソフトウェアに実装されない可能性や、大幅に変更される場合があるので注意しよう。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

新しいアクセシビリティ機能

・2個目のコントローラーでアシスト。ひとつのアカウントに対して、2個目のコントローラーを「アシストコントローラー」として割り当てることができるようになりました。ふたつのコントローラーでの操作がひとつのコントローラー操作として扱われます。誰かと一緒に協力してゲームをプレイしたり、難しい操作が必要なパートで友人やお子さんのプレイを手伝ったり、新たな形のゲーム体験が可能になる機能です。
・アシストコントローラーを利用できるようにするには、[設定] > [アクセシビリティ] > [コントローラー] > [2個目のコントローラーでアシスト]を選び、[アシストコントローラーを使う]をオンにします。
・アシストコントローラーは、DualSense ワイヤレスコントローラーおよびDualSense Edge ワイヤレスコントローラー、サードパーティー製のPS5対応コントローラーをメインコントローラーとして使用している場合に利用できます。※2

※2 DualSense Edge ワイヤレスコントローラーは、アシストコントローラーとして使用できません。また、DualSense ワイヤレスコントローラーの一部機能(モーションセンサーやハプティックフィードバック、アダプティブトリガーなど)は、アシストコントローラーとして使用している際にはご利用いただけません。

・システム操作時のハプティックフィードバック。PS5のホーム画面の操作において、ハプティックフィードバックを有効にできるようになりました。本機能はDualSense ワイヤレスコントローラー、DualSense Edge ワイヤレスコントローラー、PS VR2 Senseコントローラーを使用している場合にご利用いただけます。
・本機能を有効にすると、たとえばカーソルを移動したとき、スクロール可能なセクションの終端に達したとき、オプションを有効化したとき、通知を受け取ったとき、ゲームを起動したときなど、さまざまな操作に応じた反応をハプティックフィードバックで感じていただけます。没入感の向上に加えて、視覚や聴覚障がいのある方を触覚を通じてサポートする機能です。
・有効化するには、[設定] > [アクセシビリティ] > [コントローラー]を選び、[ホーム画面のハプティックフィードバック]をオンにします。

Dolby Atmos対応機器のサポート

・Tempest 3DオーディオがDolby Atmos対応のHDMI機器(サウンドバー、テレビ、ホームシアターシステムなど)でお楽しみいただけるようになりました。Tempest 3Dオーディオが作り出した音がDolby Atmos対応のHDMI機器に出力されることで、天井スピーカーにも対応し、より濃密な没入感でPS5のゲームをプレイしていただけます。※3
・Dolby Atmosを有効にするには、[設定] > [サウンド] > [音声出力] >[音声フォーマット(優先)]で[Dolby Atmos]を選んでください。

※3 メディアアプリにおいては、将来的にPS5用のアプリがアップデートされると、Dolby Atmosによる没入感溢れる音響体験を映像コンテンツでお楽しみいただくことが可能です。(なお、ベータ期間中はメディアアプリのアップデートには対応していません。アップデートの提供はメディアサービス配信各社様によるものになります)

ソーシャル機能の向上

・パーティー機能のUI向上。フレンドをグループに自動的に追加したり、新しいグループを作成することなく、一時的にプライベートパーティに招待できるようになりました。また、オープンパーティーおよびプライベートパーティーの招待をグループ宛てに送ることができるようになりました。

・シェアスクリーンのプレビュー。参加可能なパーティーにシェアスクリーン中のプレイヤーがいると、シェアスクリーンのプレビュー画像が表示されるようになりました。自分がパーティーに参加していない状態でもプレビューを見ることができます。

・フレンドのゲームセッションに簡単に参加。フレンドタブで、一緒にプレイできるアクティビティーを行なっているフレンドがわかりやすくなりました。
・参加できるゲームをプレイしているフレンドには、参加可能であることを示すアイコンが表示されます。
・オプションボタンを押して[ゲームに参加]を選ぶと、直接フレンドのゲームに参加できます。また、フレンドのプロフィールカードで(参加)を選んでもゲームに参加できます。
ゲームハブにトーナメントタイルが追加。ゲームハブで、そのゲームのトーナメントに参加した回数や最高順位、次のトーナメントの開始時刻が表示されるようになりました。トーナメントタイルを選択することで、すべてのトーナメント一覧を見ることができます。
・ゲームハブにトーナメントタイルが追加。ゲームハブで、そのゲームのトーナメントに参加した回数や最高順位、次のトーナメントの開始時刻が表示されるようになりました。トーナメントタイルを選択することで、すべてのトーナメント一覧を見ることができます。

・絵文字でメッセージにリアクションを追加。メッセージに対して絵文字でリアクションを追加できるようになり、より素早く、簡単にフレンドとコミュニケーションがとれるようになりました。

利便性の向上

・ライブラリー内でゲームを検索。ゲームライブラリー内にあるゲームを検索できるようになりました。

・ゲームヘルプの改善※4。ゲームヘルプカードを改善しました。
・これまで表示していた[進行中]のアクティビティーに加えて、[利用可能]、[以前に利用可能]、[開催予定]、[完了]のアクティビティーも確認できるようになりました。
・選択した項目の内容がカード右側に表示されるようになり、アクティビティーの目標やヘルプにアクセスしやすくなりました。

※4 ゲームヘルプのご利用にはPSPlusの加入が必要です。

・新機能の発見。設定に[使い方ヒント]のセクションが新しく追加され、PS5を使いこなすためのヒントや、新機能に関する情報にアクセスしやすくなりました。
・[設定] > [ユーザーズガイドとヒント、健康のためのご注意、その他の情報] > [ユーザーズガイドとヒント] > [使い方ヒント]を選ぶと、すべての使い方ヒントを選んで表示できます。

・PS5の起動音をミュート。PS5の電源を入れる時や切るとき、PS5をレストモードにするときに鳴る「ピッ」という音の音量が調節できるようになりました。
・[設定] > [システム] > [ビープ音]で設定できます。
・[音量]でビープ音の音量を調節します。
・[ビープ音を消音]をオンにすると、ビープ音が鳴らなくなります。

大容量のM.2 SSDへの対応

・PS5本体ストレージの拡張に使用可能なM.2 SSDの最大容量が8TBに拡大されました。(現状は最大4TB)
・重要:PS5でご利用いただくM.2 SSDは、こちらのページに記載されている一定の要件を満たしている必要があります。PS5用にM.2 SSDや放熱構造を購入される前に、上述のページを必ずよくお読みいただきますようお願いいたします。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード ハード